イメージ 1





今週も火曜日と水曜日と連休をいただいておりました



そう、今週もキャンプの予定でしたが、
火曜日は全国的に雨模様の為却下

はっ、どんだけ家が嫌いなんだかって・・・・



そういうことです。












本日はお天気です
お山も行きたい所がピンとこず、

先日バラ祭りだったよしうみバラ公園に行こう〜〜〜ってことで


そうだ、久しぶりに自転車で行こう





本州と四国をつなぐ「瀬戸内しまなみ海道」
多島美の風景と雄大な橋を楽しめるサイクリングスポットとして
「サイクリストの聖地」 とも呼ばれ外国人観光客も多いです





サンライズ糸山でレンタサイクルの受付を済ませます
イメージ 2



借りた自転車は電動自転車です(笑)
イメージ 3



我が家には自転車が無いので、
数年に一度ここで自転車に乗るのみです

ワタクシ、この歳にして初めて電動自転車に乗りました〜〜
いや、歳とった私にダンナ様の気遣いと思われる
メチャ楽チンじゃん、もうこれしか乗れんわぁー
イメージ 4


イメージ 32



遠くには石鎚山や瓶ヶ森も見えます
イメージ 33



世界初の三連吊り橋 「来島海峡大橋」
イメージ 6



橋を渡って眺めのいい所で休憩
たまには自転車で風をきるのもいいね〜〜
イメージ 5





あっという間に よしうみバラ公園 に到着

世界各国のバラが鑑賞できる公園として人気があります
バラの種類は約400種類も植えられており、
季節ごとに様々な種類のバラが咲き誇ります。
イメージ 12



遠めに見れば綺麗ですが
もう半分は終わってた。。
イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23



ローズ館のテラスでお昼にすることに
おすすめ、「がっつきたいバーガー」 を頂きました
イメージ 25



美味しいんだけど食べにくい。。。
ボロボロとキャベツが落ちるんです・・・
イメージ 26


イメージ 24



さあ、帰りましょう〜
イメージ 36




道の駅よしうみいきいき館で休憩
イメージ 27



新鮮な魚介類が味わえる七輪でバーベキューが楽しめます
イメージ 28


イメージ 29


美味しそう〜〜
写真はこれだけですが、新鮮な魚に野菜・お肉もあります
イメージ 30






イメージ 31



イメージ 34





最後はソフトクリームで

お疲れ様でした もうおしりが限界(→o←)ゞ
イメージ 35

























開く コメント(0)






イメージ 1




2019年5月23日

本日もいいお天気、3日間はあっという間
名残惜しい最終日です



朝食は前日の残りのナンでナンピザです
イメージ 2


バーナーでチーズを溶かして温めます
イメージ 4


イメージ 3



のんびり〜〜朝食・散歩〜・片付け〜〜〜
イメージ 5







片付け後、向かったのは

霧島神社イメージ 6




九州屈指のパワースポットとして知られる「霧島神宮」

日本で初めて国立公園に指定された火山群・霧島連山の麓にあり、
天孫降臨神話の地として知られる霧島。
その神話の主人公・ニニギノミコトが祀られた霧島神宮は、
もともとは神話発祥の高千穂峰付近に社殿がありましたが、噴火による焼失で移転を繰り返し、
今から300年ほど前に現在の地に再建されました。
イメージ 7


イメージ 8


イメージ 11



境内から切り出したスギが使われ、鮮やかな朱色と美しい装飾がされてた社殿。
これほど立派な木造の神社建築物は珍しく、国の重要文化財にも指定を受けています
竜馬とおりょうの新婚旅行地であることから縁結びの神社としても人気があるようです
イメージ 9



イメージ 10



帰ってから知ったのですが、
「霧島七不思議の伝説」 のパワースポットが霧島神宮の境内には3つほど存在するそうです
次回くる時は、パワースポット巡りってのもいいかな〜
せっかくならパワーをしっかりと頂いて運気を上げられるよう下調べは念入りにして行こう!


