今日のブラッセル日本人学校

今日の学校の様子をお知らせします。

4月19日(金)

ブラッセル日本人にも春がやってきました!
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
 

4年生の学習で、春の生き物探しを行いました。学校の周りを歩き、春を探しました。寒い日が続いていたので、春らしいものはあるのかなと思っていましたが、バッタやてんとう虫、桜、たんぽぽ、チューリップなどたくさんの生き物が見つけられました。子どもたちは冬の様子と比べる中で、春が来ていることを実感したようです。子どもたちの中にも半袖の子が見られるようになってきました。もっと温かくなったらうれしいです。

4月17日(水)

バス集会

 JSBでは,学校から離れたところに住んでいる人も多いため,スクールバスで登下校している子が多いです。
 今日は,バスを利用している児童生徒が集まって「バス集会」を行いました。バス集会では,バスリーダーの子が中心となって集会を進めたり,担当の先生からバスに乗る時に注意することを聞いたりして,バスの正しい乗り方を確かめました。
イメージ 1

 スクールバスは,たくさんの人が利用するものなので,そのマナーを学ぶことも大切なことですね。

4月12日(金)

入学式


4月11日,入学式が行われました。小学部28名,中学部29名が新たに入学しました。ひとりひとり担任の先生から名前を呼ばれると「はい。」とよい返事が体育館に響いていました。

イメージ 1

4月10日(水)

平成31年度 始業式

  春休みを終え,学校の校舎には子どもたちの元気な声が戻ってきました。学校の校内にも,春を告げる桜が咲いてきました。
 そんな気持ちのよい気候の中,平成最後の年度,平成31年度 始業式が行われました。それぞれ進級認定をしてもらった子どもたちは,やる気に満ちたきらきらした顔つきで参加していました。この気持ちを忘れずに,この1年間もさまざまなことに挑戦し,成長していきましょう。
イメージ 1

 


3月8日(金)

平成30年度が終了しました。
 修了式では,児童生徒は,校長先生からの「修了を認めます」に,元気よく「はい」とそろって返事をしていました。1年間で背丈がぐっと伸びて心身ともに成長した立派な姿でした。子どもたちはそれぞれ学級で,担任からあゆみを受け取りました。
イメージ 1
        3学期のまとめを述べる 代表の児童生徒
イメージ 2

 
離任式では,代表の児童生徒がメッセージと花束を帰任される先生に手渡しました。心のこもったメッセージに,思わず涙をこぼす子どももいました。
最後は,全校で保護者の皆さまもご一緒に,赤い屋根の家を歌ってお見送りをしました。帰任される先生のますますのご活躍をお祈りいたいします。
 保護者のみなさま,教育活動実践のため,ご理解とご協力をいただきありがとうございました。よい春休みをお過ごしください。

イメージ 3



3月7日(木)

小学部 卒業式

 今日,小学部の卒業式が行われました。
イメージ 1

 卒業生は,小学校生活を振り返り,おうちの方や在校生に感謝の気持ちを,在校生は,卒業生に感謝の気持ち,お祝いの気持ちを送りました。

 卒業生が歌った歌は自分達で選んだ「旅立ちの日に」。
イメージ 2
 合唱祭と同様に,優しい歌声が会場に広がりました。

 ご卒業,おめでとうございます!!!!!

 

3月6日(水)

小学部卒業式予行練習
 今日は明日の小学部卒業式に向けての予行練習が行われました。小学部1年生から中学部2年生までが参加し,どの学年も本番を意識して,取り組むことができました。
 明日,気持ちよく6年生が新しい未来に向かって羽ばたいていけるように,「ありがとう」「おめでとう」「がんばって」の気持ちを態度で伝えられたらと思います。

イメージ 1
イメージ 2

3月5日(火)

3月5日(火)

 本年度最後の小学部朝会がありました。
 転出生の挨拶や児童会会長から1年間のまとめの言葉がありました。

イメージ 1
                 「児童会スローガンを達成できた人?」 ― 「はーい!」

 児童会スローガンをもとに考え出された取組は,「名刺交換」から始まり,「世界の挨拶」という『声を掛け合う』取組がたくさんありました。

 児童間で多くの交流が見られた1年間でした。
 来年度も,児童会を中心に仲の良いJSB小学部となりますように。

開く トラックバック(0)

3月4日(月)

☆ 震災を考えるつどい ☆

 今週,JSB小学部では「震災を考えるつどい」が行われています。
 今日は1〜4年生,明日は5・6年生がつどいに参加します。

 兵庫県淡路島在住の本校の教頭先生は,今から24年前(1995年)の「阪神・淡路大震災」の経験者です。教頭先生が,その時の経験だけでなく,その後の復興や学校・子どもたちへの支援などの活動の様子を子どもたちに教えてくれました。
 さらに,震災の経験を生かし,その後,国内外で起きた災害に対する支援活動,ボランティア活動についても教えていただきました。

イメージ 1

 
 日本人として,日本に住むものとして,震災だけでなく各種災害は決して他人事ではないはずです。JSBの子どもたちは,経験者の話を聞いたり,当時の映像(まちの様子や子どもたちの様子など)を見たりすることで,真剣に震災・災害について考えていました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3月1日(木)

う〜みさん コンサート

 5校時,北海道出身のシンガーソングライターのう〜みさんのコンサートがありました。
イメージ 1


 「『千と千尋の神隠し』の挿入歌を歌ったのだよ。」というお話に「えー!」と驚いていました。生い立ちから,子どもたちへの「生き方」のメッセージをたくさんいただきました。

イメージ 2

  「一緒に歌おう!」と「赤い屋根の家」や「翼をください」を歌いました。
また,校歌を紹介しました。みんなで歌って楽しい時間になりました。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事