全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全799ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

八海山ガイド

2018年1月20日(晴れ〜曇り)


今日は八海山の冬山ガイドです。

当初は1泊2日のテント泊で行く予定でしたが

日曜日の天気が下り坂になったため

日帰りで行く事となりました。


八海山の全景。


イメージ 1


今回は左側の丸いピークの薬師岳まで登ります。


イメージ 2


稜線までは

八海山スキー場のロープウェイで上がります。

今日は偶然にも全員が赤のウェアーでお揃いになりました。(笑)


イメージ 3


スキー客も少なくロープウェイはガラガラ。


イメージ 4


さぁここからスタートです。


イメージ 5


先日、雨がふって雪が固まっていたため

ツボ足で行けるかもと思っていましたが

表面が固まっていて中が柔らかい最中雪になっていたため

スノーシュー、ワカンを付けることにしました。


イメージ 6


イメージ 7


これで埋まることはなくなりました。


イメージ 8


イメージ 9


下界の雪景色がみえてきました。


イメージ 10


先行にスキーで登っている2人組がいます。


イメージ 11


目指す薬師岳が見えてきました。


イメージ 12


例年ならこの辺りは腰ぐらいのラッセルになるのですが

雨が降ったおかげでこれだけ固く雪が締まっています。


イメージ 13


深雪のラッセルトレーニングもやる予定だったのですが

これでは何もできません。(笑)


イメージ 14


イメージ 15


まずは薬師岳の下にある避難小屋を目指して。


イメージ 16


段々と雲も途切れてきて

青空が広がってきました。


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


ここから上は急傾斜になるため

スノーシューからアイゼンに履き替えます。


イメージ 20


イメージ 21


滑落防止のためにザイルもセット。


イメージ 22


急斜面を登り切ったら避難小屋があります。


イメージ 23


イメージ 24


ここまでゆっくりと登ってきても約2時間でした。

例年ならラッセルをして4時間以上はかかります。


イメージ 25


左側には雪庇があります。

視界が無い時には要注意ですね。

薬師岳が綺麗にみえてきました。


イメージ 26


イメージ 27


雪はかなり固くなってきたので

スリップに注意。


イメージ 28


イメージ 29


この樹氷の間を登って行きます。


イメージ 30


かなり蹴りこまないとステップが作れないくらい

雪が固まっていました。


イメージ 31


山頂直下にはミニモンスターがあります。


イメージ 32


さぁ、ここを登り切ったら山頂。


イメージ 33


イメージ 34


約3時間で薬師岳に無事登頂。


例年どおりのラッセルのある年なら

ここまで2日かかるのですが

今日はあっという間に登れて拍子抜けしました。(笑)


イメージ 35


ここから先のピークの縦走は

かなりの経験が無いと危険です。


イメージ 36


イメージ 37


山頂では風も弱く

青空が広がっていて

360度の展望を楽しむことができました。


この季節にこれだけいい天気になるのは珍しいです。

景色をたっぷりと楽しんだら下山開始。


イメージ 38


避難小屋を降り切ったあたりから

急に雲がかかってきて

一気に視界が無くなりました。


イメージ 39


この辺りはホワイトアウトになると迷いやすい場所です。


イメージ 40


ここを登ったらロープウェイ乗り場まではすぐです。


イメージ 41


雪も降り出して

だんだんと雪が積もってきました。(笑)


イメージ 42


山頂から2時間弱でロープウェイ乗り場に到着。

滅多に無い好条件に恵まれたため

何の苦労もなく

厳冬期の八海山にあっさりと登れて本当にラッキーでした。


素晴らしい景色を見ることができ

皆さん、本当に喜んでいただきました。


イメージ 43


下山もロープウェイで。


イメージ 44


日曜日は湯川の氷柱でアイスクライミング講習会なので

佐久まで移動してホテルに宿泊です。


まずは八海山無事登頂を祝って乾杯!!


