ここから本文です
北海道の中年鉄ちゃん(そろそろ初老?)の戯れ言日記
手探りで始めたこのブログ、丸9年を迎える6月13日で終了させていただきました。今まで有り難うございました。ゲリラ記事が時々・・・

書庫全体表示

イメージ 1
半重連型 キャブ横には「半」の字が・・・

イメージ 2
DD51579(釧)

イメージ 3
オハネフ12504+スハネ16504

イメージ 4
オハネ12501
(三脚構えていたくせに斜めってる・・・)

イメージ 5

イメージ 10
オロネ10502

イメージ 6
スハ451

イメージ 7
スロ54503

イメージ 8
左は515レ「大雪」

イメージ 9
これも同じ

稚内・網走・釧路へ向けて夜行急行が・・・いい時代でした。

函館への夜行「すずらん」の廃止は、とても残念でしたね。
廃止を聞いた時にはビックリでした。。


Yahoo!ブログも残り一週間。

もう一回くらい・・・再掲写真載せれるかな?

未練がましいですなぁ〜。


  • 顔アイコン

    こんばんは
    未練は、つねに人間が持ち合わす本性です。
    あと6日しかありませんヨ〜。

    [ プリウス おじちゃん ]

    2019/8/25(日) 午後 8:26

  • > プリウス おじちゃん さま
    こんばんは。
    金曜は当直勤務明け、そして土曜、日曜と仕事はお休みでした。
    明日からまた仕事…それこそお休みに『未練タラタラ』で床に入りました。

    休みの日は、何でこんなに時間が経つのって早いんでしょう。
    飲み始めが遅かったので、今宵の『命の水』は1本で我慢です。
    これまた未練タラタラですわ。

    [ タケちゃん ]

    2019/8/25(日) 午後 11:36

  • 本当に、いーい御写真です‼️


    こんな風景があったのですよね〜。
    よい時代でした。
    すずらん、だけ乗ったことがありました。夏休み真っ只中、激混み、でありました。洗面台の横に座ったのも、今では、よい思いでです。

    [ 101D ]

    2019/8/26(月) 午後 8:11

  • こんにちは。
    いよいよ、佳境となりましたね。
    石勝線の開通で名門急行まりもの愛称名が復活と…。その昔、札幌駅で寝台列車となる編成換えの作業をしてた17レ。57年との違いは、やはりマシ&スハシの存在ですね。スロも2輌連結でした。寝台列車まりもの復活は…夢のまた夢デスね。

    [ mar***** ]

    2019/8/27(火) 午前 11:50

  • 顔アイコン

    > 101D さま
    こんばんは。
    夜行急行が盛況な頃、床に新聞紙を敷いて座っちゃえ!ってのも当たり前な光景だったと思います・・・高いカネを払ってグリーンだの寝台だのに乗るくらいなら、一晩我慢して、ってのが当たり前の旅行スタイルでしたものね。

    例え夜行とはいえども、早い時間からホームに並んで席を取る・・・まずは席を確保してからホームに戻って兵糧を確保する・・・・そんな時代が懐かしいですね。

    [ タケちゃん ]

    2019/8/27(火) 午後 9:36

  • 顔アイコン

    > mar***** さま
    こんばんは。
    元々、色んな本を読んで17レ、18レ「まりも」の凄さはそれなりに知識としてありましたから、石勝線開通で「まりも」の愛称が復活した時には、正直「ん〜、貫禄負けじゃないかしら」なんて思っていたのが本当のところではありましたが、次第に慣れていっちゃうのもまた、いかにもポリシーなしの私でございました。
    「まりも」は滝川を回ってきて、札幌で寝台車を切り離して座席車を増結してと・・・・そんな「すげぇなぁ」ってなイメージが強烈でしたから。

    段々と寂れていく「狩勝」を見ている方が辛かったなぁ、っていう部分が大きかったですね。

    全盛期の山線回り「まりも」、増結によってC62がさらに後部補機で付いたという逸話、読んでいて鳥肌が立ちましたもの。
    晩年183系化と同時に特急にされ、「おおぞら13号・14号」になったのに、夜行だけは「まりも」に戻した、ってのはJR北海道もその愛称に敬意を賞した、ってな理解の仕方でいいんでしょうかね?

    [ タケちゃん ]

    2019/8/27(火) 午後 9:47

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事