ここから本文です
TYPE−NOR re-format
「悪いおとな」のための 深夜放送系プログレッシブTOYブログ Twitter:@Type_NOR

書庫全体表示

記事検索
検索

全156ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 24


イメージ 5
全国の女子高生の皆さん、Yo.Joe!!

イメージ 6イメージ 7イメージ 8
養生!!

イメージ 5
さて、今日も変なG.I.ジョーの事ではなく、ミクロマンの事を勉強しようか!
ミクロマン・レッドパワーズ  L-07 スーパーサタケ(以下「スタケ」)
イメージ 25


こいつはある意味、一種の変ジョーなのだ。

イメージ 7
あら、空手家の佐竹雅昭ちゃんがモデルのアイツね!
でも何でミクロマンが変ジョーなの?

イメージ 8
はは〜ん、読めたで!
佐竹っちゅうたら、格闘ゲーム「餓狼伝説」に登場する、「ジョー・東」の元ネタや。アニメ版の「餓狼伝説 バトルファイターズ」では、ジョーの声もアテてましたわ!

餓狼伝説2 ジョー東

つまり今回は、「変なジョー・ヒガシ」ちゅうこっちゃ!!

イメージ 6
ダッコラー!!テキトーな事抜かすんじゃネッコラー!!(ズバババババァッ!)←画面端タイガーキック

イメージ 10
パンギャゴ・ホーホ!!(バタリ)

イメージ 5
ンー、ネタとしてはその通りでもあるけど、実はガチな面でも、スーパーサタケにはGIジョー要素があるんだよ。

イメージ 6イメージ 7
マジで!?

イメージ 5
マジもマジ、大マジよ。

イメージ 7
まぁ、「変ジョー」があるなら、スタケちゃんはゴリゴリの「変ミクロ」ではあるわ。
でも、なんかもうひとつテンション上がらないのよね。ミクロマン・サタケのイメージって、「ものすげぇ売れ残り」じゃない?

イメージ 5
いきなりdisんの!?

イメージ 7
やだ、アタシはアクロイヤーだもの、ミクロをdisるのはライフワークよ!!

イメージ 5イメージ 6
斬新すぎるだろオイ!

イメージ 7
当時どころか今でも絶賛売れ残り中ね。最安ミクロマンのテッパンじゃないかしら
今じゃ、最盛期の佐竹ちゃんの人気を知らないコからは「どうせ出すなら角田さんの方が良かったんじゃない?」とまで言われちゃう始末だわ。

イメージ 10
う〜ん、佐竹は革命的にスゴかった!というのを、ここらでハッキリさせんといけませんな!
イメージ 22

佐竹雅昭伝説、試合開始や!!

正道会館所属の若き空手家、佐竹雅昭は、87年に全日本空手オープントーナメントで初優勝し、その後88年の準優勝を一度挟んで以降、89年からは破竹の三連覇!日本空手界では敵無しの存在やった。
国内の空手界に敵がいなくなってしまった佐竹は、前田日明との異種格闘技戦で名を馳せたドン・中矢・ニールセンや、猪木と伝説の死闘を行った「熊殺し」ウィリー・ウィリアムスらと、従来の競技空手の枠組みをブチ壊すような戦いを繰り広げ、連戦連勝を収めるんや
これらの試合はマスコミでも大きく報道され、「空手最強の男、佐竹雅昭」は、プロレスファンの間でも熱い注目を浴びるようになったんやな。
そして91年12月、ついに佐竹ら正道会館軍団は、前田日明率いる総合格闘技団体、RINGSに参戦!プロレスファン、格闘技ファンでいっぱいの会場に、佐竹の入場テーマ、怪獣大戦争マーチが大音量で鳴り響く!

佐竹雅昭入場テーマ 〜闘志天翔〜

伊福部マーチに乗って本物のゴジラと一緒に入場し、選手代表としてマイクを握れば、「こんばんは!怪獣王子です!!」と言い放つ。観客は大爆発や!!
佐竹は「何かとんでもない事をやってくれる」という期待を与えてくれる、ワクワクするようなスター性を持っておった

イメージ 21

RINGSで興行のノウハウを吸収した正道会館の石井館長は、後に国民的格闘イベントにまで成長する「K-1 GRAND PRIX」を立ち上げ、佐竹は黎明期のK-1で「海外一流選手と対等にドツき合う日本人エース」として、全ての格闘技ファンの夢を背負って立つ存在になったんですわ。

イメージ 7
一線の格闘家でありながら、ソフビ、サイボーグ、ミクロマン、G.I.ジョーなどのフィギュアやオモチャ、マンガ、特撮、アニメ、ゲーム、AVのマニアでもあって、格ゲーキャラのモデルになってアニメでは声をアテたり、怪獣ソフビコレクションシリーズをプロデュースしたり、週刊少年チャンピオンでは実録マンガ「となりの格闘王」の主人公にもなっちゃうし、映画「1,2の三四郎」では東三四郎役として主演したわ。
文字通り、「マンガから飛び出したような」型破りの個性よね。

イメージ 8
佐竹には文筆活動の依頼もひっきりなしで、人気絶頂期には玩具ホビー誌、テレビゲーム誌、スポーツ新聞、マンガ誌などで、月に20本以上の連載があったそうや。90年代のオタクなら、必ずどっかで佐竹のコラムを読んどるはずやで。

イメージ 20

佐竹は間違いなく、90年代ギーグ文化の頂点に輝く巨星やったんや!

