全体表示

[ リスト ]

2017年8月2日(火)晴れ


今日は谷川岳/一ノ倉沢/中央稜ガイドの予定でしたが

谷川方面の天候が悪く中止。


しかし、穂高方面の天候は良好と言うことで

急遽、北アルプス/明神岳/東稜のガイドに変更となりました。


通常は1泊2日のコースですが

ゲストの方のご希望で

日帰りアタックをすることに。。。


上高地までタクシーで入山。

06:00頃に河童橋をスタート。


明神から橋を渡って東稜の取付きへ向かいます。


バックの右側のピークが

明神主稜のⅤ峰。


最後はⅤ峰の左側に伸びている

南西尾根を下山します。


イメージ 1


東稜への取付きは当然、看板もありません。

この橋を渡って熊笹の中からスタートです。


イメージ 2


いかにも熊が出てきそうな雰囲気なので

ベアベルを鳴らしながら登って行きます。(笑)


イメージ 3


ガレた沢を登って行き

途中から枝沢に入り宮川のコルを目指します。


イメージ 4


しかしトレースは宮川のコルへは向かっておらず

枝沢を登って行っています。


イメージ 5


イメージ 6


Ⅴ峰を見上げながら。。。


イメージ 7


トレースは不明瞭な所も多いので

ガスがかかっていると

しっかりと地図で確認して登らないと迷います。


イメージ 8


花がたくさん咲いていて

お花畑があちこちにありました。


イメージ 9


上高地から約3時間でひょうたん池に到着。

まずまずのペースです。


イメージ 10


ここから明神岳/東稜の

本格的な登りが始まります。


イメージ 11


お花畑が本当に綺麗です。(^^)


イメージ 12


梓川を見下ろした所。


イメージ 13


東稜の藪や草付を登って行くと

最初の岩壁が見えてきます。


ここには新しいフィックスロープがかかっているので

これを利用して越えて行きます。


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


岩稜を登って行くと

ガスの中から

明神岳下部のバットレスが見えてきました。


イメージ 17


この岩壁は左側から越えて

更にザイルを伸ばします。


イメージ 18


イメージ 19


そして核心の岩壁に到着。

見た目はかなり難しそうですが

見た目よりもホールドもたくさんあって

それほど難しくはありません。


イメージ 20


イメージ 21


アプローチシューズだと

最後が少しだけ難しいですが

慎重に登れば心配ありません。


イメージ 22


最後は山頂を目指して

簡単な岩稜を登って行きます。


イメージ 23


山頂には12:10に到着。

上高地から約6時間10分でした。


イメージ 27


山頂からの視界がまったく無かったのが残念でした。


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


(2/2)へ続く。。。


イメージ 28


イメージ 29

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事