今 言論・表現の自由があぶない!

弾圧と戦争が手をつないでやってきた! 即時閣議決定すべきは個人通報制度批准!! ピース9 国連経済社会理事会正式協議資格NGO

全体表示

[ リスト ]


 第1次世界大戦終結100年に、ドイツ兵捕虜を収容した習志野市(東習志野)と教育委員会は、独自の取り組みを実施せず。


※ 

≪日独戦争(にちどくせんそう)とは、第一次世界大戦に於ける大日本帝国とドイツ帝国の戦争を指す。日本は日英同盟に基づき連合国の一員として参戦した。

1914年8月23日大日本帝国はドイツ帝国へ宣戦布告。

陸軍はドイツが権益を持つ中華民国山東省の租借地青島を攻略、海軍は南洋諸島のドイツ要塞を次々に攻略し、第一次世界大戦終結とともに日本が勝った形で終結した。


青島の戦い(チンタオのたたかい、Battle of Tsingtao, 1914年(大正3年)10月31日 - 11月7日)は、第一次世界大戦中の1914年(大正3年)に、ドイツ帝国の東アジアの拠点青島を日本・イギリス連合軍が攻略した戦闘である。


日本の戦争で最初に航空機が投入された戦いであり、航空機同士の空中戦や都市への爆撃も実施され、飛行機に対抗する高射砲も運用された。

また兵站や装備が充実しつつあった日本陸軍は、日露戦争までの犠牲を顧みない歩兵突撃による肉弾戦ではなく、「優秀で強力な火力を有する敵要塞に対しては、それを上回る量と質の火砲の破壊力と、十分な弾薬の補給によって粉砕する」というより「近代的」な戦法をようやく成功させることができた。

しかし、大量の装備の上陸や輸送路の確保に慎重を期し、山東半島上陸から青島砲撃までに2か月もの時間を要したものの砲撃後1週間で決着がついた戦いは、国民に「弱いドイツ軍相手にだらだらと時間をかけた」という誤った印象を与え、メディアなどからは「神尾の慎重作戦」と揶揄されたが結果的にこの戦いを短期間で決着に持ち込めたのは補給路や装備の十分な確保により断続的な飽和攻撃を敵に与える事が出来た事によるものである。

この戦争で日本は満洲-大連-芝罘間通信線の所有/運用権を譲り受けた。≫





ー・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−−・−
第1次大戦終結百年、仏で式典
2018-11-11【パリ共同】
 1914年から4年以上にわたり世界に殺りくと破壊をもたらした第1次大戦が18年11月11日に終結してからちょうど100年となる11日、関係した60カ国以上の首脳らがパリの凱旋門に集まり、記念式典が開かれた。



■第1次世界大戦 終結100年 仏独「因縁の地」で式典
   
2018年11月11日 東京新聞 朝刊 【コンピエーニュ(仏北部)=竹田佳彦】

 第一次世界大戦の終結百年を前に、仏北部「コンピエーニュの森」で十日、仏独の平和式典が開かれた。森は百年前に連合国軍とドイツ軍が休戦協定に調印した因縁の地。かつて対立し、戦後の欧州をけん引した二大国があらためて和解を強調、国際社会に協調の意義を示した。

 式典でフランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相は、森にある博物館内に保管された列車のレプリカ「休戦の客車」を訪問。百年前に協定が結ばれた様子を再現し、車内で記帳した。

 欧州で極右や欧州連合(EU)懐疑勢力が影響力を伸ばす中、マクロン氏は民主主義や人権を基本的価値とするEUの統合強化を呼びかけてきた。「自国中心主義」の台頭で不安定化する国際社会に対し、メルケル氏とともに多国間主義を訴えるのが狙いだ。

 仏大統領府によると、式典は一次大戦の激戦地、仏北部ベルダンで一九八四年、ミッテラン仏大統領(当時)とコール西ドイツ首相(同)が出席した追悼式を踏襲。両国の国歌演奏中、無名兵士の納骨堂前で手を握り合った両首脳の姿が、仏独和解を世界に印象づけた。

 一八年に休戦協定が車内で結ばれた車両は、一次大戦後にフランス国内の博物館に展示された。第二次大戦でフランスに侵攻したドイツはこれを一八年の協定締結時と同じ場所に運び、再び車内で休戦協定に調印。車両はその後、ドイツ国内で保管されたが、大戦末期に破壊された。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事