全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 先月行くはずだった大口径ライフルの初撃ちが、親戚の葬儀出席のために延期になり、昨日(7日)

長瀞デビューとなりました。SB射場の方は、何度もお邪魔していたのですが大口径ライフル射場の

方は、2回ほど少し覗いただけでした。標的の取り付け方も、受付でお願いして教えていただきま

した。SB射座にいても聞こえるぐらいの爆音の銃を自分で撃つとなると、どんな感じかとても

緊張しました。特に一発目からハンドロードした弾を撃つことになったので、とても怖かったです。

 なかなか一発目の引き金が引けなくて、模擬弾での空撃ちを何回もした後、実射しました。

 最初から300メートルだと、サイトが合っていない可能性が高くどこに飛ぶか分からないので、150

メートルの所に自作した直径200ミリの黒点の標的を置いて、サイトを合わせた後に300メートル

にチャレンジすることにしました。自分が想像していたよりかなり大きな発射音と反動で、はたして

どこに着弾するかと思いましたが、運よく一発目から黒点に着弾したのでサイトを調節して11発目

から300メートルにチャレンジしました。これも運よく黒いところに着弾して、弾痕不明は一発も

なく、サイト合わせが順調に進みました。あっという間に4時間が過ぎ、70発撃ちました。

 耳栓の上からイヤーマフをしても、他人の発射での体で感じる衝撃が凄いのですが、私の222rem

も音では負けていません。52grのHPBTシエラ弾に20grのIMR4198は、計算上マッハ2.7のはずです。

 凄いです。SB弾の3倍の初速です。また楽しみが増えました。大口径は、思ったより中りそうです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事