ここから本文です
北海道の中年鉄ちゃん(そろそろ初老?)の戯れ言日記
手探りで始めたこのブログ、丸9年を迎える6月13日で終了させていただきました。今まで有り難うございました。ゲリラ記事が時々・・・

書庫JR北海道・貨物

記事検索
検索

全256ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

こんばんは。
あらら、すっかり日付が変わってしまいました・・・・ま、そうだわなぁ。
実は我が司令官殿、元々持っておりました腰痛が悪化いたしまして、ろくに動けない状態に。

それ故、夕食の食器洗いと、早朝に起きて作るのも面倒なので、「今やってしまえ」と坊主の弁当作りまでやっつけていましたら・・・・あらま、もうこの時間。

さすがにワタクシも眠うございますので・・・・今回はJRになってからの過去ネタで。


もう10年も前の話です・・・・その「早朝の葛藤」とは・・・

イメージ 1
これを撮りに行こうか・・・(追分〜南千歳にて)

それとも

イメージ 2
こっちにしようか・・・・。(植苗にて)

当時「まりも」は5:24頃に追分発、「はまなす」も同じような時間に南千歳着・・・自宅基準で考えて、結構悩んだものでした。

「いやぁ〜、どっち撮るべ」と。


んで「やっぱり両方撮りたいわ」となった時には
同じような写真になるのは重々承知の上で・・・・

イメージ 3

イメージ 4
サッポロビール庭園駅まで赴いておりました。


今にしてみりゃ、ものすごく贅沢な「葛藤」でしたわねぇ〜・・・・。

そういえば最近は全然、庭園駅に行っていないなぁ・・・・。
相変わらず雑草伸び放題なのでしょうかね?


さて、明日(ま、正確には今日ですが)は、元々の用事で札幌に走らねばなりません。
出るのは昼からなので・・・何とか朝にでも撮れないかなぁ、と考えております。

まぁ、司令官殿の腰の具合を見てからでしょうね・・・。


そういえば、こんな事件も本日・・・・

イメージ 5
今はもう座布団の上でグーグー寝てますわ。

失礼致しました。それでは。




こんにちは。
実は先日、ブロ友である某氏からマヤ検運転の情報をいただいておりました。
その日(まぁ、今日ですわね)は偶然にも仕事はお休み・・・さて、「買い物行くよ〜」とかの御下命がない限りは撮りに出たいけれども、前回同様の時間でいいのかしら?はて?なんて考えておりましたところ、更にその某氏から運転時刻のお知らせをいただきました。

・・・ふむふむ・・・そっか・・・何だかんだ言って撮れそうな感じだな、と思っておりましたところ、何と本日は御用命なし!こりゃ行けるぞ!ノペッとしてるけど。と喜んだわけです。

・・・・が、土台は根性無しのモノグサでございますから、夕張まで入線するダイヤであったのにもかかわらず、「遠いしな・・・あっち行っちゃったら帰って来るのが面倒だし・・・人も多いだろうし」とか始まります。
結局は得意の?自宅近辺で済ませるという、恩を仇で返す?ような毎度のパターンを踏襲させていただきました。

まぁ自宅近くでウロウロしたお陰で、思わぬ拾いものがあったりしましたけれども。

ダイヤは岩見沢からやって来て、追分〜夕張を往復の後苫小牧へ抜けると云うものでしたので、回数稼ぐならやっぱり・・・ってな打算的な考えがあったりして。

おっと、このままでは前置きだけでダラダラとなってしまいそうなので、そろそろ写真を並べさせていただきますね。


イメージ 1
キハ40301+マヤ35-1+キハ40304 東追分信号所
進行方向は向かって右側
遠くから見たら「ノペッと感」はあまり感じないか・・・。

この後、4005Dと2075レを撮ろうと毎度の場所へ移動しましたが、こんなのが。
イメージ 2
4005D283系「スーパーおおぞら」 追分〜南千歳
その下の室蘭線ではこの辺を根城にする?マルタイの804が作業中でした。

