ここから本文です
北海道の中年鉄ちゃん(そろそろ初老?)の戯れ言日記
手探りで始めたこのブログ、丸9年を迎える6月13日で終了させていただきました。今まで有り難うございました。ゲリラ記事が時々・・・

書庫JR北海道・貨物

記事検索
検索
おはようございます。
昨日の記事にも書かせていただいたとおり本日、この田舎者は札幌まで出かけなくてはいけません。

しかも、私が随行させていただく司令官殿によりますと「9時過ぎには出るわよ!」って・・・ん〜、そっか・・・。
で、坊主はまたまた部活動で宮城遠征に昨日出発しておりまして(今回は学校単位での遠征のため、私は行かなくてもいいんですなぁ)、「朝は動けるなぁ・・・でもゆっくり寝たいしなぁ」といろいろ葛藤しながら昨夜は布団に入ったのでありました。

「ゆっくり寝たい」と一生懸命頑張っても、午前6時過ぎには目が覚めるのは、ジジイの悲しい定め?でございます。

「限界だわ・・・もう寝れん!」とムックリ起き上がりまして、「今日は朝しか撮れないからねぇ・・・」と、チラっとだけ撮って来ました。ホントにチラっとだけ。

イメージ 1

イメージ 2
2073レ DF200-12 追分〜川端
最初、姿を現した時は「今日は全部が空コキか?」と・・・編成最後尾の方に申し訳程度のコキが積載されていました。
まぁ2073レにはありがちのパターンですけれどもね。

しかしながら、坊主の駅送りがない日にしか撮れない2073レですから、撮れるだけ有難かったりします。

ちょいと場所を移動。

イメージ 3
2622D キハ401771 南千歳〜追分
オレンジ色の連結器カバーも、そろそろ今冬の役目を終了しますね。

この写真を撮って、あっさりと撤収・・・現在に至っております。

改正前だったらもう少し、石勝線の40を撮りに東追分方面へ足を伸ばしていたのでしょうけれども、この後の新夕張までの普通列車は「絶滅危惧種か?」と言っていいほどの激減(前々回記事の川端駅時刻表の写真をご参照下さいませ)ですからねぇ。

本当は2074レも撮りたいな、と思ってはいたのですが・・・無理は禁物です。
後々の私自身の生活環境にも影響が及びますからね、いろぉ〜んな意味で。

さ、「ほれ、行くよ!」の声を、息を潜めて?じっと待ちたいと思います。

田舎のクルマは、哀れにも都会のクルマの波に呑まれていくのであった・・・。


札幌の皆様、どうぞお手柔らかに・・・それでは。






過失故の2073レ撮影。

こんにちは。
本日は仕事がお休みではありましたが、休みの日の朝には学校へ行く息子を南千歳駅まで送って行かなくてはならない、ってな役割をあてがわれているこのワタクシでございましたが・・・・やっちめーましたわ、ねぼー。

玄関のドアが閉まる音に目が覚めます。
「・・・ん?今何時よ〜?」と布団の中から誰ともなく問いかける私・・・・返事がない。
ありゃ!やったか!と思って慌てて起き上がり時計を確認すると午前6時15分。

我が司令官殿が運転されるお車は、息子を乗せて南千歳駅へ向かったのでありました。
あっちゃ〜・・・「昨夜、そんなに飲んでなかったんだけどもなぁ・・・こりゃやべ〜ぞ」と。
でも、、起きてしまったことは仕方がないのです・・・しかも過失だしね、そう過失。

いつまでも大の大人がくよくよしていたって仕方がないじゃないか・・・と云う事で、ねぼーした時の毎度のパターンになりつつある2073レをはじめとした列車の撮影に出ることに・・・ねぼーしたクセに、ここからの動きの素早さには自分でも呆れておりました。これはもう完全なる不治の病ですなぁ、病名は『変態』。

では撮ってきた写真を順に並べます。よろしければお付き合いの程を。

最初に赴いたのは2073レの発車時刻まで時間もなかったので、追分駅北側の跨線橋下でした。

イメージ 1
2622D キハ401701 追分
新夕張からやって来た40が追分に到着します。

で後ろを振り返りますと

イメージ 2
左から2622D、2073レ、1462Dが。
ダイヤ改正前は、右側の留置線にはキハ40が待機していました。ん〜、寂しい。
2073レは2622Dの到着を待って出発します。

イメージ 3
ゆっくりと発車。今日は空コキの列でした。

イメージ 4
2073レ DF200-5 追分

この後は、駅の南側へちょいと場所移動。

イメージ 5
1463D キハ401767+356 追分
本来のダイヤであれば、とっくに通過している時刻なんですが、いまだ徐行継続中なので、この場所で撮ることが出来ます。


