2012エクステラ世界選手権

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

(その8)より。。。
 
 
最後はタイトコーナーやアップダウンの多い
 
XCコースのようなテクニカルコースを走っていく。
 
ここは得意中の得意。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 1
 
 
そして
 
ゴルフ場を抜けてトランジットエリアへ戻ってきた。
 
 
イメージ 2
 
 
MTBでスタートからは
 
ひたすら抜くばかりで
 
誰一人として抜かれなかった。
 
 
200人ぐらいはぬいたかも?
 
 
そして箭内くんもバイク終了。
 
 
イメージ 7
 
 
そして最後のトレラン10kmへGO!!
 
しかし足が重くてカラダが前に進んでくれない。
 
 
今回の大会に向けてはスイムを重視してトレーニングしていたので
 
トレランのトレーニングまではできなかったので仕方ない。
 
トレランコースはこんな感じ。
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
緩い登りを登ってから後はひたすら下るだけ。
 
 
イメージ 8
 
今回のコースは
 
丸沼大会のような道なき道と言ったコースではなくて
 
きれいに整地されているトレイルコースで傾斜も緩い。
 
 
なのでランに強い選手の方がかなり有利になる。
 
俺にとっては最悪のコース。(笑)
 
 
ランに移った直後から
 
さっきバイクで抜いてきた選手にどんどん抜かれていく。
 
 
俺のバイクの走りを見ていたせいか
 
抜くときにはたくさんの選手が
 
「good job」
 
と声をかけてくれたのは嬉しかった。
 
しかし、抜かれるのは悔しいけどね。。。(笑)
 
 
外人選手はとにかく足が長くて
 
俺が2〜3歩で走るのに
 
外人選手は1歩で進んでいく。(笑)
 
 
とにかく登りでも下りでも抜かれっぱなし。。。
 
バイクであれだけ抜いたのにね。
 
 
帰国したらランを強化するこをと心に誓ったのは言うまでもない。(笑)
 
 
下り切って一度海岸を走る。
 
ただでさえ重い足なのに
 
砂に足を取られて更に重くなる。
 
 
あと一息でゴールだ!!
 
 
イメージ 9
 
 
箭内くんも頑張っている。
 
 
イメージ 10
 
 
そして
 
芝生のコースを駆け上がって
 
ゴール!!(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 11
 
 
終わった〜〜。
 
完走のレイとメダルをかけてもらった。
 
 
ゴールでは奥さんが出迎えてくれた。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 12
 
 
そして箭内くんも無事にゴール。
 
お疲れ様〜。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 13
 
 
ゴール後にプロカテゴリで走った竹谷さんと一緒に。
 
みんないい顔してます。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 3
 
 
結局、ランは412位。
 
抜かれた人数を数えていたら
 
約80人ぐらいに抜かれてしまった。(笑)
 
 
今回、一緒にレースを戦った仲間と。(^^)(^^)(^^)
 
本当にお疲れ様でした。
 
 
イメージ 4
 
 
エクステラワールドチャンピオンシップの結果は下記の通りです。
 
スイム/1500m、バイク/30km、トレラン/10km
 
(スイム)     0:34:01  447位(総合) :03:33 (トランジット)
(バイク)    01:44:49  113位(総合) :01:32(トランジット)
(ラ ン)    01:02:17 412位(総合)  
(総合タイム)03:26:12
(総合世界ランキング) 244
 
※ 総合は652人中でプロ、女子もすべて含みます。
 
(50歳代世界ランキング) 14位/約70人中
 
バイクは50歳代で世界1位。
日本人選手ではプロを除いてトップ。
 
スイムは9月から集中してトレーニングした成果もあって
 
丸沼大会ではほとんどビリに近かったのが
 
今回は2/3ぐらいの順位だったのが嬉しい。
 
 
得意のバイクでは200人以上は抜いて
 
誰にも抜かれることはなかった。
 
 
ランはバイクであれだけ抜いたにも関わらず
 
約80人に抜かれっぱなしになったのはかなり悔しい。
 
 
50歳代の1位とのタイム差は17分12秒
 
入賞圏内の3位とのタイム差は14分4秒
 
 
後、1年でどれだけスイム、ランで差を詰められるかで
 
入賞範囲に入れるかどうかが決まる。
 
 
スイムとトレランはまだ始めたばかりで伸びしろがあるので
 
入賞めざして、来年までに更にレベルアップしていきたいと思う。
 
 
来年は、今年以上の結果が出せるように頑張りたい。
 
 
エクステラに挑戦するのは今年が初めてで
 
国内予選ではスイムで溺れそうになっていた俺が
 
まさか世界大会に行けるなんて夢にも思っていなかった。
 
 
9月からのトレーニングでは
 
スイムもまともに泳げるようになったし
 
バイクは今まで以上に快調に走ることができた。
 
ランはトレーニング不足で最悪だったけど。。。
 
 
とにかく良いにしろ、悪いにしろ練習は絶対に裏切らない。
 
人より多く練習すれば人より速くなるし、さぼれば遅くなる。
 
ただそれだけ。。。
 
 
また来年の大きな目標ができたので
 
まだまだ上を目指していきたい。(^^)(^^)(^^)
 
