2013エクステラサイパン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

(その12)より。。。
 
さてサイパン4日目は観光です。
 
最終日は全日空けてあったので
 
レンタカーを借りて島内見学に出発。
 
小さい島なので12時間だけ借りました。
 
 
イメージ 1
 
 
20年ぶりぐらいの左ハンドルの車は怖い。。。(笑)
 
特に交差点を曲がる時に反対車線に入りそうになるしね。
 
レンタルサイクルのツアーらしき観光客がたくさん走ってた。
 
 
イメージ 2
 
 
まず最初は
 
サイパンで一番有名なバンザイクリフへ。
 
 
イメージ 13
 
 
ここから何百人もの日本人が飛び込んだだなんて
 
本当に心が痛みます。。。
 
 
イメージ 20
 
 
少し離れたところに旧日本軍の戦車や大砲の残骸が残っていた。
 
 
イメージ 21
 
 
ここは旧日本軍の最後の司令部跡。
 
この岩山の中を掘って作ってある。
 
 
イメージ 22
 
 
中には無数の銃弾の跡が残っているし。。。
 
 
イメージ 23
 
 
戦争の傷跡が生々しい。。。
 
 
イメージ 24
 
 
 
イメージ 25
 
 
途中でランチをしようと思ったら
 
店がまったくないので
 
ホテルのレストランに行こうとしたら
 
ホテルが何件もつぶれてるし。。。(笑)
 
 
結局、ガラパンまで戻ってサブウェイでランチ。
 
店員のおねぇちゃんはかなり手際が悪い。。。
 
他のお客がいないのでかなり時間がかかって
 
日本じゃあり得ないぐらい遅かった。(笑)
 
 
イメージ 26
 
 
でも
 
サイズはアメリカンサイズでかなりデカい!!
 
 
イメージ 3
 
 
お腹が一杯になったところで
 
今度はエクステラでも途中まで走ったタポチョ山へ向かう。
 
車で登れるが
 
道路が荒れたダートの急傾斜なので
 
レンタカーの乗用車ではちょっと苦しかった。(笑)
 
山頂からはレース会場のホテルが見える。
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
こちらはサイパン国際空港。
 
 
イメージ 6
 
 
戦争の経過をこんな看板がたくさんあって説明してくれている。
 
 
イメージ 7
 
 
今度は、空港近くにあった防空壕。
 
なんか怪しい若者のたまり場になっていた。(笑)
 
 
イメージ 8
 
 
おっと
 
こんなのがあったので一枚撮影。(笑)
 
 
イメージ 9
 
 
レンタカーはホテルの駐車場に停めておいたら
 
取に来てくれると言うことだったので
 
楽ちん楽ちん。(^^)(^^)(^^)
 
 
夜はガラパンの街へ。
 
ヒルマイクとさびれた観光地と言う感じだったが
 
夜は人も多くてそれなりの雰囲気。(笑)
 
今夜はここでディナー。
 
 
イメージ 10
 
 
なんでサイパンでウェスタンなんだろう?(笑)
 
意外と人気店の様でしばらく待たされた。
 
 
イメージ 11
 
 
まずは乾杯〜!!
 
 
イメージ 12
 
 
そして今日もステーキ。
 
500gもあるのでかなり大きい。
 
 
イメージ 14
 
 
いただきま〜す!!(^^)(^^)(^^)
 
日頃は豚肉と鶏肉ばかりで牛肉はほとんど食べないので
 
ステーキ三昧で大満足。(笑)
 
 
イメージ 15
 
 
ホテルに帰ったら一仕事。
 
バイクをばらして梱包作業。
 
これがまた大変。(笑)
 
 
イメージ 16
 
 
そして翌日。。。
 
楽しかったサイパンも今日でお別れです。
 
最後はエクステラサイパンTシャツで帰国。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 17
 
 
空港では
 
サイパンの往路ではお金は取られなかったのに
 
帰路では超過料金を100$も取られた。
 
なんで??
 
