DE JR1UJX/QRP TEST

2019年4月から岐阜県笠松町を拠点として活動しております。
前述の発電機とローテーターの試運転のため、移動運用に行きALL JA8コンテストに参加しました。

【設備】
イメージ 1
TS-590D(5W)+4eleHB9CV(ローテーター付き)

【経過】
のんびり出発し、09:30過ぎに運用開始したところ、既に50MHzで8エリアが開けていました。
というか、既にコンディションが下がり始めています。
慌てて呼びまわります。
その後、他の移動運用局を呼んだり、14-28MHzを運用しました。

【結果】
イメージ 2
交信ありがとうございました。

開く コメント(0)

ローテーターの修理

発電機に続き、小型ローテーターの修理です。

第一電波のRT200(AR1002のOEM?)を使用していましたが、数年前に動かなくなりました。
別のものに交換したのですが、外した故障品を捨てずに保管しておりました。
これを修理することにしました。

修理前です。
イメージ 1

開けてみたところ
イメージ 2
劣化したグリスでストッパーが固着、ギアも重く、更に配線も腐食しています。
分解し、パーツクリーナーで洗浄しました。
イメージ 3
動作を確認後、グリスアップし、組み上げました。
イメージ 4
汎用のビス、ナットは新品に交換しました。
後は塗装するのみです。

開く コメント(0)

発電機のメンテナンス

今日はコンテスト参加記ではなく、発電機のメンテナンスについて書いてみます。

【その昔】
近所のホームセンターでスズキのSX800を買いました。
SX650よりもパワーがあるのに販売価格に殆ど差がなかったため、こちらにしました。
暫くはしばしば使っていたのですが、東京へ転居後暫く(年単位)使用していませんでした。

【数年前】
久々に使おうとしたら
・キャブレターからガソリンが漏れる
。エンジンが掛からない
の症状が現れました。
ネットを見つつ自力でキャブレターを分解・清掃したところ、とりあえずエンジンはかかるようになりました。
但し、アイドリングが不安定(ハンチング)で、チョークを閉め気味にしないとエンストします。

【そして今】
更に数年間、騙しだまし使ってきましたが、重い腰をあげて再度メンテナンスに挑戦しました。
結果ですが、アイドリング時にハンチングは若干あるもののエンストするほどではなく、全負荷をかけても大丈夫になりました。

コツですが、
・「キャブレター」で検索すると、バイクのキャブレターが沢山出てきますが、こちらは複雑なものが多いです。
「農機具 キャブレター」で検索すると、参考になる情報を得ることができました。
・とりあえず、分解できるだけ分解し、幾つかある小さな穴をパーツクリーナーやキャブレタークリーナーで掃除しました。
・スロットル全閉時のエアーと燃料の流れをたどると、構造を理解しやすいと思います。

開く コメント(4)[NEW]

地元のコンテストです。初めて県内局として参加しました。
部門は県内局シングルOP電信電話オールバンドQRPです。

【運用地】
イメージ 1
揖斐郡池田町池田山

【設備】
イメージ 2
1.9-7MHz TS-590D +DP(1.9/3.5/7MHz)
14-28MHz FT-817 +DP(14/21/28MHz)
50MHz FT-817 +2eleHB9CV
144/430MHz FT-817 +X7000
1200MHz C620 +X7000
出力は5W(1200は1W)です。

【経過】
アンテナを上げ終わったところで、忘れ物に気付きました。
SO2Rに必要なマイク・ヘッドホン切替器です。
これがないと、ヘッドホンの使用や切替、電話でのCQマシン機能が使えません。
設営の都合があるので、ヘッドホンとCQマシンは諦め、スピーカーからの音+地声CQで運用することにしました。

19時
スタートダッシュのはずでしたが、何故かPCがバッテリー切れでダウン。
充電のためDC-DCを動かすとハイバンドに強烈なノイズが入り運用できません。
折角ハイバンドが開けているのに、止む無く7MHzとVUHFで運用します。

20時
ある程度充電できたのでDC-DCを切りハイバンドへ。
21/28は既に厳しい状態だったので14MHzを運用します。
その後、3.5MHz、1.9MHzと下ります。

22時
前半戦終了。
180QSOちょっとできましたが、ハイバンドのマルチを取り損ねました。
また、28/50MHzが0QSOのままです。
PCの充電を仕掛けて寝ます。

7時
後半戦開始。
1.9/3.5MHzでCQを出すが空振り。
7MHzもいまいちなので、VUでCQを出しつつ様子をみます。

8時
PCがフリーズ、更に14/21/28MHzのDPが動作不良。暫し運用中断します。
PCは再起動し回復しましたが、アンテナは原因が分からず、チューナーで騙しつつ使うことにします。
7MHzが開けたところでCQ連呼しつつハイバンドとVUで呼びまわりますが、切替器が無いので非常に運用しづらいです。
終了間際にハイバンドが開けましたが、あまり対応できないまま終了。
雨の中撤収し帰宅しました。

【結果】
イメージ 3
1.9MHzは久々にトライバンドダイポールで運用したのですが、あまり呼ばれませんでした。
3.5MHzは大きなQSBを伴う変なコンディションでした。
7MHzは最近にしては良いのではと思います。
14-50MHzは開けましたがコンディションを上手く利用できませんでした。
144-1200MHzの電話はのんびりQSOの局が多く、呼びまわりのペースが上がりませんでした。

交信ありがとうございました。

開く コメント(0)

私達がALL JA1コンテストを始めた頃は殆ど重複していなかったのですが、今は1年で一番?沢山のコンテストが集まる日になってしまいました。地方対全国のコンテストならば同一日程開催も良いのですが・・・
ALL JA1は単身赴任先からの力試し、他はその際に聞こえた局をコールしたものです。
どれも中途半端な参加になったので、結果のみ記載します。

ALL JA1 (High Band)

イメージ 1
アンテナにトラブルが発生し、対処している間にコンディションが落ちてしまいました。
沢山聞こえていたのに残念でした。

ALL JA1 (Low Band)

イメージ 2

意外と沢山交信できました。1.9MHzへの対応が課題です。

宮崎

イメージ 3

真面目に運用すればもっと沢山交信できたはずです。
宮崎の皆さんはアクティビティが高いと思いました。

釧根

イメージ 4
支部の規模は小さいものの、伝搬上の相性が良いので意外と楽しめました。
ちなみに「釧根」は「せんこん」と読みます。

石狩後志

イメージ 5
札幌市が含まれる割には参加局が少ないと感じました。
ちなみに「後志」は「しりべし」と読みます。

交信ありがとうございました。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事