ここから本文です
北海道の中年鉄ちゃん(そろそろ初老?)の戯れ言日記
手探りで始めたこのブログ、丸9年を迎える6月13日で終了させていただきました。今まで有り難うございました。ゲリラ記事が時々・・・

書庫JR北海道・貨物

記事検索
検索

イメージ 1

おはようございます。
ちょうどいい時間だったので仕事帰りに、ちょっと寄り道しました。

つい先ほど、函館に向かって183は元気に飛ばして行きましたよ〜。

植苗からでした。

さ、腹減った。帰ろう…。

こんばんは。
昨日のどぉ〜もならん記事にありましたとおり、昨夜は職場の有志一同にて半分憂さ晴らしの飲み会を苫小牧にて行いました。

いいだけ飲んで、それでも足りない(アタマと一緒ですわ)と・・・
イメージ 1

イメージ 2
苫小牧の飲み屋街をウロウロ・・・んで、昨日記事の焼き鳥屋さんにて二次会の開催に至った訳でございました。
そうなんです、あれって二次会の写真だったんですよ・・・楽しい飲み会だったので、いい気になってついつい日本酒をカパカパやってしまいまして、這々の体でホテルに辿り着いた後はすぐにベッドへ。あとは記憶無し。

それでも朝はアタマすっきりで目覚めました・・・楽しい酒は残らない、ってのは果たして本当のような気がします。

で、朝はベッドから出ずにダラダラと・・・・時計を見つつ「あぁ、仕事の日は今頃クソ面白くない顔をして出勤してるなぁ」とか「この時間は引き継ぎやってるもんなぁ」とか・・・・窓から出勤途中の方々をボケーッと見ながら、実に幸せな朝を過ごしておりました。

で・・・少しだけ後ろ髪を引かれる思いでホテルをチェックアウトした後、どうせ帰り道の途中だから、と云うことで少しだけ千歳線に立ち寄り、一応撮るもの撮ってきました。
実は、この撮影も昨日家を出る時から折り込み済みではあったのですが。

撮影区間は全部植苗〜南千歳です・・・芸が無いので、そちら方面へ行けば必ず立ち寄る場所ばかりですけれどもね。

イメージ 3
1D 281系「スーパー北斗」
「北斗」運用からの一部撤退が正式に発表されてしまった281系。
この「1D」ってなエースナンバーは是非とも281系で継続していただきたいと。
白幼虫が「1Dです。どうも。」って言ったって、私は認めません。

イメージ 4
3057レスジの単機 DF200-115

イメージ 5
2738M 731系各停
取り敢えずは、来たもの全部撮ってみるか〜、と。

イメージ 6
2753M 731系+721系各停
721系も、いずれ札幌圏の運用から離れていくでしょうから、撮らねば。
後発電車に比べて変に凝った「顔」じゃないので、私は好きですよ。
快速「エアポート」の運用に、いつまで就いていられるものだか・・・ねぇ。

イメージ 7
6D 261系「スーパー北斗」
来たから撮りました・・・・来たから。そう、来たから。
側面にロゴのひとつでも入れりゃあいいのに。
やはり、スカートから側面へ回り込むパープル、再考願いたいなぁと思います。
貫通扉の黄色もね。

イメージ 8
1005M 789系「すずらん」
785で来ないかなぁ、なんて思っておりましたがやっぱり甘かった。
3月改正後も785系は残るのでしょうかね?

イメージ 10
2051レ  DF200-101
ブロックプレートじゃない側面、スッキリと見えますね。
これもいずれ、ブロックプレートになっちゃうんでしょうけれども、ブロックプレート自体が決して嫌いじゃない私・・・痛し痒し、ってとこかしらねぇ〜。


・・・で、今回のメインをば撮影
イメージ 9
9024D 183系「臨時北斗」
少々遅れを持った9024D、遅延回復のためか、すっ飛ばして走り去りました。

編成は短いとは言え、やっぱりいいですね183は。
721系と同様、ゴテゴテしていなくて「見やすい」顔つきだと思います。

この臨時北斗を撮ったあと、特段これと言った用件もなかったので、まずはおとなしく家へ戻ることに。

飲み会の疲れを家で癒やそう〜、なんて考えは甘すぎると改めて知ったのはお昼頃。
なんと、司令官殿の御指示により、本日二度目の苫小牧市内に運転手として行ってまいりました。
んで、夕食後には先程食器洗いなどを済ませまして(昨日から遊ばせて頂いているので、これくらいはしないとね・・・今後の活動に支障が出ますもの)、今現在は何と眠さが絶頂・・・今眠ると気持ちいいんだべな、と云うことで布団に入りますわ。

明日は仕事と云う事もありますし・・・183北斗、11日までの運転ですね。
もう何回か、撮りに行きたいところです・・・283の臨時「北斗」も、これまた撮りたいなぁ。

