全体表示

[ リスト ]

2016年12月11日(日)曇り〜晴れ


今日は八ヶ岳の赤岳登頂ガイドです。


しばらく雪が降っておらず

美濃戸までの林道はほとんど雪もなく

問題なく入ることができましたが

凸凹が多くて車高の低い車は辛いです。


南沢を登って行くとすぐに雪が出てきました。


イメージ 1


所々、凍結している場所もあるので

要注意です。


行者小屋に近づくと赤岳が見えてきます。


イメージ 2


イメージ 3


この時は

まだ山頂には雲がかかっていませんでした。


行者小屋で一休みして装備を身につけます。


イメージ 4


やっぱり青空と白い雪山はいいですね。

右の山は阿弥陀岳。


イメージ 5


左がこれから登る赤岳。


イメージ 6


さぁ出発です。


イメージ 7


イメージ 8


傾斜が急になる前に

ザイルをつけてもらって確保して登ります。


イメージ 9


右が阿弥陀岳、左が中岳。

阿弥陀岳/北陵にはたくさんのクライマーが登っていました。


イメージ 10


赤岳の文三郎尾根もたくさんの登山者がいました。


イメージ 11


大同心、小同心、横岳も良く見えています。


イメージ 12


イメージ 13


赤岳/主稜にもたくさんのパーティが。。。


イメージ 14


取付きでは順番待ち状態でした。


イメージ 15


行者小屋から約2時間で

文三郎尾根を登り切って赤岳に無事登頂です。


イメージ 16


この頃には稜線だけ雲がかかっていて

風も強く気温もかなり低かったです。

−20℃近くはあったかもしれません。


エビの尻尾も発達していました。


イメージ 17


風が強いので

山頂では写真撮影してすぐに下山開始です。


小屋の影で一休みしてから

地蔵尾根を下ります。


イメージ 19


イメージ 18


地蔵尾根にも雪がたっぷりついているので

夏よりは下りやすいですね。

寒気の影響の雲が

こんな感じで稜線だけにかかっています。


イメージ 20


イメージ 21


行者小屋からは直接下らずに

赤岳鉱泉軽油で

アイスキャンディー見学に行く事になりました。


イメージ 22


もうしっかりと氷も発達していて

沢山のクライマーが登っていました。


イメージ 23


美濃戸へ下る登山道は

途中にアイスバーンがあるので

アイゼンを付けた方が無難な場所が数か所あります。


下山後は鹿の湯で汗を流して

八ヶ岳PAの舞茸天ぷらうどんで遅い昼食です。


イメージ 24


今日は寒気の影響で

風もあってかなり冷え込んでいましたが

無事に登頂することができました。

今日は1日お疲れ様でした。


イメージ 25


イメージ 26

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事