全体表示

[ リスト ]

2006年6月4日(日)曇り〜晴れ

 いよいよ100km王滝のレースがやってきた。

 去年の10月のレースはMTBの整備ミスで惨敗してしまったので今年は頑張らねば!!

 土曜日に調整のつもりでバイクショップの朝練に参加したらまた追い込んでしまって疲れが残っているかなと思ったが完璧に回復していた。

 去年は仲間と3人で参加したが今年は1人で参加だ。

 土曜の21時過ぎに王滝村に到着。

 ビールを飲んで早々と就寝。でもなぜかたびたび目が覚めてよく寝られなかった。

 いつもならこんな事はまったく無いんだけどな〜。(笑)

 朝、喉が渇いていたのでオレンジ100%ジュースを一気飲みしたらお腹が下ってしまい何度もトイレに行く羽目に。。。

 まったく。。。

 受付を済まし4時半前にスタート地点にバイクを並べに行く。

 当然、最前列の真ん中!!
 
 アッという間にスタート位置にはバイクが一杯になってしまう。

 600人近くが参加しているのですごい数のMTBだ。

 6時にスタート!!

 最初の5kmは車に先導されて林道まで走る。以外と坂が多くていいアップになった。

 車がいなくなりバトル開始!!

 今回はゼッケンがクラス別に別れていないので誰がどのクラスにいるのかまったく分からない。

 まずは10位ぐらいの位置からスタート。

 さすがにこの位置で走っている選手は速い、速い!!

 俺はレースの時ぐらいにしかMTBに乗っていないので効率のいいペダリングに慣れるまでしばらくかかった。

 最初は一気に登りだ!!

 ヒルクライムは得意なのでガンガン行く。

 今回は登りと平地を速く走ろうと思ってロードののりでバイクの空気圧を3.4も入れてきた。

 これが大失敗!!

 体力は別として、MTBの知識は素人同然なので空気圧なんて全く気にしていなかった。。。

 下りになるとタイヤが跳ねてしまってどうにもスピードが出せない。

 下りの路面もかなり荒れていて衝撃がすごくシートポストのネジが微妙に緩んだらしくシートの高さが下がってきた。

 登りのペダリングで足が詰まってしまってうまく力が入らない。

 バトル中に止まって調整する訳にもいかないので仕方なくお尻の位置を調整してペダリングで足が詰まらないようにするがどうも走りづらい。

 36kmの第1チェックポイントを13位で通過!!

 下りでは全然飛ばせないがなかなかいい感じだ。

 途中でチームCW−Xの選手とバトルになる。

 50km地点を2時間54分で通過。

 おっ!!

 これなら6時間以内でゴールできるかも??

 去年のタイムは6時間45分ぐらだいった。

 CW−Xの選手に下りで抜かれて引き離されても登りでまた抜き返す。。。

 こんな状態で第3チェックポイントを通過。

 ここからかなり長い登りになるので今のうちに引き離しておかなければ。。。

 ギアを1枚重くしてガンガン登っていく。CW−Xの選手は200mほど先を走っていたがあっという間に追いつく。

 「いや〜登りは強いですね〜。」とCW−Xの選手。

 「私はロードのヒルクライマーなんですよ〜。」などと少し会話をして抜いて行く。

 ここの登りでは全く見えなくなるぐらい相当引き離した。

 今度は登った分下らなければならない。

 下りがかなり長いので追いつかれる可能性がある。

 疲れているしとにかく転倒だけはしないように集中して下っていく。

 この荒れた路面の下りでこのスピードで転倒なんて考えただけでも恐ろしい。

 自分の限界を超えない程度のスピードで下っていたが、ゴールまであと5kmぐらいの所でとうとう追いつかれてしまった。

 その後からもう1人に抜かれてしまう。

 ゴール手前の平地になってダッシュして追いかけたが追いつかず結局15位でゴールした。

 タイムは5時間42分。

 お〜〜!!