更に場所移動。先程の2622Dが追分停車中に先回りしまして・・・
イメージ 6
2622D キハ401701 追分〜南千歳
畑の雪もすっかり消えました・・・でも風は冷たかったですね。

この後は一旦帰宅・・・ねぼーの詫びを入れまして、再出陣の許可申請をば。
「本日は買い物の予定はない。よろしい。」
勝訴!・・・そんなに大袈裟なモノじゃありませんが。

朝食を済ませ、改正後に少々気になっていた事があったので東追分信号所へ。
果たして、ここで朝の白幼虫交換は継続されているのか?と云う事でして。

東追分信号所裏の丘へ行くと、雪混じりの強風もいいとこで寒いったらもう。
なので・・・
イメージ 7
誰が名付けたか(私しか言ってませんが)「撮影防風林」の方へ待避。
左奥手に東追分信号所が見えます・・・ここから撮ろうっと。寒いし。

さて、ここで白幼虫どうしの交換は継続されているのかしら?

イメージ 8
32D 261系「スーパーとかち」
ゆっくりと通過・・・あ、こりゃここでの交換はそのままなんだな、と。

イメージ 9
32D・31D 261系「スーパーとかち」
ここではダイヤ改正後も、みったくないモノ同士が交換しております。
「みったくねー」とか文句言いつつ撮っている私もどうかと思いますけれどもね。

・・・さて、この次は今話題?の2074レだなぁ・・・どうしようかしら?

明るい時間帯に走る2074レ、今のところはドコで見ても新鮮ですからね。
当たり前に駅撮りしてみるか、と場所を移動します。

イメージ 10
2074レ DF200-2 川端
昼間にポテ臨以外で上り貨物を撮れるようになったのは有難いことです。

他に撮れるのは夕方の2070レしかありませんでしたし、それすらも日が短い時期は撮影は不能でしたから。

「そういえば、この区間は普通列車半分になったんだもんなぁ〜・・・」と思いつつ待合室に。
イメージ 11
この始末ですものね・・・下りなんて日に2本ですもの・・・。
こりゃますます乗りませんって。って言うか乗れないですわ。

ちょっと寂しくなった気を取り直し「上手く行けば2074レ、もう一回撮れるかも知れんな」と。

追分に何分停車しているのか知らないけれども・・・ダメ元で走ってみました。

イメージ 12
2074レ DF200-2 追分〜安平
クルマを普通に走らせて(裏道ね)間に合いました。
徐行規制が終わった時点で、安平以遠での「再迎撃」はかなり困難でしょうね。
追分近辺であれば、規制解除後もどうにかなりそうな塩梅です。
で、2073レもこの2074レも赤スカート・・・よし、と。

ん〜と、40撮った、白幼虫撮った、DF撮った・・・あとは283ね。

と云う事でほんの少しだけ移動・・・すると、すぐにやって来ました。

イメージ 13
4003D 283系「スーパーおおぞら」 追分〜南千歳

よ〜し、全部の種類撮ったわ・・・で、この後はこのあたりをウロウロ。

イメージ 14
2626D キハ401701 南千歳〜追分
1701が再び登場・・・朝から何回撮ったでしょ?

イメージ 15
1466D キハ401762 追分〜安平
これは2626Dを撮った場所から・・・遠くに見えたものですから。

イメージ 16
4002D 283系「スーパーおおぞら」 南千歳〜追分
顔を出した黒土と雪がいい感じで模様を描いておりました。

いい気になってこれ以上撮ってたら、ヤキが入りそうだったので撤収。
天気もパッとしないし、まぁいいか・・・と。

帰宅後は、御迷惑・目障りにならないようにひっそりと過ごしております。
外は雪が降ったり止んだり・・・はっきりしない天気だなぁ〜。
ま、元々3月ってのはこんな天気ですからね・・・今までが暖かすぎたんですなぁ。

さて坊主は本日、早めに学校から戻ってきますから、お迎えこそはカッキリ使命を完遂しなくては・・・息を殺して自宅待機している連絡待ちの小心者でございました。

ひえぇ〜、今、吹雪いてる〜・・・・失礼しました。

それでは。





















こんばんは。
さて先日のダイヤ改正にて、早朝の運転から午前中の運転へと時刻変更がなされたLNGコンテナ積載の2074レですが、単純に「お、これは意外と当直勤務明けに撮れるんじゃないか?」なんて楽観的に考えていた私でしたが・・・本日はその当直勤務明け。

一眼こそ持ってはいませんでしたが、スマホでどうにかなるべ、まずは仕事帰りで狙った際にはどうなのか様子見をしてみよう、ってな考えを持ちまして、勤務を終えた後「これ以上は早く帰れないぞ」ってな時間に退勤・・・「2074レ撮らなきゃならんのですよ」って言ったところで、誰も知ったこっちゃない(そもそも列車であることすら判るまい)ですから「用事があるんで」なんぞと適当なことを言いまして職場から逃走?いたしました。

