ここから本文です
イメージ 1




オールデンの名作9901をベースに作られた牛革モデル。アッパーにはアメリカの名門ホーウィン社で鞣された上質なクロムエクセルレザーを搭載します。オイル含有量の高い革で、もともとカジュアルライクな靴やワークブーツに使われることが多かった革です。近年では、モディファイドラストなどドレス靴にも採用されるなど幅広く使われるようになった人気レザーです。CLIPPERと呼ばれるアッパー一枚革で作られたホールカットのようなパターンにも注目ください。








この記事に

受注会 | MOTO

イメージ 1
イメージ 2



1月19日(土)〜1月27日(日)の間、受注を承ります。 
定番商品、リピート可能商品の中よりお選び下さい。

店舗・メール・お電話で承ります。


オーダー注意事項

(1) 全額前金制となります
(2) 交換返品はできません
(3) 期間外注文は不可です


(新作商品、MOTORATORYの商品はお選びいただけません。) 



MOTOのカタログへ





この記事に

パラブーツ純正シューレースが少量入荷しました。
AVORIAZ用とCRUSAZ用です。
イメージ 1
パラブーツ AVORIAZ純正シューレース 150cm


イメージ 2
パラブーツ CLUSAZ用シューレース 120cm





イメージ 3





カスタムシューレース用としてもいかがでしょうか。









この記事に

イメージ 1


ハンドソーンステッチで味のあるU型を表現したMOC TOEカーフモデル#54007です。シェルコードバンレザーにも引けを取らない美しい仕上がりのブラックカーフとディテールが楽しめる作品です。ラスト(木型)にモディファイドラストを採用することで、吸い付く様な土踏まずの独特なフィット感がユニークです。これが疲れにくい設計となっていて、サイズが合えば“病みつきになる”と言われるほどの名作です。








この記事に

イメージ 1



オールデンのラインナップにおいてこれほど長く生産され続けていて、しかも不動の人気を誇るモデルは、ほかに無いでしょう。モディファイドラストVチップは、各方面で絶大な評価を与えられているのは雑誌・専門誌などで既にご存知の通りですが、それは単にファッションに於ける秀逸なデザイン性に留まらず、実際の足入れ感覚がもたらしてくれる優れた履き味を生み出している別名アルゴンキンラストと呼ばれる木型が優れているからとも言えます。








この記事に

イメージ 1



今作品では革色は手染めグレーに仕上げて頂きました。深みの有るグレーベージュ系の色で普段使いから仕事まで幅広く活用して頂けると思います。派手さはありませんが、オーソドックスでコンサバティブなスタイルを好む女性に向けた作品です。ただ普通過ぎてもつまらないので、トップラインの造形に美しいアールを持たせています。直線ラインが全くないこだわりのデザインなのです。











この記事に

イメージ 1


MOTOの人気アイテム2100コードバンプレーントゥのバーガンディーです。アンチグレージングコードバンと呼ばれる独自行程で作られたマットな仕上げが特徴的です。最初からコードバンらしい艶はありませんが、ポリッシュすることでいくらでも光沢を出すことは可能であり、自信のあるオーナーさんはかなりピカピカに光り輝かせています。(※イメージ内の最後の画像2枚は、ポリッシュ加工したものです)








この記事に

イメージ 1





英国で1749年創業のAbbyhorn社製トラベルシューホーン。昔ながらのハンドメイドで製造される逸品です。材料は、水牛の角(ツノ)から切り出します。強烈な炎で熱したものを丁寧に手で整形して冷ますという行程を繰返しながら形を作ります。最後にバフ掛けも手仕事で行って美しい艶を出せば完成です。全ての行程は、手作業という手間の掛かり方が凄い!











この記事に

イメージ 1



ウール素材を背面に使ったロイヤルターンタチェック作品。色展開はブラック、レッド、ネイビーの3色です。手の平面は、シープレザーを用いて柔らかく手に馴染む革の質感が堪りません。英国スコットランドで発明されたこの世界的に有名なタータンチェックは、もともとが5世紀頃から伝わる古い柄の一つで、16世紀には様々な衣類に使われるようになったようです。21世紀になっても愛されているって凄いことですね。






この記事に

イメージ 1



オールデンが生んだ6インチブーツのスポーティーな型として好評の#45960H。木型はミリタリーラストを採用。丸みのあるトゥノーズは飽きの来ない魅力的なシルエットとして知られます。足入れ感の心地よさという点でも多くのファンを魅了し続けている逸材。馬革のシェルコードバン隆盛の時代にあった2000年代において、唯一牛革で気を吐き続けた伝説的作品。馬に勝った牛として私達の記憶に焼き付いてしまったブーツです。


イメージ 2
イメージ 3



オールデンは、とかく腫物を扱うように履いてしまうユーザーの気持も分らなくはありませんが、このブーツならそんな心配御無用で全天候でガンガン履いて楽しめるでしょう。簡単なメンテナンスでエイジングの楽しさも味わえてしまいます。数多くの歴代オーナーさん達は、カスタムシューレースでオリジナリティーを楽しんでいたりもします。履いても手入れしてもカスタムしても楽しめる!。貴方もこのブーツの虜になってみませんか。きっと病みつき間違い無しです!

イメージ 4








この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事