 
そして
 
いつも黙って見守って応援してくれている奥さん、
 
一緒にトレーニングしてくれている仲間、
 
レースを応援してくれているみなさん
 
全ての人に感謝です。<m(__)m>
 
 
ありがとうございました。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓
 
 

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

(その7)より。。。
 
長い登りの終点がここ。
 
やっと足が休められる。
 
 
イメージ 1
 
 
そして尾根沿いの気持ちのいいコースを飛ばしていく。
 
 
イメージ 2
 
 
遠くにはモロカイ島が見える。
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
そして何度かアップダウンを繰り返しながらさらに登ってく。
 
 
イメージ 5
 
この辺りの登りも結構、傾斜があってきつい。
 
 
イメージ 8
 
 
ここを奥の稜線までひたすら登る。
 
 
イメージ 9
 
 
こんな景色の中を走れるなんて最高。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 10
 
 
また何度かアップダウンを繰り返して
 
今度はお楽しみのダウンヒルが始まる。
 
 
イメージ 11
 
 
これくらい路面のいい場所ではノーブレーキで
 
いったい何キロぐらいでているんだろうか?
 
メーターを見る余裕などないぐらい飛ばした。
 
 
下りの路面はこんなにいい場所ばかりではなく
 
王滝チックなガラガラの岩が転がっている所もある。
 
 
今回は軽量タイヤのアスペンを使用しているので
 
絶対にパンクしないように路面に集中して岩を避けて下っていく。
 
 
イメージ 12
 
 
一度下り切って
 
幹線道路のすぐ近くまで来たところに
 
エイドステーションがあった。
 
ゲイタレイドと水を交互にもらって水分補給。
 
 
そして後半の登りが始まる。
 
ここでもガンガン先行選手を抜いていく。
 
 
イメージ 13
 
 
長い登りが終わってアップダウンが始まると
 
一か所、土手登りがあり
 
ここはバイクを担いで登って行った。
 
 
イメージ 3
 
 
ここまで来るとバイクラップの終了も近づいてくる。
 
 
イメージ 4
 
 
(その9)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

(その6)より。。。
 
ジャージを着たり靴下を履いたりしていたおかげで
 
意外と時間がかかってしまった。
 
もう少しうまくやれば1分ぐらいは短縮できるかも?
 
 
そしてバイクを押してトランジットエリアの外へ。
 
 
イメージ 1
 
 
続いて箭内くんもトランジットからバイクへ。
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 9
 
 
バイクのいなくなったトランジットエリアはガランとしている。(笑)
 
 
イメージ 17
 
 
そして得意のMTBで爆走開始!!
 
MTBのコースはこんな感じ。
 
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
前半に長い登りがあるし
 
その後も何か所もきつい登りがある。
 
俺にとっては嬉しいコース設定。
 
 
トランジットエリアからMTBコースへ入っていく。
 
 
※ 写真は試走の時に撮影したものです。
 
イメージ 5
 
 
まずはゴルフ場の中の舗装路を走って
 
ホテルの外へと向かう。
 
このトンネルを抜けるとシングルトラックがはじまる。
 
 
イメージ 16
 
 
スイムは約700人弱のうち2/3ぐらいの順位でスイムアップだったので
 
先行している選手がたくさん連なって走っている。
 
しかし
 
シングルトラックと言っても
 
コースの幅がかなり広いので
 
先行選手を抜いていくスペースがある。
 
 
日本の場合は右側から抜くのが基本だが
 
ハワイでは左から抜くのが基本。
 
 
なので
 
「レフト!!」
 
と前の選手に注意喚起してから追い越していく。
 
 
スタート直後から先行選手を抜いて
 
何人抜いたか分からないぐらい。
 
 
前半は登りばっかりなので
 
ドンドン標高が上がっていく。
 
 
イメージ 6
 
 
こんな開放的なコースを走っていく。
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
今日の天候は曇りで
 
試走のときのような快晴ではなかったので
 
俺にとっては嬉しい気温だ。(^^)(^^)(^^)
 
 
足は絶好調で登りでもぐいぐい走っていける。
 
 
イメージ 12
 
 
途中で下りのコースとクロスするところがあるので
 
気を付けないとね。。。
 
 
イメージ 13
 
 
時々、樹林地帯の中を抜けていく。
 
一か所きつい登りの上に砂地帯があって
 
ここは渋滞しているし押しになってしまった。
 
 
イメージ 14
 
 
とにかく前を走っている選手をひたすら抜いていく。
 
 
イメージ 15
 
(その8)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓
 

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

(その5)より。。。
 
 
なんとか波を乗り越えて泳ぎだした。
 
回りに選手がたくさんいるので手足がぶつかって泳ぎにくい。
 
遅い選手がいると進路を変えて抜かなければならないし
 
うねりや波が高くて沖にある折り返しのブイが見えない。
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 11
 