離してもらちが明かないので払ったけど。。。
 
 
イメージ 18
 
 
最後にちょっと後味の悪い思いをしたけど
 
まぁいいか。(^^)(^^)(^^)
 
そして機内へ。
 
 
イメージ 19
 
 
帰りもグアム経由なのでたっぷり時間がかかりましたとさ。(笑)
 
 
エクステラサイパン参加の皆様、お疲れ様でした。
 
わざわざ応援に駆け付けてくれた奥さん、ありがとう。
 
今年はミスコースで悔しい思いをしたけれど
 
来年は絶対にトップを取らなきゃ。
 
また頑張ります。(^^)(^^)(^^)
 
ではでは〜!(^_^)/
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

(その11)より。。。
 
レースの後はご褒美と言うことで
 
Tボーンステーキでランチタイム。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 1
 
 
いや〜美味しかったです。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 2
 
 
DFショップに行くとこんなキャラクターが。。。
 
日本人にしか分からないネーミング。
 
見ればすぐに分かるでしょう。(笑)
 
そう
 
サイ パンダ
 
やっぱり サイパン だからね〜。(笑)
 
 
イメージ 7
 
 
夕方からは
 
PICサイパンでディナー&表彰式。
 
サイパンにはこんなに日本人選手が参戦していました。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 8
 
 
昨日のカーボパーティはパスタ系が多かったけれど
 
今回は肉系が多い。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 9
 
 
デザートもたくさん。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 10
 
 
飲み物もフリーなので
 
みんな飲みまくってます。(笑)
 
 
イメージ 11
 
 
小笠原選手もお茶目だな〜。(笑)
 
お尻は当然、本物じゃないですよ。
 
 
イメージ 12
 
 
もうずいぶん出来上がってますね。みなさん。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 13
 
 
そして表彰式が始まった。
 
撮影タイム〜。(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 14
 
 
そして俺の番が回ってきた。
 
しかし外人選手の大きい事、大きい事。。。
 
 
イメージ 3
 
 
50〜54歳で3位入賞。
 
なんとこのメダルは各カテゴリで使いまわして
 
入賞者にはくれなかった。。。
 
 
なんで。。。
 
せめてメダルぐらいは欲しかったな〜。(笑)
 
なので証拠写真だけ。
 
 
イメージ 4
 
 
プロカテゴリの入賞者はなぜか全員仮装している。。。
 
どうやらサイパンはこういうしきたりらしい。(笑)
 
 
イメージ 5
 
 
表彰式が終わってもまだまだ盛り上がってます〜。(^^)(^^)(^^)
 
エクステラはこれで盛り上がってます。
 
 
 
イメージ 6
 
 
(その13)観光編に続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

(その10)より。。。
 
そして最後のランへ向けてトランジットエリアへ入っていく。
 
この時点で総合で10位ぐらい。
 
かなりいいポジションで帰ってきた。
 
後ろの選手も全く見えなかったのでかなり引き離している。
 
 
今度は靴を履きかえるだけなのであまり時間はかからない。
 
栄養ドリンクとパワージェルを飲んでランスタート!!
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
去年の世界選手権のマウイの時には
 
ランのトレーニングはほとんどしていなかったので
 
かなり脚が重かったが
 
今回は意外と軽く脚が回ってくれる。
 
 
メモリアルパークの中を抜けて
 
歩道の上を走って行くが
 
雨でぬれているしすごく滑りやすい。
 
サンゴの砂利を使っているせいだろう。
 
 
 
ランの頃には雨もすっかり止んで
 
 
強い日差しが照り始めた。
 
はやくジャングルの日陰に入らないと
 
暑さで消耗してしまう。
 
 
ランの試走の時にはジャングルの入り口までは
 
迷うことはないと思ってバイクで試走していた。
 
なので矢印もそれほどしっかりと覚えていたわけではなかった。
 
これが大きな間違いだと気づくことになる。(笑)
 
