ON THE DIRTROAD

スイフトスポーツで全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、目指すはチャンピオン!

全体表示

[ リスト ]

WRC開幕

いよいよ今シーズンのWRCが開幕します! 第1戦モンテカルロラリーが現地時間の本日24日(木)のナイトステージからスタート。



イメージ 1

昨年6年連続チャンピオンを決めたオジェはMスポーツ・フォードからシトロエンに移籍。 マシンのカラーリングもレッドブルカラーになりました。 昨年はマニュファクチャラー選手権では最下位だったシトロエンですが、シーズン後半からサスペンションを中心に開発作業が進んでおり、もともとハマった時の速さはあっただけに、オジェの力をもってすればチャンピオン争いに加わる可能性もありそうです。 しかし、メインスポンサーのアブダビを失ったため予算的には苦しく、今シーズンはトヨタから移籍してきたラッピとオジェの2台体制なので、マニュファクチャラータイトルを狙うのは難しいかな。


イメージ 2


昨年19年ぶりにマニュファクチャラーチャンピオンに輝いたトヨタには、昨シーズン途中シトロエンをクビになったミークが加入。 タナク、ラトバラ、ミークの3台体制は強力で、ラトバラとミークはムラがあるタイプではありますが、今シーズンもマニュファクチャラーチャンピオン最有力でしょう。 昨シーズン後半のヤリスWRCとタナクの速さは強烈で、いよいよ今シーズンは本気でチャンピオンを狙うことになると思いますが、マキネンとタナクは何かと意見が対立しているとの噂もあり、強いて言えばその辺りが不安要素か。


イメージ 3

昨年シーズン途中まで両選手権をリードしながら結果的に無冠に終わったヒュンダイは、チーム代表のミシェル・ナンダンが更迭され新代表にアンドレア・アダモが就任。 またプジョーのラリークロス撤退を受けてローブが6戦のみのスポット参戦ながらヒュンダイに加入。 ヌービル、ミケルセンの2台がフル参戦で3台目をソルドとローブで分け合う体制。 ヌービルは今シーズンもチャンピオン候補、ローブが今でも勝てるドライバーであることは昨シーズン証明済みですので、ミケルセンがVW時代の速さを取り戻すことが出来れば、ヒュンダイのダブルタイトル獲得も可能でしょう。 ただ、昨シーズン後半の印象では純粋なスピードではトヨタに負けている印象があっただけに、マシンに関してはもう一段のパフォーマンスアップが必要かも。


イメージ 4

Mスポーツ・フォードは頼みのオジェが抜けてレッドブルのサポートも失い、今シーズンはエバンス、スニネンの2台体制ということで、流石にタイトルを狙うのは難しい体制。 昨シーズン途中から技術面でのフォードのサポートが強化されましたが、オジェが抜けて勝てなくなったことでフォードの気が変わらなければ良いのですが。

現時点での僕の予想は、ドライバーは今年もオジェ、ヌービル、タナクの3人のチャンピオン争いで最終的にタナク、マニュファクチャラーはトヨタとヒュンダイのチャンピオン争いで最終的にトヨタと考えますが、さてどうなりますか? 今年のWRCは昨年以上に面白いシーズンになりそうです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事