全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全836ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2018年10月21日(日)晴れ


今日は広沢寺でマルチピッチクライミング(初級)講習会です。

日曜日で天気がいいと言うこともあって

岩場は朝から満員御礼状態です。


いつもの場所が空いていなかったため

一番奥の岩場でマルチピッチの手順をやる事にしました。


まずは各種ビレーポイントの作成方法から。

流動分散、固定分散などなど。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


次にマルチピッチでのザイルワーク。

ビレーポイントはとにかく安全にシンプルに作ります。

シンプルであれば万が一間違ったセットをしていても

早く気付くことができます。


イメージ 4


ビレーデバイスを落とさないセット方法。

今日も何回か岩場の上からビレーデバイスが落ちてきました。(笑)


イメージ 5


手順を一通り説明してから実践練習。

50m岩壁を2ピッチで登ります。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


懸垂下降も2ピッチで。


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


一休みしてからもう1度登って

今日の講習会は終了です。


イメージ 16


イメージ 17


マルチになると更に複雑なザイルワークになってくるので

しっかりと復習をお願いします。

今日はお疲れ様でした。


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年10月20日(土)晴れ


今日はお2人に参加いただいて

広沢寺でクライミング基礎講習会を開催です。


クライミング経験者の方ですが

クライミングの基礎をしっかりと学びたいと言うことで参加いただきました。


最初に各種クライミングギアの説明。


イメージ 1


続いてザイルの結び方を各種。


イメージ 2


エイトノットは必ず使う結び方なので

正しく確実にできるまで覚えていただきます。


イメージ 3


ビレーデバイスのセット方法。

ちょっとした気遣いをすることで

ビレーデバイスの落下を防ぐことができます。

週末の広沢寺では

1日に2〜3回はビレーデバイスが上から落下してきます。


イメージ 4


次はリードの確保、トップロープの確保、ロワーダウンの反復練習。


イメージ 5


ロワーダウンは

ビレーヤーとクライマーの意思疎通がしっかりとできていないと危険です。


イメージ 6


イメージ 7


確実にビレーができるようになったら

実際の墜落を止めてもらい

どんな状況が危険なのかを身を持って覚えてもらいます。


イメージ 8


ビレーが確実にできるようになったら

トップロープをセットしてクライミングの練習です。


イメージ 9


お互いの安全確認は確実に。

時々、あえて間違えたセットをしておいて

間違えに気づくかチェックをします。


イメージ 10


あとは反復練習。


イメージ 11


ビレーにもずいぶんと慣れてきました。


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


最後に懸垂下降の手順の練習をして

今日の講習会は終了です。

次回の講習会までに

しっかりと復習をお願いいたします。

今日はお疲れ様でした。


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年10月18日(木)晴れ


今日はジャンダルムガイドの予定でしたが

参加の方の都合により

広沢寺マルチピッチクライミング(中級)講習会に変更となりました。


中級講習会は初級を受講した方が参加でき

マルチピッチの登り、下降の手順を実践で反復練習します。


イメージ 1


今日はお1人参加でしたので

じっくりと説明しながら登って行きます。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


懸垂下降は2ピッチで下降。

手順をしっかりと覚えてもらいます。


イメージ 7


下降して一休みしてからもう1本マルチピッチクライミング。


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


1本目よりも手順にも慣れてきました。


イメージ 11


イメージ 12


こういうビレーポイントでは

ボルト1本でセルフビレーを取ったり

懸垂下降をするのは厳禁です。

よくボルト1本で懸垂下降をしているクライマーを見かけますが

抜けたら終わりです。


イメージ 13


最後は少し難し目のルートを登って終了。


イメージ 14


イメージ 15


懸垂下降の途中でのミュールノットの復習。


イメージ 16


今日は他に1パーティいただけでのんびりと登ることができました。

今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 17


イメージ 18

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年10月14日(日)晴れ


昨日の立山/龍王岳東尾根に引き続き

今日は立山/雑穀谷の岩場でトップロープクライミング講習会です。

前日の天気予報では雨と言っていましたが

予報が外れて朝から晴れています。(笑)


駐車場には地元クライマーの車が一杯でした。

今日はこのエリアで登ります。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


この辺りの紅葉も始まっていました。


イメージ 4


イメージ 5


こっちのエリアは満員御礼。


イメージ 6


青空と紅葉が綺麗ですね。


イメージ 7


イメージ 8


今度は隣のルート。


イメージ 9


最後はもう一段上のルートへ。

このルートはかなり長いです。


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


今日はイソロクも一緒に来ています。(笑)


イメージ 14


2日間連続でお疲れ様でした。

今回も天候に恵まれて2日間とも快適クライミングとなりました。


イメージ 15


イメージ 16

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年10月13日(土)晴れ


今週末は立山でガイドすることになりました。

土曜日は龍王岳東尾根、日曜日が雑穀谷でクライミング講習会です。

室堂には立山駅から入山します。


立山に向かっていると剣岳の稜線がシルエットになって見えていました。


イメージ 1


ケーブルカーとバスを乗り継いで室堂に到着。


イメージ 6


準備をして 08:34 にスタートです。


イメージ 7


イメージ 8


真中のコルが一ノ越で

ここを越えて龍王岳東尾根に向かいます。


イメージ 2


今日は素晴らしい青空ですね。


イメージ 3


室堂方面。


イメージ 4


この稜線が龍王岳東尾根。


イメージ 5


室堂から35分で一ノ越に到着。


イメージ 9


ここから取付きへ下ります。


イメージ 10


龍王岳東尾根の取付き。

見た目よりは簡単な登りです。


イメージ 11


さぁ登りますよ。


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


部分的に難しい所も出てきますが

全体的に簡単な登りが続きます。


イメージ 15


雄山方面。


イメージ 16


気持のいい岩稜登り。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


雄山と高さが近くなってきました。


イメージ 20


イメージ 21


次のピークへ向かいます。


イメージ 22


一番奥のピークが剣岳。


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


ここは少しだけ難しい所もあります。


イメージ 28


スムーズに越えてきました。


イメージ 29


イメージ 30


山頂も近くなってきました。


イメージ 31


イメージ 32


イメージ 33


イメージ 34


イメージ 35


シャッターチャンス!!(^^)


イメージ 36


無事に龍王岳山頂に到着しました。

取付きから1時間5分です。


イメージ 37


イメージ 38


イメージ 39


雄山方面。


イメージ 40


遠くに富士山の頭だけが見えていました。


イメージ 41


一休みしてから一ノ越へ向かって下山します。

バックは龍王岳。


イメージ 42


東尾根にも雲がかかってきました。

イメージ 43


イメージ 44


室堂スタートから4時間10分で室堂に戻ってきました。

皆さん体力があるのでかなり早かったですね。


山はすっかり雲に覆われてしまっています。

アルパインクライミングはやっぱりスピードが必要です。

明日も晴れることを期待して下山しました。

今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 45


イメージ 46


イメージ 47


この記事に

開く コメント(0)

全836ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事