イメージ 5
実在人物をミクロマン化させるなら、世界で一番的確なのが佐竹だったわけだね。
では次に、オモチャの基本を押さえておこう。

イメージ 7
そっちの解説はアクロイヤーのアタシが本業だからまっかせて♪
彼は1999年末、レッドパワーズ初期に発売されたわ。
イメージ 23

アーサー達、ア行5人以外での、レッドパワーズ最初の新メンバーがスーパーサタケって事になるわね。

イメージ 6
実在人物系のミクロマンなんて珍しいデスイズ。初めて聞きまシター。

イメージ 7
他は映画とのタイアップ商品(エレクトリックドラゴン80000V)くらいだものね。
スタケちゃんが異彩を放つのは、「その場だけの話題作り」が目的じゃなくて、玩具物語世界内に正式なメンバーとして組み入れられている所なのよね。

レッドパワーズ 玩具カタログ(1期)
イメージ 19

世界に名高い空手家「佐竹雅昭」は、もう一つの顔を持つ。
実は、プロフェッサーKの研究所で九磁耕平博士と共に、ミクロマンを研究する科学者でもあるのだ。
彼は、独自の研究でミクロジウムと同等のパワーを持つ「カラテジウム」を作り出した。
カラテジウムは、空手などの格闘技を極めた者だけが持つ「カラテスピリットを、マグネパワーに変えることができるエネルギー集積体だ。
そして、佐竹博士は自らの細胞から生み出したクローンミクロマン「サタケ」に、カラテジウムを組み込み「ミクロマンスーパーサタケ」を誕生させた!!格闘が得意なクローンミクロマン。
武器は「ミクロヌンチャクK」。
センサーで敵の行動を予測し高速攻撃をかけることができる。
趣味はフィギュアコレクション。

カラテジウムって何!?とか、「マグネパワーに変換」って、あんたレッドパワーズのくせに!?とか、ツッコミ所満載ね。

スーパーサタケ 素体
イメージ 18

胸のカラテジウムは「日の丸」ね。空手、K-1と、日本のエースとして戦い続けた、佐竹ちゃんのプライドが表れてるわ。

付属品は「ミクロヌンチャクK」
イメージ 17

カラテじゃないじゃん!とかここもツッコミポイントだけど、この装備はビュンビュン振り回してアクロイヤーをハリ飛ばしたりできちゃって楽しいわ♪

イメージ 8
プププ… パープルはんも張り飛ばされてしまいますわな(笑)

イメージ 9
えいっアクロブレード(ズババババババァッ!)

イメージ 10
グワーッ!(バタリ)

イメージ 7
後の「シャイニングテクター期」には、「レーザーミクロマン」にパワーアップ。

レッドパワーズ L-21 レーザーサタケ(以下レタケ)
イメージ 16

付属品がドッサリ増えてお買い得感アップね!
スタケちゃんはなんかオレンジっぽい謎のだったけど、今度は白、クリア、赤と、「空手着」をスッキリとイメージできる仕様になったわね。

でも、レッパ時期には型古のスーパーミクロマン素体、シャイニングテクター時期には型古のレーザーミクロマン素体で発売されて、最終形態となるシャイニングサタケは結局発売されず。今でも時々、ファンからは「シャイニングサタケまだですか?」なんてイジられるわ。れがいわゆる、「サタケ一個遅れ伝説」よ。

さらに佐竹ちゃんは「変身サイボーグ99」ラインでサイボーグ化も実現したわ。
ミクロとサイボーグを両制覇の、大変な快挙!