2075レはまだ姿を現しておりませんでしたので、上手く行けば時変の2075レとの上下写真も撮れるかしら?なんて思ってこの場に留まっておりましたが、この804が視野から消えるまでに、残念ながら2075レは現れず・・・赤と黄色のコラボも見たかったところなんですが。

結局は来なかった2075レを待つ間、そりゃ撮りますわね、この804を
イメージ 3
少し進んでは止まるを繰り返し、鉄の爪(プロレスラーの特技ではございません・・・解る人だけ解ってね)を道床に突き刺して、突き固めをやっておりました。
この区間の徐行が少しでも早く解除されるように願っております。

イメージ 4
ちなみに、これだけデカい車体でも踏切の警報器は反応致しません。
係員の方が常に先回りをして、踏切の監視に当たっておりました。

「いゃぁ、いいもん見た。帰って昼飯でも食おうっと。」と一旦自宅へ。

で、夕張に仕事に行っていた編成が戻って来る頃に再び出るという横着撮りを。

イメージ 5
2628D キハ401762 追分
「来ねぇなぁ〜」と思いながら待っていたらやって来たのがこれ。
おかしいと思って、よくよくダイヤを確認しますと・・・30分間違っておりました。
これだから「いい加減な横着撮り」はダメなんですなぁ・・・。

しかし30分遅れたんじゃなくて30分早かったという、いい方の失敗?だったので、最初に撮った場所とは全く反対側の、東追分信号所裏の丘の上へ向かいました。

イメージ 6
やって来る少し前から、強い雨が・・・・あちゃ〜、と思いながらも今さら移動も出来ないので車でじっと待ち、姿が見えたら降りて撮るってな横着撮りを全開。

写真では解りづらいですが、結構強い雨の中を追分に向けて走り去りました。

追分で10分間の停車があるので、近場であれば無理せずに先回り出来ます。

イメージ 7
追分発車の時間には雨は上がり、いい塩梅で虹が架かってくれました。

イメージ 9
やっぱり近くから見ると「ノペッと感」満載ですなぁ
趣味の悪い千歳飴・・・ちと違うか。

イメージ 8
苫小牧へ向かうマヤをお見送り・・・

この後はちょいと寄り道しまして・・・って言っても、また同じ場所なんですが・・・

イメージ 10
4006D 283系「スーパーおおぞら」 追分〜南千歳
来る直前まで、全体的に陽が当たっていたのになぁ〜・・・これだもの。

イメージ 11
4007D 283系「スーパーおおぞら」 追分〜南千歳
西早来信号所で4006Dと交換したこの4007Dを撮影して、おしまいにしました。
雨もまだポツポツ降って来たりしてましたしね。

現在は、部活に行った坊主からの「迎えに来てコール」を自宅でジッと待っております。

それにしても・・・今年は遅いですなぁ、雪・・・。
新聞によると2年振りのエルニーニョだか何だかだそうですね。
確かに暖冬少雪は助かりますけれども、それはそれで何か寂しい気もするし・・・。

そのくせ降ったら降ったで文句言うくせにね。そう、私はわがままジジイなのよ。


いやぁ、今回情報をいただいた某氏、有り難うございました。
「ナイショ」でお話しをいただいておりましたので、敢えて「某氏」とさせていただきましたが・・・御気分を害されましたら申し訳ございません。


なかなか坊主から連絡来ないなぁ〜・・・また信号機ぶっ倒れたわけじゃないべな。
(そのお陰で、私は昨日、急遽札幌を往復するハメになりました)


それでは。長々と失礼しました。











こんにちは。
昨夜は、道南地方にお住まいのどんちく父O氏から頂いたDVDを観賞しながら一杯引っかけておりました。
築港での様子から始まり、山線を越えて長万部へ・・・・そして終点の函館までのロクニの様子・・・そしてJRになって程ない頃の全道各地の映像を堪能いたしました。