んで・・・結論から言いますと・・・タイトルのとおりでした。

国道234号を室蘭本線を左に見ながら北上・・・早来に着くまでまだその姿は見えず。
そのまま進むと視界から線路が消えてしまいますの、で早来から裏道に入りましたところ、はるか遠くに前照灯がポツリ・・・「あ、来たわ」と、急いで降車、スマホを構えました。

イメージ 1

イメージ 2
2074レ DF200-107 早来〜安平

何とかこうして撮れたわけですが、実はかなりの徐行運転。
例の地震の影響で、三川〜遠浅の徐行運転は継続されておりますので撮れた次第。

徐行規制が解除になったとしたら・・・とっくに沼ノ端近くまで駈け抜けている時刻でしょうね。

そう考えますと・・・・結構シビアな時間だよなぁ、と思わずにはいられませんでした。
当直勤務明けで、適当な事言って職場を手いっぱい早くずらかっても、どうにか徐行運転に助けられてこの場所でなんとか撮ることが出来る、ってな始末ですからね。

当直勤務明けでの撮影は基本的に無理だろうなぁ、と思った次第でした。
休みの日にじっくり撮った方が良さそうですね。

そんな訳で「明日はゆっくり撮りに出てみようかなぁ」とも思っております。
朝から息子を南千歳駅まで送って行かなきゃならんのですけれども・・・その後でね。

さて、どうなりますか・・・。

それでは。失礼致します。

改正後の初撮り

こんにちは。
私が石巻へ行き、何だか訳がよく解らないままドタバタしているうちに(そのくせ居酒屋にはちゃっかり行っておりましたが)、我が北海道ではダイヤ改正による動きがあったようで・・・特に我が家近辺、石勝線関係では「おっ!」ってなのがありましたね。
夏場勝負だった2074レに大幅な時刻変更があり、そしてキハ40でトコトコ走っていた新夕張〜追分間の普通列車大幅削減(半減しましたからね)と・・・。

で、本日・・・ブロ友の非電化さんから「3084は重連」と情報をもらっていたこともあり「どりゃ、改正後の初撮りしてくるか」と、自宅を出たのでありました。

向かった先はここ・・・

イメージ 1
2747M 721系各停 植苗〜南千歳

3084レもこの場所からでいいや、とそのまま居座り。

イメージ 2

イメージ 3
3084レ DF200-111+109

よし、撮った撮った・・・さて、肝心の2074レをどこで撮ろう?

だいたいの時間しか把握していませんので、ちょこちょこ動いて撮り逃がしてしまった、ってな最悪の事態は避けなくてはなりませんので、列車接近が判る踏切の近くで余裕を持ってダラッと待てる場所にしようっと、と・・・。

イメージ 4
2074レ DF200-114 早来〜安平

今までは、夏場にエイヤッ!と早起きして、薄暗いうちから三脚抱えて東追分信号所へ走り、2093レとの交換を撮影した後、追分でのバカ停を利用して先回り・・・ってのが定番でございました。

運転がこの時間になったのは有難いことですが、あの「早朝に起きて撮って来た」と云う、妙な満足感がなくなったってな部分に関しては、少々の寂しさを感じているところではありますね・・・・ひねくれジジイですわ、やっぱり。
そんなこと言いつつも、これからは撮りに行くようになるでしょうなぁ・・・追分から室蘭本線を苫小牧に向けて白昼走る貨物は、あのポテ臨しかなかった訳ですからね。

そして自宅へ戻る途中に2626Dには目前で逃げられ、見事に40を撮り損ねます。

んなので続行の

イメージ 5
4002D 283系「スーパーおおぞら」 追分〜南千歳
これを撮って自宅へ素直に戻っております。
どうせ今日も運転手やらんきゃならんだろうし。

畦も完全に顔を出していますね・・・本日は気温が高いとの予報がでていますから、もっともっと雪は減って行くんだろうなぁ・・・案の定、この写真を撮った直後からお天道様が顔を出しまして、みるみる暖かくなっていったのでありました。



ところで・・・私のブログの引っ越し先ですが・・・ちょいと一休みしようかなぁ、なんて思ってはいたものの、9年近くも続けていりゃあ、今や生活の一部になっていますからねぇ・・・「それもまた、ちょいと寂しいか」と。