ハイパーホビー誌上限定販売 変身サイボーグ99 サイボーグサタケ
イメージ 15

刺繍入り布製カラテ着とか、マシンガンやスパイク内臓のパンチグローブとか、付属品がバカの方面に凝りまくり!「サイボーグの世界とはこうだ!」っていう、「わかってる感」ビンビンのナイスアイテムだったのよ。

イメージ 5
さて、それではいよいよ「サタケの謎」について迫ってみよう。
「ミクロマン・サタケ誕生の経緯」だが、ホビー誌に掲載された佐竹氏の一文がリリースのキッカケらしい。(コツ氏のツイートを参照

イメージ 26

イメージ 7
なによ〜!けっこうノリで決まった話だったんじゃない!
わかっちゃうとちょっとガッカリだわ。

イメージ 5
しかしこの「マーケではなくノリで決定」っていう情報には、サタケがスーパー素体で造られた謎や、サタケが売れ残りアイテムになってしまった謎などを解明する手がかりが含まれているように思える。
つまり、そもそもこれ一般販売ラインで売るブツか?って事なのよ。

イメージ 8
ははぁ、売れ残ったのは、造り過ぎが原因ってことですな。

イメージ 5
そう。実際サイボーグは誌上限定販売だったしね。
資料が無いから断定できないが、発売時期から逆算すると、企画の立ち上げは99年の中頃、マグネパワーズのスーパーミクロマン時期だったと推察される。
つまり、レッドパワーズ素体の開発前だ。

イメージ 7
それでスーパー素体だったのはわかるわ。でも何でマグネパワーズじゃなくて、レッドパワーズでの発売なの?

イメージ 5
元は限定企画だったんじゃないかな。それが、シャクネツがボンボンの誌上限定販売だった事や、レッドパワーズ初期の品揃えが少なかった事から、一般小売店向けの商品点数を充実させるために変更されたのかもしれない。

イメージ 10
でも、オモチャ発売直前の99年10月には、佐竹はK-1からも正道会館からも離脱してもうてて、言ってみりゃぁ佐竹の商品価値が一番悪い時期に商品発売がカブッてしまったんですな…

イメージ 5
しかし結果的にスーパーサタケが加わる事で、レッドパワーズは非常にミクロマンらしい、面白い構成になったと言えるよ。

イメージ 7
どういうこと?

イメージ 5
レッドパワーズは「本当の平成ニューミクロマンとなるべく設計された」というのがNORの考察なんだが、シャクネツ、スーパーサタケ、ダーク、「サラムの裏記号を持つサイバー」を加えると、レッドパワーズも昭和ニューミクロマンと同じく、11人のメンバーが揃う
さらに、昭和ニューミクロマンの玩具は過去のミクロマンシリーズの歴代の素体を揃えた構成だったんだけど、レッドパワーズも、昭和と同じく「マグネパワーズ素体、スーパー素体、レッドパワーズ素体」と、平成ミクロマン歴代の素体が揃う

イメージ 14

イメージ 6イメージ 7イメージ 8
オモシれぇ〜!!

イメージ 5
そしてスタケ最大の謎、変な色についてだが、これにもイチイチ細かい意味が隠されていると思われるんだ。

イメージ 8
佐竹いうたら「白」が空手着、「赤」が日本国旗、「クリア」は変身サイボーグ。ここまでは想像できるんやが、あの変なオレンジ色がようわかりませんなぁ…

イメージ 5
あれはオレンジ色じゃなくて、胸の大胸筋モールドも含めて、恐らく素肌を表しているんだろう。
タカラで「素肌の人形素体」といえば?

イメージ 8
あぁっ!「ニューG.I.ジョー」や!!

イメージ 7
それか、「コンバット・ジョー」ね!!
佐竹ちゃんの年齢とゴジラ大好き趣味、変身サイボーグ趣味(※コンバット・ジョーの素体は変身サイボーグ素体の流用)から考えると、元ネタはコンバット・ジョーから取った可能性が高いわね!

イメージ 27

イメージ 5
うん、スーパーサタケの中には、「空手家佐竹雅昭、変身サイボーグ、ミクロマン、コンバットジョー」の記号が、ギチギチにブチ込まれている(と、思われる)んだ。
根拠として、スーパーサタケの発売と同時期の99年12月、明確に「G.I.ジョーモチーフ」の肌色ミクロマンが販売されていた事実がある。

20世紀おもちゃ博物館限定 「初代ミクロマン復刻版 ヒストリックカラー」
イメージ 13

これは、初代ミクロマンに、ニューG.I.ジョー、変身サイボーグ、キングワルダー、アンドロイドAのカラーをオマージュした色を付けた商品だ。

平成以降のミクロマンで「G.I.ジョー要素」っていうとちょっと意外な印象を持つかもしれないけど、200Xの「着ぐるみミクロマン」は、まるで80年代の「コンバットジョー・ゴジラ」のアイデアを再現するような企画だった。

イメージ 1

90年代以降のミクロマンの中に、「ジョーの血統」が密かに織り込まれていたのは明白だ。

イメージ 7
「おもちゃ博士・佐竹雅昭」と、「暗黒秘密結社・タカラサイボーグ研究所」、スーパーサタケは当時の玩具界の最狂の頭脳が結集した商品だったのね。
そのイカレたコダワリっぷりが、ものすごくわかりづれー形で表現されてたり、超マニアックな商品をシレっと子供向け一般流通に載せちゃうところなんかも、いかにもだわ。

