ここから本文です
北海道の中年鉄ちゃん(そろそろ初老?)の戯れ言日記
変なゲリラ的記事を時々織り交ぜながら、6月のブログ終了まで国鉄時代の写真を再掲させていただいてます。

書庫全体表示

イメージ 1
611D急行「しれとこ1号」 川湯〜緑 S57.3.6

高校の春休み?だったかな・・・それとも入試日(当然在校生はお休みになる訳でして)と土日が重なって連休になった際だってかしら?「道東フリーきっぷ」を使って道東へ行った際の写真ですね。

道東方面でもキハ40が幅を利かせているのは知っておりましたが、実は急行運用にまで入っているとは思いませんでした。
漠然と「来たとしてもキハ22だべ」って思っていたんですねぇ。

なんで川湯まで来て40撮らなきゃならんのだ・・・って当時は思いましたが、今にしてみりゃ、「くっそ〜」と言いつつも撮っておいて良かったと思うのでありました。

確かこの後に、浜小清水まで乗った普通列車はキハ27、浜小清水から網走まで乗った急行「しれとこ」はキハ22×2だったんですよね〜・・・札幌近郊ではほぼ絶滅?していたキハ22急行に乗れて嬉しかったことを覚えています。

キハ27の普通列車よりもキハ22急行に乗れたことが嬉しかったあたりが、やっぱりこの当時からひねくれ者だったんですなぁ〜。


  • こんにちは。

    しれとこ1号は56プラス27が基本で、一般型が3輌の計5輌で運行してましたね。新鋭40が22に代わり初めてきた57年。鉄道雑誌には22と基本の56系の写真が…。22も200番台以降が配置されてましたか?
    22と56はそこそこマッチングして急行でも違和感は無かったと…。
    22は、昭和61年かな陸羽西線の酒田発新庄行きで、40+22の2輌編成が最後でした。22は0番台の167と記憶してます。

    [ mar***** ]

    2019/4/21(日) 午後 4:10

    返信する
  • 未だに、キハ40は、私の中では、新系列です。

    やはり、キハ22、ですよね。

    [ 101D ]

    2019/4/21(日) 午後 7:39

    返信する
  • 顔アイコン

    > mar***** さま
    こんにちは。
    中標津方面を往き来する列車との分割・併結の運用もありましたよね。
    そちら方面の車両にキハ22が主に充当されていたはずでしたね。
    当時の記憶では、22の200番台を見た記憶がそんなに残っていません・・・室内が白熱灯の二桁が結構いたような・・ん〜、ハッキリしませんです、すみません。

    基本編成56系+キハ22が数両の編成は、いかにも「枝線から集まってきて目的地を目指しています」と言う雰囲気を醸し出していて、これぞ都会を目指す地方幹線の急行、という感じで大好きでした。

    ツートンのキハ22に差し込まれた急行の愛称板、「今日はちょっと出世したぜ」と言いたげで、たまらない雰囲気でした。

    [ タケちゃん ]

    2019/4/23(火) 午後 4:25

    返信する
  • 顔アイコン

    > 101D さま
    こんにちは。
    私も、いまだに根底にあるのはツートンのキハ22でございます。

    まったく仰るとおり!キハ22ですよ〜、はい。
    いい歳こいたオヤジ連中(それもちょっとひねくれた?)にしか判らない感覚でしょうなぁ〜。

    [ タケちゃん ]

    2019/4/23(火) 午後 4:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事