アドベンチャーレース

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

2017年12月9日(土)晴れ


今日は 第2回大山阿夫利アドベンチャーレス に参戦です。

第1回の去年は全日本シクロクロス選手権に出たために参加できませんでしたが

今年は全日本はやめてこちらにエントリーしました。


メンバーは Team ARI のナベさん、高塚さんです。

前日に雨が降りましたが

大山の山頂は雪になったようです。


イメージ 1


素晴らしい青空の下でレースができますね。(^^)


イメージ 2


紅葉も終わりに近いですが

まだまだ綺麗でした。


イメージ 3


今日のメンバーは Team ARI 色男3人組。(笑)


イメージ 4


昔の職場でYS−11に搭乗して

一緒に全国を飛んでいたことのあるKさんと遭遇。

まさかここでお会いできるとは本当に何かの縁ですね。(^^)


イメージ 5


MTBも準備完了。


イメージ 6


ルール説明の後に第1ステージの

トレランの地図が配布されます。

イメージ 11



イメージ 7


地図の赤丸が付いた所がポイントで

その中で4か所を回ってきます。

写真のあるポイントは

指示書と同じ写真を撮影してゴールしてから確認してもらうことになります。


イメージ 8


どのポイントから回ると言うのは自由なので

作戦を練って一番早く回れるコースを決める必要があります。

Team ARI は下社の北側の4か所を回って

直接スタート地点の神社に戻ってくるコースに決定。


イメージ 9


集合写真を撮影。

今日は50チーム以上がエントリーしています。


Team ARI は

私は愛川アドベンチャーレースに2回参加

ナベさん、高塚さんは1回参加しただけのアドベンチャーど素人チーム。


男女ミックスのチームはハンディが付きませんが

男性3人チームには

ゴールしたタイムにプラス15分のハンディが付きます。

女性でも早い選手はたくさんいるので

このハンディはちょっと厳しいですね。(笑)


ベテランチームを相手にして

はたして何位でゴールできるか??


イメージ 10


そして 09:00 に一斉スタート!!


イメージ 12


まず最初は

男坂と女坂の合流地点にあるポイントを目指します。


イメージ 13


同じコースから回るチームがたくさん。

舗装路から土産物屋の階段をケーブルカー駅目指してダッシュ!!


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


ケーブルカーは乗車していいルールなので

駅に行ってみると出発直前!!

慌てて切符を購入してギリギリ乗車できました。

ダッシュしたかいがありましたね。(笑)


途中の大山寺で下車して女坂を登って行きます。


イメージ 17


イメージ 18


後から考えたら下社まで登って下った方が早かったかも??(笑)


最初のチェックポイントに到着。

ここは写真判定のチェックポイントでした。


イメージ 50


大山沢の沢登りスタート地点になる二重の滝を過ぎて

尾根を回り込むと次の写真チェックポイントを発見。

なかなかいい感じでスタートが切れました。(^^)


イメージ 19


ここからは見晴らし台から尾根を下って行きます。

地図をしっかり読みながらチェックポイントを捜索。

すぐに発見!!

まだ見つけられないチームも沢山います。


イメージ 20


これで3か所見つけたので

最後の1か所を目指します。


地図をみると回り込んで登山道も行けましたが

一番近い沢を渡るショートカットを選択。


イメージ 21


写真のチェックポイントを発見!!

これでトレランは終わりました。


イメージ 22


スタート地点までは

一度、大山の参道まで下って舗装路を行けますが

私は小さな尾根を一つ越えて

直接神社の裏に下るルートを選択。


イメージ 23


地図読みのとおりぴったり神社の裏に出ました。

ここでチェックインを済ませて

指示があった大山独楽を回しましたが

3人とも失敗!!