でも、実在の格闘家がオモチャ、マンガ世界に堂々とシャシャって来るっていうギミックは、言ってみれば逆タイガーマスクね。

イメージ 6
オゥイエー。G.I.ジョーのスーパースター、サージェント・スローターみたいなモンでスネー。
イメージ 12

イメージ 5
まぁ、日本版サージっていうアングルで捕らえると、そっちの意味でもG.I.ジョーっぽさ、しかも「ア・リアル・アメリカン・ヒーロー」要素があるとも言えるね。

さて、それではいよいよ最後の謎である、サタケの裏の顔の秘密について、少し考えてみたい。

イメージ 8
ああ、「マグネパワーズ・レッドパワーズは裏側にも顔がある」っていう、NORの珍説ですな。

イメージ 5
スーパーサタケのダブルフェイスがコレだ。

イメージ 3

レーザーサタケのヘッドパーツも、裏表共にスーパーと一緒のようだ。

イメージ 2
(画像提供:フナキ氏)

イメージ 8
ヘッドギア、ゲジ眉、デカいデコ、てっぺんのチョロ毛…
確かに、かなり何かの顔っぽいですな〜…

イメージ 6
スゲェ悪党ヅラデース。

イメージ 7
「何に似てるか?」って言われると、なんか悩むカンジね。

イメージ 5
NORもいろいろ考えたけど決め手に欠けちゃって、ツイッターで意見募集もしてみた
結局一番しっくり来たのは無駄づかいウルフ(AKA.こぶら愛人)君の意見、

正道会館の石井館長説。
イメージ 4

イメージ 6イメージ 7イメージ 8
優勝!!

イメージ 5
今回の記事も、様々な方のご協力のおかげでお送りする事ができた。NORに代わってお礼を申し上げたい。

イメージ 11

ではまた、次なる玩具世界の秘密でお会いしよう。
Knowing is half the battle.

イメージ 6イメージ 7イメージ 8
Now,I know.

この記事に


イメージ 2イメージ 3イメージ 4イメージ 5
We are back!!


イメージ 6
良い子の諸君、Yo,JOE!!

イメージ 7
Yo,JOE!!

イメージ 5
なんと三年半ぶり!みんなもう、変ジョーの事なんぞスッカリ忘れてもうたんやないかとヒヤヒヤでしたが、待っとってくれた人も多くてホッとしましたがな(笑)

イメージ 6
今日は変ジョーの開始からちょうど6年か。復活にはもってこいの日だね。

イメージ 4
ゴウランガ!変ジョー質問箱にもヨイ子からのお便りがワンサカ届いているマス。←一部誇張有り

イメージ 3
じゃ、さっそく始めるぴょん「変ジョー質問箱」のコーナーよ
まずは最初のおたよりね。

職場の後輩ちゃんが事あるごとにドクターマインドベンダーを喩えとして持ち出して来ます。やめさせた方が良いでしょうか?

イメージ 4
応戦セヨ!事あるごとにサーペンター喩えて返してやればわかるはずだぁ!!
This, I command!!(ズバババババァッ!!)

イメージ 8
グワワーッ!コッ… コブラー・ララララララララッ!!(バタリ)

イメージ 9
あわわわわ… まっ、まさかの読者SATSUGAIスタート!!

イメージ 3
次の犠牲… あらいやだ、質問ね
あら、今度はだいぶディープな感じね。

好きだったあぶら超人さんに彼女が出来ちゃうわ、ツイッターのリプは返ってこないわ、ブログのコメント少ないわ、AV借りる気も起きないわ、体は壊すわ、もうどうしていいのかわかりません。自決、クスリ以外の解決方法でお願いします。

イメージ 4
ノォ〜… 二人はお似合いのメガヒット変態カッポーだと思ってまシター。

イメージ 11

イメージ 6
うーん、超人ロスか。つうか全体的に中学生男子の悩み相談みたいなんだけど。

イメージ 4
彼女のモノは貴様のモノ。超人をNTれ

イメージ 9
そそそそそりゃはははHANZAIの幇助やっちゅーの!

イメージ 3
じゃ、目指すは愛人ね。超人ちゃんまだ未婚だからギリ合法よ。超人くん、抱いておやり!

イメージ 10
いや、そのセンはちょっと…

イメージ 6
まぁ要するに、狼君がモテモテの人気者になってAVも観まくれて、「もう誰もぼくの事を貧弱な坊やとは呼ばない」的なブルワーカー人生を送れるようになればいいわけだ。

イメージ 4イメージ 3イメージ 5
It's so very easy.

イメージ 10
ホントかよ…

イメージ 3
イメージチェンジね。狼ちゃん、思い切ってキャラチェンなさい。ブログも刷新!玩具記事なんかやめて、これからは特殊AVレビュワーになりましょ。

イメージ 10
なっ、なにぃ〜っ!

