全体表示

[ リスト ]

2017年9月15日(金)晴れ


今日は女性お一人をご案内して

阿弥陀岳/北稜ガイドです。


このルートは冬に登られることが多いのですが

夏でも快適に登ることができます。


イメージ 1


行者小屋付近から見上げると北稜が良く見えます。


イメージ 2


こちはら北西稜。

やっぱりこちらは迫力がありますね。


イメージ 3


大同心と小同心。


イメージ 4


行者小屋で小休止してから

北稜を目指して登って行きます。


イメージ 5


阿弥陀岳へ向かうつづら折りの登山道。


イメージ 6


今日は本当にいい天気ですね。


イメージ 7


北稜の稜線が見えてきました。


イメージ 8


赤テープのマーキングがある辺りから

北稜にトラバース。


イメージ 9


ここから見上げると

かなりの藪漕ぎの気配がしますが

トレースがしっかりと付いているので

藪漕ぎにはなりません。


イメージ 10


登るにつれて傾斜が強くなってきます。


イメージ 11


横岳方面。


イメージ 12


取付きの岩が見えてきました。


イメージ 13


準備して登攀開始。


イメージ 14


岩はホールドも大きく難しくはありません。

アプローチシューズで登ります。

ザイルは30mシングル。


イメージ 15


赤岳をバックに。


イメージ 16


次の岩壁も簡単です。


イメージ 17


冬なら雪稜になる所ですが

無雪季はこんな感じ。


イメージ 18


イメージ 19


でもこの景色を見ながらのクライミングは気持いいですね。(^^)


イメージ 20


イメージ 21


北稜がおわって少し登ると

阿弥陀岳山頂直下の登山道にでます。


イメージ 22


阿弥陀岳の山頂は意外と空いていました。


イメージ 23


無事登頂おめでとうございます。

次は冬ですね。(^^)


イメージ 24


遠くには槍穂高の稜線が見えています。


イメージ 25


阿弥陀岳の下りは

急傾斜で岩も脆いので要注意。


イメージ 26


さっき登った北稜。


イメージ 27


トリカブトが咲いていました。


イメージ 28


行者小屋で一休みしてから下山。

今日もお疲れ様でした。


北稜はお手軽に登れて展望のいい尾根なので

プチアルパインクライミングを体験するにはいいルートです。


イメージ 29


南沢は登山道の整備をしていて

あちこちに新しい橋が架かっていました。


イメージ 30


イメージ 31

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事