ここから本文です

書庫全体表示

Windows10へ

Windows7のサポートが、2020年1月14日で終了します。
サポート終了まで1年を切った頃、職場内でWindows7のPCを使っている者は、各自でWindows10にアップグレードするようにとのメールが流れました。

数日前、少し長くかかりそうな会議があったので、会議前にWindows10へのアップグレード作業を開始しました。

事前に確認しましたが、Windows10インストールのシステム要件はクリアしておりました。
プロセッサ:1GHz以上のプロセッサまたはシステム・オン・チップ(SoC)
RAM:32ビット版では1GB、64ビット版では2GB
ハードドライブの空き領域:32ビット版OSでは16GB、64ビット版OSでは32GB
グラフィックス カード:DirectX 9 以上 (WDDM1.0ドライバー)
など

ここのページから始めました。↓

再インストールのように全部消えてしまうのかと思っていましたが、「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」という選択があったので、それを選んで進めておきました。
マイクロソフト社もアプリというんですね〜。

イメージ 1


会議から戻るとアップグレード作業はほぼ終わっており、その後無事に完了しました。
officeやメールソフトなども、そのまま使える状況でした。



職場のPCが完了しましたので、次は我が家のPC。
アマチュア無線用に使っているPCがWindows7でした。
重要なデータや設定などがありますので、念のためすべてコピーを取っておきました。

そしてアップグレード開始。
あれ?職場のPCのように「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」を選択するのではなく、最初からその設定で進めるようなことが表示されました。
もともとのOSの違いなんでしょうかね〜。
まあそれならと、作業を進め、風呂に入って夕食を取ることにしました。

イメージ 2


適当なところでPCを見ると作業も終盤。
そして無事にWindows10 Proへのアップグレードが完了しました。

イメージ 3


メールも届きました。

イメージ 4


心配していたアマチュア無線関係のアプリは、すべて動作してくれました。
Windows7のサポート終了まであと8ヶ月。これで一安心です。

※ご自身でWindows10にアップグレードされる場合は、自己責任でお願いします。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事