ここから本文です
先日ご来店頂いたカスタムシューレースのお客様の靴です。

N4803H 6インチブーツをカスタムしました。

2.0mm 11.タン 120cm 先端シルバー
当店では、アラジンランプと呼んでいるカラーです。
春らしく楽しい雰囲気に変化しました。

イメージ 1




つづいてのお客様は、パトリックのKURIKKAチョコです。もともとアラジンランプで2年前にカスタムして頂いたお客様ですが、今回はご友人のアドバイスもあって高級感方向へシフト。オールデン140cmロウビキ平茶シューレースへ通し変えました。長さ120cm加工、先端黒ニッケルガンメタです。ついでにメンテナンスも実行しました。
イメージ 2




お持込でのカスタムシューレース、メンテナンスは、随時承っております。
いつでもご相談下さいませ。


(有)シューズサロンなとりや





この記事に

今日ご紹介する作品は・・・


 ドイツのトリッペン2017SS♀コレクションから楽しい3型ご紹介します。ICEワックス加工の質感が楽しめるHaferlが初登場しました。革の変化が楽しめます! 履き心地が気持いいです!。新作Fringe-wawは、ワイドオープンバレリーナスタイルを踏襲したワンストラップ作品で、これもお洒落で気持良いですよ。シャチがモチーフのORCA-WAWもクールでモダンでトリツペンCUPコンセプトらしい履き心地の良さに加えて脱ぎ履きが楽なスリップオンタイプです。
これ全〜部ブラックなんです! 不思議。

トリッペン

1992年からずっと変わらぬスタイルで作り続けられている名作Haferl (ハーフェル)の♀バージョン2017スタイルです。WAWレザーにICE加工を施して、凍ったような質感に! こう見えてブラックなんですよ。凄い驚きでしょう!
イメージ 1



拡大するんとこんな質感です。まぁね、いつものようにトリッペンですから、無駄のない革使いを心がけて製造しております。よって一足ずつ(なんなら左右でも)質感は微妙に異なりますが、地球のことを考えて、でもデザインや履き心地もすばらしい作品作りは、トリッペンの世界観を理解して楽しんでくれている世界中のファンに愛され続けて25年です!
イメージ 2



名作trippenソール! この溝に小石が挟まるのはデフォルトで楽しいです(笑)
磨り減っても交換しながらずっと履き続けることができるダブルステッチダウンコンセプトも昔から変わりません。なんて環境に優しい靴なのでしょうか! 履き心地も堪りませんね。
イメージ 3




Closed木型は、丸いトゥノーズが特徴です。そして、紐の通し方が斬新なハーフェル。お手入れの際に靴紐を取り外す前に必ず写真を撮ってからにしましょう。そうしないと同じように通せなくなる人が多発しているんです(笑) まぁね最近はスマホでサクっと答えが出るのは、つまらないかなぁ。試行錯誤も脳に刺激になりますから、たまには綾取り楽しんで!
イメージ 4




ハイハイ、新作ですね。名前は、Fringeです。ワイドオープンバレリーナスタイルを踏襲するコンセプトを持つトリッペンらしい可愛いワンストラップ作品ですね。こちらも革にWAWレザーを使っていて、天然のシボが生かされた質感抜群の一足。アンライニングですので、足馴染みは抜群ですょ。最初だけ甲が低いと感じるかもしれませんが、ご心配無用の一足です。
イメージ 5



Skソールです。正式名称はなんていうんだっけ。今度調べておきます。横にしたブロックを並べたようなデザインで、単純ですが的を得たトレッドパターンです。ゴム質は、trippenソールやsimpleソールと同じです。だから間違いなく履き心地には自身アリですね! こちらもダブルステッチダウン製法なので、磨り減っても交換リペアが容易です。修理しながら長く使ってあげてください。
イメージ 6




段付き風コバが印象的な作品。丸いトゥは、Closedシリーズならではす。履き心地の良さならこのシリーズですね。履いたときの足の納まりも良く、それは見た目のコーディネートにも生かされると思います。シンプルなデザインもGoodで飽きないスタイリングです。
イメージ 7




ストラップは、ベルクロ固定なので脱ぎ履きの良さはトップクラスです。女性は、脱ぎ履きが楽ちんな靴が大好きですから。まあ、たまには脱ぎ履きが面倒な靴も楽しんでくださいね。
イメージ 8




最後にご紹介するのは、ORCAちゃんです。個人的に今日一番の作品ですね。先祖は、CUPシリーズになるWaveカテゴリーに属する作品です。インソールがCUPシリーズと同じベジタブルタンニンの成型レザー中敷きを採用しています。
イメージ 9



