全体表示

[ リスト ]

西穂高岳

2016年10月2日(日)曇り


最近、週末は悪天候が続いていますが

日曜日だけ天候の回復が予想されていたので

日帰りで西穂岳に行くことになりました。


第2ロープウェイの駐車場まで車で登って

ここからロープウェイに乗ります。


イメージ 1


西穂の稜線は完全に雲の中。


イメージ 2


ロープウェイを降りて

まずは西穂山荘を目指します。

小雨がぱらついていたのでレインウェアーを着て出発!!


今日の天候は午前中は雨が少し残っても

昼前から天候は回復してくる感じです。


イメージ 3


この辺りはまだ紅葉が見頃。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


しばらく登ると青空が見えてきました。

しかし、稜線はまだ雲の中ですね。


イメージ 7


ロープウェイ乗り場を08:40頃に出発したので

約55分ほどで西穂山荘に到着。

コースタイムでは1時間30分なので

なかなかいいペースです。


イメージ 11


イメージ 8


ここから稜線歩きが始まります。

まずは丸山を目指して。


イメージ 10


雲が少し切れてきて

独標とピラミッドピークが見えてきました。


イメージ 12


丸山の手前に大きなケルンがあります。


イメージ 13


最初のピーク、丸山に到着。


イメージ 14


更に登って行くと独標が近づいてきます。

ピークには登山者がたくさん見えますね。


イメージ 15


独標の手前までは危険個所はなく

普通に歩いて行けますが

だんだんと岩が多くなって

稜線も狭くなってきます。


イメージ 16


独標の登りは簡単な岩登りですが

岩が大きいので注意して登れば問題ありません。


イメージ 17


そして独標に到着。

登山者が多いので

写真撮影するのも順番待ちです。(笑)


ちょうど雲がきれて青空が広がってきました。


イメージ 18


一休みしてからピラミッドピークを目指します。

独標から先は

かなり急な岩場のアップダウンが続くので

気を抜かないように。


イメージ 19


イメージ 20


ピラミッドピーク手間から見た独標からの稜線。


イメージ 21


ピラミッドピークに着いた時には

また雲に包まれてしまいました。


イメージ 22


さて、最後のピークの西穂高岳へ向かいます。

独標から西穂までの間には

小さなピークが連続していて

そのピークには番号が書いてあります。


ここは7番ピーク。(笑)

真新しい鎖があります。


イメージ 23


雲の間から西穂が見えてきました。


イメージ 24


雲の中を前進。


イメージ 25


西穂直下は〇×がたくさん書いてあり

〇に導かれて山頂へ。


最後に少し悪い岩場が出てくるので要注意。

岩に慣れていない人は怖いかもしれませんね。


イメージ 26


ロープウェイ乗り場から約3時間で西穂山頂に到着。

あいにく雲の中で展望を楽しむことはできませんでした。


イメージ 27


小休止してから下山開始です。


最初の下りを下ったところで

ライチョウの夫婦に出会いました。


足元は白い冬毛が生えていて

冬が近づいているんですね〜。


イメージ 28


雲の切れ間から岳沢方面が見えました。


イメージ 29


危険地帯は独標まで

気を抜かないように。


イメージ 30


雲の切れ間から梓川も見えます。


イメージ 31


独標を越えて西穂山荘まで無事に下山。


イメージ 9


大休止して

紅葉を楽しみながら下山です。


イメージ 32


連日の雨の合間の1日を狙ったので

日帰りであわただしい登山でしたが

紅葉や稜線からの展望もそこそこ楽しめたので

快適な西穂登山となりました。


西穂高岳ガイドご希望の方がいらっしゃいましたら

HPよりお申し込みください。


イメージ 33


イメージ 34

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事