jq16146のブログ

暗いと不平を言うよりも進んで明かりをつけましょう!

ラジオの製作

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

少し放置していたACE AR−205K

時間が出来たので、少し進めてみた
先ずは、基板が割れてしまいパターンが切れていた部分に線を渡し修理(一番上の部分)
イメージ 1
AFアンプのトランジスター
ダメだったら、2SB187にしようかと思いましたが足も届いたので元の物を使いました
イメージ 2
ボリュームのハトメ部分
さすがに接触不良が考えられますので磨いて半田を盛っておく
イメージ 3

イメージ 4
裏側も同じく
イメージ 5
ここまでやっておけば大丈夫でしょう
イメージ 6
ツマミも割れていたので、半田鏝で溶接
そう言えば、同調ダイヤルに△が二か所!

前にもブログで書きましたが、東西冷戦時のなごり CDマークと言うらしい
核攻撃を受けた時は、640KHzと1240KHzで臨時放送をする予定だったとか!

と言う事は、このラジオかなり古い物なのか?
イメージ 7
続く

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ACEの2石ラジオのつづき

基板が更地になったので、いよいよ部品の取り付け

先ずは、コンデンサー関係、その次に抵抗、最後に半導体関係の順番で行きます
イメージ 1
年代物の整備で重要な事!半田付けの際は、パターン部分を良く磨いてから
本来ならば、こういったブラシの方がベストですhttp://www.aitendo.com/product/1970これの F
一本90円ですから、秋葉原に行った際は、是非どうぞ!
イメージ 2
抵抗まで取り付け完了
イメージ 3
測定の結果調子の悪そうなゲルマダイオードは、新品に交換しておきます
昔の日立マークの1N34・・・勿体ないけど部品なんて使ってあげてなんぼ
イメージ 4
あとは、インプットトランス、アウトプットトランスとトランジスターの取り付けが残り

この程度のラジオ1時間も掛からないで完成しそうですが、せっかくなので楽しみながらのんびり組み立てます
イメージ 5
また気が向く日が来るまで・・・
イメージ 6

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

今日も都内で仕事だったので、久しぶりに秋葉原訪問
イメージ 1

イメージ 2
各種変換コードを作っておこうと思い
プラグやジャックを少々
イメージ 3
先ずは、先日買ってきたクリスタルマイクの分解
蓋を取ると昔あったクリスタルスピーカー同様の構造

昔のクリスタルイヤホンもこんな風に真ん中にポチットあって振動を伝えていました
イメージ 4
せっかくマイク側にプラグが付いているので、切るのも勿体ない
3.5φから2.5φの変換コードを作ってみた
イメージ 5
早速ハムフェアで買ってきたホーマーの1石ラジオに繋いでみると・・・

ウルサイ位鳴っている!
イメージ 6
寝る前にNHKを聞く用に枕元に置いておいた

もしかするとただのゲルマラジオでもいい感じに聞こえるかもしれない
今後の実験課題とします
イメージ 7

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

昨日からいじくっているACE AR−205Kラジオ

雨でやる事も無いので、少し進めて行きます
あまりにも凄い状態なので一度更地に
イメージ 1

イメージ 2
バリコンとバーアンテナ以外は、全部取り外し

基板上は、あちらこちらパターン切れが起きていた
ハンダ鏝を長く当て過ぎたのでしょう
イメージ 3
半導体部品は、熱で壊れやすいので念のため確認

低周波側の2SB172   問題なし
イメージ 4
同じく2SA100

かなり元気が良い
ゲルマダイオードだけは、チョット??だったので交換予定
これが不動の原因かな
イメージ 5
この手のラジオで多いトラブルは、電源スイッチ付きのボリューム
イメージ 6
発売されていた当時は、大丈夫だったでしょうが、
年数経ってくると流石にカシメただけではだめでしょうから、今後磨いて半田あげします
イメージ 7
気になるRFTの測定

どちらも同じなので、1次2次も有りませんが
片側は、3mH
イメージ 8
もう片側も3mH
イメージ 9


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

オクで新しいおもちゃをゲット

ACE AR−205K 2石レフレックスラジオ
イメージ 1
3年B組と書いて有ったので、高校か中学の授業で作ったのかと・・

3年B組・・ん?金八先生だ!
イメージ 2
ハンダで鏝触ったのかあちこち融けてる(笑)
イメージ 3
蓋を開けてみても動く気配は、感じません

オークションの説明にも動きませんと有ったので、何も期待していませんが

それにしても、このラジオと同時にポケットゲルマラジオや1石ラジオも出品されていましたが、
落札金額がゲルマが3万超え 1石が2万近くまで行っていた

ヒノデと言うホーマーやエースより前の時代のラジオでしたが、凄い人もいるもんだと感心しきり
どちらも同じ人が落札していましたが、きっと凄いマニアなんでしょう!
イメージ 4
高周波(レフレックスですから低周波もか)側は、松下の2SA100
これは、定番中の定番

以前弄ったホーマーの1T−50 1石ラジオも同じトランジスターでした
イメージ 5
低周波側は、松下2SB172
東芝でいえば2SB56、サンヨーだと2SB187辺り相当の良く使われていた石
イメージ 6
説明書が入っていたのは、せめてもの救い

僕のような初心者は、これが無いと直せません
イメージ 7

イメージ 8
回路図

RFCだけは、入手困難だろうな・・・
そう言えば、RFCを巻き替えて作る記事まだブログにアップしてなかったか??

今度確認してアップしてみます
イメージ 9
抵抗とかコンデンサーの値がピッタリの物が多い

今風だと30μFは、33μF 50μFは、47μF   700Ωの抵抗は、680Ωあたりになるかな?
イメージ 10
開けてみて思ったより凄かったので、時間が有るときに再チャレンジだな・・・

まジャンク扱いだからこんなもんでしょ
最近は、出品していませんが、以前ヤフオクでジャンク扱いで出品しているのに動かないだのネジやツマミが純正でないだの言ってくる人がいて閉口しました
そういう人は面倒なので送料は、全部こちらで持ってお金を返金してすぐにブラックリスト入りです

直せる技術が無い人は、ジャンク品に手を出してほしくありません

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事