イメージ 3
ブログタイトルは「グレンとグレンダイザーと」、ハンドルネームは「こぶら愛人」、顔アイコンはコレよ。

イメージ 12

イメージ 12「むだづかいウルフ」改め「こぶら愛人」
わーっ!勝手に換えられた!

イメージ 5
ほな、始めまひょか。

「変A.V.JOEのひみつ」
イメージ 13

イメージ 12
勝手に新コーナー始まった!?
い、いやしかし、AVは得意分野だし、なんとかなるか。しかも特殊なヤツね…

オホン、 AVにもいろいろあって、SM、スカトロはもちろん、有名コンテンツの便乗パクリ、トクサツヒロイン物、怪獣物、SF物とか、なんじゃこりゃ!みたいのも沢山あるわけだ。

俺のオススメは、カワイイ防衛隊の女の子がウルトラ風巨大ヒロインに変身して、そのまま怪獣にいろいろされちゃう…

イメージ 6イメージ 4イメージ 3イメージ 5
そんな話、誰も聞きたくねー。

イメージ 12
うはぁ!?

イメージ 3
バカね。性癖なんて千差万別よ。愛人ちゃんにストライクな作品なんて紹介しても、それ読んで楽しいのは世界中でアンタ一人でしょ?
自分が絶対に観たくない作品観て、それを紹介する!そこに、より多数の読者との共感が生まれるのよ!!

変身ヒロインならこれね!

イメージ 14

イメージ 6イメージ 4イメージ 9
げはぁっ!コレは観たくねぇ。

イメージ 12
(楽しいのかね、こんなコーナー…)
ま、まぁ、熟女とトクサツが好きなヒトなら、アリだろう。

モンスター物で言うと、ソンビとか貞子系ホラーとかけっこう流行ってまして、エグいけど慣れると一回転したエロさを感じられる。

ガチなオススメでは妖怪モノとか。鬼太郎の「猫娘」とか、ドロロンえん魔くん、ぬ〜べ〜の「雪女」で目覚めちゃったってヒト、かなり多いんじゃないかね。

意外にオススメできるのは、メイクされたゾンビ(死体)をヤッちゃう…

イメージ 5
まだわかっとらんようやな。取り上げるんは、こういうのや!

イメージ 15

イメージ 6イメージ 4
超スレンダー、包帯、硬直系!!だが全てアウト!!

イメージ 3
出演男優にはノーベルAV賞あげていいレベルね。

イメージ 12
(もういやだぁ…)
ホラー系って、本来はエロと相性バツグンなハズなんだけど… 
強いて言えばカツオブシマニアにオススメだ。

スゲェ変わってるとこだと、セーラームーンとかプリキュアとかのアトラクションショーに出てくるような「被り物系」なんてのもけっこう昔からあるんだけど、これもなかなかフェティッシュな味わいがあって、ドール系のマニアなんかには意外とオススメが・・・

イメージ 6
絶対できないのがコレだ。

イメージ 16

イメージ 4イメージ 3イメージ 9
もうこれワケわかんねーな

イメージ 12
くっ… くくくっ… くくくくくっ…

イメージ 9
アカン、ついにおかしくなりおった。

イメージ 12
ゲボハハハ!
たった今、オレの中でコーナーの趣旨が完全に消化された!最終解脱完了!!
今回俺様が紹介するのはコレだぁ〜っ!!

イメージ 17

イメージ 6イメージ 4イメージ 3イメージ 5
・・・

イメージ 12
アレ?ちょっと、なんでみんな静かなの? …ねぇってば!!

イメージ 6
ダメだね。

イメージ 3
ダメね。

イメージ 5
サムゥッ、ウケ狙い丸出しですやん…

イメージ 12
うぎゃぁ〜っ!じゃぁどんなんならOKだってんだぁ〜!?
ブラ次!!アンタなら何紹介するんだよエーッ!?出してみろよコラ!!

イメージ 4
よくぞ申シタ!目ん玉カッぽじって良く見るノジャー!!

イメージ 18

イメージ 6イメージ 3イメージ 5
ワザマエ!!

イメージ 4
SHINI・SARA・SEEEEEEEE!!(ドッバァァァァァ!!)

イメージ 12
ギヤャーッ!!


イメージ 6
さて、ようやく本題、「変ジョーのひみつ」のはじまりだ!