「文字岩」 の不思議
 「亀岩」 の不思議
  「風穴」 の不思議
  「両度川」 の不思議
  「御手洗川」 の不思議
  「蒔かすの種」 の不思議
  「夜中の神楽」 の不思議









帰りも、臼杵→八幡浜にて
イメージ 12




イメージ 13





初めての霧島連山
3日間晴天に恵まれパワーをたくさん頂きました
登山規制もありましたが、間近で噴煙も見ることができ硫黄の香りが体中染みわたった3日間でした
九州は四国からだと行きやすく充実した日々を送ることができました
次は、ミヤマキリシマが満開の時か紅葉の時を狙って来たいと思います






どうせ苦労をするのなら、好きなことを一生懸命やったほうがいい

仕事も遊びも


















開く コメント(2)







イメージ 1



2019年5月22日(水)

霧島連山から昇る朝日とともに起床
昼間とは違って朝はひんやりとした空気が気持ちいです

ここはお散歩コースになっていて、
お利口なワンちゃんに馬も散歩してた・ランニングする人達が通ります



霧島連山を眺めながらのんびり朝ごはん
この何も考えない時間がとても好きです。
前日、地元のスーパーで買った 「かごしまの朝」 ってパンの袋がシンプルで可愛くないですか〜〜
普通に美味しかったです
イメージ 2



前日の残りのパエリアにウインナー・カマンベールチーズ・卵を入れて
温めてみました。
これもメチャうまうまでした
イメージ 57


イメージ 3







食後は、えびのエコミュージアムセンターに移動です
ここの駐車場も有料500円

本日の目的は霧島山の最高峰


韓国岳

標高1700 mの霧島錦江湾国立公園の最高峰で、直径900 m、深さ300 mの火口があります


登山ルートはいくつかありますが
一般的な、えびの高原から韓国岳に登ったあと、日本一高い場所にある美しい火口湖大浪池まで下り、
えびの高原へ下山一周するコースです
イメージ 56


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


左には硫黄山 (今も活動している為入山禁止となっています) 
真っ白い岩や石がゴロゴロしていてどこかの惑星のようです
イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12



左側には断崖絶壁の噴火口
イメージ 13



大浪池
韓国岳の眼下に標高1239mのところに広がる周囲約2kmの標高日本一の火口湖があります
イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16





韓国岳

名称の由来は、
「韓の国まで見渡せる」 ことからこの名がついたと言われるが
もちろん位置や標高を考えると韓国が見えることはないそうです
イメージ 17



山頂も広々してるし眺めは最高
イメージ 19


イメージ 18



下山は大浪池方向へのルートです
どこまでも続く木道です。たまにぐらつくので注意が必要
桜島の噴煙を見ながらゆっくりと
イメージ 20


イメージ 21


イメージ 35


イメージ 22


イメージ 23



韓国岳避難小屋に到着
大浪池も一周できますがそのままえびの高原に戻ります
イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28






お昼に駐車場まで戻ってきました
ここでお昼にして、次の目的



池巡り へと出かけます
「森林浴の森百選」に選ばれているほか、
時折出会うことのできる「えびの高原の野生鹿」の鳴き声は、日本の音百選に選ばれています。
白紫池(びゃくしいけ)、六観音御池(ろくかんのんみいけ・ろっかのんみいけ)、不動池(ふどういけ)
を周る池めぐりコースです

今は硫黄山が入山規制のため不動池手前から行くことができず
一周出来ません
六観音御池展望台まで行って引き返します。
イメージ 58


イメージ 29


新緑のハイキングコースをテクテク
イメージ 30


イメージ 31


イメージ 32


イメージ 33



二湖パノラマ展望台
六観音御池
イメージ 34



白紫池
イメージ 36


イメージ 37




白鳥山
標高1363メートル、さっきまでいた韓国岳をバックに記念撮影
イメージ 38


イメージ 39



六観音御池
イメージ 40



推定樹齢五百数十年で、六観音参拝の折に植えられたものと伝えられています
イメージ 41


イメージ 42


イメージ 44



六観音御池展望台
酸性湖のため湖面はコバルトブルー
直径400メートル・周囲1500メートル・水深14メートルの池
水面に映る新緑は絶景です
イメージ 43




イメージ 45


イメージ 46



直径250メートルの火口湖、水深1メートルほど
かつては、天然のアイススケート場として利用されていたそうです
イメージ 47




イメージ 48


本日もいいお天気に恵まれ素晴らしい景色を見る事ができました。





温泉にで汗を流しキャンプ場へ (2泊しています)

