全体表示

[ リスト ]

2017年5月31日(水)晴れ


今日はアルパインクライマーを目指している方の

クライミングセルフレスキュー講習会です。


この技術は谷川岳などの岩壁を登るための

必要最低限の技術です。


たとえガイドクライミングでオールフォローであっても

どんなアクシデントが発生するかは分かりません。

その万が一の時のために必要な技術を学んでいただきます。

内容は下記のとおりです。

かなり濃い内容となりますので1日コースの講習会となります。


1 トップが墜落した場合
 (1)テンションからの脱出
   ① ミュールノットでザイルを仮固定
   ② テンションからの脱出
 (2)墜落したトップをテラスまで収容する方法
   ① パートナーがテラスの上で中吊りの場合
   ② パートナーがテラスの下で中吊りの場合
2 セカンドが墜落して負傷した場合
 (1)下のテラスまで下す場合
   ① ジジ、ルベルソなどのビレーデバイスからの安全なテンションの抜き方
   ② テラスまでの下し方
 (2)テラスまで引き上げる場合
   ① 1/3引上げ
   ② 1/5引上げ
3 中吊りからの自己脱出
 (1)墜落して中吊りになった場合
 (2)懸垂下降からの登り返し
 (3)自己脱出でのバックアップの取り方
 (4)自己脱出からの懸垂下降
4 半マストの使用方法
 (1)確保方法
 (2)懸垂下降
 (3)ミュールノットでのザイルの仮固定
5 マリナーノットの使用方法
 (1)ザイルの結び目通過
 (2)アンカー(ミニトラクション)などへの付替え

まずはトップが墜落した時の対処方法から。


イメージ 1


まずトップが墜落して身動きできなくなったら

ザイルを仮固定して両手をフリーにしなければなりません。


イメージ 2


そのためにはミュールノットをセットします。


イメージ 3


イメージ 4


両手がフリーになったところで

マッシャ結びを使ってテンションのかかったザイルを

アンカーに固定します。


イメージ 5


イメージ 6


これでカラダが自由になりました。

ここまでできたら墜落したトップをテラスまで回収します。

しかし、この技術はある程度のクライミング経験がないと

危険な場合もありますので

よほどの自信が無ければやらない方が無難です。


このブログでは手順は紹介しませんので

技術を学びたい方は講習会の受講をおすすめします。


イメージ 7


イメージ 8


講習中にこんな大きなムカデが。。。


イメージ 9


今度は場所を移動して

セカンドが墜落して登れなくなった場合の引き上げ方法。


1/3でタイブロック+プーリー、アンカーはジジを使って

引き上げを行いました。


イメージ 10


ここはオーバーハングでザイルが擦れて

抵抗が大きいのでちょっと力がいりましたが

垂直の壁であれば簡単に引き上げができます。


イメージ 11


続いて懸垂下降でのザイルの仮固定。

ミュールノットを使用します。


イメージ 12


イメージ 13


次に仮固定からの自己脱出。


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


要領よくやればあっという間に登って行けます。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


そして自己脱出中からの懸垂下降への移行。


イメージ 21


交代して何度かやってもらいました。


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


そしてバックアップを付けた懸垂下降。


イメージ 26


テラスが広い場合は1/5の引き上げが簡単にできます。


イメージ 27


ブログでは技術の全部は紹介できませんが

1日かけてじっくりと学んでいただきました。


自主トレしなければ忘れてしまうことも多いと思いますので

しっかりと復習をお願いします。(^^)


イメージ 28


今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 29


イメージ 30

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事