ここから本文です
北海道の中年鉄ちゃん(そろそろ初老?)の戯れ言日記
手探りで始めたこのブログ、丸9年を迎える6月13日で終了させていただきました。今まで有り難うございました。ゲリラ記事が時々・・・

書庫全体表示

こんにちは。
朝一発目に、ど〜でもいいような記事をアップしまして・・・しかもそんな記事にコメントまでいただけるとは。
ひたすら御礼申し上げる次第でございます。

で、その前記事にいただいたコメントにお返事させていただいたとおり、実は坊主を駅まで送るついでにカメラを持って出ておりました。
「あぁ〜、そういえば久し振りに撮りたいなぁ・・・」ってな列車があったものですから。

家を出るに際して、予め我が司令官殿には「ちょっと撮って来るから遅くなるから」とお断りをして(返答は「・・・・」でした。コワっ!)おりましたので、その点は一応安心。
まぁ、別件で用事もあったので、いずれにしろ午前9時前には家に戻るつもりでおりました。


さてそのワタクシですが、南千歳駅に消える坊主を見送りまして、「久々に撮りたい」と思っていた列車を撮るために駅を離れ、千歳線の毎度の場所へ。

イメージ 1
2726D キハ143-152+102 植苗〜南千歳
撮りたかったのって、実はこれ。2両編成でスッ飛ばしていく姿、いいですね。

これであっさりと所期の目的は達成した訳ですが、ダイヤを見ると・・・たいして撮りたくもないけど、白幼虫がもうすぐやって来るみたい・・・撮るか。

イメージ 2
4D 261系「スーパー北斗」 植苗〜南千歳
どんどん増殖するであろう白幼虫・・・いつか素晴らしい姿に羽化してね。無理か。

撮るもの撮ったし、あとはブラブラしながら戻ろうとクルマを遠浅方向へ。


で、以前は種苗試験場だか何だかがあった付近から線路側を見ると、畑いっぱいに黒い斑点がうごめいておりました・・・キョエちゃんか?
いや違うわ・・・ものすごい数の雁の群れが。
地面が見え始めている草地で、エサでも探しているのかしらねぇ。

それに混じって、大きめな白い鳥も。
イメージ 3
優雅に飛んでおりました。北へ帰る準備真っ最中。
背後には北へ向かう途中の群れの姿も。

膨大な数の雁に比べりゃ白鳥は少数派もいいところでしたが、「来る列車は何でもいいから、出来映え気にしないで白鳥と一緒に撮ろう」ってな色気が出て来まして、一旦車を止めて、畑の横に降り立ちました。

で「そろそろ普通列車が来るなぁ・・・」なんて思っていたところ、突然!
イメージ 4
どいつがGOサインを出したのか知りませんが、一斉離陸!
手にしていたレンズが中望遠ズームだったので、ここまでしか引きが効きませんでしたが、実際はこの何倍もの雁が一斉に。

イメージ 5
グワッグワッ!ってな鳴き声と、バサバサという羽音が周囲を圧倒しておりました。
私も上空から爆弾落とされちゃかなわん!と云うことで車内待避。
旅立ちの興奮は、いらないモノを上空からぶちまけますからね。

いやぁ、素晴らしい光景を目撃することが出来ました・・・圧倒されましたもの。


で、静かになった畑には少数派?の白鳥が残っておりましたので
イメージ 6
2739M 735系+731系各停
サラッとこんな感じで・・・一羽くらい首を上げててくれよな〜。

渡り鳥一斉離陸を見た事で妙に満足したジジイは、素直に自宅方向へ。
列車じゃなくて渡り鳥見て満足しているあたり、インチキジジイの本領発揮。

自宅に近付くと、ちょうど40の色が濃い?時間でしたので、少しだけ寄り道。

イメージ 7
2625D キハ401786 追分〜南千歳

イメージ 8
1465D キハ40358 追分〜安平

イメージ 9
2624D キハ40353 南千歳〜追分

この後に来る31Dの白幼虫は6Dで撮ったから、もういいや・・・と撤収しています。

帰宅後は前述の用事足しのため栗山町まで出かけて来まして、今は急にモサモサ降り出した雪をボケッと窓から見ております。
気温は高いしベタ雪だし・・・ま、道路は何でもないでしょうね・・・。

