過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

(その6)より。。。

ここから先は

色々ともめることとなったレース展開になりますが

現場に居合わせた私が

中立の立場をとって

2人のどちらかの肩を持つと言うのではなく

私から見たレース展開と気持ちを正確に書きたいと思います。

読まれた方にはそこを誤解のないようにお願いします。

そして

このレポートは誰かを非難するために書くのではありません。

第3者がゴール前のレース展開について

誤解をしないようにしていただくために書くものです。
 


平地とアップダウンがしばらく続いている。


この辺りだったと思うが

今ちゃんがわざわざ俺の横まできて

高○選手が「まじめな話、協力します」と言ってくれた。

と嬉しそうに俺に教えてくれた。


と言う事は

今ちゃんが高○選手とロス選手の逃げを全てつぶしてきたが

高○選手が今まで一緒に逃げていたロス選手を潰してくれると言うことかな?

協力すると言うことは

今チャンが勝つためにアシストをすると言うことと俺は理解した。


そうすると

ここから先のロス選手への対処は高○選手にまかせておいて

今ちゃんはゴールスプリントに備えて集団で足をためておけばいいだけだ。


俺もそのつもりでいた。


ゴールに近くなってくると強い向かい風の直線で

スピードが一気に落ちてくる。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_2


ゴールまで残り5km辺りだっただろうか


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_0


高○選手とロスが逃げ始めた。


この時に

俺が高○選手に期待していた動きはと言うと


高○選手がロス選手に散々脚を使わせて

脚を使ったロス選手が疲れた頃に

高○選手が一緒に集団に戻ってくるということ。


俺がこの場面でアシストするなこういう動きをする。

実際に去年のツール・ド・北海道のロードレースでも

俺は今ちゃんのアシストのために

この動きを散々やってきた。


この動きを高○選手に期待したのが

俺の思いこみだったのかもしれないが。。。


ここで高○選手がロス選手に足を使わせてから集団に戻り

今ちゃんの周りを俺と高○選手とで固めれば

今ちゃんはそのまま足を残したままゴールスプリントができる。



高○選手とロス選手が逃げたときには

向かい風の直線なので

このときにすぐに追えば逃げは簡単に潰せる状況だった。


しかし

高○選手がどんな動きをするのか

集団から離れていった2人を

あえて追うことなく動きを傍観していると


なんと

2人が一緒に逃げ始めた。

しかし

癲選手、ロス選手の逃げを全て自ら潰し続けてきた今ちゃんも俺も

「協力する」の一言があったのであえて2人を追うことはしなかった。


ゴール前にリーダージャージの今ちゃんが動かなければ

集団が動くことはない。


こうなると

今ちゃんと俺の行動は2人の逃げを容認するために集団を押さえていた

と言う形になってしまう。


こんなことをするために

ゴール直前まで高○選手とロス選手の逃げを全てつぶしてきた訳ではない。


結局、高○選手の動きが俺の思っていた行動とは違う動きになってしまった。


このまま逃げ切るつもりだと気が付いたときには

もうゴールまであとわずか。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_3


集団が追いかけたときにはもう追いつくことができなかった。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_4
 ゴール前の直線。。。

そして

高○選手、ロスの順番でゴールしていった。


今ちゃんはゴールスプリントをする気持ちにもならず

流してゴールしたらしい。

結果は5位。


俺は集団でゴールして18位。


レース後に他の選手から

「ずっと2人の逃げを潰してきたのに最後の逃げをなぜ潰さなかったのか?」

と不思議がられて何人にも聞かれた。


なぜ癲選手があの状態で集団に戻らずロス選手と一緒に逃げてしまったのか?


このブログの読者の方々には

今ちゃんと俺は

「2人の逃げを決めるために集団を押さえたのではない」

と言うことを理解していただきたいと思います。


以上が、ロードレースでのゴール前の展開となります。


癲選手の「協力する」と言う言葉の意味と

その言葉の直後に

なぜロス選手と一緒にゴールまで逃げ続けたか?


この理由を俺は知りたい。



レースが終了してからは

一度、札幌のホテルに移動して汗を流してから

「すすきの」に出直すことに。


今回泊まったホテルには大浴場があったので

今日のレースの疲れをじっくりと癒すことができた。


今夜は北海道の最終夜なので

生ラムのジンギスカンを食べに行くことになった。


まずは乾杯!!


生ラム、ソーセージ、生ラムのタタキ、生トントロ、もやしサラダを食べて

最後にニラ素麺で閉めにした。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_5

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_6

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_7

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_8

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_9

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_10

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_11

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_12

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_13


その後は狸小路でお土産を買って

カフェでまったりしてからホテルに帰った。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510653_14


天気予報では明日は「雨のち曇り」となっている。


コーナーの多いクリテリュームなので

雨が降れば落車の危険が多くなる。

後は雨が降らないことを祈るだけだ。


(その8)へ続く。。。


(レース参戦記録) 
2008年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2008.race.html
2007年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2007.race.html
2004〜2006年 http://www.big.or.jp/~arimochi/race.kiroku.html



開く コメント(15)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

(その5)より。。。

2009年9月12日(土)晴れ



今日は第2ステージのロードレース。

コースは

富良野をスタートして山岳地帯を抜けて

桂沢湖を経由し三笠を通過。

そして岩見沢公園の駐車場がゴール!!