これで更にプラス5分。


次のMTBコースの地図をもらいます。

MTBでは順番通り走らなければなりません。


イメージ 24


まずは CP10 を目指します。


イメージ 25


ショートカットで行けば距離は短いですが

激坂でMTBに乗れないので

距離はかなり長くなりますが

林道を走って回って行くことにしました。


CP10 では下りでスピードが出ていたため

小さな尾根を1つ間違えて捜索に入ってしまいました。

なんとか発見しましたが少しタイムロス。


次の CP11 を目指します。


イメージ 26


こんな落ち葉サクサクの

気持ちのいいコースを下るのは最高ですね。(^^)


イメージ 27


コースのすぐ脇で発見。


イメージ 28


その次は

舗装路の林道を登って峠を越えます。

峠の入口に CP12 があります。

MTBは3人とも得意分野なので

ドンドンと先行チームを抜いて行きました。


いい景色ですね〜。


イメージ 29


峠を越えた所に CP13 があります。

ここで順位を聞いた所

3位まで上がっていてビックリ!!


CP13でMTBを置いて

細かい地図をもらって山に入って行きます。


イメージ 30


CP14 では

ボールを穴に入れる指示が。。。

私は3回失敗してタイムロス。(笑)

高塚さんが入れてくれました。


イメージ 31


CP15 ではここをプルージックで登ります。

これは私の専門分野。(笑)


初体験の二人には

手順を教えながら登ってもらいました。


私は仕事でやっているのでアッと言う間に登り切ったので

スタッフがビックリしていました。(笑)


イメージ 32


CP16 を見つけて

CP17 で苦戦していた2位のチームをここで抜きました。

現在2位!!


後は1位のチームを追い上げるだけです。


CP18 はすぐに見つけて

CP19 では魚釣りの指示が。。。

しかし高塚さんがあっという間に吊り上げてくれました。


私は前から痛めていた膝がかなり痛くなってきたので

ロキソニンを飲んで次へ出発。


CP20 は日向薬師です。


イメージ 33


さぁ、いよいよ最後の CP21を目指します。

途中でCP21からゴールへ向かう

トップのチームとすれ違いました。


トップチームには女性が1名入っていたので

プラス15分のハンデのある私達には

勝ち目はなくなりました。


それでも最初にゴールにたどり着きたいので

全力で走り続けて CP21 へ到着。


イメージ 34


あとはゴールまで全力疾走。

2番手で無事にゴールしました〜。


トップとは約3分差ぐらいでした。


早すぎてスタッフがゴールテープを張っておらず

写真撮影のためゴールのやり直し〜。(笑)


イメージ 35


ハンデ15分とコマ回しのペナルティ5分で

合計20分プラスになりました。


後は3番手で入ってくるチームとのタイム差で

2位か3位かに決まります。


イメージ 36


イメージ 37


イメージ 38


イメージ 39


しばらくして3番手のチームがゴール。

採点をしたところ

Team ARI の2位が確定しました〜。


アドベンチャーレース素人3人組が

2位になれるなんてびっくりです。


地図読みで

1か所だけ時間がかかったのが敗因になりました。

残念無念。。。


あとの地図読みは完璧でした。


表彰式まで3時間あるので

一度、自宅に帰ってお風呂でさっぱりしてから表彰式へ。


アドベンチャーレースでは初入賞なので

本当に嬉しいです。(^^)


イメージ 40


さすがに3人とも疲れ顔ですね。


イメージ 41


イメージ 42


賞品はミックスナッツの詰め合わせと

モンベルの小さなザック。

なかなか賞品も良かったです。


イメージ 43


イメージ 44


来年も全日本シクロをやめて

こちらに参加確定ですね。

来年こそは優勝を目指して!!(^^)


参加の皆様、今日は本当にお疲れ様でした。


表彰式の後は

高塚さん&彼女と一緒に

打ち上げ&忘年会です。(^^)


イメージ 45


大山の参道にある酒屋でしか売っていない地酒。

これはほんとに美味しかったです。

高塚さん、ありがとうございました。(^^)


イメージ 46


メインは特製お好み焼き。(^^)