イメージ 1

イメージ 6
今回は、末期ジョー暗黒期を彩ったハイテク海兵隊だ。

イメージ 3
元ネタは映画「エイリアン2」の、植民地海兵隊(コロニアル・マリーンズ)ね。
映画での宇宙海兵隊は「超カッコいい未来米兵」を作り出して、後の様々な作品に影響を与えたわ。もちろんジョーも直ちにパクッたのよね。

1988年 バトルフォース2000(joefig氏による解説記事)
イメージ 19

イメージ 5
イラスト見た段階では、「あぁ、そんなカンジやなぁ」って思うんやけど、実物はクッソだせぇクオリティでしたわ。

イメージ 20

イメージ 6
まぁ、エイリアン2玩具を正規展開してたケナー社の製品も、アレンジセンスはなかなかのアレだったので、ハズブロが特別にナニだったと言うよりも、映画のビジュアルが時代の先を進み過ぎてたってとこだろう。

イメージ 3
バトルフォース2000はシリーズの中でも浮きまくって、玩具は超売れ残り。コミックでも持て余されて、しまいに皆殺しっていう、あんまりな結果だったわね。

イメージ 6
だがハズブロはまだ諦めていなかった!ジョー末期、SF海兵隊ネタに、全くコリずに再挑戦!!
前回の反省を踏まえてか、彼らのオーバースペックに見合うだけの敵キャラも完全新規で揃え、イメージぴったりの(どっかで見たような)大型ビークルも投入した!!

1993年 メガ・マリーンズCM

メガ・マリーンズ(joefig氏による解説記事)
左より、クラッチ、ガンホー、ミラージュ、ブラスト・オフ。
イメージ 21

フィギュアにはプレイ・ドー(小麦ネンド)が付属して、アーマーやミサイルの弾頭として使用できる。

イメージ 22

ネンド装甲は「バイオ・アーマー」と言って、ネンドなんで弾着やひっかきでバトルダメージが表現できたり、よりハードに遊べるギミックになってるわけだ。

イメージ 9
やっぱクッソだせぇんですが。

イメージ 3
反省してるんだかしてないんだか、よくわかんないわ。

イメージ 6
敵兵も、メガ・バイパーズに加えて、新機軸となる巨大怪物、メガ・モンスターズ(joefig氏による解説記事)を投入!

メガ・モンスターズ 「バイオバイパー」
イメージ 23

イメージ 9
でっ、でかい!!

イメージ 24

これ、3.75インチやのうて、5.5インチ規格やないですか!!

イメージ 25

イメージ 3
背中のレバーで触手が動かせたり、ミサイル発射できるガンが付いてたり、モンスター臭付きだったり、ギミック豊富でイケてるわ。いいカンジにダッセーし。

イメージ 6
コイツはモンストロバイパー(ooku氏による紹介記事)
イメージ 26
腸内で生成したネンド製ガット・ボム(腸爆弾)を、右手のスプリングアクションで放り投げる!

イメージ 9
いやいや、どう見てもこれ、ゴリラのウンコ投げですがな!

イメージ 3
なかなか意欲的っていうか、遊べるシリーズにしたのはわかるんだけど、SF宇宙戦争モノなら、同時期のスター・ブリゲイドもあるじゃない?


なんでわざわざSFネタで別カテ作ってカブせたりしたのかしら?ちょっとわかりにくいのよね。

イメージ 6
いや実はサ、メガマって宇宙じゃないんだわ。

イメージ 4イメージ 3イメージ 5
な に ?

イメージ 6
いやだからネ、宇宙じゃないの!スターブリゲイドは銀河キチガイ帝国との宇宙戦争だけど、メガバイパーズは完全コブラ兵だし、メガモンスターズはキチガイ歯医者が改造したコブラ兵、つまり改造人間なのね。モンスターは元ニンゲン。APCが爆走する舞台は、地球の海や森!!


イメージ 9
げげぇ〜っ!イメージ崩壊!!もとからダッセぇ感じが、さらにダッセぇ!!

イメージ 6
まぁ、昔からのファンにしてみたらサ、やっぱジョーにはコブラと戦って欲しいワケよ。いきなり「チワッス!銀河キチガイ帝国ッス!宇宙から来たッス!!」とか言われても、ざけんな誰だテメー。とか思われちゃうワケね。

SF色を強くしたスーパートルーパーズ玩具を出すに当たっても、「キチガイ星間戦争」とは距離を置いた、伝統の「GIジョーVSコブラ」というアングルが欲しかったんじゃないの?

イメージ 3
日本から来た未知の敵(PR玩具)に対抗するため、昔ライバルだったケナー、マテル、プレイメイツ玩具の要素まで総動員して、一人アメリカ連合軍みたいな戦いをしてた、この頃のジョー展開って、アタシは嫌いじゃないわ。モノはバカでダセェけどね。

そーいえばブラ次ちゃんも、欧州コミック展開ではG2開始までの橋渡し役(samuraibot氏の記事を参照)として、ギリでPRブームと渡り合った世代よね?

イメージ 4
プンスカーッ!!今もニチアサは観ないデスイズ!!