本日のキャンプ飯は無印良品のナンとキーマカレー
イメージ 49



裏に書いているレシピを見ながら水とオリーブオイルで捏ねます (この鍋で)
この時、パン教室に通っていて良かったと思いました
10分ほどコネコネ→4等分→ねかす
イメージ 50



ナンを伸ばす為に本日はめん棒までを持ってきました〜
丸く伸ばし、バターを引いたフライパンけこんがりと焼きます
イメージ 51



4枚焼けたらお皿にとっておきます
そう、一つのお鍋で捏ねる・寝かす・焼くと全部できます (私できる〜〜)
ナンを焼いている間に、炭火ではそらまめをじっくりと焼きます
イメージ 52



同じお鍋でキーマカレー作り
スパイスも付いていて簡単
ひき肉と玉ねぎを入れてグツグツ
イメージ 53



できました〜〜
九州ということで、ビールのつまみに鳥のタタキを温泉帰りに買ってきました
野菜とウインナーを炭火でチメチメと焼いて
サラダと冷奴・キムチも準備完了
イメージ 54



グダグダと夜はふけていきました〜〜〜
イメージ 55




































開く コメント(2)








イメージ 1




九州遠征の旅の始まり始まり〜〜




何回かに分けての更新となりますので (数日かけて・・)
サクッと読んでいただけると幸いです(笑)


+++






3日間のお休みを頂きまして(ダンナ様)どこにしようかと考えて
昨年は行けなかった九州に行って来ました〜〜



ミヤマキリシマにはちょっと早そうですが



霧島連山&キャンプに決定!



前日までは雨でしたが、3日間はお天気に恵まれ
楽しいお休みを充実してきました(#^.^#)
(私の勘違い?下調べ不足??を除いては・・・・・汗)




5月20日(月)仕事を終え
今回は八幡浜→臼杵フェリーに乗り込みます


臼杵から真夜中車を走らせて


向かった先は、
21日5時30分、高千穂神社

朝が早かったので半袖では寒かった
山用の羽織をザックから引っ張り出してお参りに行くことに
イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



誰もいない神社を参拝






次の目的は高千穂峰に登ること

同じ高千穂、この時まで近いと思い込んでいた私 (ルンルン)




ナビで高千穂河原ビジターセンターを入れると!

入れると!!!

何と!何と!!!

どういうこと?????






あわわわわ・・・・・・・・・・・・・・・







3時間30分もかかるじゃないですか


「高千穂峡」は宮崎県の北西部の阿蘇に近い場所にあり、
「高千穂峰」は宮崎県の南西部で鹿児島県との県境にあります。
 直線距離で約100kmとかなり離れていることに気づく。。。。。(汗)





何かの間違えだわぁ〜
いや、私の勘違いしかないことに気づいた時はすでに遅し。。。。。



仕方ないじゃん!すぐに立ち直るワタクシ
間違えてなかったら高千穂神社には来れんかったよね〜

あ〜〜良かった良かった




途中の道路でいちごが売っていました
1パック200円(税込)

寄り道大好きな私ですのでもちろん買いです
イチゴが買えて良かったわぁ〜
イメージ 44


イメージ 8









10時45分、やっと到着 (笑)

本来なら午前中に高千穂峰に登って
お昼からは温泉に入り、キャンプ場でゆっくりと思っていたのですが。。。











霧島山・高千穂峰


宮崎県高原町にある山。山頂は宮崎県高原町だが、
鹿児島県霧島市、宮崎県都城市のほぼ境のところにあります
日本二百名山の1つでもあり日本神話(天孫降臨)の伝説の地としても知られる霊峰