イメージ 47


明日は久しぶりにMTB講習会なので

早めに寝ないと。。。(笑)


イメージ 48


イメージ 49

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017年1月14日(土)晴れ


去年の年末に

山形でトレイルランニングやトライアスロンなどなどで活躍している

山形のパワフルお母さんのから連絡が入って

「愛川アドベンチャーレースに参加してくれませんか?」

とのこと。。。


このレースは去年、チームメンバーと参加していて

また出ようと思っていたところだったので

一つ返事で参加が決定しました。(笑)


場所は愛川町周辺で

市街地や山の中をあちこちと30kmほど

地図とコンパスを持って

チェックポイントを19ヶ所探します。


メンバーは山形のパワフルお母さんの長谷川さん、

そしてアドベンチャーレースやトレイルランニングで活躍している愛知の足立さん。

できることなら入賞をめざしたいけれど

最後の最後まで

どうなるのかが分からないのがこのレース。(笑)


イメージ 1


スタートは09:00で

制限時間は8時間。

17:00を超えるとペナルティが付きます。


参加しているのは約50チーム。

去年に、MTB講習会に参加していただいた

小林さんとも遭遇。

お互いに頑張りましょう。(^^)


俺の自撮りしている後ろで

自撮りをしている方が小林さん。(笑)


イメージ 2


レースの最初はトレイルランニングからスタートです。

まずは鳶尾山の山中のポイント探しから。

この辺りは何度も来たことがあるので

最短距離で最初のチェックポイントを目指します。


イメージ 3


難なくCP−1を発見。


イメージ 4


次はCP−3へ。

ここは隣の尾根からアプローチしてしまって

ちょっとタイムロス。


イメージ 5


CP−2があまりに近すぎたので

違うと思って付近をウロウロしてタイムロス。

すんなり来ていれば。。。(笑)


ここでは3人が手をつないで

アスレチックのコースを抜ける課題があります。

落ちると減点されるので慎重に。。。


イメージ 6


チェックポイントによっては

地元にかかわるクイズが出題されます。

これも間違えると減点なんです。。。



イメージ 7


トレランのチェックポイントを終えて

最後はカヌーで川渡り。


イメージ 8


そしてスタート地点のMTB置き場へ向かいます。


イメージ 9


チェックを受けてからMTBスタート!!


イメージ 10


古民家のチェックポイント。


イメージ 11


そしてお寺。


イメージ 12


次は老人ホームで髭ダンスを踊りながらゲームをやりました。

写真が無いのが残念。(笑)


イメージ 13


そして河川敷のチェックポイントでは

1kmほどのコースをMTBで走ってから


イメージ 14


竹伐りの作業をやりました。(笑)


イメージ 15


この後は

いよいよ山岳地帯へ。

半原越えを約3kmほどヒルクライムで登って

チェックポイントにバイクを置いていきます。

この時点で現在6番目。


イメージ 16


目指すのは経ヶ岳山頂。

半原越えの林道を走って登山道を目指します。


イメージ 17


ここはいつもMTBのヒルクライム練習をやっている所。(笑)


イメージ 18


ここからは階段の急な登りが続きます。


イメージ 19


雪をかぶった大山が綺麗に見えました。

今日は強い寒気が入っているので

冷たい風が吹き付けていて

雪の予報も出ています。


イメージ 20


経ヶ岳のチェックポイントも無事に通過。


イメージ 21


次のCP−13を見つけて

MTBを置いた場所までショートカットで戻りました。


イメージ 22


沢を渡って林道へ。

この段階で1チーム抜いて5番手です。


イメージ 23


ここからMTBに乗って??

いや担いで山中へ。。。(笑)

地図にはトレイルが書いてあるのですが

どう見ても獣道。。。

藪を掻き分けながらなんとかトレイルへ出ました。(笑)


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


次のCP−17がすぐに見つからず

グルグル回ってしまいタイムロス。。。


イメージ 27


CP−16も近くにあったのですが

地図を読み違えて

手前の沢に降りてしまいここでもタイムロス。。。


イメージ 28


また尾根まで戻って正しいコースへ。

沢の分岐のCP-16を発見!!

