全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2006年2月12日(日)晴れ

 今日はアミノバイタルカップ第1戦に参加してきた。今年最初のレースだ!!

 去年の最終戦は優勝して気分良く2005年を締めくくれたので、今日の2006年初レースも優勝して幸先のいいレースにしたいものだ。

 レースの会場は相模湖ピクニックランドで自宅から30分もあれば余裕で着くのでノンビリ準備してと出発する。

 今日レースに使うMTBは、去年の年末に購入したスペシャライズドのS−WORKS/EPIC。

 買ってからまだ3回しか乗った事がないがかなりいい感じで走れるのでレースが楽しみだ。

 レース会場でコース説明を聞いたところ、昨日、イノシシが山から下りてきてコースを掘り返して荒らしてしまっているらしい。

 スタート地点になるグラウンドもイノシシが掘り返したあとがかなり残っている。

 コースは後半が一部変更になっているみたいだ。

 とりあえず試走に出発。

 グラウンドの端からいきなり泥濘から始まってMTBは泥だらけ。

 裏山のアップダウンコースは一部泥濘がある程度で快適に走れる。

 中間付近の登りは傾斜のある粘土質の路面になっているのでMTBに乗っては到底走ることはできない。坂を登りきったところからは路面は良好。

 最後はいつもの急な下り坂の手前を左折して下りになる。小さな沢にかけた木の橋を渡って通常コースと合流してグラウンドへと向かう。

 試走で一周しただけでMTBはもう泥だらけ。

 2時間エンデューロで過激な走りになるので、ドリンクを飲めば燃料補給ができるようにスペシャルドリンクを作った。

 中身はというとアミノバイタル、パワージェル、3ACTIONを混ぜて水に溶かした物をボトル1本準備した。

 12時丁度に全てのカテゴリーの選手が一斉にスタート。

 今日は並ぶのが少し出遅れたので3列目からスタートになってしまった。シングルトラックで先行選手を抜くのが困難なコースなので1列目と3列目だとかなりの差がついてしまう。

 案の定、グラウンド端の泥濘につかまって先行選手がもたついて詰まってしまった。1周目は我慢して走るしかない。それでも何人か抜きながら走っていく。

 粘土質の急傾斜はバイクを押していても足が滑ってバランスが悪いので大渋滞している。坂を登りきると100mほどは緩い傾斜で道幅が広くなっている。

 さっきの粘土質の土がシューズのクリートに詰まっていてなかなかビンディングにセットすることができないのでイライラしてくる。

 ここから先行選手もばらけてきてハイペース走行ができるようになってきた。

 今日は心拍計を付けていないので心拍数は分からないが、この苦しさからすると最大心拍数には達しているだろう。足にも結構、乳酸が溜まってきた。

 MTBにはキャッツアイの心拍計を使用しているが、胸に巻くセンサーの作りが悪いので過激な走りをしているとすぐに外れたりずれたりしてMTBでは使い物にならないので外してきた。

 おまけにペースが速いので心拍数を整えて足の乳酸を除去することができない。

 後半の下りに入って木の橋があるのだが、ここで転倒する人がかなりいる。タイヤにぬかった泥が付いているので木の橋の上でブレーキをかけるとあっというまに滑って転倒してしまう。

 2周目に入っても相変わらず早いペースなのでなかなか心拍数が落ちてこない。呼吸がかなり乱れてきた。

 3周目頃からカラダがなじんできたのか呼吸も落ち着いて心拍数も下がって足の乳酸も除去できたみたいだ。周回遅れの選手がかなりいるが抜くタイミングが難しい。接触転倒しないために後ろから右、左と声を掛けながら抜いていく。

 さてゴール時間も迫ってきて周回も12周目になった。

 去年の最終戦は12周でゴールしたので多分これでゴールだろうと思っていたがまだチェッカーが降られなかったので13周目に突入。

 慎重に最後の周回を走ってゴール!!

 今回は転倒はせず無事に完走。

 アミノバイタルカップは3回目だが、何度走ってもこのレースはきつい!!

 今日は13周も走ることができたのでもしかしたら優勝かもしれない。期待してリザルトの発表を待つ。30分ほどして集計が終わった。

 やった〜〜!!

 また今回も優勝だ〜〜!!

 総合では18位

 参加したのは40才以上のクラスの「オーバー40」

 オーバー40は今回は参加選手が少なかったが2位に1周差をつけることができたので、今回のレースでは満足できる走りができた。

 やっぱり何度立っても表彰台は気分がいい。特に真ん中は。。。。(^o^)(^o^)(^o^)

 ガラスの盾と副賞はスポーツドリンク1ケース、キャノンデールの大きなステッカーをもらった。

 今回使用したS−WORKS/EPICはフルサスなのだが登りでもほとんどパワーロスすることなく登ってくれるし下りでもかなり安定感がある。

 ビンディングも泥抜けがいいので、慣れてきたら強めにクリートを押し込めばすぐにビンディングにロックしてくれてタイムロスをかなり防げた。

 今日のラップタイムは下記の通り。1周は約2.4km

       タイム    アベレージ
 1周目  9分24秒 15.1km/h
 2周目  8分56秒 16.2km/h
 3周目  9分15秒 15.6km/h
 4周目  9分11秒 15.7km/h
 5周目  9分51秒 14.6km/h
 6周目  9分40秒 15.0km/h
 7周目  9分53秒 14.6km/h
 8周目 10分01秒 14.4km/h
 9周目 10分12秒 14.1km/h
10周目  9分53秒 14.6km/h
11周目  9分50秒 14.7km/h
12周目 10分06秒 14.3km/h
13周目 10分17秒 14.0km/h

 次のレースは4月にツールド八ヶ岳、富士山でのヒルクライムレースがある。ツールド八ヶ岳は去年は11位だったので今年は入賞してリベンジしたい。

 暖かくなったらさっそくヒルクライムトレーニングをしなければ。。。。。

 ではでは。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんばんは!優勝おめでとうございます(笑)。アイスにMTBに忙しいですね〜!凄まじいモチベーション&体力維持にびっくり。。ツールド八ヶ岳はどこで開催するんですか?

2006/2/12(日) 午後 11:30 sanako 返信する

顔アイコン

ありがとう。モチベーションだけは昔から一度も切らしたことがないのでなんとか頑張っています。ツールド八ヶ岳は東側から麦草峠に登る24kmぐらいのヒルクライムレースです。

2006/2/13(月) 午前 5:50 [ ARI ] 返信する

顔アイコン

優勝おめでとうございます!!私も富士ヒルクライムには出場しようと思ってるので、負けないよう頑張ります〜〜新しいMTBもカッコいいですね〜〜!! 削除

2006/2/15(水) 午後 9:38 [ kagami ] 返信する

顔アイコン

ありがとう。(^o^)富士ヒルクライムは今年は1時間10分を切りたいと思っています。みんなで頑張ってトレーニングしましょう。暖かくなったら奥多摩峠ツアーも行きましょうね。ではでは。

2006/2/16(木) 午前 6:00 [ ARI ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事