今 言論・表現の自由があぶない!

弾圧と戦争が手をつないでやってきた! 即時閣議決定すべきは個人通報制度批准!! ピース9 国連経済社会理事会正式協議資格NGO

ブログプロフィール

ブログ情報

ブログタイトル 今 言論・表現の自由があぶない!
一言メッセージ
弾圧と戦争が手をつないでやってきた! 即時閣議決定すべきは個人通報制度批准!! ピース9 国連経済社会理事会正式協議資格NGO
検索キーワード 言論,ビラ弾圧,裁判
名前アイコン 未設定
ブログバナー 未設定

人権NGO言論・表現の自由を守る会さんのプロフィール

名前 非公開 年齢 15歳
性別 非公開 誕生日 7月29日

ブログ紹介文

日本は民主主義の国でしょうか?
政府を批判する政治的なビラを配ったことが犯罪とされ、戦前の多喜二の時代と同じではないでしょうか?

言論・表現の自由を守る会は、警察や検察・裁判所による表現と選挙の自由に関する不当逮捕・起訴・判決を許さず、弾圧被害者を支援し、被害者の人権を救済し、表現の自由と参政権を確立めざし活動しています。

日本は、いまだ法の支配も参政権も確立していません。

言論・表現の自由を実現するために、個人通報制度批准実現で法の支配=三権分立を確立し、
選挙弾圧規定を破棄し、
日本国憲法第9条を守り抜き、
憲法9条を地球の憲法にするために、
当会は2012年、国際連合経済社会理事会NGO特別協議資格を取得し国連での活動を強化しています。


法律を作ることができるのは、国会議員だけです。
国会議員を公正な選挙で選ぶことができるようにするために、
選挙差別・弾圧規定である公職選挙法:文書配布・戸別訪問禁止規定と供託金制度、および国家公務員法102条と人事院規則14−7・国公法110条:罰則規定)を破棄するよう政府に要請しています。


選挙弾圧事件:公職選挙法違反とされた大石忠昭さん(2003年5月)、
国家公務員法違反を口実に逮捕起訴された堀越明男さん(2004年3月)と宇治橋慎一さん(2005年9月)、
私人逮捕事件で住居侵入罪とされた荒川庸生さん(2005年12月)、板橋高校君が代弾圧事件(2004年3月の卒業式:同年12月起訴)の藤田勝久さん、立川自衛隊官舎ビラ配布弾圧事件(2004年2月)の大洞さんたちなど、ビラ配布などの言論表現に対する弾圧事件です。
この他の弾圧事件は、船橋ビラ貼り弾圧事件(2006/10) 千葉ポスター弾圧事件〔2007/2月〕 国分寺マンションビラ配布弾圧事件(2008/5)などを支援し、不起訴を勝ち取っています。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事