イメージ 6
さて、ジョーでは変わりダネの感じがする改造人間ネタだけど、実はリップコードなんかが、改造人間キャラになってたりする。

イメージ 3
えーっ!リップコードっていやぁ、実写映画に出てたアイツよね。あのタカ&トシのトシみたいなやつ。

G.I.Joe Rise of Cobra リップコード (リアクティブ・インパクト・アーマー)
イメージ 32


イメージ 6




初代のリップコードは、シリーズ初期の1984年登場で、サンボウ期のアニメにも登場している。

G.I.Joe A Real American Hero 降下兵リップコード(初代) 

イメージ 28

日本版、「地上最強のエキスパートチーム」にもチラ出していたハズ。

アニメではパッとした出番も無かったが、コミックでは、フとした事からキャンディって女の子と恋仲になり、それが後に悲劇的な運命となって行く。

イメージ 31

出番も多く主役回もあり、コミックでは重要な役回りのキャラクターだった。

イメージ 3
初代はガチガチのCool Joeだったけど、劇場実写版、「ライズ・オブ・コブラ」では、無口なデューク(チャニング・テイタム)の替わりにベシャリまくるおしゃべりクソ野郎ね。

イメージ 27

主役級の大活躍をしたのはいいけど、マーロン・ウェイアンズはこの役でラジー賞の最低助演男優賞にノミネートされちゃったわ。

イメージ 6
ラジー賞とかどうでもイイのよ正味の話。シリーズファンにしてみたら、こいつが劇中でスカーレットを口説き落としたって事の方が圧倒的に重罪なの。

イメージ 9
そっ… そや!スカーレットのお相手っていやぁ、スネークアイズとのプラトニックな関係がシリーズでもテッパンや!!それをコイツが持ってってしもたら、次作以降のスカ子の出番が…

イメージ 6
そう。スカーレットも、リップやその他大勢と一緒に次作でリストラ。スネークアイズを陰で支える存在として、シリーズを通して軸となるべき最重要キャラクターを、こいつがダメにしちまった。やってくれたなぁ、ハリウッド!!

そんな素行がジョー製作陣の怒りを買ったのかはわからないが、その後の「おしゃクソリップコード」に待っていたのは、凄まじい待遇だった。

実写劇場版の直後に製作された新作アニメシリーズ、「レネゲイズ」(2011年)にも、主人公デューク達のチームメイトとして、アタリマエのような顔でスタメン入りをしているんだが…

G.I.ジョー・レネゲイズ 第一話

なんと第一話の開始直後に、即爆死!!

イメージ 4イメージ 3イメージ 9
まじかーッ!!

イメージ 6
しかし!シリーズも終盤近くになる第20話で、ヤツの生存が思い出したように確認される!

イメージ 5
良かったやないか(笑)

イメージ 6
良くない!ヤツの体はコブラのキチガイ科学者達のオモチャとして散々に弄ばれた挙句、生体兵器バイオバイパーに改造されてしまっていたのだ!

イメージ 30

かつての仲間達に襲い掛かる、怪物と化したリップコード!

イメージ 4イメージ 3イメージ 9
ま さ か の バ イ オ バ イ パ ー ! !

イメージ 9
「家賃高すぎ女子」をノリで落としちゃったツケを、ウシジマくんすら引くレベルで回収されとる…

イメージ 3
聞いた事も無い過酷なオトシマエだわ。
「登場即爆死」ってだけでも充分以上にヒドいのに、死すら単なる前フリだったなんて…
新リップもオンナで苦労するっていう要素だけは、妙に引き継いじゃったわね…

イメージ 6
レネゲイズ版リップコードの詳細に関しては、joefigくんの記事を参考にして欲しい。
つうかこぶら愛人くんも、ネンド海兵隊ガッツを心に秘めて、強く生きてゆけ!

イメージ 9
(それ、SATSUGAI後に言うセリフやないやろ…)

イメージ 3
字数の都合もあるし、今日はこんなとこね。#変ジョー質問箱の質問も随時受け付けしてるわ。
ブログコメント欄での投稿もオッケーよ

イメージ 6
今回使われなかった質問も、次回以降ちゃんと使わせていただくからね。
では、ネンド海兵隊ども、整列!!次回作戦で集合だ!!Knowing is half the battle.

イメージ 4イメージ 3イメージ 8イメージ 12
Oohrah!!(ウーラ!!)


We love MEGA・MA Guts.
イメージ 29





イメージ 9
オイオイオイちょっと待て!今回まだワイが斬られてないやろ!!
これじゃまだ終われへんがな!!

イメージ 4
今日はキリスギで疲れまシター。レッドブル飲んでもうネルます。アディオス。

イメージ 9
アイエエエエエエエエエエ!

この記事に

イメージ 1

画像は、森に住む妖精さんをイメージしてみました。

ピッピッピーッ!ピッピッピーッ!と、いうわけで、先日購入のタワー基地より発せられる超磁力MX光線の威力がめでたく発揮されまして、

イメージ 3

我が家に待望のレーザーエジソン先生が到着したのであります!