これで山岳地帯は終了です。


イメージ 29


尾根を少し登ったら登山道に出るので

ここを下って行きます。


イメージ 30


でも途中には登りも。。。(笑)


イメージ 31


CP−18でチェックを受けた時には11番目。。。

コースミスでかなり順位を落としました。

ゴールの前に最後のチェックポイントへ。


イメージ 32


そして最後のゴール前で1チーム抜いて

10番目でゴールしました。

でもポイント集計があるのでこれが順位ではありません。


イメージ 33


所要時間は6時間ちょっと。

いや〜疲れました〜。(笑)

でも地図読みをしながら走るのは本当に楽しいです。


ゴールの後は豚汁と磯部餅のサービスがあって

冷えた体が温まりました。(^^)

ありがとうございます。


イメージ 34


イメージ 35


レース結果発表と表彰式は19:00過ぎと言うことなので

ここで何時間も待つわけにもいかないし

今日はこれで帰宅することにしました。

愛川町のユルキャラのあいちゃん??

が見送ってくれて帰路に着きました。


イメージ 36


そして夜にパワフルお母さんから結果報告がきました。

10番目にゴールしましたが

ポイント集計の結果5位だったそうです。


入賞まであと少しでしたが

臨時招集されたメンバーでこの結果はまずまずだと思います。

来年は入賞したいですね〜。


参加の皆様、お疲れ様でした。(^^)


イメージ 37


イメージ 38

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

(その1)より。。。


これがさっきの問題。

地元の人じゃないと絶対に分からないよね〜。(笑)


イメージ 1


次のポイントは

この川を渡った先にある。

一応、ゴムボートが用意されていたので使うことに。。。


イメージ 2


水深が浅いので岩に引っかかってうまく進まない。(笑)


イメージ 3


そして藪漕ぎ。


イメージ 4


このチェックポイントはスタッフにチェックしてもらうだけ。


イメージ 5


もう一度ゴムボートに乗って川を渡る。

結局、岸に上がるときに川に入ったので

最初から歩いて川を渡った方が速かったね。(笑)


イメージ 6


地図を見ながら次のポイントへ。


イメージ 7


ここにもクイズが。

長谷川恒夫が登ったことがない山はどれか?

これはクライマーならだれでも知っているので

簡単、簡単。(笑)


イメージ 8


スタート地点に戻ってチェックを受ける。

これで半原市街地の第1ステージが終了。


イメージ 9


第2ステージは仏果山方面の山岳エリアへ。

この時点で約40チーム中、25位ぐらい。


CP8を過ぎたら登りが始まる。


イメージ 10


道標は立っているが

ほとんど登られておらず廃道になったような登山道で

分かりずらい。


イメージ 11


イメージ 12


少し迷ったがコースを発見。


イメージ 13


あまりに道がいいので調子に乗って登って行ったら

登りすぎてしまい、引き返す羽目になってしまった。(笑)

これでまたタイムロス〜。


続くCP9のあるらしいエリアに着いたが

まったく見当たらない。

沢を登ったり下りたりして次の沢に行ったり。。。


イメージ 14


結局、最初の場所に戻ってきて

枝沢の上の方に行ってみると

こんなところに隠されていた。

これじゃー分からないよな〜。(笑)


イメージ 15


ここで1時間半ぐらいはタイムロスをしてしまった。

すぐに見つからない場合はパスして次のポイントに行った方がいいらしい。

なんせアドベンチャーレースは初めてなので

1つのポイントに執着しすぎてしまった。(笑)


