全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2006年11月4日(土)曇り〜晴れ


 今日は久しぶりにMTBのXCレースに参戦だ。

 MTBに乗ったのはいつかな〜と思い出してみると9月上旬にあったキャノンデールカップ以来だからかれこれ2ヶ月ぶりぐらいになる。

 今日のレースは横浜の緑区にある緑山スタジオで開催。

 緑山スタジオは約20年前に「風雲たけし城」と言うテレビ番組があってそれに出場したときに行ったことがある。

 みなさん「風雲たけし城」覚えていますか??

 この時には最初の水鉄砲での「城壁攻め」は何とかクリアーしたのだが、次の「龍神池」の飛び石で見事落水してしまって敗退してしまった〜。(笑)(笑)(笑)

 懐かしい思い出だ。。。

 と。。。

 話がそれてしまったがまたレースの話にもどるかなっ。(笑)

 俺が出場するレースは「Coleman ソロ1時間レース」で38才〜44才のクラス。

 「Team ARI」からは「成瀬のpantani」さんが一緒に出場。

 このクラスの参加者は25名だ。

 俺のカテゴリのゼッケンは400番台。

 俺のゼッケンは「415」。

 俺はMTBは専門ではないしレースも時々しか参戦しないので参加者リストを見ても誰が早い選手なのかまるで分からない。

 ん〜今日はどんなレース展開になるんだろう。

 ワクワクする。(笑)(笑)(笑)

 レースのスタートは14:30からなのだが試走が07:30〜08:00までしかできない。

 待ち時間が相当あるがしかたがない。

 受付をする前に試走に出発。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1446886/img_1446886_41734717_0?-1
 コース図


 コースはと言うと200mほどのメインストリートから山の中に入っていく。最初の急な登りを越えて山の中に突入。

 登りのヘアピンコーナーではMTBを降りて押した方が早い。

 その後は一度下りきってから次の山に突入。

 最初の登りより辛い登りを登ったら後はひたすらアップダウンの繰り返しでメインストリートに戻っていく。

 全体的に道幅が狭くて抜く場所が限られているので遅い選手が詰まってしまうとタイムロスが大きくなるだろう。

 久しぶりのMTBなのでシフトチェンジのカンとバランス感覚を取り戻すために試走を3周もしてしまった。

 でもウォーミングアップには丁度よかったかな。

 さてこれからスタートまで6時間もあるしどうするかな〜〜。

 まずは車に戻って爆睡。そして読書。。弁当を食べて。。。トイレに行って。。。。レース観戦!!

 1時間半ぐらい前からウォーミングアップ開始。

 短いが急な坂があるのでギアを軽くして高回転のペダリングでダッシュを何本かやる。

 そして短い45度ぐらいの傾斜の草付きの壁を登る練習。

 スタート20分前から選手集合がかかる。

 レースはゼッケン300番台、400番台、500番台の3つのカテゴリが一斉スタートになる。
 
 今回のレースではスタート位置に並ぶのはレースの申し込み順らいし。。。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1446886/img_1446886_41734717_1?-1
 スタート&ゴール地点


 最前列が取れないとなるとかなりのタイムロスになるので厳しいレース展開になりそうだ。

 順番にゼッケンが呼ばれて行くがまだ集合場所に来ていない人が結構いる。呼ばれた時にいない人は後に回されることになる。

 全員が並んだら俺のゼッケン「415」では集団の真ん中ぐらいになるはずだったがなんとか2列目に並ぶことができた。「成瀬のpantani」さんは3列目に整列。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1446886/img_1446886_41734717_2?-1
 スタート位置に整列

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1446886/img_1446886_41734717_3?-1
 3列目の「成瀬のpantaniさん」


 1列目は10人いるので最初の山の登りに何番手で登れるだろうか??

 今日は7月に開催されたシマノバイカーズフェスティバルで優勝したときにもらったチャンピオンジャージを着てきた。

 これを着たら下手な走りができないので自分を追い込むことができる。

 さあ6時間待ちに待ったスタートだ!!

 3つのカテゴリの選手を合計すると74名になる。

 14:30に一斉スタート!!

 約200mの直線をひたすらダッシュ!!

 先頭に出たいところだが1列目の選手が横並びになって走っているので抜く隙間がない。

 そのまま10番手ぐらいで最初の登りに突入していく。

 みんなまだ元気なので抜くことができない。。。

 登りの急なヘアピンコーナーはバイクに乗ったままでは厳しい場所なので、前の選手より早めにバイクを降りて押して登って1人を抜いた!!

 2番目の急な登りでもみんなまだ元気で抜くことができなかった。

 そのまま1周が終了し2周目に突入!!

 ここで全力ダッシュをかけて1人を抜いた。これで2人クリアー!!

 現在、多分総合8位!!

 そろそろ周回遅れの選手がでてきて抜くのが厳しくなってくる。。。

 右行きま〜す! 左行きま〜す! と声を掛けながらかわして走っていく。

 すると1つ目の山を越えて平地に戻る下りですぐ前を走っていた選手が落車した。

 ブレーキを掛けたが下りなので止まらずに衝突!!

 俺は反射的にバイクから離れたのでバイクが倒れただけだったが、あとワンテンポ遅れていたら前転をして飛ばされているところだった。

 危ない、危ない。。。(冷汗)

 すぐにバイクを起こして爆走開始!!

 前の選手を追いかけるが周回遅れの選手がじゃまでなかなか抜くことができない。

 それでも全力で追いかけて1人抜き、2人抜き、3人抜き。。。

 何周回かしたところで、

 現在総合5位!!

 ずいぶんと追い上げてきた。

 でも、先行している選手の中に俺と同じカテゴリの選手が何人いるかというのは全く分からない。

 ゼッケンはハンドルに前向きについているだけなのでゼッケンを後から見る訳にもいかない。

 なぜMTBレースではウェアの背中にゼッケンを張らないのだろうか??

 しかし今日は全く足に乳酸が溜まらないし呼吸も全く苦しくない。絶好調だ。

 最初の登りを登り切ったところに数名の観戦している人がいて前まで何秒とか教えてくれて応援してくれる。

 俺が周回を重ねるごとにすごい勢いで追い上げてくるので観戦している人たちがビックリして盛り上がっている。(^o^)

 見知らぬ人に応援してもらえるのは本当に嬉しいし気合いが入る。

 そして更にペースアップ!!

(その2)へ続く。。。 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

おめでと〜&お疲れ様でした〜(^o^)/!MTBは、難しい&しんどいケドいい練習にもなりますネ〜!また参加したいと思います(^o^)

2006/11/5(日) 午前 6:28 [ abu*aya*x*x ] 返信する

顔アイコン

pantaniさん、昨日はお疲れさまでした。悔しい結果に終わってしまいましたが楽しかったですね〜。panntaniさんもMTB初出場で11位は立派な結果です。(^o^)また走りましょうね。

2006/11/5(日) 午前 7:16 [ ARI ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事