群馬県・渋川/しぶかわ散歩写真日記

群馬県渋川市近郊の散歩とライフル射撃

昨晩、妻と近所の小川にホタル観賞に行きました

イメージ 1

 家から歩いて15分ほどの住宅地の近くで、開発から取り残されている田んぼの畦道沿いの小川に、

蛍発生地の看板を見つけたのは、5月の半ばでした。昨日梅雨の合間気温がかなり上がり、じめっとした

日没後に妻と連れ立って蛍見物に出かけました。

 家を出たのは、日没の時間の19時で、件の小川に着いたのが19時15分頃でまだ薄明のころでした。

 薄暗い中で、目を凝らしますが蛍は全く見えません。道沿いの小川は長さ30メートル位ですが行ったり

来たり、まるで一人だったら不審者そのものですが、19時45分頃まで粘りました。蛍は出ません。

 妻が『もう帰る』というのを『最後にもう一度』と宥めて、小川を歩くと蛍が1匹光っているのが

見えました。前にホタルを見たのは30年近く前で、記憶の中の蛍の光はもっと明るくて緑色だった

ような記憶があったのですが、思っていたよりも白っぽい光でした。一匹目を見つけるとその後は

次々にホタルが光り始めて、飛びながら光る個体もあり他に見物する人もなく、二人で歓声を上げながら

見入ってしまいました。写真も撮りたかったのですが、スマホのカメラには収めることが出来ません

でした。こうして二人だけの贅沢なホタル観賞会の時間を過ごすことが出来ました。帰り際に妻と、

父親が手ぬぐいに包んで蛍を採ってきてくれた話や、私の父と姉とで、銭湯の帰りに蛍狩りをした話

などをしながら、家路につきました。その両方の父親も今は、鬼籍に入ってしまいましたが。


.


みんなの更新記事