 
歩道を走っていると
 
少し右斜めに向いている矢印があった。
 
その矢印の先には細い路地がある。
 
普通のランのレースでは絶対に走らないような場所だが
 
エクステラではこんな場所は普通に走るので
 
迷わずに入って行った。
 
その路地を20mほど走ると4車線の大通りにでる。
 
 
すると大通りの左を見ると
 
俺が目印にしていたどこかの会社の看板が見えている。
 
ジャングルの入り口はこの先にあると覚えていた。
 
しかしジャングルの入り口は
 
信号の無い大通りを渡ったところにある。
 
 
このまま左折して走ろうと思ったが
 
念のため右側を見てみた
 
するとランの赤い矢印が右折方向についていた。
 
あれ??
 
ちょっとおかしいと思ったが
 
矢印の方向に1人選手が走っているし。。。
 
 
この先にはマイクロビーチ入口の交差点があって
 
警官が交通整理をしているので
 
ここで大通りを渡るのかもしれないと思い
 
右折して前の選手を追いかけて走り出した。
 
 
走っているとランの赤い矢印はしっかりついているので
 
間違いないと思いかなりの距離を走って行った。
 
しかし、矢印は
 
マイクロビーチ交差点を渡らずにトランジットエリアへ向かっている。
 
コースがループしているはずもないし。。。
 
 
スピードアップして前を走っている選手に追いつき
 
「このコースはチャンピオンシップのコースですか?」
 
と聞いてみると
 
「ショートのコースだよ」
 
と言われて愕然。。。。
 
 
なんでチャンピオンシップとショートコースの矢印が同じ色なんだ??
 
 
ショートの選手にお礼を言ってあわてて引き返した。
 
危うくゴールに入ってしまうところだった。(笑)
 
 
 
しかしショートコースをほとんど1周走ってしまっている。
 
とりあえずマイクロビーチ交差点を渡って大通りを渡った。
 
警官がコースで何か叫んでいるがよく分からない。
 
 
もう太陽がカンカン照りで
 
暑くて意識がもうろうとしてきた。。。
 
本当なら
 
もうジャングルを1/3は走っていたのに。。。
 
後悔してもどうしようもない。
 
 
すると外人選手が2人俺と同じ間違いをしたらしく
 
ショートコースを走ってきた。
 
しばらくすると追いついてきたので
 
「チャンピオンシップコースはどこ?」
 
と聞いても
 
「分からない」と言っている。。。
 
 
俺が最初に大通りに出た地点近くに差し掛かって
 
やっと本当のコースが見えてきた。
 
 
最初に間違えた右斜めの矢印の少し先にエイドステーションがあって
 
その先から警官の誘導で信号の無い大通りを渡るようになっている。
 
間違えた個所からエイドステーションが死角になっていて
 
まったく見えなかったので気づかなかった。
 
 
大通りに出た時点で少しでも左へ走って確認すれば
 
すぐに気づいたはずなのに。。。
 
もう後の祭りだ。
 
 
距離にして4〜5km、時間にして20分以上のロスをしてしまった。
 
俺のカテゴリではトップで走っていたのに
 
これでどこまで順位が落ちてしまったのだろう。。。
 
 
エイドステーションで水が欲しかったが
 
大通りの反対側にあるので
 
そのまま補給なしでジャングルへ入って行った。
 
 
 
 
正しいコースから走ってきた選手に何人にも抜かれていく。
 
 
ジャングルに入ったころにはミスコースの時の炎天下の暑さにやられて
 
熱中症っぽくなってきた。
 
脚に全く力がはいらず走れない。
 
こんなに暑いのに鳥肌がたってきた。
 
 
やばいな〜これでDNFかと思いながら
 
行けるところまで行こうと歩いて前進していく。
 
 
ジャングルの中のコースは
 
試走でしっかりと覚えていたので
 
迷うことなく進んで行けた。
 
 
そして2〜3kmほど行ったところでエイドステーション発見。
 
ここで水をかぶってクールダウン。
 
ゲータレイドと水を飲んでやっと生き返った。
 
 
しかしすぐに脚が復活するわけではないので
 
重い脚を引きずりながら歩いていく。。。
 
 
途中にある激坂登りはかなり辛かった。(笑)
 
