全体表示

[ リスト ]

丹沢/源次郎沢ガイド

2017年9月6日(水)曇り


今日は谷川岳/一ノ倉沢/中央稜の予定でしたが

雨のために丹沢/源次郎沢に変更となりました。


こちらも今にも雨が降りそうな曇り空ですが

沢登りには問題ありません。


戸沢から水無川本谷入口を通過して

尾根を少し登って下部の堰堤を全部巻きます。


イメージ 1


源次郎沢にはいると

小さな滝が連続してでてくるので

快適に越えて行きます。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


水量は少ないので

シャワークライミングは少しだけ。(笑)


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


この滝ではあえてシャワークライミングに挑戦。


イメージ 11


イメージ 12


3段10mの滝はザイルを使用します。


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


この滝は傾斜もあって

ホールドも滑りやすいので要注意。

ハーケンは適度にあります。


イメージ 17


イメージ 18


抜け口にはしっかりしたボルトがあるので一安心。(笑)


イメージ 19


ここは結構なシャワークライミングになります。


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


この先からは水が涸れて

涸滝が連続します。


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


最後は樹林帯を登って行くと

大倉尾根の花立山荘の少し上に出ます。


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


ここまで約2時間ちょっと。

花立山荘の前でランチタイム。


イメージ 30


戸沢まで下りますが

この道はかなり荒れていて捻挫に要注意です。

天気はいまいちでしたが

最後まで雨にも降られませんでした。


そろそろ沢のシーズンも終わりですね。

今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 31


イメージ 32

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事