そりゃ一杯が二杯になり・・・正確に言えば「一本が二本になり、そして溢れそうな涙を堪えつつ『ええぃ、ままよ!三本目も飲んじゃるわ〜!』」っていう・・・。
山線映像を肴に、まぁ飲みましたなぁ〜。
「こりゃ明日は、早く起きられないな・・・天気良さそうだけども、まぁいいか」と、半分フラフラしながら?床に入ったのでありました。


寝坊は出来ても寝溜めが出来ないこの身体、いやこの年齢・・・困ったものです。
誰に頼まれた訳でもないのに午前6時に起きちゃいます。

で・・・・カメラを手に持ち今朝もまた、こそぉ〜っと家を出たのでございました。

イメージ 1
2073レ 東追分信号所
(警報器が鳴る前の踏切から・・・あ、これトリミングしてます)

で、さささっと線路横に下がって・・・

イメージ 2
踏切の真横から狙ってみました・・・ん〜、ちょっと中途半端か。
今日の牽引機は113でした。


イメージ 3
2623D キハ401701 東追分信号所
手前の畑に山積みにされているのは甜菜(てんさい)・・・ビートです。
砂糖の原材料。


イメージ 4
4001D 283系「スーパーおおぞら」 南千歳〜追分
この頃から風が少々出て来まして・・・冷たかったですわ、今日の風は。


イメージ 5

イメージ 6
1465D キハ40360 安平
かなりの徐行でやって来ました。
出発反応灯の柱が傾いておりますが・・・これも地震の影響なのかしら。

この後は、ちょいとした家族運用が控えておりましたので撤収。

いそいそと用事足し&買い物運転手に勤しんで、現在に至っております。

チラッとしか撮れませんでしたが、天気が良かったので、朝から気分はいいですね。


さ、もう少ししたら御下命を承っている
「カメの水交換」でも始めっかなぁ〜・・・「わかりました」って言っちゃったし。


それにしても・・・・降りませんなぁ、雪!もう11月に入っているのにねぇ。


今宵はまた、どんちく氏から頂いたDVDの後半戦を堪能しながら飲もうっと。

それでは・・・失礼致します。

こんにちは。
「今度こそ記事を更新します」とか何とか、上手い事を言ってはすっぽかしを繰り返しておりましたこのインチキジジイですが、昨日・本日と仕事が休みでしたので、久し振りにカメラを持ってウロウロする(させていただく)ことが出来ました。

特に昨日はブロ友の非電化さんから『いよいよ901が・・・』ってな情報も頂いておりましたので「こりゃ外せんべ〜」と、前日は張り切って?酒を飲んで(いちいち書かんくてもいいか・・・)布団に入ったのでありました。

それでは、昨日の朝から本日朝までのワタクシの行動を写真と共に・・・時々、話は脱線しますけれども。
で、今までサボっていた分、出来映えは別として写真の枚数を増やしてみました。
途中で「飽きたでやぁ〜、くっだらねぇ写真ばっかりだし」と、歯に衣を着せぬご感想をお持ちになりました方は、どうぞご遠慮なく御退出下さい。私は怒りません。

では昨日の朝からを順に・・・・。

目覚めると、窓の外はモヤで真っ白!でも、せっかく起きたんだし・・・と出陣。

まずはこの列車から・・・
イメージ 1
2073レ  DF200-62  東追分信号所
東追分信号所まで行くと、モヤはきれいに晴れておりました。
背後に見えるモヤ・・・自宅はその真下なんですなぁ。

イメージ 2
同じく2073レ
畑の霜が朝日に反射してキレイだったのでもう一枚。

次は2623Dを撮ろうと思って移動しましたが、やって来たのは

イメージ 3
1463D キハ401705 追分〜三川
本来であれば、とっくに通過しているはずの列車。
遠浅から始まる徐行区間の影響です・・・15分くらいの遅れかな?
見事にギラりながら、そろそろと通過して行きました・・電線が邪魔ですなぁ。