それでは寝ることとしますわ。何気に降っている雪、明朝はあんまり積もっていないでね・・・頼むから。

では失礼します。お休みなさい。




こんばんは。
本日、団体運用でキハ40の3連が夕張まで入りましたね〜・・・・せっかくの休日だったのですから、当然カメラを持って撮りに出たのですが、所詮横着者のこのジジイは悪天候だった、ってな事もありまして、追分近辺での撮影で全てを済ませてしまったのでありました。

だって、行くとこ行くとこ、結構な数の同業者の姿が・・・「あぁ、こりゃ勝手知ったる近場で撮るのが無難だわ」ってな結論に達してしまいました・・・夕張方面まで足を伸ばすなんぞ、微塵も考えなかったのでありました。
折からの強風により強烈な地吹雪が至るとこで発生し、三川&古山方面の視界は殆どゼロになることも・・・そのくせ不思議と我が追分地区は、風は強けれども視界は比較的良好な状態だったのでございます。
栗山・夕張方面の空を顧みますれば、ドチャッとした雪雲が低く漂っておりましたので「こりゃ地元でいいでしょ」と。


まぁ、四の五の言ってないで、本日撮ってきた写真の一部を。


イメージ 1
4001D 283系「スーパーおおぞら」 追分〜南千歳
息子を南千歳駅まで送り届けた後に、ちょいと寄り道をば。

結局、気持ちがいい?雪煙の光景を収めたのはこの4001Dの時だけ。



この後は40ファン垂涎?の、例のイベント列車の撮影へ。

クダクダと撮ってきた写真をベロッと並べますね。


この4001Dを撮った際には「こりゃ天気良くていいぞ」なんて思っていたのですが、撮影を終えて自宅へ戻る途中、岩見沢方面から走って来るクルマが、みぃ〜んなほぼ「雪だるま」状態になっている事に気が付きます・・・・「ひょっとして、向こう(岩見沢方面)はグダグダか?」と。

自宅に戻ると、風は強いもののカラッと晴れたいい天気・・・・そんなに気にすることないか・・・「よし、朝飯食ったら撮りに出よう」と。


ところが・・・・一歩市街地から出ると、あまりに地吹雪が酷すぎました。
イメージ 2
9542D「元気です夕張号」 キハ401779+1780+1720 追分〜三川

三川寄りの町はずれで待ち構え、その目的たる列車がやって来た時には・・・・。
もう、見事なまでの地吹雪でこのあんばい。
撮ってるこっちはさっぱり「元気」じゃありませんでした。寒いったらもう。

しまいには、当初の「2両」じゃなくて3両で来ましたわ・・・・。
嬉しい事なんですが、この天気じゃさぁ〜。ま、来ただけ有難いか。

今日の天気は、道東道高架のあたりで雪雲がかっぱり分かれたような天気。
追分では風は強いものの、雪は降っておらず・・・なので

イメージ 3
追分駅北側のこの場所で、石勝線に入る姿を見送ることにします。


イメージ 4
9641D キハ401720+1780+1779 追分
プレス発表の2両から3両になったのは、JRの粋な?計らいなのでしょうかね?

石勝線に入った9641Dを見送った後、「地吹雪酷いし、どうしようかなぁ」等と、おおよそ結論が出そうもない独り言を言いながら、結局はこの場所に長居。
イメージ 5
追分はこんな天気でしたからね〜・・・風の強さは伝わらないと思いますが・・・

実は、最初に赴いた三川・古山方面は猛烈な吹雪でホワイトアウト現象が随所に。
すっかり移動意欲を奪われてしまっていたのでした。

さて、この40の3連が再び追分へ戻って来るまで何していようか・・・と考えていますと

イメージ 6
4002D 283系「スーパーおおぞら」が到着・・・この時点で40分延。

更に、たいして撮りたくもない白幼虫がやって来ます。

イメージ 7
33D 261系「スーパーとかち」 追分
駅構内も、このように地吹雪に見舞われるような感じでした。
とにかく寒かったですわ〜・・・・。

で、「元気です夕張号」が、追分留置のため折り返して戻って来るまでは、ちょいと時間があったので場所移動を・・・・・。

イメージ 8
2075レ DF200-11 追分〜川端

そして・・・

イメージ 9
回9462D キハ401779+1780+1720 追分〜南千歳
空の模様からもお判りと思いますが・・・直前まで晴れておりました。
この時、判りづらいとは思いますが強風により再び地吹雪が・・・。

この後は、チラリと追分駅構内の様子を見に移動

イメージ 10
構内で転線作業をしておりました。
実はこの回9462D、所定よりもかなりの遅れ・・・すぐに折り返し出発準備に。

なので私も再び移動しまして、夕張へ向かう回9643Dを待っておりましたところ

イメージ 11
音もなくやって来た1468Dキハ401787+1786+352
文字どおり「雪だるま」でやって来ました・・・・岩見沢方面の降雪、いわずもがな。
最後尾の352は回送ですね。

イメージ 12
回9643D キハ401720+1780+1779
再び夕張を目指して発車する「恵み3連」を。
この時もまた天候は悪化・・・逆光をカバーしてもらえて、ある意味良かったか?