で、FC2ブログの方へ移ることにしました・・・今朝ほど、過去データを含めた引っ越し作業は終了したとの連絡が入りまして・・・新しい引っ越し先は


となっております。

ブログタイトルはほぼ同じでございますが、HNが今までのモノは使えなかったので、アタマに『中年』ってな言葉を付け加えております。

まぁ、まだまだ使い慣れないFC2ですので、チマチマとあっちいじくり、こっちいじくりしながら続けて行こうと思います。

データの引っ越し作業は終わりましたが、Yahoo!ブログを離れるのは、やっぱり寂しいですね〜・・・ホントの引っ越しと同じ気分ですわ。はい。


さ、お昼御飯を・・・自分で何か作ろうっと。それでは。








こんにちは。
朝一発目に、ど〜でもいいような記事をアップしまして・・・しかもそんな記事にコメントまでいただけるとは。
ひたすら御礼申し上げる次第でございます。

で、その前記事にいただいたコメントにお返事させていただいたとおり、実は坊主を駅まで送るついでにカメラを持って出ておりました。
「あぁ〜、そういえば久し振りに撮りたいなぁ・・・」ってな列車があったものですから。

家を出るに際して、予め我が司令官殿には「ちょっと撮って来るから遅くなるから」とお断りをして(返答は「・・・・」でした。コワっ!)おりましたので、その点は一応安心。
まぁ、別件で用事もあったので、いずれにしろ午前9時前には家に戻るつもりでおりました。


さてそのワタクシですが、南千歳駅に消える坊主を見送りまして、「久々に撮りたい」と思っていた列車を撮るために駅を離れ、千歳線の毎度の場所へ。

イメージ 1
2726D キハ143-152+102 植苗〜南千歳
撮りたかったのって、実はこれ。2両編成でスッ飛ばしていく姿、いいですね。

これであっさりと所期の目的は達成した訳ですが、ダイヤを見ると・・・たいして撮りたくもないけど、白幼虫がもうすぐやって来るみたい・・・撮るか。

イメージ 2
4D 261系「スーパー北斗」 植苗〜南千歳
どんどん増殖するであろう白幼虫・・・いつか素晴らしい姿に羽化してね。無理か。

撮るもの撮ったし、あとはブラブラしながら戻ろうとクルマを遠浅方向へ。


で、以前は種苗試験場だか何だかがあった付近から線路側を見ると、畑いっぱいに黒い斑点がうごめいておりました・・・キョエちゃんか?
いや違うわ・・・ものすごい数の雁の群れが。
地面が見え始めている草地で、エサでも探しているのかしらねぇ。

それに混じって、大きめな白い鳥も。
イメージ 3
優雅に飛んでおりました。北へ帰る準備真っ最中。
背後には北へ向かう途中の群れの姿も。

膨大な数の雁に比べりゃ白鳥は少数派もいいところでしたが、「来る列車は何でもいいから、出来映え気にしないで白鳥と一緒に撮ろう」ってな色気が出て来まして、一旦車を止めて、畑の横に降り立ちました。

で「そろそろ普通列車が来るなぁ・・・」なんて思っていたところ、突然!
イメージ 4
どいつがGOサインを出したのか知りませんが、一斉離陸!
手にしていたレンズが中望遠ズームだったので、ここまでしか引きが効きませんでしたが、実際はこの何倍もの雁が一斉に。

イメージ 5
グワッグワッ!ってな鳴き声と、バサバサという羽音が周囲を圧倒しておりました。
私も上空から爆弾落とされちゃかなわん!と云うことで車内待避。
旅立ちの興奮は、いらないモノを上空からぶちまけますからね。

いやぁ、素晴らしい光景を目撃することが出来ました・・・圧倒されましたもの。


で、静かになった畑には少数派?の白鳥が残っておりましたので
イメージ 6
2739M 735系+731系各停
サラッとこんな感じで・・・一羽くらい首を上げててくれよな〜。

渡り鳥一斉離陸を見た事で妙に満足したジジイは、素直に自宅方向へ。
列車じゃなくて渡り鳥見て満足しているあたり、インチキジジイの本領発揮。

自宅に近付くと、ちょうど40の色が濃い?時間でしたので、少しだけ寄り道。

イメージ 7
2625D キハ401786 追分〜南千歳

イメージ 8
1465D キハ40358 追分〜安平

イメージ 9
2624D キハ40353 南千歳〜追分

この後に来る31Dの白幼虫は6Dで撮ったから、もういいや・・・と撤収しています。

帰宅後は前述の用事足しのため栗山町まで出かけて来まして、今は急にモサモサ降り出した雪をボケッと窓から見ております。
気温は高いしベタ雪だし・・・ま、道路は何でもないでしょうね・・・。

あ、「何でもない」って云えば、また大きめな地震が先程あったみたいですね。
関西の大御所、プリウスおじちゃん〜!大丈夫でしたか?
いかんですよね〜、地べたが揺れちゃ・・・どうしようもないですもの。

昨年9月以来、地震には妙に敏感になってしまっているジジイなのであります。

さ、この後はまた模型でも動かしていようかしら・・・ダラッとしてますわ。

それでは。最後までお付き合い有り難うございました。










本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事