高千穂河原ビジターセンターの駐車場は有料500円
宮崎県と鹿児島県にある高千穂峰、いざ出発イメージ 57


イメージ 9



鳥居からスタート
イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12



遠くに見えるのは桜島
イメージ 13


イメージ 14



黄色いペンキのところ通って登ります
赤土・ゴロゴロ石なので慎重に歩きます
イメージ 15


イメージ 29


イメージ 16




イメージ 17


イメージ 18



お鉢とよばれる火口に到着
馬の背を時計回りに半周します
イメージ 30


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24



少し下ると
イメージ 25



かつて霧島神社があった場所です
もう一息で山頂です
イメージ 26


イメージ 27




ミヤマキリシマは九州の九重山が有名ですが、
霧島山のミヤマキリシマ見なきゃね〜〜

霧島山由来の高山帯にしか咲かないミヤマキリシマ
まだ2分咲きってところでしょうか
今度は満開の時に必ず来たいと思うのです。
イメージ 31



高千穂峰登頂 
イメージ 28





山頂に突き刺さる『天逆鉾(あまのさかほこ)』

山頂には青銅製の「天逆鉾」と呼ばれる矛が突き立てられています。
この矛は謎が多く、いつ、だれが、何のために作ったのか真相は分かっていないとのこと。
一説に、坂本龍馬とお龍は新婚旅行で霧島を訪れ、
高千穂峰に登り、天逆鉾を引き抜いたとの記録があるとのことです。
イメージ 32



この手は逆さまね
イメージ 33



これが正解
イメージ 34


避難小屋もあります
山頂でご来光なんて見たらパワー半端ないでしょうね〜〜
イメージ 35



桜島と左奥が開聞岳
はっきりと肉眼で噴煙も見えました
イメージ 36


桜島にまたがるダンナ様
良い子は真似をしないように。。。
イメージ 37



360度の絶景を楽しんだ後はひたすら下るのみ
イメージ 38


イメージ 39


イメージ 40


イメージ 41


イメージ 42


イメージ 43






下山後はキャンプ場へと向かいました




そうなんです




予定していたキャンプ場は、高千穂峡近く
ここは高千穂は高千穂でも霧島連山の高千穂


ヒィ--------どうしよう



近くのキャンプ場を探す・探す・探す・・・・





行ってみるがさすがに安くてもここは無理

ここも無理
あえてどこかは言いませんが、

ひどかった


で、やっと見つけたのが、霧島高原国民休養地



ここは広くてロケーション最高、芝も綺麗でいいわ〜〜

トイレと炊事場は普通でしたが、

これは次の日の朝の画像です
イメージ 45


イメージ 46



車の乗り入れも自由
どこでもOK、区画も決められていないのでどの向きでもどんだけ広く使おうと本日はOKです
だって平日で5組ほどしかいないですから

先日のゴールデンウイークは1000人を超えて入りきれずお断りもしたそうです
どんだけ〜〜
イメージ 47



いつものようにザバット設置(笑)
イメージ 55



ここのキャンプ場は温泉もあるのですが
只今、改修工事中の為使用禁止

テントも張れたので、近くの温泉に行って来ました
さすが九州、近くにたくさん温泉ありますから大丈夫!




前田温泉カジロが湯

源泉かけ流し(硫黄泉)
温泉を沸かしていないので日によって温度が違うそうです
湯の花がたくさん浮いています。そして硫黄の匂い。たまりませんね〜〜
癒されます。体の芯からほぐされていく感じ
イメージ 48


イメージ 49



外で温泉の蒸気を利用した温泉卵が売っていました
一個100円
もちろん買って帰りましたよ〜〜
イメージ 50




朝の勘違いですっかり遅くなってしまいました〜

以前持っていたダッチオーブンは10インチ(25センチ)でしたので
2人には大きすぎ19センチを新しく購入
ちょうどいいサイズ感でした

で、パエリアを作ってみました
パエリアパンがなくてもメチャ美味しくできました〜
底のおこげもしっかりでき、簡単!!
イメージ 52



おつまみを食べながら・飲みながらパエリアができるのを待ちます
イメージ 53



イメージ 54





イメージ 51


イメージ 56







朝が早かったので焚き火もホドホドにして
早めに就寝




























開く コメント(2)