これを見送った後は、自宅に戻って遅めの昼食を自分でこしらえて小休止。


そして・・・もう一度外に出まして

イメージ 13
9644D キハ401779+1780+1720 追分〜南千歳
札幌へ戻る「恵み3連」を、遠くから撮影して終わりとなりました。

当初発表の2連が、3連になって来たあたりはかなり有難かったですね。

あとは函館の水色のやつかぁ〜?

何かの拍子でこっちに来てくれないべか・・・撮りに行くの面倒だし、どの列車に使うのかなんてさっぱり判らないし。

さて、明日はお仕事・・・そろそろ寝るんでございます。
何を勘違いしたか、ちょいと多めに飲んでしまいましたので、もう寝なきゃダメでしょうねぇ。

何だかんだと、割と面白い?一日を過ごしたインチキジジイだったのでありました。


それでは・・・寝ますね〜。






こんばんは。

国鉄の時代の写真には、本当に溜息が出るくらい「あの頃は良かったなぁ」と思うのですが・・・・最近では

イメージ 1
この頃も良かったよなぁ〜、とも思うのであります。

撮りに出るにも、元気ありましたわ〜・・・・・。



ねぇ・・・・バイタリティあったもの、この頃はまだ。


気が向けば夜な夜な出かけて行ったこの頃が懐かしいです。

まだ車両のバラエティーがあった頃・・・・取り敢えずは今現在の数倍は楽しかった。


それでも、やっぱり撮りに出てしまうのが、何とも悲しい性ですね。


失礼しました。酔ってま〜す・・・・・。

朝の遠浅駅

おはようございます。
本日早朝に、しょ〜もない記事を立ち上げまして、お付き合い頂いた方有り難うございました。。
その記事にありましたとおり、ヒーターでケツをあぶる姫を横目に、南千歳駅まで坊主を送ってきた訳ですが、その帰りはちょっとだけ遠回りして、遠浅駅に寄ってきました。
昨年9月の大地震による徐行規制がまだ室蘭本線の三川〜遠浅間では継続されておりまして、その恩恵?じゃありませんが通常ダイヤでは絶対に捉えられない1462Dを撮りに行ってみようかぁ〜、ってな魂胆からでした。

イメージ 1
南千歳から遠浅へ向かう途中、大胆にも私のクルマの前を横切ったキツネ。
路面はアイスバーンでしたからね〜・・・危ねってぇの!
まぁ彼等もエサを探すのに必死でしょうからね。轢かれるなよ。

んで・・・遠浅駅に無事到着。

イメージ 2
1462Dが来ますが・・・まだ徐行区間なのでノロノロ。
なかなか近づいて来ません。ま、仕方がないところですわねぇ。

イメージ 3
もう少しで駅、ってな地点でブアッと排煙を上げて加速。
あぁ、徐行区間はあそこまでなのね・・・少しでも早く、ってな気持ちなのかしら。

イメージ 4
1462D キハ401706+360 遠浅
苫小牧の高校にでも通学しているのかな?女の子が三人乗車。

イメージ 5
徐行区間から解放された?1462Dは颯爽と加速して行きました。

今朝は結構な低温だったので、樹木が白く化けることを期待していましたが(ここ遠浅でマイナス18℃でした)、ちょっとハズレでしたね・・・空気が乾燥しているからなのかなぁ?ま、それでも白い排煙からも寒い雰囲気を撮れて良かったかな、と。


んで、モノはついでと毎度の列車を撮りにいつものコースに。

イメージ 6
4001D 283系「スーパーおおぞら」 追分〜南千歳

イメージ 7
2624D キハ401703 東追分信号所
こっちの方が、木々は見事に白く化けていました。

「腹減った。朝飯食いに帰ろう〜っと。」とこれにて撤退しております。
これまた毎度の「朝御飯、自分で適当に作ってよ〜」との御指示でした。
半分遊んでの帰宅ですからね。文句も言えません。慣れてるもん。

さてワタクシ、昨夜のうちに本日昼間の「買い物運転手」の命を受けております。
千歳あたりだろうな、今日の出先は・・・言うこと聞いてカート押すぞ〜。

明日からまた天気が荒れるそうですね・・・まぁ、そうだわねぇ、まだ2月になってないんだものねぇ〜。

天気や路面状況が悪いと実に億劫なんですなぁ〜、出勤が・・・。
まぁ、グダグダ言うのも毎年の事なんですけれどもね。

それでは。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事