カラダがまともなら得意の傾斜なのにね〜。(笑)
 
 
 
 
2つ目のエイドステーションの頃からやっと元気が出てきた。
 
スピードアップして走って行く。
 
 
もう後は淡々と走るだけだ。
 
途中でバイクと同じコースを走って
 
後半のジャングルへ突入。
 
 
 
 
またうっそうとしたジャングルが始まった。
 
 
そして旧日本軍の地下壕の手前で
 
日本人の女子プロ選手が追いついてきた。
 
 
この選手はバイクで10km地点ぐらいで
 
俺が追い抜いたのだが
 
コースミスのおかげで追いつかれてしまった。(笑)
 
 
そして一緒に地下壕へ。(笑)
 
 
 
 
地下壕の中には役員もいて誘導してくれるし
 
ランタンを置いてあるので地下壕の中も明るかった。
 
 
地下壕を抜けてしばらく一緒に走って行く。
 
 
そしてジャングル地帯も終わって道路にでたとたん
 
この選手は一気に先に行ってしまった。(笑)
 
 
さすがにプロだけあって平地は速いな〜と感心してしまう。
 
 
また炎天下の道路が始まったが
 
ビーチの入り口でエイドステーションがあって
 
氷水で冷やしたスポンジをくれたり冷水があったので
 
一気にクールダウンができて元気いっぱいに回復。(笑)
 
 
後は長いビーチの砂浜の上をゴールを目指す。
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
ここを抜けたらもうゴールはすぐだ。
 
 
イメージ 2
 
 
ビーチが終わってゴールが見えてきた。
 
遠くから声援が聞こえてくる。
 
 
ゴールの入り口ではたくさんの人が
 
「ARI、ARI、ARI」
 
と叫んで応援してくれたのは嬉しかった。
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
そしてゴール!!
 
 
イメージ 4
 
 
かなり顔が疲れている。。。(笑)
 
 
イメージ 1
 
 
そして奥さんがゴールを迎えてくれた。
 
いつも応援ありがとう!!(^^)(^^)(^^)
 
 
イメージ 5
 
そして
 
杉森さんと有坂さんと一緒に。。。
 
お疲れ様でした。
 
 
イメージ 3
 
 
今回は大事なところで大きなミスをしてしまって
 
悔いの残るレースになってしまった。
 
 
一時はDNFも考えたぐらいだったが
 
なんとか最後まで走り切ることができてホッとしている。
 
 
結果は
 
総合23位、50〜54歳代で 3位 入賞。
 
日本人ではトップだった。
 
 
ミスがなかったらと思うと悔しいが
 
これもレースなので仕方がない。
 
 
来年はリベンジしなきゃ。(^^)(^^)(^^)
 
 
(その12)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓
 

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

(その9)より。。。
 
2周目のスイムを終えてトランジットエリアへ走る。
 
チャンピオンシップの選手以外にも
 
リレーやショートの選手も一緒に泳いでいるので
 
スイムの順位はよく分からない。
 
多分、真ん中ぐらいだと思う。
 
 
トランジットエリアへ駈け込んで
 
 
イメージ 1
 
 
靴下を履いてバイクシューズを履き
 
ヘルメットをかぶりグローブを付ける。
 
 
そしてバイクスタート前に補給食として
 
羊羹とパンを袋に入れておいてあったのだが
 
いざ食べようと思ったら
 
アリが一杯たかっていて食べられる状態じゃなかった。。。(泣)
 