シャチをモチーフにしている作品です。私はブラック一色で選びましたが、実は2色使いのクラシックな配色のものも存在していて、それはモロにシャチです。オルカーって感じですね。それを見たアシカは逃げ出しそうです。それにしてもユニークなカットワーク&切り替えしデザインでしょう。ソールの縫い目から連なるようにヒールカップのトップラインへと繋いであったり、トゥキャップのラインは、ソール後部のラインに寄せてアールを加えていたり、眺めているだけでも目が気持ちよい作品です。
イメージ 10



そのデザイン性は、ソールにも共通していて。Waveという名前がついたソールは、まさに打ち寄せる海波そのもの。Orcaの靴にピッタリ過ぎるソールをチョイスしたかった気持ちは良く分かりますよ。アンジェラさん。(←デザイナーさんの本名ですね)
イメージ 11



インサイドもデザイン的。ゴアを入れてありますので、ご想像の通り脱ぎ履きが楽になってくる作品です。ただし、足に革が馴染んで来たらです。踵を踏んづけてしまわないように丁寧に履いてあげましょう。出来たら靴べらを使っていただくことを推奨します。
イメージ 12




真上からみると海の中を泳ぐツガイのシャチのよう。滑らかで美しくて楽しくて。唯一無のデザインなのにひと目でトリッペンと判るそれはセンスと言うのです。
イメージ 13



ほら、ヒールカップのデザインの素敵なこと。なんで斜めにカットしちゃうんでしょうねぇ。日本人なら真面目さがそのまま出ちゃって地面に合わせてしまうところなのに。心に余裕があって、それでいて環境のことまできちんと考えている人達のセンスは、決して真似することは出来ないし、真似てはいけない世界です。トリッペンだけが許されるデザイン。アンジェラ・シュピーツ女史やミハエル・ウェーラー氏だけが神から与えられた宝物ですね。
イメージ 14




トリッペン、やっぱり楽しいですねぇ。25年って簡単に言ってしまいましたが、この間ずっと新しいデザインを出し続けています。そして、そのどれもが生き残っているのが凄いですよね。斬新、しかし、いつしかドイツの定番靴こそトリッペンなどと呼ばれるようになるなんて、当時は誰しも想像していませんでした。

でもこれだけは、言っておきたい。履き心地が素晴らしいトリッペンだからこそファンが支持し続けてくれているんだと思います。




この記事に

今年はどこへ行こうか

土曜早朝、友人とライドしてきました! 今年2回目の外乗りです。

こちらは、どこへ行くにも寒いんですが、坂練も兼ねて近くの葡萄園へ。
案の定、まだあちこちに残雪が残っておりまして、超〜寒いライドでした。特に下りは凍え死にそうなくらい。

1つ山登って、下ったんですが、あまりに寒いので坂のおかわりしちゃいました(笑)
(登ると体温まるんです!)

イメージ 1
ご覧の通り、冬真っ只中という光景。春は何処・・・・




日付変わって、日曜日。
ジョンロブのオーダー会中ということもあって、軽く流そうということで、河川敷往復とダムまで。
前日よりまた気温が下がっていて、マイナス1度でした。デンツのペッカリー&カシミアグローブしていったので手は余裕でしたが、腹が冷えましたねぇ。

ダムへ向かう途中で見つけたパン屋さん。なんと4年も前から営業されていてるそうですが、全く知らなかった。近くでこんな美味しい手作りパン&サラダ&コーヒーを楽しめるなんて。また行こう。
イメージ 2

この記事に

ジョンロブ・バイリクエスト

追加オーダー期限は、4月2日(日)19時までとなります。

ご来店をお待ちしております。

(有)シューズサロンなとりや




この記事に

ショセらしさが感じられるシンプルかつ流麗でクラシカルな趣きも感じさせる5.5cmヒール外羽根モデルです。プレーントゥタイプに3つ穴の羽があるだけの無駄を省いたデザインは、洋服のコンビネーションが自由自在です。それでいて、少し太めのヒールが主張してくれますので、パンツスタイルでも十分コーディネートを楽しんで頂けます。