次のポイントは簡単に見つかった。


イメージ 16


次は林道のランニングで山への入り口を探す。


イメージ 17


枝道を登りすぎてしまったが

すぐに引き返してコースへ戻った。

仕事道を進んだら林道へ出た。


イメージ 18


ここから林道ランニング。

ちょっとわかりずらい仕事道を見つけて

延々登って行くとまた林道に出る。


この林道の上がチェックポイント。

崖にかかっていたロープを使って尾根に上がる。


イメージ 30


イメージ 31

しばらくしてCP11を発見!!(^^)


イメージ 19


こんなにわかりやすい所ばかりだったらいいんだけどね〜。(笑)


イメージ 20


ぶら下げてあるスタンプを押して次へ。


イメージ 21


登山道ではない仕事道を延々と登って行くと


イメージ 22


やっと仏果山へ続く稜線に到着〜。


イメージ 23


仏果山とは反対側の尾根道を少し歩いたらCP12があった。


イメージ 24


ここにも問題があったが

答えはこの看板の中にあるのですぐに発見。(笑)


イメージ 25


次は仏果山山頂を目指す。


イメージ 26


宮ヶ瀬湖も見えてきた。


イメージ 27


関東平野もよく見える。(^^)


イメージ 28


(その3)へ続く。。。


山岳ガイド・MTBガイド・サイクリングガイドをご希望の方は下記をクリックしてください。

イメージ 29

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

2016年1月16日(土)晴れ


今週は、自宅から車で15分ほどのご近所で開催されるアドベンチャーレースに参加。

メンバーは Team ARI の有持、渡辺、高塚の3名。

アドベンチャーレースと言えばカヌーとかがあって敷居が高かったけれど

このレースはトレランとMTBだけし

なにより近かったので参加することにした。


メンバー3人ともアドベンチャーレースは初参加で

このレースも簡単なトレランとMTBぐらいだろうと

はっきり言って甘く見ていた。(笑)


あとで散々苦しめられるとは。。。(笑)


まずは準備してMTBのトランジットエリアの半原神社へ。


イメージ 1


まだ来ている選手は少ない。


イメージ 2


そして受付のある顕妙寺へ。


イメージ 3


受付を済ませる。


イメージ 4


イメージ 5


ちょうど山影から太陽が昇ってきた。

かなり寒かったが、これで暖かくなった。(^^)


イメージ 6


ぞくぞくと選手が集まってくる。

どれだけの選手がいるのか??だったが

アドベンチャーレースは結構、人気がある競技らしい。


イメージ 7


愛川町のゆるきゃらのあいちゃんと。。。


イメージ 8


受付でもらったチェックシートと地図。

地図はブリーフィングがあるまで開封してはいけない。


イメージ 9


俺たちは バイクジャージとパンツにMTB用シューズと

完全なアウェイな感じ。。。


回りは見た感じ全てトレイルランナー。

でもジャージがかっこいいですね〜。

と何人にも声をかけられた。

これで速ければいいんだけどね〜。(笑)


イメージ 10


お寺の和尚さんのご挨拶の後に

ブリーフィングが始まった。


イメージ 11


地図を開封してみると

簡単なトレランどころか

仏果山の山頂までコースになっていてビックリ!!


第1ステージは半原町の中のポイントを探すオリエンテーリング。

第2ステージは仏果山まで道なき道を登るトレイルランニング。

第3ステージはMTBで山、林道、市街地を走る。


このポイントでボーナスポイントでクイズがあったりゲームがあったりと

盛りだくさんで総合のポイント数で順位が決まる。


イメージ 12


MTBで走るのは一番最後なので

MTBシューズで市街地や山は走れない。

スタートまですぐだったが

あわてて車に戻ってトレランシューズに履き替えた。

バイクシューズはトランジットエリアにデポ。


イメージ 13


なんとかスタート時間に間に合って一安心。


イメージ 14


参加チームは約40チームと以外に多くてびっくり。

最初の第1ステージは各チームをばらけさせるために

どのポイントから回ってもいい。


地図開封からスタートまでの短い時間で

作戦を練ってどの順番で回れば早いのかを考えなければいけない。

俺たちはとにかく初めてなので要領が全く分からず

行き当たりばったりといった感じ。(笑)


スタートはお寺の境内にある階段をケンケンで登って往復し

3人が登り終わったらチェックポイントへ向かう。


09:00にレースがスタート!!


