ここから本文です
FIRST AIR
馬鹿になるほど飛ばしたい!

書庫全体表示

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
↑リンクしています。ジャンプ後、左上のロゴを押下します。

(翻訳)
Sky Bench Aerotechは無期限に業務を停止しています
残念ながら、Sky Bench Aerotechの創業者であり運営者であるRay Hayesが2019年1月29日に亡くなったというニュースをお伝えしなければなりません。
彼の葬儀は、2019年2月4日月曜日に行われます。詳細については、彼の下記を参照してください。
 
Raymond Hayes 83歳は、インディアナ州フォートウェインのルーテル病院で2019年1月29日火曜日に亡くなりました。彼はインディアナ州サウスベンドでヘルマン・ヘイズとジュリア・ヘイズの間に生まれました。彼は1970年にデボラニールと結婚し、彼女は健在です。彼はラジコンセールプレーン(グライダー)の販売、製作、設計を楽しみ、セールプレーンキット販売会社Sky Benchのオーナーでした。 彼は自動車販売でも長い経歴を持っていました。 レイモンドは熱心なEagle watcherでした。(中略)オンラインゲストブックに署名するには、www.domccombandsons.comをご覧ください。

(原文)
Sky Bench Aerotech is suspending operations indefinitely.
We are sorry to pass on the news the Ray Hayes, the founder and operator of Sky Bench Aerotech, has passed away on January 29, 2019. His funeral services will be on Monday, February 4, 2019. Please see his obituary for details.

Raymond Hayes, 83, passed away, Tuesday, January 29, 2019 at Lutheran Hospital in Fort Wayne, IN. He was born in South Bend, IN, to the late Herman and Julia Hayes. He married Deborah Neal in 1970 and she survives. He enjoyed selling, building, and designing radio control sail space planes and owned Sky Bench, a company that sold Sailplane Kits. He also had a long career in automobile sales. Raymond was an avid Eagle watcher. Surviving are his children, Sarah (Justin) Taylor and Mark (Laura) Hayes; and granddaughter, Ruby Ray Hayes. Raymond was also preceded in death by his infant brother, Richard Hayes. A celebration of life service 4:00 pm Monday, February 4, 2019 at D.O. McComb and Sons Funeral Home Covington Knolls, with calling from 2:00 pm to 4:00 pm prior to the service. Memorial contributions Cancer Services of Northeast Indiana. To sign the online guestbook please visit, www.domccombandsons.com.

楽しみなサイトでしたが、代表者が亡くなったそうです。ご冥福をお祈りします。





フェイスブックにRC Soaring JAPANが開設されました







第24回 G-Force北関東サーマル大会
2018年9月23日
於:上里模型グライダー場
イメージ 1

      リンク↓
      Google フォト


またね〜






ランチャーズ記録会2018.08 CHIBITA-GO大会 第32回田中杯

イメージ 1

 武蔵野中央公園は通称グリーンパークと呼ばれています。200m四方の原っぱ公園です。戦争中は中島飛行機の工場、戦後は米軍施設だったそうです。小型のフリーフライトや紙飛行機のファンが集まるところで有名です。ラジコンは禁止です。

イメージ 2

 「ランチャーズ」という模型飛行機クラブは、模型飛行機ファンだったら知っている方も多いと思います。ホームページが充実していて感心します。

 今日は、チビタワンメイク大会で、HLG(ハンドランチ)PLG(ゴムで射出するカタパルトランチ)の二種目がありました。午前9時から2時間の間にMAX45秒を10投してベスト5投の合計で順位を競い、首位が同点の時はフライオフです。

 クラブ例会のようですが、おろおろと勝手に参加して「計時をお願いします」とオレかなりコミュ障だったかなと思ったのは、表彰式の時でした


イメージ 3

 木曜日にフェイスブックでI氏から「チビタなら1時間も有れば作れるから競技参加しませんか」と誘われ、ちょっとやってみることにしました。

 グリーンパークは家から車で15分なので、以前からフリーフライトをいくつか作って運動不足解消に通う予定でした。だからハンドランチとゴム動力機が1機ずつ作りかけになっています(笑)

 いつもながら完成はギリギリでしたが、何とか間に合いました。しかしフリーフライトは調整をしないと全く飛ばず、競技中もずっと調整していました。時間内に10投はこなせず5投まで、最後はMAXでうれしかったですね。

イメージ 4

 チビタの図面は、今日のランチャーズのホームページに競技結果とともに載っています。
 
 PLGについての備忘録
 PLGのパチンコのゴムは1グラムまで
 上昇はほぼ真上にまっすぐ(よく見ると緩い螺旋)
 主翼は3〜4.5ミリバルサ
 尾翼は1.5ミリ程度
 高品質のCカットバルサを皆さん使っていました
 重さは10〜15グラム
 取り付け角ゼロのいわゆるゼロゼロセッティング
 重心は真ん中くらい
 「こうすれば飛ぶ 模型飛行機」を翻訳出版されたK氏からアドバイス
  垂直上昇型PLGの最適重心位置
     テールボリューム×42+23(%)
 ラダーや水平尾翼の揚力を利用する調整は上昇時に効く
 塗装は普通、ラッカー2回〜ドープ6回までいろいろ
 色付けはポスカも可、発色が鮮やか
 前縁にヒノキ等の補強は普通
 胴体はオーバースペックに思えるくらい丈夫なほうがいい
 (材質:カーボン丸棒、カーボン角パイプ、ヒノキ)
 旋回滑空の方法
  ラダー後端を曲げる
  水平尾翼後端を片側だけUP
  水平尾翼を非水平に取り付けるのも有効(上げた方へ旋回)
 高性能機や上級者は上昇高度30m程度、沈下率0.6〜0.7m程度
 垂直上昇の調整、分かりませんorz
  揚力尾翼は有効だが、あえて使うことはない

