ON THE DIRTROAD

トヨタ86で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、目指すはチャンピオン!

ダートラ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全347ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

全日本ダートラ第7戦の舞台となるオートパーク今庄での練習会に参加してきました。

今年走っている回数では完全に地元の丸和を上回っており、もはや今庄がホームコースという感じになっておりますが、今回も元気に自走で行ってきました。 

イメージ 1

あいにく午前中は雨が降ったり止んだりの天気だったため、ウェット路面からドライ路面に変化する状況の中での練習となりました。 普段の今庄のフリー走行は雨が降ると中止になってしまうため、なかなか雨の今庄を走る機会はなかったので、これはこれで良い練習になりました。

また午後には晴れて路面もドライになり、散水直後から完全ドライ路面までの一通りの状況で走れましたので、その中で色々と試すことが出来て良かったです。

イメージ 2

参加台数が多くて2班に分かれての走行でしたが、効率的な運営で十分に走らせていただきましたので、これから走行データをチェックして2週間後の本番に備えたいと思います。

最近の関東地方は最高気温30℃を下回る涼しい日が続いていたので、今庄の蒸し暑さにはかなり体力を奪われましたが、全日本の本番ではもう少し涼しくなってくれてるとありがたいな。

参加された皆さん、お疲れさまでした。

この記事に

開く コメント(0)

CMSC須賀健太郎様より全日本ダートラ第6戦・門前の写真をいただきましたので、ご紹介させていただきます。 いつも撮影ありがとうございます。

公開練習から1枚。

イメージ 1

第1ヒートから2枚。

イメージ 2

イメージ 3

そして第2ヒートから3枚。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

さて、全日本ダートラ選手の皆さんはお盆休みを利用して練習三昧の日々だったかと思いますが、そうこうしている間に今年の最終戦タカタラウンドの特別規則書と申込用紙が主催者さんのHPで公開されています。 参加される選手の皆さんはご確認下さい。

ここ数年は休みを取って毎年お盆に開催されるタカタでの練習会に参加していたのですが、今年は仕事を休めずタカタ練習会に参加出来なかったのが非常に残念です。

また全日本の本番までにタカタを走る機会があるかもしれませんが、まずはオートパーク今庄で開催される第7戦に集中したいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

すでにご存じの方も多いかと思いますが、2018年の全日本ダートトライアル選手権カレンダーが発表されました。

2018年はこれまでよりも開催数が1戦増えて全9戦となります。 今年7月末の開催だった門前戦が6月に移動、代わって7月末には京都コスモスパーク戦が久々に全日本ダートラに復活となりました。 8戦から9戦に増えた結果、第2戦の恋の浦から第7戦のコスモスパークまでは毎戦3週間のインターバルで開催されますので、スケジュール的にはかなりタフなシーズンになりそうですね。

今年は予算削減で色々切り詰めながら戦っているので、11月にコスモスパークで開催されるJAFカップにはエントリーしない予定でしたが、来年のことを考えると出ておいた方が良いのかな。 ちょっと再検討してみます。

この記事に

開く コメント(0)

9月4日(日)に開催される全日本ダートラ第7戦の舞台となるオートパーク今庄、先日その今庄でのフリー走行に参加してきました。

全日本ダートラ関係者の皆さんはお盆休みに今庄で練習される方が多いかと思いますが、僕の仕事はお盆休みがありませんので皆さんよりも一足早く今庄で練習です。 今回のフリー走行では全日本組は僕と最長老のK田さんだけでしたね。

イメージ 1

先日モベルさんから86/BRZに使える15インチの中古アルミホイールをいただきました。 モベルさん、ありがとうございます! 早速今回の走行から使ってみました。

イメージ 2

また、入口ゲート横に男性用水洗トイレを設置するそうで現在工事中でした。温水洗浄便座付き!だそうです。

イメージ 3

当日は快晴のダートラ日和で最高気温34℃という暑さのため、参加台数は6〜7台程度と少なかったにもかかわらず埃対策のための散水が頻繁に入る状況でしたが、路面整備はバッチリで全く荒れる個所も無く、最後まで全開で楽しく走らせていただきました。

イメージ 4

全日本までに出来ればもう一度今庄で走りたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

先日の門前モータースポーツ公園での全日本ダートラ第6戦の車載映像と、あわせてコンドウツトム様撮影の外撮り映像もご紹介させていただきます。 いつも撮影ありがとうございます。

コースレイアウトは写真の通りです。前半は門前の定番でしたが後半は短縮レイアウトでしたね。

イメージ 1


まずは第1ヒート。タイヤはフロント87RW+リヤ74Rという組み合わせ。



コース図③ポストの左コーナーはリヤが流れ過ぎて失敗、⑧ポストの左ターンは進入での姿勢変化が中途半端でいまいちでした。それ以外はまずまずの走りで4番手タイム。

コース前半は前日の公開練習でも使っていたので砂利は掃けていましたが、かなりしっかり散水してあったことと、コース後半は公開練習で使っていないレイアウトで砂利も多かったため、第1ヒートのPN2クラスはDL的には74路面でした。

フロント87RW+リヤ74Rというタイヤの組み合わせに関して現地でも結構聞かれましたが、中低速コーナー主体のコースで砂利や散水が多い場合にフロントのレスポンスとリヤのトラクションを両立出来る組み合わせで、僕としては結構使えるパターンだなと思ってます。 あくまでも僕のドライビングスタイルやマシンセッティングにおいての話なので、万人にフィットするかどうかは分かりませんが。 今まで何度かこのパターンで走っているので僕にとっては普通のことなのですが、今回はパドック位置が目立つ場所だったので気になった方が多かったのでしょうね。 


そして第2ヒート。タイヤは前後87RW。



前半は大きなミスなくクリア。後半に入ってジャンプ後の右コーナーで轍を外してアウト側に膨らんでしまい失速、⑧ポストの島回りは今回も上手く姿勢が作れずアンダー走りになっていまいちでした。 結果は3位でしたが、ジャンプ後の右コーナーは第1ヒート同様にサイドを使うかどうか迷った結果サイドを使わずアンダー気味に進入してタイムロスしてしまったので、ここはかなり悔いの残る部分ですね。

タイヤに関しては、第2ヒート開始前に前半セクションで路面整備が入って少しライン上に砂利が戻されており、また埃対策での散水もありましたので、PN2クラスはドライかウェットかで各選手のタイヤ選択が分かれました。 結果的にはトップ3はドライタイヤだったし僕自身は87RWが正解だったと思いますが、2位から6位までがコンマ5秒以内という僅差だったので、タイヤによる有利不利というよりも各選手ミスした分だけタイムロスしているのかなという気もします。


次の今庄戦まで約1ヶ月のインターバルがありますので、その間にしっかり準備を整えて、次こそ優勝できるように頑張ります!

この記事に

開く コメント(0)

全347ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事