イメージ 15


ケンケンの階段登りは意外ときつい。(笑)


イメージ 16


イメージ 17


渡辺、有持、高塚の順番で階段が終わって

市街地ランニングが始まった。(笑)


イメージ 18


最初に向かったところの指示は

海軍が作った貯水池の近くにある「海」と書いてある石碑を探して写真を撮ること。

あちこちと探し回ったがなかなか見つからない。


こんな石碑があったのでとりあえず写真撮影。

かなり新しいので多分違う。。。


イメージ 19


更に探し回って高塚さんが発見!!


イメージ 20


よく見ると「海」と書いてある。

これじゃーわからないよな〜。(笑)

最初からかなりのタイムロスをしてしまった。


イメージ 21


そして次のポイントへ

この神社はすぐに見つかった。

ここはボーナスポイントでクイズがある。

神社の下に流れている沢の名前は何か??


イメージ 22


正解が何かさがしてみると。。。


イメージ 23


こんなところに看板を発見!!

こんなに簡単だったらいいんだけどね〜。


イメージ 24


続いて近くにあるポイントへ。

ここもクイズで

古い写真が貼ってあって

この建物は何か??と言う問題。

そんなの分かるわけがない。(笑)


イメージ 25


問題はあきらめて次に行こうと思ったら

地元のおじさんがいたのでダメ元で聞いてみた。

すると

なんと建物がなんだか知っていた。

答えは劇場。

これでポイントゲット!!


ちなみに今回のルールとして

スマホで問題を検索したり地図ソフトを使うのは禁止だけど

地元の人に聞いて回るのはOKになっている。


さぁ次のポイントだ。


(その2)へ続く。。。


山岳ガイド・MTBガイド・サイクリングガイドをご希望の方は下記をクリックしてください。

イメージ 26

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

今日は初めてのアドベンチャーレースに参加してきました。

 場所は神奈川県愛甲郡半原町周辺です。

 第1ステージは半原町内をオリエンテーリング。

なかなかみつからないポイントでかなりタイムロスをしました。


イメージ 1


イメージ 2


第2ステージは半原町から

あちこちの登山道や仕事道をチェックポイントを探しながら仏果山まで登って行きます。

 一か所すごく難しいポイントがあって

そこで1時間半ぐらいはタイムロスしてしまいました。...

こんな時は次のポイントへすぐに行った方がよかったみたいです。


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


バイクパートの前はなぜか牛の乳搾りをやらされました。(笑)

その他にクイズのボーナスポイントがあったりと盛りだくさんです。

おかげで第3ステージのMTBパートは時間が足りなくなって、

回り切れないのでかなり遠いボーナスポイント狙いで全力疾走でなんとかポイントに到着。

ここに来たのは私たちだけだったそうです。

遠いし激坂登りがあるので来なかったんでしょうね。

でもポイントが高いんですよ〜。(笑)


このすぐ奥にもう一つポイントの高いボーナスポイントがありましたが

制限時間がせまっていたのであきらめてゴールへ!!

 3人で列車を組んで全力疾走して制限時間の1分前になんとかゴールしました。


イメージ 9


結果はまだ出ていませんがボーナスポイントがあるので

ずいぶんと順位が上がったと思います。

スタートが9時でゴールが17時で8時間走り回ったのでさすがに疲れました〜。(笑)

でも最高に楽しかったですよ。(笑)

参加の皆様、お疲れ様でした(^^)


ではでは〜〜!!\(^o^)/


山岳ガイド・MTBガイド・サイクリングガイドをご希望の方は下記をクリックしてください。

イメージ 10

この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事