札幌にホテルを取っているので

05:00に札幌を出発。

高速を使って岩見沢まで約45分。

高速を走っていると

雄大な大地に朝日が昇ってきた。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_12


ゴール地点の岩見沢公園に到着。

駐車場にはもうたくさんの車が来ていた。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_2


駐車場から富良野までは

トラックに自転車を預けて

観光バスでレースコースを逆走していく。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_3


途中で自走でスタート地点へ向かっている選手が2名いた。

多分、中級者クラスの三段滝まで行くのだろう。(笑)


08:00に富良野到着。

約1時間半のドライブだった。


今ちゃんと一緒にアップを行くことに。。。

とりあえず開会式と出走サインの時間を役員に確認に行くと

開会式は09:30でサインは09:50までとのこと。


そしてレースコースを往復20kmほど走りに行った。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_10


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_11


俺はトイレに行きたくなったので今ちゃんより先に折り返して帰ったら



なんと09:30の開会式が09:00に変更になって

サインは09:20までになっていた。

さっき確認したばっかりなのに。。。


俺が会場に着いたときには開会式が終わってサインが始まっていた。

今ちゃんはコースの先まで走りに行ったので

間に合わなかったらまた一悶着あるだろう。


まぁなんとかサインは間に合ったが

予定通りと回答しておきながら

すぐに時間変更をする神経が理解できない。


ツール・ド・北海道では

昨日のペナルティの件といい

毎年、何かしら問題が起こっている。


まったくね〜。


そのうち

わざわざ遠くから走りにくる気持ちがなくなってしまうかも。


10:00に

登録、上級クラスの選手が一斉スタート!!


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_9
 スタート地点。。。


国道に出る2kmほどは先導車についてパレード走行。


俺と今ちゃんが先頭を走る。


審判が旗を振ってレース開始!!


さっそく俺が先頭で走っていく。


※ コースの写真は試走のときに車から撮影したものです。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_0


まだまだ先は長いのでローテーション。


国道を5kmほど走って左折するのだが

誘導が悪くて

左折せずに直進してしまった選手が何人かいた。


ちょうど左折するときに

「パン!!」

といういい音が。。。


まだスタート直後だというのに

誰かパンクしたらしい。


今ちゃんの前を走っていた選手が

全員直進してしまったが

コースを知っている今ちゃんと俺は

そのまま左折してまた先頭に出た。


ここからトンネルまでは長いのぼりになる。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_4


しかし、意外と傾斜がなくアウターでも登っていける。


今日、今ちゃんを勝たせるために

マークしておかなければならない選手は

高○選手、、ロス選手、熊○選手の3人。


高○選手、ロス選手の2人は昨日の個人TTでタイムを落としているので

総合優勝を狙っていくためには

積極的な攻めの走りをして

逃げのレースをしていかないと

今ちゃんとのタイム差を短縮することができない。


本当ならリーダージャージの今ちゃんは

のんびりと集団で走っていて

ゴールスプリントに備えて走っていればいいのだが

今日は高○選手、ロス選手の2人が積極的に逃げてくるので

タイム差を広げられないように

今ちゃんも先頭に出て追いかけなければならない。


俺、今ちゃん、高○選手、ロス選手と他に数名の選手で

ローテーションをしていく。


高○選手、ロス選手が逃げると今ちゃんも追いかける。

リーダージャージの今ちゃんが追いかけていくと

集団も追いかけていくので

集団のスピードもどんどんハイスピードになっていく。


俺はできる限り今ちゃんの前に出て行って

今ちゃんの護衛。(笑)


今ちゃんも2人のアタック潰しをするために追いかけているので

俺も常に今ちゃんの前にいるわけではないが

タイミングを見計らって先頭に出て行く。


最初の峠が終わって下りきったらT字路になるので

ここを左折。


左折すると

距離は900mほどと短いが

今日のコースで一番傾斜の強い場所になるので

今ちゃんが先頭に出て行ってアタック!!


ここで集団から千切れた選手もいるだろう。


ここから先はアップダウンが続くので

登りが来るたびに誰かがかならずアタックをかける。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_5


相変わらず高○選手、ロス選手が前に出てくるので

俺も加わって先頭付近に陣取って走っていく。


コースの中間に三段滝駐車場があって

ここが中級者クラスのスタート地点となっている。


昨日知り合ったブログつながりの伊達さん、山内さんが


「ARIガンバレー!!」


と応援していくれている。

おかげでスピードが上がりました。応援ありがとうございます。


俺は三段滝を3番目で通過。


ここからトンネルまではまた登り区間になる。


同じような展開でトンネルを通過。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_6


ここから三笠まではダウンヒルが続く。


高○選手、ロス選手も下りで逃げようとするので

今ちゃんも追いかけて逃げを潰していく。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_7


下りのコーナーで

俺のすぐ前にいた高○選手が

オーバースピードだったのか抜こうとしたのか反対車線に飛び出した。


1度、高○選手が反対車線から戻った直後に

コーナーの先から対向車が来て

ヒヤッとする場面があった。


下りの途中で

高○選手、ロス選手とあと何人かが逃げようとしたので

今ちゃんがまた追いかけて逃げを潰しに行く。


そうこうしているうちに

下り区間も終わって三笠を通過。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d1/2a/js1ktr/folder/1500039/img_1500039_58510619_8


(その7)へ続く。。。


(レース参戦記録) 
2008年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2008.race.html
2007年      http://www.big.or.jp/~arimochi/2007.race.html
2004〜2006年 http://www.big.or.jp/~arimochi/race.kiroku.html



開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事