全体表示

[ リスト ]

下町ロケット

池井戸潤さん、直木賞受賞作です
賞を取った作品はイマひとつ〜
ってのが私の中での通説なのですが
これは文句なし
面白かったで〜す
 
イメージ 1
あらすじ
   ロケットエンジン研究者の道をあきらめ家業の町工場を継いだ佃航平
   研究者だった経験を生かし新製品を開発
   順調に業績を伸ばしていた
   そんなある日、大手メーカーから特許侵害で訴訟を起こされる
   理不尽な訴訟だったが世間の目は厳しく取引先を失い
   メインバンクからも見放され、資金繰りにも窮するようになってしまう
   そのピンチのさなか国産ロケットを開発する超巨大企業 帝国重工が
   佃が保有するある特許技術を買いたいと言ってくる
   特許を売れば巨額の金が入りピンチを脱することが出来る
   しかしその技術を売ってしまうことは佃の信条として受け入れられないことだった
 
 
読み始めは「空飛ぶタイヤ」のように中小企業VS大手企業
の構図で大手企業=悪みたいな話かと思いきや
今回はそれで終わらないもっと夢の詰まった話でした
 
特許侵害に対する大手メーカーからの理不尽な訴訟
はともかく
ベンチャー企業に融資する銀行はない
これにはびっくり
でもそーいえばなんか聞いた覚えがあります
日本は技術立国するしかないのにこれではね〜
最近は政府がてこ入れして政策も色々打ち出していますが
まだまだ不足している感がいなめません
日本は経済が成熟しすぎて守りに入りすぎてるのかもしれませんね〜
 
この本では数々の試練をのりこえてハッピーエンドで終了します
現実の中小企業もこの佃製作所みたいにがんばってほしいわ〜
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事