ここから本文です
誰もがUコンを楽しめますように

書庫全体表示

イメージ 1
 
写真は水平尾翼(エレベーター側)にエポキシでヒンジを接着している状態です。
ジグとしてアルミの角パイプを用い、鏨で固定しています。
 
エレベーター側のヒンジの穴は、1.5mmピンバイスで横にヒンジの幅だげいくつもの垂直に穴をあけ、掘り込んでから、カッターで穴をつなぎます。
こうすることで、ヒンジの厚みより幅が多少大きい穴を比較的正確に空けられます。
その後、ジグで、ヒンジが1直線で固定しやすく、正確に位置決めして接着できます。
隙間が大きいので粘度が高いエポキシを用いて穴を埋めます。
これで、ヒンジが軋まずに、パタパタと動く動翼に一歩近づくことができます。(まだ一歩です(笑))
 

 
イメージ 2
図は、フェニックスの場合のヒンジの配置です。
動翼側(フラップやエレベーター)を掘り込んで、ヒンジの中心ラインをフラップの厚みの半分程度ずらして固定するのが私の好みです。
こうすることで、スタビライザーは直角に加工、エレベーター側は丸く加工するだけでよくなるし
エレベーターが稼動しても、ヒンジラインの隙間を極力少なくすることが可能になります。
空気の流れもスムーズになるようで(ほとんど気のせい(笑))、見た目にも美しくなるようです。
 
前回紹介した「私の愛機 スーパーハリケーン18レーザー」も同様の加工を行っています。
 
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事