ツナグリ山 2019/05/07






イメージ 1






世間ではゴールデンウイーク10連休も終わりなしたね〜



やっと、



で、私はお休みをいただきました〜(本日は定休日ですが)


皆が皆、お休みなんかじゃないんですよっ!
10連休してみたいわぁ〜



人ごみは苦手ですが。。。










またまたアケボノツツジを求めて行って来ました〜



今、大爆発中の ツナグリ山




駐車場に着いた時には雲に覆われ、どうなることかと思っていましたが
天気予報は晴れマーク、大丈夫っだよね〜〜と祈りながら歩くとそこには。。。。


最高のお天気に恵まれ本当に来て良かったです〜
イメージ 2



東平登山口より
まずはヒュッテに咲くヒカゲツツジを求めて
イメージ 4


イメージ 31



こちらも爆発中
イメージ 3


イメージ 6


イメージ 5


イメージ 7



銅山越
イメージ 8


イメージ 9



イメージ 10


イメージ 11



左奥が瓶ヶ森、右奥が石鎚山
イメージ 12


チチ山には霧氷が
イメージ 14


イメージ 13



ツナグリ山斜面はアケボノツツジ満開です
イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22



何度も何度も振り返りながら惜しむように帰りました
イメージ 23


イメージ 24




西山からは西赤石山のアケボノツツジの確認です
あと数日で満開になることでしょう〜
イメージ 25


イメージ 26



本日は、今治・しまなみ海道も良く見えます
イメージ 27



イメージ 28



駐車場から見た西赤石山
イメージ 29



イメージ 30





楽しいことをいっぱい持つと、元気になれるし、幸せになれる。
私はそう信じている





























開く コメント(2)







イメージ 1




令和元年



始まり始まり〜〜〜ってか、実感なんて何にもなく。。。

でもなんだか嬉しく思う私です

昭和に生まれ・平成で育ち・令和を生き抜く私!



これからも楽しく日々過ごせたらな〜〜って思う。







令和最初のお山はどこにしようかな〜

白と赤のアケボノツツジを見に行こう〜〜(めでたいぞ紅白)






稲叢山 ・西門山


今回は稲村ダム登山口からと思ったのでこちらへ、

標高1123mの高原にできた湖で、堰堤の高さ88mのロックフィルダム
ロックフィルダムはダムの型式の一つで、岩石や土砂を積み上げて建設する型式のダム
イメージ 2


きれいな石積みはとてもステキでした
イメージ 3


イメージ 7




ダムは見学しただけでトンネルまで戻っていざ出発

本日は西門山までの道中に咲く白いアケボノツツジを探すため
そう、どこに咲いているのか知りません。咲いているというウワサだけ(汗)
そして、稲叢山でお昼の予定
イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


登山道はピンクのアケボノツツジがちょうど満開です
ここ数日雨で寒かったので、この時期ですがまだつぼみもある木々もありました
イメージ 8


イメージ 9


イメージ 12


このアケボノツツジ、薄-----いピンクです
探すも探すも見つからず、これにしとこうか?我が家はこれで良くない??
ってダンナ様に話すも納得せず。。。
イメージ 10


イメージ 11





結局見つけることができず、西門山到着

少し休憩後引き返し稲叢山を目指します
イメージ 13


イメージ 14


イメージ 16


イメージ 15


イメージ 18


イメージ 17


イメージ 19



稲叢山、登頂

ここに来る途中、すれ違う方に白いアケボノの場所を知っているか聞いてみた
一人の単独のおっちゃんが知っていて場所を教えれくれました〜
ありがとうございます(#^.^#)

帰りにまた西門山方向へ行くことにします (また。。。)
イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


何度来ても、山頂からの眺めは最高です
イメージ 23


イメージ 24



同じ道また歩くの嫌だね〜〜何て言いながらも、
頑張る!頑張る!
イメージ 26




白のアケボノツツジ見つけることができました〜〜
ってか、裏年っても少なっ (笑)
ちょっとだけ早かったのかな〜?(あと2〜3日後かな)

