全体表示

[ リスト ]

丹沢/鳥屋待沢ガイド

2018年8月4日(土)晴れ


今日は東丹沢の三峰山に直接登る事の出来る

鳥屋待沢を登ります。

道の駅清川に集合してMTBでアプローチ。


イメージ 1


谷太郎林道を2〜3kmほど走ると沢の出会いです。


イメージ 2


林道を少し歩いて沢に降ります。


イメージ 3


この堰堤の所は土砂で埋まっていますが

昔は水のきれいな大きなプールになっていて

水遊びができました。

埋まったのが残念ですね。


イメージ 4


意外と長い河原歩きになりますが

緑のトンネルの中を歩くのは気持ちいいです。


イメージ 5


だんだんと小さな滝が出てきました。


イメージ 6


釜の深い滝が多いので

水遊びもできますよ。(笑)

そして魚影がたくさん。

あまり釣り師は来ないみたいですね。


イメージ 7


イメージ 8


ここからがシャワークライム本番です。


イメージ 9


一気に滝が大きくなりました。


イメージ 10


この滝の岩はかなりぬめっていて滑りやすいので

右岸から高巻きをします。


イメージ 11


イメージ 13


この滝の先は次々と面白い滝が出てきます。


イメージ 12


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


シャワークライミングは気持ちいい〜。


イメージ 17


深いゴルジュも出てきました。


イメージ 18


長いトイ状の滝。


イメージ 19


イメージ 20


この辺りから登りも難しくなってくるので

ザイルで確保して登ります。


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


この滝は右側をシャワークライミング。


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


もう少し登ると二俣。


イメージ 28


この滝は右俣の滝です。


イメージ 29


イメージ 30


今日は左俣を登ります。

水量が一気に少なくなりました。


イメージ 31


イメージ 32


コンクリートの壁のような一枚岩。


イメージ 33


30mほどの高さのある滝を越えます。


イメージ 34


それほど難しくはありませんが

滑りやすいので要注意。


イメージ 35


イメージ 36


段々と傾斜がきつくなってきます。


イメージ 37


イメージ 38


チョックストーン。


イメージ 39


イメージ 40


最後にオーバーハングの滝が2ヶ所出てきますが

この滝は登れないので左岸から巻きます。


イメージ 41


2つ目のオーバーハングの滝は

土砂崩れと倒木で下部が埋まっていたので

早めに左岸から巻きました。


イメージ 42


足元が安定しないので意外と苦戦しました。(笑)


イメージ 43


滝を全て越えたので

ここでランチタイム。


イメージ 44


最後の詰めは右岸にある枝沢を登りますが

ここが傾斜が急で足元も不安定なので

かなり疲れました。(笑)


イメージ 45


しばらく登ると登山道へ出て

鳥屋待沢は終了。


今日は三峰山を越えて煤ヶ谷に下山します。


イメージ 46


アップダウンのある登山道を少し登ると三峰山山頂。

ここは全く展望がありません。


イメージ 47


イメージ 48


大休止してから約1時間半で清川道の駅に到着。

MTBは車で回収に行きました。(^^)


鳥屋待沢は変化に富んで楽しい沢ですが

最後の詰めと下山が長いのが難点ですね。(笑)


このエリアは梅雨時などは蛭がかなりいるのですが

連日の猛暑のせいかほとんど見かけることもなく

蛭には食いつかれることはありませんでした。


明日は西丹沢の小川谷廊下ガイド予定です。

2日連続ですが丹沢で一番人気の沢なので楽しみですね。(^^)


今日はお疲れ様でした。


イメージ 49


イメージ 50

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事