全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

2018年10月29日(月)晴れ


今日は広沢寺でトップロープクライミング講習会を開催です。

月曜日ですが大勢のクライマーで賑わっています。


まずはトップロープをセットして交代で登ってもらいます。


イメージ 1


最初は簡単なルートから。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


青空が綺麗ですね。

ルートを段々と難しくしながら何本も登ってもらいます。


イメージ 9


イメージ 10


ここはホールドが細かいので

皆さん少し苦戦していました。


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


最後は簡単なルートでクールダウンして終了しました。


イメージ 15


イメージ 16


今日も1日お疲れ様でした。

またの参加をお待ちしております。(^^)


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年10月24日(水)晴れ


今日は広沢寺でクライミングセルフレスキュー講習会を開催です。

男性の方は新潟から、女性の方は福島から参加いただきました。

広沢寺の講習に遠くから参加いただけて嬉しい限りです。


まずはセカンドが墜落した時の対処方法。

1/3引き上げ。


イメージ 1


セカンドが墜落して下のテラスまで降ろす場合の

ビレーデバイスから安全にテンションを抜いて降ろす方法。


イメージ 2


トップが墜落した場合のザイルの仮固定(ミュールノット)。

止め結びで処理する場合。


イメージ 3


カラビナで処理する場合。


イメージ 4


テンションからの脱出。

バックアップは忘れずに。。。


イメージ 5


交代で反復練習をします。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


マッシャでバックアップを取り、半マストで降ろす方法。



イメージ 9


ビレーデバイスを使って降ろす方法。


イメージ 10


バックアップを取った懸垂下降。


イメージ 11


懸垂下降からの仮固定。


イメージ 12


懸垂下降からの自己脱出。


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


今日の講習内容は下記のとおりです。

1 トップが墜落した場合
 (1)テンションからの脱出
   ① ミュールノットでザイルを仮固定
   ② テンションからの脱出
 (2)墜落したトップをテラスまで収容する方法
   ① パートナーがテラスの上で中吊りの場合
   ② パートナーがテラスの下で中吊りの場合
2 セカンドが墜落して負傷した場合
 (1)下のテラスまで下す場合
   ① ジジ、ルベルソなどのビレーデバイスからの安全なテンションの抜き方
   ② テラスまでの下し方
 (2)テラスまで引き上げる場合
   ① 1/3引上げ
   ② 1/5引上げ
3 中吊りからの自己脱出
 (1)墜落して中吊りになった場合
 (2)懸垂下降からの登り返し
 (3)自己脱出でのバックアップの取り方
 (4)自己脱出からの懸垂下降
4 半マストの使用方法
 (1)確保方法
 (2)懸垂下降
 (3)ミュールノットでのザイルの仮固定


今日は遠い所からご参加いただきましてありがとうございました。


イメージ 16


イメージ 17

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年10月25日(木)晴れ


今週末は2018年CJシリーズの最終戦になるCJ−1妙高へ。

アキュパワー鍼灸院でコンディショニングをしてもらってから出発。

今夜は茅野のホテルで1泊してから妙高へ向かいます。

ホテルの上に昇った満月が綺麗でした。


イメージ 1

2018年10月26日(金)晴れ

天気予報では今日まで快晴、レース当日は雨予報です。

ホテルの窓からは槍ヶ岳〜穂高岳の稜線がみえていました。


イメージ 2


妙高も紅葉が見頃です。


イメージ 3


準備をして試走へ出発。

路面は完全にドライ状態。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


試走を3周半走って会場近くにある旅館へ。

今夜の宿はここです。


イメージ 7


2018年10月27日(土) 雨〜晴れ〜雨


夜から明け方にかけて寒冷前線が通過したために

かなり風が強く雨もふっていました。

しばらくすると青空も見えてきて空には綺麗な虹がかかっています。


イメージ 8


紅葉も本当に綺麗ですね。


イメージ 9


会場に行くと晴れていて暑いくらいです。

まずはローラーでアップしてから坂を登ってアップ完了。


イメージ 10


イメージ 11


スタートはユースと同時で

マスターは若手の後ろから。

そして10:30にスタート!!