一緒に食べたら共食いになってしまうし。。。(笑)
 
 
仕方ないのでジェルのフラスコだけをポケットに押し込んでスタート。
 
バイクをスタートする頃には雨が降り出していた。
 
南国特有のスコールだと思うが
 
かなりの土砂降り状態。
 
 
ホテル前の直線を走って
 
マイクロビーチ入口の交差点を抜けると
 
舗装路の登りが始まる。
 
 
傾斜の強い所もあるがMTBはギアも多いので楽ちん。(笑)
 
何人かの選手を抜いて登っていく。
 
 
そして舗装路が終わってから左折する。
 
ダブルトラックの途中からシングルトラックの分岐へ。
 
ここは昨日、試走で間違ったところなので要注意。(笑)
 
 
かなりの土砂降りになっていたので
 
路面はウエットでかなり滑りやすくなっている。
 
ダブトラ、シングル、舗装路を交互に通過して
 
ドンドン標高を稼いでいった。
 
 
ここまでに5〜6人ぐらいは抜いたかな?
 
去年のマウイのように参加者がむちゃくちゃ多い訳ではないので
 
シングルトラックで渋滞するようなことにはなっていないのが嬉しい。
 
マイペースでガンガン走って行ける。
 
 
そして下りが始まる入口に到着。
 
試走の時にはマーキングを見逃してしまい。
 
2kmほど行き過ぎてしまったが
 
今日は役員が待機していて誘導してくれた。
 
ここはスピードが出ているので
 
誘導してくれないと絶対に間違うよな〜。(笑)
 
 
そしてシングルトラックの下りへ突入。
 
路面も結構荒れていてテクニカル。
 
おまけにマッドコンディションなのでかなりスリッピー。
 
途中で乗れなくなって押している選手もいた。
 
 
ここでも何人かの選手を抜いて行く。
 
そして
 
またダブトラ、シングル、ジャングルの中のコースを繰り返しながら
 
標高を稼いでいく。
 
昨日、試走をしているのでコースを間違えることはなかった。
 
 
次はこのコースで一番きついタポチョ山の登りが始まった。
 
 
最初は舗装路でだんだんと傾斜がきつくなってくる。
 
このころには雨も上がって太陽が顔を出してきた。
 
すると一気に蒸し暑くなってくる。
 
 
舗装路の登りでも何人かの選手を抜いて前に出ていく。
 
そしてまた悪路が始まった。
 
この道は標高の一番高いところまで続いている。
 
 
傾斜が落ちたり急になったりを繰り返しながら
 
だんだんと急傾斜が多くなってくる。
 
 
そして最後の登りへ。。。
 
ここは傾斜も強いし砂利でスリッピーなので
 
うまくペダリングをしないと登ってくれない。
 
 
俺の前には押して登っている選手が何人かいた。
 
登りの最後の手前では住民がたくさん応援してくれている。
 
写真を撮っていたので
 
変な顔をしたら大うけしていた。(笑)
 
 
大きな声援を受けながら登り切った。(^^)(^^)(^^)
 
さぁ
 
ここからしばらくは快適な下りが続く。
 
道幅が10mはある砂利道を少し下ると
 
ダブトラの入り口がある。
 
 
ここをかっ飛ばしていたら
 
マーキングを一か所見落としてしまった。
 
仕方ないので少し戻って進行方向を確認。
 
 
結局、間違ってはいなかったが
 
ここでミスすると大変だ。(笑)
 
 
ダブトラの急傾斜を下っていくが
 
こんなところジープでも登れないような気がするんだけど。。。
 
ここからはサイパン国際空港がよく見える。
 
 
この下は草原になっていてムチャ気持ちがいい。
 
ジャングルだらけのサイパンからは想像できない景色で
 
このコースで一番のお気に入りポイント。(^^)(^^)(^^)
 