ショセ


クラシカルな風貌C2223です。外羽根スタイルが粋な作品。
イメージ 1



サイドビューも端正で媚びないシルエット。綺麗なコンサバですね。
イメージ 2



ヒールは太めのデザインで少しテーパードしています。クラシックですね。
イメージ 3




インソックは、ブラックレザーに金の箔押しで高級感があります。
イメージ 4



靴底は、レザーソールです。ブラックに染色されていて、黒で統一するんだという想いがひしひしと伝わってくる作品ですね。
イメージ 5


履き心地も満足のショセ。流行とは無縁のコンサバティブなスタイルで、お楽しみ頂けます。長くご愛用下さい。



この記事に


ショセが提案し続けるクラシックテイストのパンプスPC576が入荷です。当店では別注のオールブラック作品を展開していますが、このPC576はショセのオフィシャル作品です。靴底が、ナチュラルな革色そのままでカジュアルテイストでも組合わせることが可能なデザインです。畏まり過ぎないテイストのパンプスとしてお楽しみ頂けます。

ショセ


とても完成されたデザインのPC576。こちらはブラウンです。自然なシボが入った明るいブラウンのカーフを使っています。
イメージ 1




シンプルですが、爪先の摘まみデザインが印象的です。
イメージ 2


ヒール高は、約5cmです。靴底は革で縫い付け製法になります。心地よい履き味も魅力といえるでしょう。
イメージ 3



摘まみ縫いしてあるステッチは、焦げ茶っぽくみえます。(黒かもしれない)
イメージ 4




こちらは、ブラックのPC576です。こちらも人気でお薦めです。ソールのナチュラルカラーが一層引き立ちます。
イメージ 5




摘まみのステッチは、黒糸で合わせてあります。
イメージ 6



ヒール高さは同じく約5cmです。革製です。
イメージ 7


ショセらしい返りの良い靴底を持つパンプスで、耐久性もあります。一度履いてみて下さい。

この記事に

イメージ 1


JOHN LOBB バイリクエストフェア2017のスペシャルモデル。本日は、以下の14型をご紹介致します。


ALTON 4515 SS(シングルレザーソール)
Dark Brown Caviar Museum Calf

および

ALTON 4515 SS(シングルレザーソール)
Black Suede / Black Calf

イメージ 2


CITY2 7000  Rasp(ラスプソール)
Claret Misty Calf

および

CITY2 7000 MLS(ミディアムラグソール)
Black Moorland Grain

イメージ 3


BAY 8695 SS Natural (シングルソール素上げ)
Tan Moorland Grain

および

BAY 8695 Rasp(ラスプソール)
Pewter Suede

イメージ 4


LAWRY 8695 SS Natural (シングルレザー素上げ)
Slate Suede

および

LAWRY 8695 SS(シングルレザーソール)
Black Courchevel Calf

イメージ 5



CHAPEL 8000 SS(シングルソール) w/RoseGold(バックルローズゴールド)
Parisian Brown Museum Calf

および

CHAPEL 8000 SS(シングルソール) w/Anthracite (バックルアンスラサイト)
Black Calf
イメージ 6


ASHTON 7000 CRS(クラシックラバーソール)
Parisian Brown Suede

および

ASHTON 7000 DS (ダブルレザーソール)
Navy Calf

イメージ 7



FERN 7000 MLS (ミディアムラグソール)
Burnt Umber Moorland Grain

および

FERN 7000 Rasp(ラスプソール)
Saddle Suede

イメージ 8



昨日のと合わせて、全20型が、2017ジョンロブバイリクエストのスペシャルモデルになります。繰り返しになりますが、これら20型は、仕様変更はできません。ウィズは、D、E、EEからお選び頂けます。これらのサンプルモデルとレザーサンプル、ソールサンプルは、28日まで展示します。28日以降は、写真でのみお受けする形となります。(期間外でご来店希望の場合はご相談下さい)

その他モデルでパターンオーダーできる作品は、約140型になります。
当店ストック分のジョンロブは複数ご用意しておりますので、そちらを参考にご注文して頂けます。個人的には7000番ラストが間違いないのでお薦めです。(型数も多いです)

皆様のご来店をお待ちしております!


(有)シューズサロンなとりや

この記事に

イメージ 1


ジョンロブの年に1度の受注会が行われています。ただ今、当店にてサンプルモデルを展示しております。普段見ることのできない作品も多数ご用意致しました。

また、今回のバイリクエストフェアのためのスペシャルモデルも展開されています。ディテールの変更はできまんが、ジョンロブがプロデュースしたスペシャルアイテムですので、ご満足の高い作品になるかと思います。