約4kmのコースを5周回します。


イメージ 12


この歳になると瞬発力が無くなってきて

スタートダッシュは苦手。

妙高のコースはシングルトラックが少ないので

スタートで出遅れても登りで抜いて行けます。


イメージ 13


まずは舗装路からゲレンデに入ってから少し登って

あとは一気に下って行きます。

コースは去年とほぼ同じ。


最初の登りを登って下りになったら10番手ぐらいか。。。


イメージ 14


途中で浅井さんが勢い余って落車。

危うくぶつかる所でしたがなんとか回避。

長い階段を降りたら延々と登りが続きます。


ここから少しずつ順位を上げていかないと。。。


イメージ 15


今度は延々とゲレンデを登って行きます。

今月は仕事の関係でなかなかトレーニングができなかったため

登りでいまいちスピードが乗って来ません。


1周目は7〜8位ぐらいで通過。

2周目からだんだんとスピードが上がってきて

前の選手を追いかけていきます。


イメージ 16


イメージ 17


後ろには塩見さんが見えています。


イメージ 18


3周目には4〜5位ぐらいまで順位が上がりました。

この選手としばらくバトル。


イメージ 24


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


後半は前後の選手とは距離が開いてレースが進んでいきました。


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


そして最後は総合7位、マスター50は2位でゴールしました。

トップの村田さんは速かったです。


イメージ 28


そして今年のCJシリーズ戦の 

2018CJ MTB XCO マスター50 は優勝して

シリーズチャンピオンになることができました。


イメージ 29


今年はマスタークラス初参戦でしたが

CJシリーズチャンピオン&全日本チャンピオンになれて嬉しい限りです。

 来シーズンは更に厳しいレースになりそうですがまた頑張ります。

今日もたくさんの応援ありがとうございました。

参加の皆様、お疲れ様でした。(^-^)


レースの後は信州蕎麦と飯山の郷土料理でランチタイム。


イメージ 30


イメージ 31


謙信寿司はボリュームたっぷり。


イメージ 32


イメージ 33


ランチの後はお店のすぐ裏にある温泉で汗を流しました。


イメージ 34


千曲川を見ながら露天風呂に入れます。

誰もおらず貸切でした。


イメージ 35


中央道の渋滞も無くスムーズに帰宅。

買ってきた信州の地酒で祝杯をあげました。


イメージ 36


2本とも美味しかったです。

特に純米のにごり酒は美味しすぎてやばいです。(笑)


イメージ 37


これで今シーズンのCJシリーズも終了して

シクロクロスがシーズンインとなりますが

冬の週末は仕事が多くなるので

今年もシクロクロスには出られないかもしれません。


今の所、今年のレースは

12月末のスーパーマスターズ第3戦です。

最後に優勝でレース納めができるように頑張ります。(^^)


イメージ 38


イメージ 39

この記事に

開く コメント(0)

2018年10月22日(月)晴れ


先月の三ツ峠は雨で中止になりましたが

今日は無風快晴の素晴らしい天気となりました。

岩場もガラガラで登り放題ですね。(笑)


イメージ 3


青空と紅葉が素晴らしいです。


イメージ 1


イメージ 2


こんなに綺麗に富士山が見える日は珍しいです。


イメージ 4


イメージ 5


人気ルートの中央カンテには2パーティが取付いていました。


イメージ 6


準備してさっそくクライミング開始。


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


まずは一般ルートから。


イメージ 11


紅葉を見ながらのクライミングは気持いいです。


イメージ 12


イメージ 13


続いて真上のクラックからバンドへ。


イメージ 14


バックは富士吉田市街。


イメージ 15


お二人ともノーテンションで登って来ました。


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


次も少しワイドなクラックを登ってから直上。


イメージ 20


イメージ 21


バックには雄大な富士山。


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


次のピッチを登ったら終了点の天狗の踊り場です。


イメージ 25


イメージ 26


ここを登ります。


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


イメージ 30


イメージ 31


この抜け口が少し悪いです。

イメージ 32


イメージ 33


イメージ 34


4ピッチで天狗の踊り場に登って来ました。


イメージ 35


イメージ 36


イメージ 37


遠くに甲斐駒ケ岳が見えています。


イメージ 38


今日はザックを背負って登ってきたので

三ツ峠山頂経由で下山します。


イメージ 39


イメージ 40


紅葉を楽しみながら山頂へ。


イメージ 41


イメージ 42


さすがに月曜日と言うこともあって空いていました。

イメージ 43


甲府方面。


イメージ 44


四季楽園が見えています。


イメージ 45


下山も紅葉を楽しみながら。


イメージ 46


イメージ 47


今日は本当に素晴らしい景色を眺めながらのクライミングでした。

毎回、こうだといいですね。(^^)

今日はお疲れ様でした。


イメージ 48


イメージ 49

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年10月21日(日)晴れ


今日は広沢寺でマルチピッチクライミング(初級)講習会です。

日曜日で天気がいいと言うこともあって

岩場は朝から満員御礼状態です。


いつもの場所が空いていなかったため

一番奥の岩場でマルチピッチの手順をやる事にしました。


まずは各種ビレーポイントの作成方法から。

流動分散、固定分散などなど。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


次にマルチピッチでのザイルワーク。

ビレーポイントはとにかく安全にシンプルに作ります。

シンプルであれば万が一間違ったセットをしていても

早く気付くことができます。


イメージ 4


ビレーデバイスを落とさないセット方法。

今日も何回か岩場の上からビレーデバイスが落ちてきました。(笑)


イメージ 5


手順を一通り説明してから実践練習。

50m岩壁を2ピッチで登ります。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


懸垂下降も2ピッチで。


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


一休みしてからもう1度登って

今日の講習会は終了です。


イメージ 16


イメージ 17


マルチになると更に複雑なザイルワークになってくるので

しっかりと復習をお願いします。

今日はお疲れ様でした。


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事