全体表示

[ リスト ]

丹波川本流ガイド

2018年8月30日(木)晴れ


今日は丹波川本流ガイドです。

このルートは沢登りと言うよりも

川の遡行で泳ぎがメインとなります。


気温が低いと低体温症にもなりかねないし

水量が多ければ流される危険もありますので

条件が整わなければ実施しません。


今日は下界の気温が34℃と酷暑になっているので

気温は問題ありませんが

前日の夜から夕立で雨が降っているので水量が通常よりも多くなっています。


水量と流れを判断しながら行ける所まで行く事になりました。


この橋の下からスタートです。

ウェアはウェットスーツ系の保温力のあるものです。

女性の方はダイビング用のウェットスーツ。


イメージ 1


水量が多いと歩くのも大変ですね。


イメージ 2


イメージ 3


犬戻り、坊主淵は足がつかないので

右岸の壁を伝いながら進みます。

流れが早いので泳いで通過は無理でした。


イメージ 4


イメージ 5


壁から剥がされそうになるのを耐えながら前進します。


イメージ 6


最初の関門を通過。(^^)


イメージ 7


ここは釜に飛び込んでもらいザイルで引っ張りました。


イメージ 8


イメージ 9


この釜は水量も多く流れが早く渦も巻いていて

壁の取付きに失敗すると流される危険が高いので

左岸から高巻くことにしました。


イメージ 10


イメージ 11


高巻いてから手取淵へ。


イメージ 12


ここも水量が多めで流れがかなり激しいですが

落ちて流されても浅瀬で止まるので安心です。


イメージ 13


まず私が先行して無事に通過。


イメージ 14


続いて通過中に落ちて流されましたが

ザイルもあったので流れの緩い所で停止。


イメージ 15


私はこの流れに飛び込んで

二人の場所まで戻りました。(^^)


この先は水量が多いと厳しい場所も多々あるので

今日はここで終了することとなりました。


また来年にリベンジしましょう。


今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 16


イメージ 17

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事