へんちゃんのラジコンとエトセトラ・・・・

無理せず、前立腺ガンと糖尿病とも闘いながら、ラジコンを楽しんでいます!(^。^)

全体表示

[ リスト ]

*日本ブログ村、私のブログは何位でしょう・・・?
          私の記事は何位でしょう・・・?
*日本ブログ村に一人一日一回下記アドレスにクリックをして確認できますよ!
https://taste.blogmura.com/radiconhelicopter/index.html       
一人一日一回毎日クリックしていただくと、私のランクが維持ないし、アップ出来ます。宜しくお願いします。

*ナイス! ボタンは右下にあります、ポチっとお願いします。




今日(2月19日)は、浅間山荘事件の日。

浅間山荘事件とは、1972(昭和47)年2月19日に始まる、長野県軽井沢町にある河合楽器の保養所「浅間山荘」において連合赤軍の坂東国男、坂口弘等5人が起こした事件である。

当時、連合赤軍は銃砲店を襲って銃と弾薬を手に入れて逃走を続けていたため、警察は必死になってその行方を追っていた。

警察に追われていた連合赤軍のメンバーは、群馬県の山岳地帯に拠点「榛名山ベース」を構え、潜伏して逃避行を続けていたが、仲間内でリンチ殺人事件を起こす(山岳ベース事件)などして組織は極度に疲弊し、追い詰められていた。

そして、警察の山狩りによって、榛名山や迦葉山のベースを発見された事をラジオのニュースで知ると、群馬県警の包囲網が迫っている事を感じ、群馬県を出て隣接する長野県に逃げ込む事にしたが、山中で道に迷い、偶然軽井沢へ出てしまった。

そして、2月19日の正午ごろ連合赤軍のメンバーは軽井沢レイクニュータウンにあった無人のさつき荘に侵入し、台所などにあった食料を食べて休息していたが、検索中の長野県警機動隊一個分隊が近づいてきた事を察知し発砲。

機動隊側もこれに応戦。午後3時20分ごろ連合赤軍のメンバーは、包囲を突破してさつき荘を脱出。
さつき荘の近所にあった「浅間山荘」に逃げ込み、管理人の妻牟田泰子さんを人質に立てこもった。

浅間山荘がある南軽井沢の通称レイクタウンは、普段は静かな別荘地。
連合赤軍の籠城で警察官はライフル銃で武装して連合赤軍が立てこもっている山荘の回りを二重、三重に取り囲んだ。

彼らがたてこもって、10日目の2月28日午前10時、1500人の警察官の山荘突入作戦は始まった。

催涙ガス弾と、激しい放水。大型クレーン車から吊るした大きな鉄球が山荘の壁を抜く。連合赤軍が銃で応戦。

追い詰められた連合赤軍のメンバーが時折窓から顔をのぞかせる姿も・・・。

浅間山荘に立てこもった連合赤軍の抵抗は警察官の予想を超えるものであった。
最前線の指揮官が次々と狙い撃たれた。

警察官達は、放水でバリゲードを壊し、一階に取り付くが、山荘の2階の犯人達は銃の乱射や手投げ弾で応戦。

攻防は8時間余り続きずぶ濡れになっていた人質の泰子さんを無事救出し、弾を撃ちつくした犯人5人を逮捕したのは、午後6時15分だった。

この時、警察官2人が死亡、テレビ・カメラマン1人を含む13人が重軽傷を負った。

逮捕された坂東国男の父は「死んでおわびします」の遺書を残して同日自殺した。

この日、NHKや民放テレビは約10時間に及ぶ現場中継を行い、人質を救出した午後6時代の視聴率は89,7%に達したという。



このような事件の起こる発端は、1960年代の学生による第二次反安保闘争がきっかけとなって始まった「東大・安田講堂事件」を頂点とした大学闘争終焉後、学生達の間ではシラケが進行し、一部のセクトが過激化、武装化への道を進み「武器蜂起」を狙う赤軍派と「銃口から革命が生まれる」を信条に掲げた京浜安保共闘が結成され、1971年9月両派は連合赤軍を組織して、軍事訓練を続けていた。

そして、ついにこのような浅間山荘事件、へとつながっていくのである。

この浅間山荘事件は日本の左翼系学生運動の終わりを意味しました。

つまりこの事件によって、国民がもう左翼系学生運動自体を支持しなくなっ
てしまったのです。

更に74年の東アジア反日武装戦線(狼グループ)による企業爆破事件が起きるとその傾向はもっと決定的になります。

それまでは一般の学生も積極的にデモ等に参加していたのに、これらの事件
を境に表面上政治に無関心を装う「ノンポリ」の学生が増えて行きます。

そして日本の社会主義運動自体が衰退の道をたどり始め、代わって都市部を中
心に「無党派層」が増えていくのです。

浅間山荘事件というのはそういう意味で戦後の日本の政治環境における非常
に重要な転換点でした。

その後連合赤軍は活動の拠点を海外に移します。

1972年 5月 テルアビブ空港乱射事件。24人を無差別に殺害。
1973年 7月 パリ発東京行きの航空機をハイジャック。リビアで乗客を降
ろした後機体爆破。
1974年 1月 シンガポールの石油精製所爆破。
1974年 9月 オランダのフランス大使館占拠(ハーグ事件)フランス政府
は超法規措置で逮捕していたメンバーを釈放。
1975年 8月 クアラルンプールの米・スウェーデン両大使館を占拠する。
(クアラルンプール事件)日本政府は超法規措置でメンバー
5人を釈放。
1977年 9月 ボンベイ離陸直後の日航機をハイジャック。(ダッカ事件)
また日本政府は超法規措置でメンバーを含む6人を釈放。
1988年 4月 イタリアのナポリでアメリカ士官の車を爆破 (ナポリ事件)

しかしこの連合赤軍にせよ、その他の過激派にせよ、メンバーの高齢化、資
金を提供する「シンパ」の先細りから近年は徐々に活動は弱くなってきてい
ます。





参考:
あさま山荘事件ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E9%96%93%E5%B1%B1%E8%8D%98%E4%BA%8B%E4%BB%B6

参考:東大安田講堂事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AE%89%E7%94%B0%E8%AC%9B%E5%A0%82%E4%BA%8B%E4%BB%B6

参考:あさま山荘事件 part1 - YouTube
2007/05/24 - アップロード元: tkhsmako2007
あさま山荘事件 part1 ... 犯人生け捕り」「銃器使用不許可」は、この事件の少し前、過激派シンパ、マスコミがとある闘争で死 ...
http://www.youtube.com/watch?v=-omqpElkk14

参考:浅間山荘事件 - NHK
10時間20分の長時間中継 厳冬の軽井沢で連合赤軍の5人が山荘の管理人を人質にとった浅間山荘事件で、
1972(昭和47)年2月28日午前10時、警察側は人質の救出作戦を開始した。
事件の発生は19日で、テレビは連日おおがかりな報道をしていた。
http://www.nhk.or.jp/archives/nhk50years/history/p16/index.html








この記事アップを前日の20時頃とすることお許しください。

尚、コメ返信がしかねます事もあること、ご了承ください。( ^)o(^ )


*日本ブログ村、ランキングアップにご協力下さい。
*日本ブログ村に一人一日一回下記アドレスにクリックをお願いします。
https://taste.blogmura.com/radiconhelicopter/index.html

*ナイス! ボタンは右下にあります、ポチっとお願いします。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事