jq16146のブログ

暗いと不平を言うよりも進んで明かりをつけましょう!

ラジオの製作

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

D−328ラジオ

アマゾンで面白そうなラジオを売っていたので買ってみた\1680−だったかな
イメージ 1
ハガキの大きさと比べるとこのくらい小さいラジオ
イメージ 2
普通のAM,FM,SW帯に加えてMP3の再生も可能
イメージ 3

イメージ 4
仕事の時工具バックに入れておいてBGMを聞くのに最適かと・・・

このXHDATAと言う中国の会社
有名なのは、D−808と言うラジオですが、それと比べるとこのくらい小さい
イメージ 5
悪い癖ですが・・・早速開腹(笑)

電源は、こういった電池

予備用の電池もアマゾンで販売していましたが、ラジオを聴く限りは、朝から晩まで使えたので、
仕事終わってから充電しておけば、予備の必要性は無いかと
イメージ 6
基板はスカスカ
上の方の二個並んでいるICは、MP3関係、左下がラジオのDSPチップ
スピーカーの脇がAFアンプ、白い線の下に並んだチップ抵抗器がバンド切り替え用かと・・・
イメージ 7
Si4825A10と言うDSPラジオチップ一個でラジオ関係はすべて賄ってしまうのですから

データーシートを見ると短波帯は、28.5MHzまで受信可能みたい
このラジオは、22MHzでとまっていますが、改造すれば27MHzも受信可能かと・・・
イメージ 8
バーアンテナの長さは、約68mm
このサイズにしては結構感度良く受信しますし音量をかなり上げても音割れしません
イメージ 9
充電は、USB経由
赤ランプが消えたら充電完了
イメージ 10
MP3の方も快調

前日に聞きたいファイルをパソコンから入れておけば良いだけ
ただし、画面等が付いていないので、あまり大量に入れてしまうと聞きたい曲が探せません(笑)
イメージ 11
しかし・・・
先日買ってみたラジオのKITが¥1380−
このラジオが機能満載で¥1680−・・・あれこれ作る人が減ってしまったのも頷けます

ただ聞くだけなら買ってしまった方が安いですもんね!
この値段にしては、かなりいい出来なのでお勧めですよ

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

中国のラジオKIT

アマゾンのポイントが貯まっていたので中国のラジオKITを買ってみた

品番は、ZX921と言うらしいですが、”作って鳴らせ”で検索しても出てきます
\1300−位だったかと・・・
イメージ 1
詳しい説明書が付いていますが・・・ケースや基板の製作精度とかの問題も有りそうなので
作りっぱなしでは、完成出来ないカモ(笑)

加工が必要な部分をヤスリでゴリゴリ楽しみながら加工出来るような人向き
今回買った物も基板が少し大きいみたいでケースにキッチリ入らないです

オマケに裏蓋が自動的にパカッと開いてしまう親切設計
完成したらセロテープで固定が必要(笑)
イメージ 2
電源は、単一電池一本!

説明書に書いて有る消費電流は、約10mA
単一マンガン電池を10mA負荷で使うと800時間持つというので、計算してみると
点けっ放しで約33日間!

間欠使用だったらもっと持つかと・・・
イメージ 3
単一1本なのでこう言った棒電池と電池が共用できるのでなんかあったときは有効に使えるかと・・・
基地局や充電の心配をしなくてはいけないスマホよりラジオの方がよっぽど頼りになります
イメージ 4
比べてみてこのラジオが一番立派なバーアンテナでした
長さは11センチくらいありそうなので感度も期待出来ます
イメージ 5
8石と言ってもそのうちのトランジスター一個は、検波用のダイオード替わりなので実質7石ラジオ
イメージ 6
アウトプットトランスの出力側も特徴的
イメージ 7
上海せいぞう
イメージ 8
そのうち時間が出来たら、作り始めます

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

明倫館書店

今週は、神田の大学で水道屋の仕事

神田と言えば古本屋
真空管狂いにお勧めの本屋”明倫館書店”
イメージ 1
古いラジオ関係の資料や無線関係の古書が豊富にあります
ホームページも有るみたい・・・
イメージ 2
お昼休みにふらっと覗いて、諭吉数人分大人買い

最近は、真空管式のFMチューナーにも凝っています・・・が
中々上手くいかないので、ブログ発表は、先延ばし(笑)

国会図書館で調べてもいいですが、金出して買えるのでしたら、自分で買ってしまった方が楽
やはり、先人のこういった資料を見ると偶に目から鱗な事も有るので馬鹿に出来ません
イメージ 3
在りし日の高田OM
お亡くなりになって2年ちょっとになりますね・・・
イメージ 4


この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

カメラの電池

某所から期限の切れた電池を頂いてきた

昔は、フイルムカメラのみだったそうですが、最近は、デジカメの時代になってこれらの電池を使うカメラは、お役御免になったらしい

替わりにSDカードは、大量に消費するそうな・・・
なんでも、上書きや消去の出来ない使い切りのSDカードを使うらしいです
そんなもんがあるんですね!
イメージ 1
中でもこの二種類が大漁

3Vの電池なので使い勝手は良さそう
イメージ 2
電池の期限は、とうに切れていますが・・・
電圧は、まだ有るな
イメージ 3
試しにパワーLEDを準備
イメージ 4
制限抵抗や定電流ダイオードなどを取り付けずそのまま繋いで0.13A

電池が弱っているんだろうな
イメージ 5
でも・・・そこそこ明るい
イメージ 6
懐中電灯で使うのも勿体ないかもしれないからアイテンドーで買ってきたDSPラジオ用に藻いいかも
確かこれは、3V動作だったと思うhttp://www.aitendo.com/product/4596
イメージ 7
その前に、この電池の入る電池ホルダーを買っておかないと

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

D−808ラジオ

最近人気のあるラジオを買ってみた

アマゾンで諭吉一人くらい
イメージ 1
アンテナ線やUSBケーブル、ソフトケースが付属

USBのアダプターが無いと充電できないので要注意かも
イメージ 2
大きさは、ハガキより少し小さいくらい
イメージ 3
中波、長波、短波、FM放送帯はもちろん
エアーバンドの受信も出来ます SSBモードも!
イメージ 4
まだ使い方も理解していませんが、メインダイヤルをポチポチ押したりして他の操作ができる様子
イメージ 5
早速、充電でもして聞いてみようと思っても・・・電源が入らない

よく見たら、電池ボックスに紙が挟んであった
イメージ 6
少し前の他メーカーのラジオですと単三を3本とか半端な物がよく有りましたが
このラジオは、18650が1本

良いのか?悪いのか?こまめに充電しておけば判らないでしょうが、
出先でいきなり電池切れになると大変だな・・・
イメージ 7

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事