 調整には、飛行の軌跡をじっくり見て記憶することが肝心












  風があると、だいたいいつもあるけど、風に流されることを計算して風上から飛ばします。特に急に風向きが変わったときは分かりやすいので慌てて原っぱ広場の反対側方向へ歩いていましたが、これがサーマルの発生を知らせる風だった場合、あえてサーマルから離れて飛ばすことになります。なくなりそうなほど飛んで欲しいけど、なくなってはいけない。フリーフライトの宿命ですね。

 タイマー(デサマ)は小型機の場合、超小型「ロータリーバンバー」を使います。通販で入手可

 メタボとロコモで、主治医に1日4キロ歩け! と言われておりますが、今日は6キロ歩きました
眠いっす






梅雨明け〜!

イメージ 1
ふた昔前のF3Bの練習風景


イメージ 2
この機体は何でしょう









ラジコンあまりやっていないのでブログの話題がありませんorz

プロポの乗り換えをしたので、梅雨明けしても設定が終わるまで飛ばせません













イメージ 1
私の Olympic 650 (北関東サーマルにて)
見られて困るものがたくさん写っているが、幸い○○だけは写っていないw

 オリンピック650はスパン1,829mmのラダー機です。この機体は700g程度で仕上がりました。1980年頃の米国エアトロニクス(Airtronics)社のキットです。設計はリー・レナードです。彼はオリンピック(Olympic)、アキーラ(Aquila)、サギッタ(Sagitta)各シリーズの設計者で、当時は日本でも人気がありました。中でも、飛ばしやすく高性能でサーマル大会でも好成績を上げたのがサギッタ900(スパン2,515mm)です。
(知っているような口ぶりですが、本当は読んだり聞いたりしたことばかりw)

 サギッタ900は、今でもヤフーオークションに出品されると2万円以上の値が付くのではないでしょうか。実は私のオリンピック650もヤフオクで買いました。嬉しかったのですが、パーツが3点ほど抜いてありました。このサイズにしては頑丈な構造らしくウインチで曳航しても大丈夫だということでしたが、念のためにスパーの補強を重くならない程度に行いました。
 
 いくら名機と言っても、リー・レナードのキットはそのままでは、今のウインチで思いっきり曳航するには強度不足です。なぜなら、ウインチの標準がF3B競技用の強力なものだからです。それから、例えスパーをカーボンでガチガチにしても、曳航離脱時のハイスピードでフラッターを起こしてしまうと思います。

 飛ばしたことはありませんが、現在の日本の各メーカーのバルサキットでも同じだと思っています。ただ、OK模型の2メートルのバルサキット(胴体はグラス+カーボンパイプのポット&ブーム)を壊しては直し壊しては直し(そして補強した?)、していたTさんは昨年サーマル大会で2回表彰台に立っています。また、サーマル工房の3mのスケールキット「Ka-8」も、ウインチ曳航のサーマル大会に出場しているのを見たことがあります。持ち主の方にお伺いしましたが、補強せずに作って普通に曳航できた、と言っていました。

 とは言っても、F3Bウインチを能力いっぱいに使い350mまで風切り音を立てて上昇できるのは、競技用F3B機だけだと思います。

 話はF3-RESに変わります。以前もこのクラスの動画を見てブログに書きましたが、その頃は「F3B-RES」と呼ばれていました。F3Bとあまりにもかけ離れているので呼び名も変わってきたのでしょうか。
 
 機体としては写真の Olympic 650もF3-RES適合ですが、重いと思います。前のブログでリンクしたRC-Groupsにでている機体は、よく見ていませんが、500g程度ではないでしょうか。ところで、ここで話題にしているF3-RESって何なのか、をざっとRC-Groupsからネットサーフィンして、調べました。

F3-RESという競技のルール(世界標準はないと思います)
〇 ハイスタートは主催者が用意し、競技場によって短くしてもいい
〇 典型的なハイスタート(ショックコード)は
  テグス 100m
  ラバー 30m
  45m引っ張っていい、その時の張力は4kg
〇 機体は、スパン2mまで。材質は主に木でできていること


 ハンドランチをのぞいては、翼長2mのラジコングライダーは大きい方ではないと思います。しかし、2.5mや3mのグライダーを作るのはたいへんです。そう考えると、2mのグライダーの工作は適度にたいへんで興味深く、競技となれば高価なコンポジット機とも勝負できる(私の偏見によると、2m程度だと精密な翼型の効率がたいして高くない)し、gあたり単価の非常に高価なF3Kに比べて格段に安いし、いろいろな2mグライダーがでてきて嬉しい次第です。

 ただ、上記のショックコードを張るとなると、なかなか場所が見つからないでしょうね。それでF3-RESとF5J2000の互換性もあるし、日本でもっとF5J2000が流行って欲しいと考えています。

 ついでに言うと、海外のF5J400クラス(翼長2.5m≒100インチ)も2メートルにしちゃえばいいのに







全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事