 
草原の先はマッドコンディションの
 
スリッピーなシングルトラックの下りが続く。
 
ここも降りて押している選手を何人か抜いた。
 
 
俺はマッドコンディションは大好きなので
 
なんとか乗って行ける。
 
 
そして超悪路のダブトラへ。
 
ここはタイヤで掘り返された轍が
 
深いウォッシュボードになって延々続いている。
 
 
おまけにサンゴの磨かれた石が混じっているし
 
マッドコンディションなのでかなりスリッピーだ。
 
ラインをしっかりと選んでうまくペダリングしないと
 
押す羽目になってしまうので確実に走って行く。
 
 
ウオッシュボードが終わったと思ったら
 
今度はアップダウンになり
 
ここもかなりスリッピー。
 
 
ドライでも滑りやすい所なのに
 
ウエットコンディションだと最悪。(笑)
 
 
それでも何とか乗って行く。
 
ダブルトラックの下りを飛ばしていると。
 
試走で見逃したシングルトラックの入り口へ。
 
ここも役員がいて誘導してくれていたので
 
一安心。
 
 
ここのシングルトラックの下りが超大変!!
 
滑りやすい泥質の上に雨でヌルヌル状態。
 
コースアウトしないように慎重に進んでいくと。。。
 
 
でてきました激坂下りの滑り台状態の核心部。(笑)
 
選手が滑り落ちるのを見るのが楽しいらしく
 
たくさんのギャラリーがいる。(笑)
 
 
最初に入った選手は乗れずに押して下っているが
 
シューズも滑るヌルヌル状態なので
 
押して下るのも大変な状態。
 
 
続いて2人目が入って行ったが同じ状態。
 
後ろを走っていた俺は
 
この選手が抜けるのを待つわけにはいかないので
 
続けて入って行った。
 
 
案の定、滑りまくりでフロントもリアも滑ってしまう。
 
でも
 
俺のバイクはドリフト状態だけど
 
乗ったまま前の選手を抜いてなんとか下ることができた。
 
ギャラリーからは 「NICE」 と言う言葉が飛び交っていた。(^^)(^^)(^^)
 
 
後はシングルトラックの残りを走ってダブトラへ。
 
後は広い砂利の道路へでてスピードアップ。
 
でも砂利道は滑りやすいのでコーナーのオーバースピードに要注意。
 
 
舗装路のプチヒルクライムを過ぎたら
 
後は舗装路の下りになる。
 
 
そして幹線道路の大通りへ出た。
 
ここはDHポジションをとって全力走行。
 
もう少しでマイクロビーチ入口の交差点だ。
 
 
ここまで来たらトランジットエリアはもうすぐ。
 
 
イメージ 2
 
 
かなり速い順位で俺が帰ってきたので
 
奥さんがびっくりして写真が撮れなかったみたいだ。(笑)
 
 
(その11)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

(その8)より。。。
 
レース当日の朝は 04:00 に起床。
 
朝食を食べようと思ったけれど
 
昨日のカーボローディングパーティでかなりパスタを食べたので
 
あんまりお腹が空いていない。(笑)
 
 
それでも何か食べておかないといけないので
 
スパムおにぎり、バナナ、缶コーヒーで簡単に朝食を済ませた。
 
 
今回泊まっているホテルは日本人が経営者で
 
ホテルの一階は
 
日本の品物が揃っているスーパーになっている。
 
日本のスーパーとそん色がないぐらいの品数がある。
 
やっぱりちょっと高めだけどね。
 
 
なので弁当やおにぎりもすべて揃っていて
 
食べ物にも特に困ることはなかった。(^^)(^^)(^^)
 
 
準備が完了して
 
奥さんと2人で会場へ出発!!
 