イメージ 2

ミクロボーイ・ブルーガンは持ってるんだけど、レーザーエジソンとバックパック「だけ」欠品でして、長らく捜索していたのですな。

まー、コンディションは正味の話ヒドいもんなんです。

イメージ 4

ツラのメッキハゲが尋常でない。しかも普通の素体はメッキ部分の下はクリーム色なんだけど、コイツは黒で、ハゲ跡が凶悪なカンジです!

正義のミクロマン!と、いうよりは、地球侵略に来たゲロゲロ宇宙人に見えるのだ!

イメージ 5

しかし安かったので正義!チープ・イズ・ルール!

これでようやく、長年の宿題である記事製作、「銀河の16人 後編」の製作に取り掛かれるじゃぁあーりませんか!と思ったのですが、よくよく考えてみると本当に必要なのはレーザーゼット兄さんだっつー事に、最近になって気付いたのでありました!アウマイガッ!

ま、じっくりと集めて行く事にいたしますです。

エジソン氏は他にもクソジャンクコンディションのマグネパワーズ大量セットと一緒だったんですけど、ジャンキーなミクロ達で、せっかくなので前々から気になってたヒザ関節の補修をやってみたのでありました。

マグパを触った事のある方はご存知だと思いますが、マグパ素体はなぜかヒザがまっすぐに伸びません。

なので、フトモモのネジを外して、ヒザ関節リング部分を少し削ります。

イメージ 6

するとアラ不思議。ヒザ、腰の痛みもすっかり改善されたんですよ奥さん!(←効果は個人の感想です)

右:改修前  左:改修後
イメージ 7

まぁ、画像で見てもよくわかんねーと思うんですけど

イメージ 8

ヒザがまっすぐになると、素立ちで立たせやすくなります。それにやっぱり、ミクロマンの立ち姿はキリッとしてて欲しいものなのであります。

イメージ 9

非常にキモチええ!

と、いうわけで(サッキからどういうわけだよ)、次回の記事はですな、いよいよ「変ジョーのひみつ」が復活!

イメージ 10

表紙にブラ次を入れ忘れていたので、公開時には足しておきます。

ネタはですね、joefig氏のブログ、The Pitで、ネンド海兵隊の資料記事が公開されており、非常に楽しかったのであいつらにさせていただきます。皆さんご存知、メガマです。

つきましてはですね、久々に「変ジョー質問箱」の質問を募集してみたく思います。
変なG.I.ジョーに関すること、または関さない事について、要するになんでもいいので、ご投稿下されると非常にウレしいです。

当ブログコメント欄の「ないしょ」にチェックしてご投稿いただくか、ツイッターでハッシュタグ、


で、ご投稿いただければナー。とか思います。ゼヒゼヒよろしくお願い申し上げます。

で、レーザーエジソンさんが来て、うれしくてしょうがないで、もう一枚画像を作ってみました。

イメージ 11

ちなみに画像は「森の妖精さん」を意識してみたのであります。

これはあくまで、エジソン先生がヘンな触手からアレイン教官を助けているところですので、くれぐれも誤解のなきよう。

この記事に

TYPE-NOR 十周年記念製作コミックスであります。

自分語りは趣味ではないのですが、せっかく10年続けたので、玩具ブログ界随一の怪スポット、当ブログ激闘の歩みを、マンガで振り返ってみたい。

古くからの方も、これからの方も、ひとつお付き合いくださいませ。

ナニゲに前回マンガからの続きであります。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29

それでは皆様、これからも、一緒の長い旅にお付き合いをお願いいたします。

この記事に

ありがとう10周年

イヤー、本日で当BLOGも開設10周年を迎える事となりましたパチパチ。

これもひとえに読者様の皆様のおかげといえます。感謝感激雨アラシです。

イメージ 1


吹けよ風、呼べよ嵐!



現在記念製作記事をフルコミックスで作成中ですので、完成したらアップいたします。

まぁ120%私的な記事であり、あんましそんなもんを読みたがるような方もいるのかどうかわからなくはありますが、玩具系ブログ界隈随一の奇獣の10年史というのもまぁ貴重ではあるかもしれませんので、ひょっとすると面白いかもしれませんので公開されましたらご一読をお願いしてみたく思う所存であります押忍。

まぁ、10年振り返って、いろいろとヘンな事をやってきたなという思いはあります。アドベンチャーですよ。

当ブログも一時は長期の更新停止なんかもありましたが、なんとか復活して、こうして皆様とお目にかかれているのも、素敵なオモチャ(?)達のおかげと言えます。


素敵な・・・
イメージ 3


素敵?
イメージ 4


素敵・・・
イメージ 5

スtttttttttttttttttttttttttttttttttttttttってえええええええええええええええええええ

イメージ 2


kikikikikikikikikikikikiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii

イメージ 6


あれ?あれあれ?あれれれれ?

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


(以下、20周年まで続く)


イメージ 20


以上、「今日のモデュロック」のコーナーでした。でわ!

この記事に

全156ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事