本当に真っ白です。それも一本だけ。
やっぱり来て良かった〜
イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29



イメージ 30


昨年までは全く知らなかった稲叢山と西門山
もうすぐ
シロヤシオにオオヤマレンゲと楽しませてくれます

楽しみ〜〜






+++






イメージ 25




下手でも好きと言えるものがたくさんあることは、人生を豊かにしてくれます





















開く コメント(6)






イメージ 1





4月も連休を頂いていました

そう、我が家のマイブームキャンプの為






しかし、しかし、





まさかのダンナ様仕事に



一人キャンプは、ヘタレ女子には無理だし・・・
山、行っとくか---!!




瓶ヶ森林道も開通したし

なら、石鎚山イメージ 2




駐車場で準備するも暑い
17度もあります


半袖Tシャツにアームカバー、夏仕様です
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5



 三のベンチ以降は慎重に歩きます
こんな箇所が何ヶ所も・・・・・
イメージ 6


イメージ 7



前に歩いている人はアイゼン付けているようです
が、慎重に歩けば大丈夫!
イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11



イメージ 12


イメージ 13



えっ!!まだこんなに雪が残っとる
今年の四国は暖冬だったのに、先日までは寒かったけど
なんで??
イメージ 14





少し進んだらこんな感じでまだまだ雪が残っています


か、階段が・・・・・



冬ならイケイケ---って行っちゃうんでしょうが
アイゼン持ってきてないし(軽アイゼンのみ)、
春の雪は水分を含んでいるので重く、この雪の下では溶けた雪が流れています
いつ雪と一緒に流れるかも・・・という不安

アイゼン・ピッケル持っていても知識も経験もない私には危険過ぎた今日の石鎚山でした
イメージ 15


で、とっと下山しました。
イメージ 16





で、気を取り直して伊予富士に行ってきました〜
最短距離にて
イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20



雪はまったくございません
イメージ 21



イメージ 22


こんなに看板いる?
イメージ 23


イメージ 24






























開く コメント(4)

笠松山 2019/04/16








イメージ 1


イメージ 6




さて、これは何でしょう・・・・・・?










今年も収穫してきました〜〜
いつもの笠松山にて。




ワラビ
イメージ 2









道にもワンサカ生えています




が、




これは細いので皆さん採りません
ってか、両脇にいっぱいあるんで。。。
イメージ 3



あっというまに手にいっぱいです
今年も少し遅かったですが十分収穫する事ができました〜
イメージ 4



カワイイお花に癒されながらモクモクとウロウロと
イメージ 5








そのまま実家にお持ち帰り


















開山公園 2019/04/12







イメージ 1






今年最後のお花見は・・・(たぶん)



本州と四国を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」が通る伯方島の北西部、
標高149mの開山山頂にある公園







開山公園





展望台からは、伯方・大島大橋、大三島橋、多々羅大橋が一望でき、
春には約1,000本のソメイヨシノほか5種類の桜が咲き乱ます。
同時期の群生するツツジも満開となり、
ツツジのピンクと桜、海と空のブルーのコントラストは最高です。




本日は最高のお花見日和
青く澄んだ空と海に素晴らしい景色を見る事ができました〜〜








まずは駐車場から車に映る桜を楽しみます
イメージ 2



そして、頂上の展望台を目指します
イメージ 3



多々羅大橋、大三島橋、伯方・大島橋、
瀬戸の急流を行き交う船を眺めることができ瀬戸内ならではの景観を満喫できます
イメージ 4


イメージ 5


イメージ 7


イメージ 6



展望台から下を見るとべンチが
平日とあって人も少なくのんびりできますよ〜
チョ----穴場!!
イメージ 8


イメージ 9



ここの36メートルの滑り台も有名ですね〜
イメージ 10


イメージ 12



散り始めたばかりの桜のじゅうたんの中をテクテクお散歩
イメージ 11


イメージ 20


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 21


イメージ 32


イメージ 17



イメージ 18


イメージ 19


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 33


イメージ 24


イメージ 25




やっぱり、ここの桜が一番好きだな〜〜












ランチには先日オープンしたばかりの



結乃屋MITSUBACHI



以前は海が見えるロケーションでこじんまりとした隠れ家的なお店でしたが
今度は目の前が海という場所に移転
以前は、民宿ふなやどさんだった場所です
ここの穴子づくし懐石は絶品だったのですが・・・・残念
イメージ 26