んで、この場所での「本命」もすぐにやって来ました。

イメージ 4
2623D キハ401818 追分〜川端
この時間になるとモヤもすっかり晴れて、気持ちの良い青空が。
1818は苗穂車・・・季節限定トレード、まだやっているんですね。

はい、次ぃ〜・・・と移動しましたが、その場所に降り立つと視線を感じまして・・・。
振り返ると・・・。

イメージ 5
牛が白い息吐いて、霜が付いた草を食いながらジッとこっちを・・・。
「なんだ、おめぇら俺の顔を忘れたん?」「時々来てただろ、ここ」
と、思わず言い返したりして。

「また来てやがるわ、あのオヤジ。物好きだねぇ〜。きっと変態だよ。」
とでも思われていたかしら?

「失礼な奴らだ」とか何とか言いながら、列車を待ちまして・・・
イメージ 6
4001D 283系「スーパーおおぞら」 南千歳〜追分
石勝線の徐行は解除になりましたから、いい感じですっ飛んで?行きました。

で、この日の「大本命」撮影のために、そろそろ千歳線方向に移動しますか・・・と国道を南下しておりましたところ、並行する室蘭線に40の姿を見つけます。
「こんな時間には来ないはずだし・・・なんだべな」と思いつつも、手近な駐車場所を見つけて、カメラを向けました。

イメージ 7
回送キハ401780+1762  安平〜追分
何と先頭は「道央花の恵み号」の1780でした・・・はて?何だべこの列車・・・と

撮影後に、カメラのモニターでグイッと画像を拡大して確認・・・
イメージ 8
これもトリミング画像ですが・・・
「新夕張⇔夕張」?何じゃそりゃ?

しばらく考えて「ああ!」・・・石勝支線のイベント列車、今日だったか!と。

どつちにしろ「こりゃ儲けたわい」と気分良く千歳線へ向かいました。


途中のコンビニで朝食を買いまして、クルマの中でモグモグしながら本命待ち。

んで・・・

イメージ 9
3084レ DF200-112+901 植苗〜南千歳
いやぁ〜901、久し振りだねぇ・・・

イメージ 10
また有川封じ込めになるんでしようね。
今度は函館まで撮りに行きたいなぁ〜・・・本線での貨物牽引は、もう幻なのか?

天気がいい状態で撮影出来て、大満足。

もう少しだけここに残って、チョチョイと他の列車を

イメージ 11
1D 281系「スーパー北斗」
「1D」が元祖281系で運転されていることは嬉しい限りで・・・。

イメージ 12
6D 261系「スーパー北斗」
縦切りゆで卵 弁当の配置ミスによるナス浅漬けの染みつき。
たまには褒めてやらんとだめかなぁ。

イメージ 13
3057レ DF200-118

まずはこれくらいでいいべ・・・と自宅に戻ります。

で「考えたらこの秋に一度もやっていなかった」ってな事を実行に移しました。
イメージ 14
これ・・・・昼間から炭を熾して、サンマを。
今年は旬の時期に、あの地震でそれどころじゃなかったですからね。
暖かかったからこそ成し得た技・・・11月に外でサンマ食べれると思わなかった。

ただ、あの地震当日の夕方も、実は自宅裏で炭を熾しておりました。
これは完全に「夕食を作るため」で・・・真剣に「調理」しておりましたわ。

この後、今度は「暖かいうちにやっちゃうべ」と、タイヤ交換を。
何と、飲んでいなかったんですなぁ〜・・・このワタクシが。

すると、タイヤ交換の作業中に来客がございました。

兼ねてからお付き合い頂いております某大手クルマ屋さんのM氏。
「ちょっと夕張まで行って来たんですよ。その帰りで・・・」
とのこと。

で、さすが大手ディーラーにお勤めの社会人・・・手ブラではありませんでした。

お土産にこんなものを頂きました。

イメージ 15
おぉ!これねぇ〜!

イメージ 16
いやぁ〜、こりゃしびれる!