イメージ 45


ルートイン名物の上田カツカリー。


イメージ 46


〆はやっぱり地酒ですね。(^^)


イメージ 47


今日はお疲れ様でした。

明日のアイスクライミングも楽しみましょう。(^^)


イメージ 48


イメージ 49

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年1月19日(金)晴れ


今日は広沢寺でクライミング講習会です。

参加された方はクライミング経験者でかなり登れる方になりますので

現在の技術の見直しと

新たな技術の習得を目的として

クライミング基礎、リードクライミング基礎、マルチピッチクライミング(初級)講習を
まとめて実施することとなりました。


まず最初に各種ギアの説明と使用方法など。


イメージ 1


ザイルの結び方を各種。


イメージ 2


各種ビレー方法。


イメージ 3


各種ビレーポイントの作成方法。

そしてリードしてからのビレーポイントの作成から

ロワーダウンまでの一連の流れ。

最後にザイルを回収する流れ。


イメージ 4


シングルザイルでの

懸垂下降のザイルのセット方法と回収方法。


イメージ 5


マルチピッチでのセルフビレー。


イメージ 6


ビレーポイントでのザイルワーク。


イメージ 7


最後にマルチピッチクライミングの実践。

今回はオールフォローの練習をします。


イメージ 8


3ピッチで50m岩壁を登ります。


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


懸垂下降は2ピッチで。


イメージ 14


イメージ 15


今日は3つのコースをまとめて実施しましたので

覚えることがかなり多くなりました。

クライミング経験豊富な方でしたので

スムーズに講習は終了しました。


しっかりと復習して身に着けていただければと思いいます。


イメージ 16


今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 17


イメージ 18

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年1月18日(木)晴れ


今日は湯川の氷柱でアイスクライミング講習会です。

参加の方はアイスクライミングは初体験で

アイゼン、バイルはレンタルです。


前日に雨が降ったために

氷がどれだけ溶けているか心配でしたが

心配するほどの事はなく

十分に登れる氷がのこっていました。


イメージ 1


トップロープをセット。


イメージ 4


まずは登り方の説明。

さっそく登っていただきます。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


フリークライミングをやられている方なので

慣れてくると

すぐにスムーズに登れるようになりました。


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


今日はお1人がキャンセルになって

マンツーマン講習となりましたので

かなりの本数を登っていただきました。


イメージ 13


また来月も参加いただく予定です。

今日はお疲れ様でした。


イメージ 14


イメージ 15

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年1月17日(水)曇り〜雨


今日は湯河原/幕岩でトップロープクライミング講習会のよていでしたが

湯河原方面は朝から雨と言うことで

午前中は天気がもちそうな広沢寺に変更することになりました。


時折、パラパラと小雨が降ったりやんだりしていますが

なんとか登れる状態でした。


さっそくトップロープをセットして登っていただきます。


イメージ 1


イメージ 2


岩は少し湿ってて滑りやすいので

確実に立ち込みをしないと滑ってしまいます。


イメージ 3


ビレーも交代でやっていただきます。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


2回登ったらルートを変えて

2ルート登りました。


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


3本目は凹角のルートを登り始めましたが

途中で雨が降り始めたため

ここで終了となりました。


イメージ 19


イメージ 20


時間的にも午前中いっぱいは登れたので

参加の皆様にも満足していただけました。


湯河原/幕岩はまた企画しますのでご参加ください。

今日はお疲れ様でした。


イメージ 21


イメージ 22

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


2018年1月16日(火)晴れ


今日は広沢寺の岩場でリードクライミング基礎講習会を実施。

講習内容は下記のとおりです。

(基礎)
シングルロープでのリード
ランニングビレーの取り方
ランニングビレーへのロープのクリップ
ビレーポイントのセット
セルフビレーの取り方
トップロープのセット
トップロープ回収
終了点での懸垂下降への移行
懸垂下降


お1人は講習会参加が初めての方でしたので

技術の確認をして

正しい技術を覚えていただきました。


イメージ 1


墜落の停止体験もしてもらいました。


イメージ 2


そしてビレーポイントの作成方法などなど。


イメージ 3


イメージ 4


シングルピッチをリードして

トップロープをセットする方法。

最後に回収して降りる方法。

この2つを反復練習して身に着けてもらい


最後に簡単な短いルートをリードして

技術の最終チェックを行います。


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


お二人は

今までは見よう見まねでやっていたそうですが

今日はしっかりと安全確実な方法を身に着けていただきました。


イメージ 16


次回はマルチピッチクライミング講習会を受講していただきます。

今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 17


イメージ 18

この記事に

開く コメント(0)

全799ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事