イメージ 27


イメージ 31


イメージ 28


みつばちランチ
イメージ 29




店を出て10歩で海ですよ
イメージ 30







楽しいことをいっぱい持つと、元気になれるし、幸せになれる。




















開く コメント(2)






イメージ 1





本日もお花見〜







ニューヨークタイムズ 「2019年に行くべき52ヶ所」 に、
"瀬戸内の島々"が日本で唯一選ばれ、
香川県三豊市紫雲出山から撮影された写真が紹介されました。
世界で注目を集めている絶景スポットなら行っとかなきゃって事で行ってきました





その前に、
アルペンアウトドアーズ宇多津店が2019年3月28日にオープンしました
中・四国最大級の体験型アウトドアショップ、200ブランド、5万点以上の商品を取り揃えています。



行きたい--!!同じうどん県というくくりでまずはこちらへ。。。。。
イメージ 2




想像以上に品数豊富です

もう、大興奮な私でした
見たことのないテントも沢山。各ブランドごとに分かれていて、
実際見て触って品揃えがすごいんです。専門スタッフもさすが知識豊富。

楽しい〜〜〜

見ているだけでワクワク、なかなか前に進みませんでした
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 12



ヘリノックスの椅子が以前から欲しくて欲しくて・・・・
ヤバッ!めちゃある〜〜〜

実物をこんなに見たの初めてだぁぁぁ
イメージ 11



30%オフがある〜〜〜(旧モデル廃盤とのこと)
手前のカモ柄、座面が回転する構造になっていてキャンプには最適だわぁ〜〜

他の色は沢山ありましたが、このカモフラ柄は在庫2点のみ
運命です!!お安くなっていてもやっぱり高っ。。。。

でも・・・・


次のキャンプの予定はまだまだ先だけど・・・・いる!買う!!
イメージ 10


ヘリノックスのローチェアにあう
テーブルやら小物をまたまたやっちゃいました




3時間以上はウロウロ。まだまだ見ていたいですけど次へ、










紫雲出山 (しうでやま)


「浦島太郎が開けた玉手箱の白煙が、
紫色の雲になってこの山にかかった」という浦島伝説にちなんで名付けられた神秘的なスポット。
瀬戸内海に北西に突き出た荘内半島にある標高352mの山。
山頂の展望台からは瀬戸大橋、中国地方や小豆島まで、
広大なパノラマが広がり絶景が楽しめます
約1000本の桜と青い海・澄んだ空のコントラストは美しいの一言です。




桜シーズンは山頂まではシャトルバスのみの運行となります
3月30日〜4月7日まで
往復400円
イメージ 13


イメージ 16


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23




もし、猪に出会ったらどうします??

何もしないで無視する!だって
イメージ 24








帰りはこちらへ。。。

今、うどん県でもっとも熱い場所!!





父母ヶ浜 (ちちぶがはま)


南米の「ウユニ塩湖」のような美しい水鏡が見られると、
SNSを中心に話題を呼んでいます
約1kmのロングビーチを誇る美しい海岸で、「日本の夕陽百選」にも選ばれています

もし南米ボリビア西部にあるウユニ塩湖に行っても
運が悪けりゃ見れないと思うし、めちゃ遠いですよね〜



絶景が見られる「条件」

・干潮と日の入り時刻の重なる時
・風がなく水面が波立たない時
・日の入り前後約30分間のマジックアワー



実は帰りにたまたま通りかかっただけなんですけどね〜〜
めちゃ人がいるよぅ--------何何何・・・・・・・・・・


が、ここだった
イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28






仕事も大切。勉強も大切。でも、遊びも大切。
どんな「遊び」をするかによって人生が変わる






















開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事