「ままま、上がってけ!コーヒーでも飲んでけ!」となるわけでした。

実は彼も相当な「鉄」でして、コーヒー飲みながら鉄話に盛り上がり、「晩飯も食って行きなよ」ってなるわけですなぁ。

するってぇと私は当然・・・あぁ〜あ、飲んじゃった。
彼はクルマなので飲みません。
「泊まってけ」とは勧めましたが、仕事ですものねぇ翌日は。

鉄話をしながらの酒は、非常に美味いのでありまして・・・いつもより多めに飲んじゃったボク・・・・札幌に帰る彼を見送った後は、いくらもせずに撃沈しておりました。


そして、本日もまた朝にパッと目が覚めまして・・・ホントに仕事じゃない日はなんでこんなに目覚めがいいんだろ?と。
昨日も今日も、修学旅行帰りの坊主は「部活休む〜!寝てる〜!」でしたので、またまたチラッとだけ朝から出かけて来ました・・・・似たような場所だけど。

イメージ 17
2622D キハ401704 追分〜川端
今朝もまた、自宅一帯はこんな感じで・・・・朝と夜の気温差が大きいからでしようね。

で、次はここに移動しましたが・・・
イメージ 18
今日もここは、またまたいい天気・・・・
昨日同様、市街地だけにモヤが漂っている状態でした。

イメージ 19
2073レ DF200-110 東追分信号所

んで、天気がいいんで遠くから撮るか、と移動しまして・・・。

列車が来るまでの間、ボケ〜っと周りの写真を撮ったりしてました。

イメージ 20
ありゃ〜、山の上にもチラッと白いモノが・・・。
ずっと前にここで見かけたキツネは元気にしているのかしら?出て来ないかな?

結局待ち人?は来ず。

イメージ 21
前の写真の反対側・・・・山間に漂うモヤが見えています。
滝ノ上や夕張方面は、モヤの下なんでしょうね〜。
周囲が山だと、空気が動かないですからね・・・寒そうだなぁ、あっち。

で、遠くから列車の走行音が微かに聞こえてきたので「おっと、撮らねば」と。

イメージ 22
2623D キハ401763 東追分信号所
ホームも何もなくなってしまった場所をゆっくりと通過して行きました。
それにしてもこの色合い・・・すっかり晩秋ですねぇ。

この後、一旦自宅へ撤収・・・・昨日遊ばせてもらった分、昼前からは恒例の「買い物運転手さん」として、当然の任務?に就いておりました。

久し振りにカメラを持ってウロウロ出来ましたし、天気も良かった・・・・DFの901も撮れたし、「花の恵み号」もひょんな拍子で拾えて・・・んで、カレンダーまで貰っちゃった、ってな、幸せな?時間を過ごせた昨日と今日でございました。


あ、こいつも日当たりのいい場所を見つけては・・・
イメージ 23
ZZZzzzz・・・と。

姫さんも充分に幸せそうだったのであります。
この後シャッター音に気付いて、こっちを見て文句言ってましたが。
またすぐに寝ちゃったけどね。



長々、ダラダラ記事に最後までお付き合い頂き、有り難うございました。
写真の枚数が多くても、撮ってる列車は日付が違うだけで殆ど同じ。
相変わらず進歩がないなぁ〜、と思いながらも全く改善する気がないのがミソ。


さ・・・この後風呂に入って軽く一杯やって、明日の仕事に備えますわ〜。

それでは・・・失礼致しました。

何とか復活しました

こんばんは。
本日、ご近所で御懇意にさせて頂いております御夫婦の旦那さんにより、このクソパソコンの復旧にこぎつけました。
そうです、先日のワタクシへの誕生日プレゼントでNゲージのDD51をプレゼントして頂いた御夫妻・・・・ますます頭が上がりませんなぁ〜・・・・そのくせ、相変わらず態度は悪いけど。

感謝感謝!なのでありました。

イメージ 1

イメージ 2

明日からまた、ぼつぼつ始めようと思います。

よろしくお願い致します。はい。

全256ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事