全体表示

[ リスト ]

2018年7月9日(月)晴れ〜曇り


今日は谷川岳/一ノ倉沢/南稜の予定でしたが

悪天候のために沢登りに変更となりました。

今年は一ノ倉沢を何度も計画していますが

ことごとく雨にやられて全部、沢に変更となっています。


今回はSさんが飛び入り参加で3名で丹沢/水無川本谷へ。


下界は晴れていますが山には黒雲が。。。


イメージ 1


戸沢をスタートして積極的に水に入って行きます。

気温は30℃以上はあるので気持ちいいですね。


イメージ 2


堰堤の高巻きの鎖場。


イメージ 3


ここから本格的に沢登りスタートです。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


今日はちょっと水量が多めですが

シャワークライミングでドンドン登って行きます。


イメージ 8


イメージ 9


F1ではお決まりの水行。(笑)


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


F1を登ったらすぐにF2。


イメージ 13


イメージ 14


大岩のオーバーハング。


イメージ 15


シャワークライミングが本当に楽しそうです。(^^)


イメージ 16


水風呂も。(笑)


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


時々青空も見えています。


イメージ 20


イメージ 21


F3は通常は手前から左岸をトラバース気味に登るのですが

水流の右側をシャワークライミングします。


イメージ 22


ここが一番安全で楽しいです。

リードはプロテクションが取れませんが。。。


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


前半の核心部のF5。


イメージ 26


フィックスの太い鎖は下部が切れているので要注意。

真中辺りも切れそうになっていたので

そのうち半分は使えなくなるかも。。。


イメージ 27


イメージ 28


F5を過ぎると廃道になった書策新道を横切ります。

エスケープはここから下山しますが

今日は塔ノ岳山頂を目指すので真っ直ぐ登って行きます。


イメージ 29


F6は右の岩の隙間を残置シュリンゲを使って登るのですが

シュリンゲがかなり老朽化しているために右岸から巻きました。


イメージ 30


イメージ 31


小さな滝の連爆帯。


イメージ 32


イメージ 33


だんだんと傾斜が急になってきます。


イメージ 34


イメージ 35


イメージ 36


一番大きな滝になるF8へ到着。


イメージ 37


イメージ 38


ここから左岸を高巻くのですが

かなり急傾斜なのでショートローピングで確保。


イメージ 39


イメージ 40


最後の滝になるF9。

ここは右岸から高巻き。


イメージ 41


アザミの群生地を登ると

水無川本谷の源頭があります。

ここからあの水流が始まっています。


イメージ 42


最後はガレ場を少し登って

尾根に出て登山道を目指します。


イメージ 43


表尾根に到着しました。


イメージ 44


ここから塔ノ岳山頂はすぐです。


イメージ 45


山頂には誰もおらず貸切でした。

山頂ではガスで何も見えませんでしたが

花立あたりから下界が見え始めてきました。


イメージ 46


この分岐から源次郎尾根を戸沢に下りますが

登山道が崩壊していてかなり荒れています。


イメージ 47


無事に源次郎尾根を下り切りました。

この道はいつ下っても疲れますね。(笑)


イメージ 48


今日は急に決まった沢登りでしたが

気温も高くシャワークライミングを目一杯楽しんでいただきました。

これから沢登りが楽しい季節ですね。


今日はおつかれさまでした。(^^)


イメージ 49


イメージ 50


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事