 6時間を18分も切ったではないか〜。

 6時間ギリギリぐらいかなと思っていたのでビックリだ。

 このタイムで総合15位なので今年は相当レベルが高い。

 CW−Xの選手とは30秒差、すぐ前の選手とは17秒差。

 ゴール前で2人に抜かれたのはかなり悔しい!!

 ゴールでさっきバトルしていたCW−Xの選手と握手してお互いの健闘をたたえあった。

 色々と話をしているとタイヤの空気圧は2.2ぐらいらしい。

 俺は3.4。

 MTBタイヤの最大気圧に近いくらいだ。

 よくこの空気圧で下れましたね〜〜。とのこと。

 俺はあまりMTBの知識がないので今までロードと同じ感覚で空気圧を入れていた。。。

 どおりで下りでタイヤが暴れて速く走れないはずだ。

 コーナーでもタイヤの食いつきが悪くて何度もタイヤが滑った。。。
 
 何度カウンターを当ててリカバリーしたことか。。。

 今気づいても後の祭り。。。

 でも転倒せずトラブルも無く無事に完走した事だし次回のレースの教訓にしよう。

 さて問題のクラス別の結果だが、

 リザルトが出ないと分からない。

 表彰式は16時30分からだしまだ5時間近くもある。

 スタート地点にもどってシャワーを浴びてバイクの洗車、昼寝をして時間をつぶした。

 リザルトを見ると40才代で約100人中で2位、総合15位!!

 参加者は約600人。

 1位の選手とは約25分の差だった。

 この差なら下りが飛ばせればある程度追いつけたかも。。。

 まぁ終わったことはしょうがない。

 でもMTB素人の俺が2位になれたのだから。。。

 来年はセッティングを完璧にして優勝を狙わなければ。

 来週はいよいよ富士ヒルクライムだ。

 体調を万全にして今度は優勝を狙うぞ!!

 写真は後でアップします。

 ではでは。
 
 

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

2位おめでとうございますっ そんな空気圧でその順位、凄いテクニックをお持ちなんですね。次は空気圧を落として、さらに上を目指してください。富士も高記録を期待しています。お互いに頑張りましょう。

2006/6/5(月) 午前 7:49 まる 返信する

顔アイコン

2位おめでとうございます! 来年は優勝ですね。 富士も優勝目指して頑張ってください! 僕も自分の目標時間を目指して頑張ります♪

2006/6/5(月) 午前 9:31 datomi 返信する

顔アイコン

maruさん、ありがとうございます。MTBとはまたテクニックが違いますが、昔オフロードバイクでモトクロスをやっていた事があるのでその経験を生かしてなんとかだましだまし走っていました。maruさんも先週の乗鞍に続いて連続優勝目指して頑張ってください。

2006/6/5(月) 午後 5:56 [ ARI ] 返信する

顔アイコン

datomiさん、ありがとうございます。来年は体調もバイクも万全な体勢で望んで頑張ります。富士はお互いに頑張りましょう。私はスパイダーマンウェアで走りますから見かけましたら是非、声をかけてください。(^o^)

2006/6/5(月) 午後 5:59 [ ARI ] 返信する

顔アイコン

王滝お疲れ様でした。 それにしても、すばらしいタイム。 それでも8分差ってことは、走遠くないところを走っていたのですね。 年齢別2位もおめでとうございました。 ところで9月は参加されますか? 私は9月は120kmで参加します。 今からいろいろと鍛えなおさないと・・・と思っていますがどうなることやら 削除

2006/6/5(月) 午後 11:43 [ さいとー ] 返信する

顔アイコン

さいとーさん、ありがとうございます。王滝お疲れさまでした。会場でお会いしていたかもしれませんね。私は今シーズンのレースはスパイダーマンを着ていますので見かけたら是非声をかけてください。9月も参加したかったのですがツールド北海道とかぶってしまったので残念ながら参加できなくなって王滝はまた来年となりました。120kmは辛そうですね〜。私の分も頑張ってください。(^o^)

2006/6/5(月) 午後 11:55 [ ARI ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事