あ、「何でもない」って云えば、また大きめな地震が先程あったみたいですね。
関西の大御所、プリウスおじちゃん〜!大丈夫でしたか?
いかんですよね〜、地べたが揺れちゃ・・・どうしようもないですもの。

昨年9月以来、地震には妙に敏感になってしまっているジジイなのであります。

さ、この後はまた模型でも動かしていようかしら・・・ダラッとしてますわ。

それでは。最後までお付き合い有り難うございました。










  • 顔アイコン

    こんにちは
    「グラッ」ときました。
    一瞬、貧血かと思ったのですが、そんなデリケートな身体じゃないし、地震と気づきましたわ。
    3/7にも揺れた震源地とほぼ同じ紀伊水道。ぼちぼちM9クラスの南海トラフが動くかも……

    非常時持出袋の再点検しますわ。

    [ プリウス おじちゃん ]

    2019/3/13(水) 午後 3:59

    返信する
  • 興奮しますよね〜。 昔のアニメの『ニルスの不思議な旅』なシチュエーション・・。

    私は根室の春国岱と浜頓別のクッチャロ湖で体験しました. オオワシやオジロワシが来ると、一斉に羽ばたいて空が鳥で埋まりますね。 私の時は雁ではなく、マガモとオナガカモでしたが・・。

    クッチャロ湖のカモは、はしっこくハクチョウの側にピッタリと付いていて、観光客がハクチョウにやったちぎりパンを全てかっさらいます。 図体のデカイハクチョウは、完全に「てくの坊」化してます。

    [ 風来梨 ]

    2019/3/13(水) 午後 8:37

    返信する
  • > プリウス おじちゃん さま
    こんばんは。
    どれだけ対策を打とうが、心構えをしていようが、厄介ですよね、地震ってのは。

    最近は特に言われ始めた『南海トラフ』、確かに油断ならないもの思われます。
    先日の当方の余震、『地震は収束したかねぇ〜…』って完全に油断していた時の襲来?でしたから。

    逆の意味で、この程度の地震が続いて、大きなパワーを発散させてくれればいいんですけれどもね。

    ここ数年、全国各地は大きな変動期を迎えているような気がします…『気がします』で済むことを切に願っています。

    今のうちに、我が町の例の線路横の土地を購入なされては…あ、こっちもそれなりに不安要素があるか。

    冷静な対応とデマに左右されない判断、重要だと思います、はい。

    [ タケちゃん ]

    2019/3/13(水) 午後 11:25

    返信する
  • > 風来梨 さま
    こんばんは。
    半分眠気眼だった私には、もの凄い『目覚まし』になる光景でした。

    柄にもなく『自然ってすげーな』と感動。

    こんな『純』な感覚、思い起こしたのは何年ぶりでしょうかねぇ…いかんいかん、歳を重ねると共にその感覚が鈍化しております。
    なぁ〜んにも考えずにアホら〜っと50を過ぎても生きて来たコトを、改めて反省した『一斉離陸』だったのでありました。はい。

    そんな慌ただし動きを見せている周囲に対して、ノンビリとエサを探す白鳥の姿に、思わず自分を重ねてしまったのでありました…ほどほどに反省。

    [ タケちゃん ]

    2019/3/13(水) 午後 11:34

    返信する
  • 非電化 さま
    mar***** さま
    百々怒涛 さま
    yocci さま
    うえたけ さま
    aka***** さま
    スラント坊主 さま
    ひじき さま
    アラカンおっさん さま
    スラント坊主 さま
    旧型客車 さま
    eve7**786* さま

    みなされこんばんは。
    『ナイス』有り難うございました。

    [ タケちゃん ]

    2019/3/13(水) 午後 11:41

    返信する
  • 旅立ちましたか。
    私も旅立ちたいですが、なかなかできずにおります。
    オホーツク1号辺りで行きたいですが。

    [ 101D ]

    2019/3/14(木) 午前 10:12

    返信する
  • > 101D さま
    こんばんは。
    私も、これだけの数に紛れて人知れず何処かへ飛んでいってしまいたい、と考える事がここ数年増えたような…。

    最近は『なんかもう、どぉ〜でもいいわ』と思うことが多すぎますなぁ。

    おっといかん!ついつい…。

    『ナイス』有り難うございました。

    [ タケちゃん ]

    2019/3/14(木) 午後 7:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事