 
日のでは06:30頃なので
 
まだ会場は真っ暗。
 
 
まずはトランジットエリアへバイクを置いて
 
トランジットの準備。
 
 
イメージ 1
 
 
バイクシューズ、靴下、ランシューズ、水、栄養ドリンク、補給用のジェル類を
 
取りやすいようにおいていく。
 
 
イメージ 2
 
 
そしてスイム用に腕にゼッケンを書いてもらう。
 
去年のマウイの時にはかなり強力なスタンプだったので
 
順番待ちが大変だったけれど
 
今回はマジックで書くだけなのであっという間に終了。(笑)
 
 
イメージ 6
 
 
そして最後のトイレへ行って軽量化!!(笑)
 
 
昨日はバイクとランの試走はしたけれど
 
スイムはまだやっていなかったので
 
アップを兼ねて泳ぐことにした。
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
ビーチは遠浅で底もよく見える。
 
さっそく100mほど沖まで泳いで岸を振り返ってみてビックリ!!
 
 
スタートした岸辺から50m以上は流されていた。
 
ここは北から南へ向かっての潮流がかなり速い。
 
 
普通に泳いでいたらどこまで流されるか分からないので
 
しっかりとブイを確認しながら編流をとりながら泳がないと
 
相当なタイムロスになってしまう。
 
 
去年の世界選手権のマウイのスイムは
 
あり得ないぐらいの大波だったし
 
今回はすごい潮流だし
 
たくさん試練を与えてくれるので楽しくなる。(笑)
 
 
スイムコースは1500mで
 
ブイを3か所回って一度ビーチに上がり
 
そしてビーチを50mほど走って
 
もう一周泳いで終了。
 
 
レース前のブリーフィングをやってくれているが
 
英語がよく分からん。(笑)
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
そして06:30ちょっとすぎぐらいに
 
スイムがスタート!!
 
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 13
 
 
パドルを10回ぐらいしたら
 
ヘッドアップをして前のブイを確認する。
 
 
イメージ 3
 
 
潮流が速くなる場所に来たら
 
流れの上流側を目指して編流を取りながら泳いでいく。
 
真っ直ぐにブイを目指していると
 
絶対に流されてしまう。
 
 
編流を取らないで泳いでいる選手もいるので
 
近くの選手の動きに合わせて泳いでいると
 
一緒に流される可能性があるので
 
あくまで自分の目で確認しながら編流を取らないといけない。
 
 
最初のブイをなんとかクリアして2ツ目のブイへ向かう。
 
ここは潮流の流れに沿って泳ぐので
 
ほとんど流されないしスピードが出るので楽ちん。(笑)
 
 
2つ目のブイ辺りは遠浅で海底に足がつくので
 
歩いている選手もいる。(笑)
 
まぁ泳いだ方が速いけどね。
 
 
そして3ツ目のブイからビーチまでが核心!!
 
潮流のを下流から上流に向かって斜めに泳ぐので
 
もろに潮流の影響を受けてしまう。
 
 
遠浅で海底がよく見えるので
 
自分の進んでるスピードも分かるのだが
 
流れが速いと
 
進んでいるんだか流されているんだか分からないときもある。(笑)
 
 
回りの選手を見てみると
 
編流を取って泳いでいない選手は
 
なかり流されていて
 
戻るのに相当苦労しているようだ。(笑)
 
 
俺は多すぎると思えるほど編流を取って泳いでいるので
 
スイムの軌跡はほとんど直線だったと思う。
 
 
イメージ 4
 
 
1周目が終わってビーチを走り
 
2周目に突入。
 
 
イメージ 5
 
 
順位はよく分からないが
 
速くはないけれど
 
そんなに遅くもないみたいだ。(^^)(^^)(^^)
 
 
1周目で要領はよく分かっているので
 
2周目はすんなりと編流のラインどりも決まって
 
流されずに泳ぐことができた。
 
 
ビーチに上がるところも
 
場所が決められているので
 
流された選手は戻るのが大変そうだった。
 
 
(その10)へ続く。。。
 
 
ブログ村に登録しています。
読んでniceと思った方はクリックをお願いします。(^o^)(^o^)(^o^)
↓↓
 
 

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事