全体表示

[ リスト ]

2017年8月27日(日)晴れ


今回は常連の健脚方から依頼していただいた山行で

7月末から何度か計画するたびに

雨で流れていた西穂高岳〜奥穂高岳の日帰り縦走ガイドです。


今日は地元の人もこの夏で一番のいい天気と言うぐらい

気持のいい青空が広がっている絶好の登山日和です。


06:00 から運行している

新穂高ロープウェイの鍋平駅へむかうと

もうたくさんの登山者がいました。


臨時便の 06:15 に乗って出発。

錫杖岳の岩場がよく見えていました。


ここには昔、ルート開拓したこともあります。


イメージ 1
06:30 丁度にロープウェイ駅をスタート。


イメージ 2


35分で西穂山荘に到着。

休まずにそのまま西穂へ向かいます。


イメージ 3


イメージ 4


ジャンダルム、ピラミッドピーク、西穂と

よく見えています。(^^)


イメージ 5


まずは最初の丸山ピークで。


イメージ 6


イメージ 7


笠ヶ岳の稜線。


イメージ 8


焼岳に乗鞍岳。


イメージ 9


独標のピークは登山者であふれかえっていました。


イメージ 10


1時間18分で独標に到着。


イメージ 11


ピラミッドピークから見下ろした独標。

独標から先は登山者が一気に少なくなります。


イメージ 12


一番高いピークが西穂。


イメージ 13


イメージ 38


西穂まであと少し。


イメージ 39


スタートから2時間8分で西穂高岳に到着。

かなりいいペースですね。


イメージ 41


本当に素晴らしい天気で

青空がなんとも言えないです。


イメージ 40


西穂から先は鎖場も多く

かなり厳しくなってきます。

ここからザイルで確保。


イメージ 14


イメージ 15


まだまだ先は長い。。。


イメージ 16


遠くに槍ヶ岳が見えています。

今日は24時間テレビでイモトが登っているらしいですね。


イメージ 17


垂直の鎖場の下降。


イメージ 18


岩の間に咲いた花に癒されます。(^^)


イメージ 19


逆層スラブの鎖場。


イメージ 20


イメージ 21


今日は岩も乾いているので

見た目よりも登りやすいです。


イメージ 22


10:20 に天狗の頭に到着。

スタートから3時間50分。


イメージ 23


一度、天狗のコルまで下り

コブ尾根の頭に向かって

更に登りかえします。


イメージ 24


イメージ 25


天狗の頭、間ノ岳。


イメージ 26


この凹角の鎖場を登ります。

落石に注意。


イメージ 27


この辺りからゲストの方に高山病の症状が出てきました。


イメージ 28


ペースを落として休みながら

ジャンダルムの少し手前まで登りましたが

症状もよくなりません。


万が一動けなくなると背負って下せる場所ではないし

高山病は高度を下げないと症状が治まらないので

奥穂高岳まであと少しでしたが

ここから天狗のコルまで引き返して

岳沢に下山することにしました。


この下りもガラ場が延々と続いているので

速く降りることはできません。


イメージ 29


コースの半分がこんな感じのガラ場です。


イメージ 30


畳岩と畳岩尾根。


イメージ 31


お花畑がたくさんあって見事です。


イメージ 32


最後のガラ場を下ると岳沢小屋。


イメージ 33


ここまで来たら一安心ですね。

時間はまだたっぷりあるので

大休止しました。


高度を下げたおかげで

しばらくするとゲストの方も元気になってきて

「もう一回登れます!!」

と言うぐらいになってきました。


やはり途中で中止して下山したのが良かったですね。


イメージ 34


岳沢小屋から上高地までは

普通の足取りで歩けるようになって一安心。


今月3回目のカッパ橋です。(^^)


イメージ 35


今日はお疲れ様でした。

またリベンジしましょう。(^^)


イメージ 36


イメージ 37

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事