全体表示

[ リスト ]

MTB未経験者講習会

2017年12月5日(火)晴れ


最近はクライミング講習会やガイドが多く

MTB関係はなかなか開催できませんでしたが

今日は久しぶりにMTB講習会の依頼があって

未経験者講習会を開催することとなりました。


本当は11月に開催予定でしたが

雨のために一ヶ月延期となっていました。


今日の講習内容は下記のとおりです。

1 ポジション         (安全に走るためのバイクのセッティング)
2 スタンディング       (乗車中に足を地面につかない一時停止方法)
3 ボトル拾い         (乗車中のバランス感覚養成)
4 スラローム         (障害物をすり抜ける方法)
5 8の字走行          (コーナーリングのライン取りとバランス感覚の養成)
6 ブレーキング
 (1)ポジション        (ブレーキング時の体の動き)
 (2)ブレーキの握り方、かけ方 (安全なブレーキの握り方タイミング、前後のバランスと強度など)
 (3)コーナーでのブレーキング  (コーナーリング中での安全なブレーキの掛け方)
 (4)下りでのブレーキング   (オーバースピードにならないためのブレーキング方法)
7 コーナーリング       (路面の状況に応じた各種コーナーリング方法)
 (1)リーンウィズ
 (2)リーンイン
 (3)リーンアウト
8 激坂登り、下り(急な坂を安全に登ったり下ったりする練習)
9 体験走行   (講習で学んできたテクニックを使い約3kmほど模擬XCコースを走ります) 


今日はご夫婦で参加いただきました。

奥様はMTBは全くの初心者とのことです。


まずは倒れないようにハンドルを押さえておいて

スタンディングのフォームから練習を始めました。


最初は全く何もできませんでしたが

反復練習をしていくうちに

だんだんとできるようになってきました。


イメージ 25


旦那様はMTBは少し経験があるとのことで

上達は早いです。


イメージ 1


イメージ 2


ボトル拾いは

簡単な直線から始めて

最後は8の字で走りながら

手を変えながら

ボトルを置いたり拾ったりを繰り返します。


イメージ 3


イメージ 4


奥様は

最初は全く手を伸ばす事さえできませんでしたが

後半では何とかボトルを拾うことができるようになりました。


イメージ 5


今日は自転車日和ですね。(^^)


イメージ 6


スラロームは

広い間隔からスタートして

2歩間隔まで狭くします。

コーンを踏まないで走るためには

バランス感覚とラインどり、体の振りができないと走れません。


イメージ 7


イメージ 8


旦那様は

反復練習を重ねて2歩間隔もできるようになりました。


イメージ 9


続いて木の周りにコーンを置いて

狭いコースでのバランスのとり方、ラインの取り方の練習をします。


イメージ 10


イメージ 11


今までやってきた練習が全てできなければ通過できません。


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


激坂登り、下り、ブレーキングなどなどの練習。


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


激坂の途中で止まってのリカバリ方法。


イメージ 18


最後は約3kmの周回コースを走って

トレイル走行を楽しんでいただきました。


イメージ 19


落ち葉がサクサクで気持ちのいい季節になりましたね。


イメージ 20


約3時間の講習会が終了しました。


イメージ 21


奥様は

最初は全くMTBに乗れなかったのですが

かなり上達してきて

普通のコースなら怖がらずに走れるようになりました。


次回はトレイルをご案内いたします。

今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 22



イメージ 23


イメージ 24

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事