全体表示

[ リスト ]

西穂高独標登頂ガイド

2017年12月20日(水)晴れ


今日は男性お1人、女性お2人参加で西穂独標登頂ガイドです。

皆様、冬の北アルプス登山は初めてです。


09:00のロープウェイ始発に乗って

日帰りで独標を往復します。


イメージ 1


ロープウェイは満員で

乗客の90%以上は中国人。。。

大きい声で中国語が飛び交っています。


ロープウェイからは正面に笠ヶ岳が見えます。


イメージ 2


準備を整えて09:30に出発。


イメージ 3


イメージ 4


今年はかなり雪が多く

もうこんなに積もっています。


イメージ 5


昨日まで冬型で積雪があったので

ラッセルを心配してスノーシューを持ってきましたが

使う必要はありませんでした。


イメージ 6


トレースもしっかりと残っていて

順調に西穂山荘へ。


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


樹林地帯は風はありませんでしたが

稜線はかなり風が強そうです。

天気予報では 20m/s の風が予想されていました。


風で体温を奪われるので

ダウンもしっかりと着込んで

フル装備で独標へ向かいます。


イメージ 11


イメージ 12


登るにしたがって風が強くなってきますが

風は収まる傾向なので丸山まで行って

その先はどうするかを決めます。


イメージ 13


焼岳に乗鞍岳。


イメージ 14


イメージ 15


独標、ピラミッドピーク、西穂高岳とよく見えています。

しかし青空が本当に綺麗ですね。


イメージ 16


見事な笠ヶ岳の稜線。


イメージ 17


順調に丸山まで登って来ました。

風は時折強くなりますが

心配なさそうなので独標を目指す事にしました。


イメージ 18


丸山から先はザイルで確保します。


イメージ 19


イメージ 20


独標手前の登りでちょっとお疲れ気味です。(^^)


イメージ 21


平日の午後と言うこともあって

独標もガラガラです。

週末ならこうはいきませんね。


イメージ 22


独標の岩場と急雪壁を登って

13:30頃に独標に到着。


イメージ 27


イメージ 28


後ろに見えているのは

前穂高岳、明神岳


イメージ 23


西穂高岳〜奥穂高岳への稜線。


イメージ 24


奥穂高岳〜吊り尾根〜前穂高岳〜明神岳。


イメージ 25


360度、最高の展望です。(^^)


イメージ 26


たっぷりと展望を楽しんだら

独標を後にして下山開始。


イメージ 29


イメージ 30


丸山への下りから雲が出てきて

雲海ができてきました。


イメージ 31


丸山周辺ではガスがかかって

かなり視界が悪くなりましたが

無事に西穂山荘に到着。


女性お2人は

名物のラーメンでランチタイム。(^^)


イメージ 32


15:45に西穂高口駅に到着しました。


イメージ 33


最終の16:15に

また中国人の団体客と一緒にロープウェイに乗って下山。


途中で綺麗な夕日が見えましたよ。(^^)


イメージ 34


イメージ 35


イメージ 36


今日は高気圧が張り出してきて

絶好の冬山日和となりました。


今日参加された3人は雪山初心者ですが

これから経験を積んでいただいて

次は西穂高岳を目指したいですね。


今日はお疲れ様でした。


イメージ 37


イメージ 38

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事