全部で20型のスペシャルがありますが、今日は、3足ご紹介したいと思います。


William2 9795 CRS(クラシックラバーソール) 
w/Palladium Plum Caviar Museum

および

William2 9795 DS(ダブルレザーソール)Natural
w/Gold Black Suede
イメージ 2


CLIFFE 8695 SS(シングルレザーソール)
w/Gold Dark Oak Calf

および

CLIFFE 8695 HLS(ヘヴィラグソール)
w/Anthracite Navy Moorland Grain

イメージ 3


WELLS 0215 SS(シングルレザーソール)
Ivy Suede / Green Museum

および
WELLS 0215 SS(シングルレザーソール)
Bracken Misty / Dark Brown Suede

イメージ 4




明日また時間があればご紹介します。



この記事に

ムカヴァ

ムカヴァの伝統的作品MU900をベースに新しいデザインとして起こされた新作MU961のご紹介です。革で作ったリボンをちょこんと爪先に乗せただけのシンプルテイストのパンプスでス。アッパーレザーをヒール部分まで被せたインヒールデザインは、ムカヴァが得意とするジャンルです。しっとりとした高級感のあるブラックカーフが優しく全体を包んでいます。


ムカヴァのMU900リボンパンプスをベースにウェッジ型インヒールを採用したMU961のブラックです。カーフの肌理が整った美しい牛革を採用しています。履き味もコンフォータブル。
イメージ 1




リボンは革で形作っています。
イメージ 2



ヒールは、革で完全に覆われた贅沢なインヒール仕様のウェッジシェイプ。安定感抜群です。お手入れはヒール部分までしたいですね。ピンヒールのようにグレーチングの溝などに落ちる心配は勿論皆無です。
イメージ 3




ビブラムのソールを貼ってありますので、滑りにくいです。雨でもOKですね。
アッパーレザー部分は、防水性のあるクリームでケアするかスプレーしておくて良いでしょう。
イメージ 4



インソールは、交換パーツもご用意しております。汚くなったら交換することも可能です。




この記事に

パラブーツ

パラブーツから定番CHAMBORDが入荷しています。色は、NOIR(ブラック)とCAFE(ダークブラウン)です。ゆったりとした足入れ感が特徴のCHAMBORD。Lisカーフレザーを使ったパラフィンがたっぷり含有された革は、高い耐水性が魅力です。また、Paratexソールも実にコンフォータブルな履き心地を楽しめます。一度味わえば病みつき間違いなしでしょう。昔はジャーナリスト御用達シューズと言われた靴だけあってタフに履きたいオーナーさんへお薦めします。



今回入荷したNOIR(ノアール)です。昔はさほど人気もない色でしたが、ダーク色復権に伴い現在のところ一番人気があります。使い勝手がよい黒は、仕事履きにも最適ですね。
イメージ 1




こちらも本日入荷のCafe(カフェ)です。ダークブラウン系になります。写真は、パラフィンを残した状態で撮影しました。白く曇っているのがそれです。ドライヤーを当てると綺麗にされます。拭き取らないように注意してください。折角の耐水能力がスポイルされる場合があります。
イメージ 2



こちらも定番のMARRON(マロン)です。栗色茶です。ガッツリ履きたい人にお薦めで、エイジングが楽しめる色目の一つです。
イメージ 3



こちらは近年追加されたNUIT(ヌイ)です。紺色です。オンオフともに大活躍する色として大人気色の一つとなりました。他のモデルでも製造されています。
イメージ 4



限定カラーのBORDEUAX(ボルドー)です。レンガ色に素上げウエルトとホワイトソールという構成が大胆です。お洒落好きな人御用達のカラーです。あと一足で完売です。追加入手可能。
イメージ 5



本当に丈夫で長持ちするパラブーツですが、壊れても修理が効くので古くからの愛用者が多いことで知られます。パラブーツも100年超えするブランド。やっぱり1世紀続くのには理由があるんですね。

こちらの靴は、15年履いて頂いた靴をリペアしたときのものです。詳しくは、こちらに記事を書いています。(記事も古いんです)
イメージ 6




まさにリアルナチュラルエイジングですね! こうやって履き続ける靴もあっていいと思いますし、ワックスで輝かせてここぞという日にしか履かない靴だって持っていてもいいと思います。靴好きっていうのはそういうものではないでしょうかねぇ。

『履いて楽な靴も欲しいけれど、たまには辛くても格好いい靴も履きたい。

『定番も欲しいけれど、トレンド追っかけた流行靴も欲しい。』

相反することを正当化できる、これこそ人間の物欲でしょ? 物欲結構じゃないですか。1度きりの人生なんです。あなたの人生、楽しんでください。靴が趣味だったら最高じゃないですか! 履いて磨いて飾ってと色々楽しめます。コレクションもできます。 

でも、選ぶときだけ真剣で、買ってからほったらかしというのは靴が可愛そう。たまにはメンテナンスする習慣をつけましょう。たまにでいいですから。

忙しかったり難しい時は、我々のような業者にお任せください。



今日も楽しい靴日和でありますことを!







この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事