ここから本文です
イメージ 1



JOE WORKS オーダー靴 最新3モデルです。こちらは全てお客様からのオーダーで制作したものです。



イメージ 2





イメージ 3




イメージ 4








4月13(土)・14(日) JOE WORKSのオーダー会を開催致します。新作、新革も登場予定です。ご注文されるお客様は、基本料金が必要となります。


基本料金(参考)

 カーフ・スエード系     約8.5万円〜約12万円
 ミュージアムカーフ系    約9万円〜10万円
 ジャパンコードバン     約13.5万円〜約14万円
 エレファント        約14万円
 ホーウィンシェルコードバン 約20万円台
 +
 シューツリー代金(必要なお客様)



オプション料金につきまして

 オプション項目は多岐にわたります。メーカー判断で加工不可が生じる場合もある為、ご納品時に全てのオプション料金をお支払い頂いております。














この記事に

イメージ 1





フランスの伝統バレエシュースブランドOPERA(オペラ)のシンプルなバレエシューズELIONにCUIR ECLAT (輝く革)シリーズをラインナップ。細かなシボが表情の山羊革(ヤギ)をシャンパンゴールド風に仕上げたPLATINE(プラチナ)。そして、ARGENT(シルバー)に仕上げた美しい作品です。






この記事に

イメージ 1



ベリーベリーコンサバティブなプレーンパンプスをNATORIYA別注作品として製造しました。上質なカーフレザーを惜し気もなく使い、足が包み込まれやすいように深い甲デザインにしてあります。ベースは、C2222というタッセルパンプスがありますが、そのタッセルを取り外してシンプル化させたものですが、それだけではありません。








この記事に

イメージ 1


ドッシリとした重厚な存在感が頼もしいマルモラーダの究極チロリアンシューズFG119に新たな伝説が加わりました。サブナンバリング007は、TEMPESTI社 VACCHETTA ELBAMATT ROVESCIO (テンペスティ社バケッタレザー)をアッパー採用して味のある雰囲気と最高の履き心地を提供します。バケッタならではのオイリー感と起毛の潰し感は、見ていてワクワクさせられます。









この記事に

入荷 | ayame ソックス

イメージ 1




2019年SS新作のご案内です。全てレディースです。











この記事に

イメージ 1



ドレスシューズを作らせても美しく履き心地の良い作品を展開してくれるショセのC2213のご紹介です。クラシカルなセミスクエアトゥの木型は、角にアールを持たせてあるデザインです。写真でご覧頂くよりも現物の方が綺麗で好印象です。素材も上質感漂う綺麗なスムースカーフを採用して高級感が感じられます。色はブラックとCGYの2色展開です。















この記事に

イメージ 1



コンサバティブなデザインならお任せのChausserストラップパンプスC-2275です。セミスクエアトゥの木型に5cmヒールを組み合わせた飽きのこないシルエット。透明感のあるきめ細かなカーフが美しい。デザイン的に配置されたステッチが印象的かつ派手ではなく、ストラップベルトを巧くデザインに溶込ませてあるのは好印象です。











この記事に

イメージ 1



手軽に始められるコードバンレザーのプレーントゥ。日本のMOTOが作ったグッドイヤー製法の堅牢なボディーにアンチグレージングコードバンを搭載しました。新品時はマット。使い込んでもマット。雨で履ける。でもコードバンらしい艶を出したければワックスアップで出すことも可能。コードバンの世界に入りやすい一足だと思います。

色は、ブラック、ブラウン、バーガンディー、グリーンの4色展開。

どう育てて行くか。コードバンの育成過程を楽しみたい人にお勧めします。









この記事に

イメージ 1



シェルコードバンの美しいエイジングを存分に楽しめるホーウィン社製造の最高峰SHell Cordvan Blackを贅沢に使った珠玉の逸品。数多くの専門誌で長年に渡りTOP10、いやTOP5に食い込む人気と実力は伊達ではありません。素晴らしい履き心地もこの靴の魅魅力です。最初に買うべき名作中の名作Aldenです









この記事に

イメージ 1


味のあるスタイルが楽しめるMOTOのプレーントゥダービー1648。絶妙な色の抜け感が楽しい作品。ほんのりとムラがあって、クラフト感が溢れかえっています。カーフレザーを使った手染めされたブラウンによる素敵に表現。ナチュラルエイジングによって生じる色抜けする変化も面白いです。もちろん補色を楽しむのもお薦めです。









この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事