全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

2019年1月10日(木)晴れ


今日は2名に参加いただいて

湯河原/幕岩でトップロープクライミング講習会を開催です。


桃源郷の簡単なルートはすでにいっぱいだったため

サンセットから登り始めます。


イメージ 1


最後の核心で少し苦戦していましたが

ムーブが分かればすんなりと登って行きました。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


次は少し難しい夕暮れ時へ。


イメージ 6


出だしが核心です。


イメージ 7


イメージ 8


G藤さんはなんとかクリアー。


イメージ 9


イメージ 10


太陽が当たるとポカポカで暑いくらいですが

日が陰ると一気に気温が下がります。


イメージ 11


イメージ 12


アリババフェイスに移動してみるとこのありさま。。。


中高年グループが

ザイルを6本ほどかけっぱなしにしてルートを占領し

そのまま桃源郷でランチタイムをしていました。

今時、こんなにマナーの悪い人たちがいるなんて目を疑いました。


イメージ 13


岩場の取付きにいるならまだしも

いなくなるならザイルは回収するのが常識です。


仕方なくシンデレラフェイスを登ることにしました。


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


2本ずつ登っていただいて

今日の講習会は終了です。

今日もお疲れ様でした。


イメージ 18


湯河原/幕岩ももう少しすると

この景色が梅の花で一杯になりますね。

もうチラホラと咲いている木もありました。


イメージ 19


湯河原にきたら にこり のチャーシューワンタン麺。

私はやっぱりこのお店が一番です。


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年1月9日(水)晴れ


今日は昨日にクライミング基礎講習会に参加いただいた方3名+1名の

4人でトップロープクライミング講習会を開催します。


昨日は基礎をみっちり覚えていただいたので

今日はひたすら登る練習を行います。


イメージ 1


今日も青空が綺麗ですね。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


太陽の当たる所はかなり暖かいのですが

日陰はかなり冷え込んでいます。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


今日も岩場は貸きりなので

ルートを色々と変えながら反復練習をします。


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


今日もたっぷりと登っていただきました。

またのご参加をお待ちしております。

今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年1月8日(火)晴れ


今日は今年最初の広沢寺でクライミング基礎講習会。

グループ参加の方もいて今日は5名で開催します。

まずは各種ギアの説明から。


イメージ 1


続いてザイルの結び方。

エイトノット、インクノットは必ず覚えていただきます。


イメージ 2


そしてリードの確保、トップロープの確保、ロワーダウン方法の反復練習。


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


確保ができるようになったら実際の墜落を止めてもらって

絶対にやってはいけない事を覚えてもらいました。


イメージ 7


イメージ 8


最後にトップロープをセットしてクライミングの練習です。


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


登る前の確認は確実に。


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


今日の岩場は貸きりでした。

3名の方は明日のトップロープクライミング講習会に

引き続きご参加いただきます。

今日はお疲れ様でした。(^^)


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年1月7日(月)晴れ


今日は今シーズン最初のアイスクライミング講習会です。

場所は八ヶ岳の東側にある湯川の氷柱の白髭エリア。

もうずいぶんと発達しています。


まずはリードしてトップロープをセットします。


イメージ 1


イメージ 2


トップロープをセットしたら

交代で反復練習です。


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


O川さんは今シーズンが初アイスクライミング。


イメージ 7


最初は苦戦していましたが

フリークライミングは上手なので

慣れてくると段々とスムーズに登れるようになりました。


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


ラインを変えて段々と難しくしていきます。


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


最後は足で登る練習で

バイルは持たずに手で登ります。

かなり上まで登れますよ。


イメージ 21


イメージ 24


I坂さんがナベを準備してくれていました。


イメージ 22


寒い中で食べる鍋は最高に美味しかったです。

ありがとうございました。(^^)


イメージ 23


イメージ 25


腕がパンパンになるまで登っていただきました。


イメージ 26


イメージ 27


今シーズン最初のアイスクライミングお疲れ様でした。

これからシーズン本番となりますので

またのご参加をお待ちしております。(^^)


イメージ 28


イメージ 29


イメージ 30


イメージ 31

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

青森県/八甲田山

2019年1月4日(金)曇り〜晴れ


今日は雪の八甲田山へ向かいます。

青森市内は雪がたっぷりあって車で走るのも大変です。

山に向かうにつれて傾斜も強くなってくるので

雪道は慎重に。


入山は八甲田山ロープウェイからです。

山頂は雲で覆われていて風も強いために

行動をどうするかは

ロープウェイで上がってみてから決めることにしました。


イメージ 1


イメージ 2


やっぱり青森は雪の量が半端ないですね。


イメージ 3


外に出てみると

完全にホワイトアウトで風が相当強く吹いています。


イメージ 4


ロープウェイの職員から

風が強いので運航中止になる場合がありますと言われました。

その場合はスキー場を延々と下山することになるし

この視界と風では登頂は相当困難になるため

帰れる範囲で歩いてくることにしました。


スノーシューを付けて出発。


イメージ 6


樹氷がかなり大きく育っています。


イメージ 5


ほとんど視界が無いので

迷わないように

コンパスを見ながら樹氷の間を歩いて行きます。


イメージ 7



イメージ 8


これだけ発達していると

晴れていれば絶景が見れるのに残念です。


イメージ 9


イメージ 10


今回使用したゴーグルは電熱ヒーター入りの物で

コメカミの所にあるスイッチを入れると

あっという間にレンズの内側の曇りが取れる優れもの。

値段は高いですが

今日のような天候では最強のゴーグルですね。


イメージ 11


樹氷を堪能して下山することにしました。


イメージ 12


下山してからまだ時間もあるので

スノーシューでラッセルトレーニング。(笑)


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


スノーシューラッセルも楽しいです。(^^)


イメージ 19


午後からは青空も見えてきました。

しかし、雲の流れが相当早く、強風が吹いてるのは間違いないです。


イメージ 20


冷えた体を温泉で温めることにして酸ヶ湯へ向かいます。


イメージ 22


酸ヶ湯も雪で覆われていました。


イメージ 23


ここが酸ヶ湯からの八甲田登山口。


イメージ 24


イメージ 25


有名な混浴の仙人風呂で暖まりました。(^^)


イメージ 26


帰るころには八甲田山も見えてきましたが

やはり強風が吹いているようです。


イメージ 21


イメージ 27


あいにくの悪天候で登頂できなかったのが残念でしたが

樹氷を見て酸ヶ湯にも行けたので良かったですね。(^^)


イメージ 28


イメージ 29

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事