 
時々、ヘッドアップをしてブイの位置を確認するが
 
うねりの底に入っているとまったく見えない。
 
潮の流れや風もあるために
 
自分では真っ直ぐに進んでいるつもりでも
 
位置がずれてきているので
 
修正しながら泳いでいく。
 
 
375mのところに黄色いブイが2個並んでいて
 
そこを折り返して陸地を目指して泳いでいく。
 
 
イメージ 12
 
 
陸地には上陸ポイントにブイがあるので
 
ブイを左に見ながら上陸しなければならない。
 
今日は波がむちゃくちゃ高くて
 
サーファーになった気分だ。(笑)
 
 
イメージ 13
 
 
トライアスロンのアイアンマンレースによく出ている選手の話だと
 
これだけ波があると普通はスイムは中止になるらしい。。。
 
 
しかし
 
このレースはエクステラなので
 
台風でも来ない限りは中止にならないんだろう。(笑)
 
 
一度、応援の人々がいる砂浜を走って
 
もう一度海に入っていく。
 
 
イメージ 14
 
 
スイムコースはこんな感じになっている。
 
 
イメージ 5
 
 
俺に続いて箭内くんも次のスイムへ。
 
 
イメージ 4
 
しかし
 
こんな波に巻き込まれたら泳げない。(笑)
 
 
イメージ 15
 
 
なんとか海に入って次のブイを目指していく。
 
 
イメージ 3
 
 
ここまで来たら選手も随分とばらけているので泳ぎやすくなったが
 
方向をよく確認しておかないと上陸地点からずれてしまう。
 
そしてやっとスイムアップ!!
 
 
イメージ 6
 
 
重い脚とカラダを引きずりながらトランジットエリアへ走っていく。
 
 
イメージ 16
 
 
イメージ 8
 
 
スイムでジャージを脱がされたので
 
ジャージを着なければならず
 
これで30秒ぐらいはタイムロスした。
 
 
カラダが濡れているとジャージがカラダに張り付いて
 
なかなか着れない。
 
 
イメージ 9
 
 
靴下を履くのも面倒くさい。
 
裸足でシューズを履いたらどうだろうか?
 
 
イメージ 10
 
 
(その7)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓
 

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

(その4)より。。。
 

2012年10月28日(日)晴れ〜曇り〜時々雨〜晴れ

レース前夜は
 
カナダで大きな地震があったらしく
 
津波警報が発令されて
 
避難勧告がでたエリアもあったが
 
俺たちが泊まっている所は高台にあったので
 
避難しなくても済んだ。
 
 
さぁ、いよいよ待ちに待ったレース当日だ。
 
スタートは09:00だし会場が近いので朝はゆっくりできる。
 
 
それでも少し早めに起きて朝食。
 
俺のレース食はやっぱりごはん。(^^)(^^)(^^)
 
アルファー米に豚汁と梅干。
 
 
前夜のウェルカムパーティでたくさん食べているので
 
朝は少しでも大丈夫。(笑)
 
 
イメージ 1
 
 
会場へ行って
 
まずはトランジットエリアへバイクをセッティング。
 
 
イメージ 12
 
 
そして
 
チップを貰って腕にゼッケンをマーキングしてもらうのだが
 
耳栓を忘れたのに気が付いて取りに帰ったら
 
もうこんなに並んでいた。
 
 
イメージ 13
 
 
トランジットエリアにもバイクが増えてきた。
 
 
イメージ 14
 
 
箭内くんはすぐにマーキングしてもらったのに
 
俺はしばらく並ぶ羽目になってしまった。(笑)
 
 
イメージ 15
 
 
そして肩にマーキング。
 
袖有のレジェフィットジャージで泳ぐつもりだったが
 
マーキングは肩じゃなければだめだと言われ
 
仕方なく上半身裸で泳ぐことになった。
 
 
イメージ 16
 
 
トランジットエリアもバイクでいっぱいだ。
 
 
イメージ 17
 
 
準備を整えてスイム会場へ向かう。
 
 
イメージ 18
 
 
ここをくぐってトランジットエリアへ向かう。
 
 
イメージ 19
 
 
今日は風が強くて波がかなり高い。
 
どうなることやら。。。
 
 
イメージ 2
 
 
そして竹谷さんと一緒に。
 
 
イメージ 3
 
 
前田さんとも一緒に。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 4
 
 
さぁ
 
スタートの時間が近づいてきた。
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
相変わらず波が高い。
 
 
イメージ 7
 
 
スタート前の選手。
 
 
イメージ 8
 
 
プロがスタートした2分後にアマチュアがスタート!!
 
 
イメージ 9
 
 
一気に走って波に向かう。
 
足が取られてうまく走れない。
 
 
イメージ 10
 
 
後はブイを目指してひたすら泳ぐだけだ。
 
 
イメージ 11
 
(その6)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事