ここから本文です
イメージ 1


 フラテッリジャコメッティ究極のジョッパーブーツ“FG337”の4作品目ナチュラーレ。このシリーズに使われるCHATEAU BRIAND (仏デュプイカーフ)は、まさにステーキ肉の最高峰牛皮を使ったものです。あの味にしてこの皮ありというのも素直に頷けます。肌理の整った生まれて何ヶ月も経っていない若い皮は、デュプイの皮革職人達によって丁寧に鞣されて、皮から革へとまさに変革させられてジャコメッティーへ渡された逸品。

過去には、その履き心地に酔いしれたあまり色違いで複数足買って頂いたお客様が多数いるのです。私はそんなにも愛されるジョッパーブーツは、このFG337しか知りません。それもこれも入念に設計された木型と上質な素材。それらを生かし切ることができる職人技あってのものだと思います。一度でも履いたら虜にならざるを得ない素晴らしい作品に乾杯!









この記事に

イメージ 1

ショセの隠れたヒット作となっているロングウォレットの最高峰C639-NA。牛革作品を継続展開していますが、このナチュラルコードバンも人気です。無垢なコードバンレザーを全身そして内装にまで使用した贅沢な逸品。ショセらしいドラスティックなステッチワークは、ノーマンロックウェルの世界観を見事に表現しています。











この記事に

イメージ 1
フランスParabootが作る登山靴の名作AVORIAZ (アヴォリア)です。一目でそれと分るデザインはカジュアルな山登りやキャンンプにはうってつけの作品です。これをタウンユースでファッションとして履いてもまたお洒落です。今回のAVORIZには、実用性が高い全天候型レザーのクロムエクセルを採用している点にも注目です。








この記事に

イメージ 1

ParabootMICHAEL(ミカエル)。モデルとしては70年以上の歴史を誇る名作中の名作チロリアンシューズとして世界にその名を轟かせています。創業者レミー・リシャールポンヴェールの意志を長く引き継ぐ靴というだけでも所有価値を見出せるでしょう。登山靴をルーツに持つチロリアンシューズというスタイルを採用したゴツくてボリューム感のある独特のスタイリングが特徴です。









この記事に

イメージ 1


北半球ももうじき冬です。
冬でも履けるお洒落なフランス製のParabootはいかが?








この記事に

イメージ 1

ChausserのトラベルシューズでMENモデルのご紹介です。日本製フルレザーを使った完全撥水仕様のアッパーを使い、インソールから内装までもフルレザーで作られています。ビブラムのオリジナルソールを組み合わせていて、そのクッション性能の高さには驚いてしまいます。長時間履いていてもストレスフリーは間違いなさそうです。特にカカト直下のクッションは、低反発クッションのような気持良さ。これは堪らないものがあります。





この記事に

イメージ 1

WALSH VOYAGER VOY50005 Olive/Yellow (上)

ワイドなスタイリングでボリューム感のあるデザイン。1980年代頃のランニングシューズを彷佛とさせるデザインも懐かしいです。非常に似たデザインでTORNADOがありますが、それとは靴紐を通す穴の形状が異なります。このVOYAGERは、一番下がホールカットになりますが、上5つは樹脂製の5連D管を採用し、靴紐の通り抜けがスムーズなに使用です。



WALSH TORNADO TORO1395 Grey/White (下)

WALSHの人気モデルTORNADOのGrey/Whiteです。ワイドでボリューム感のあるデザインは、1980年代頃のランニングシューズを彷佛とさせてくれます。クラシカルモダンなデザインは、40代50代にはなつかしく30代以下には新鮮に見えるかもしれませんね。昔はこういうスニーカーを履いてお洒落を楽しんだものです。











この記事に

イメージ 1
JOHN LOBB純正ウッドシューツリー。WILLIAMのLast9795専用タイプとLast8695をベースにしたPRESTAGEラインに装着されているスタンダードタイプの2種類があります。スタンダードタイプは、7000、8000、8695などほぼ全てのモデル用として展開されておりクラシックラインにも装着できます。無塗装の天然木を使用してあり吸湿性があります。







この記事に

イメージ 1
伝統的なベルトメーカーのアーノルド・ウィルス・アンド・カンパニー。創業者のアーノルド・ウィルス(Arnold Wills)は、1946年に会社を設立しました。イギリスのラトランドの中心部にある工場で、50人以上の職人が勤めています。高品質の皮革製品やアクセサリーを生産するために世代を経てきた最高級の革と伝統技能を結集することに努めています。








この記事に

イメージ 1

オリエンタルな革靴は、いまや欧州でも人気の的。Plus by Chausserもその一つ。日本製ならではの丁寧な作りと厳選された素材。それらが組み合わさって生まれる心地よい履き味。made in Japanの名ブランドChausserが作り出したサイドゴアブーツPC5045をご提案したいと思います。日本に生まれて良かったと思える逸品ブーツです。
Cafe系のダークブラウンアッパーとマロン系のレザーソールを組み合わせたPlus by ChausserのハイグレードレディースプレーントゥPC5044です。質感の高いカーフレザーを特徴です。6つの黒いアイレットを持ちロウ引き平紐が通ることで、さらに高級感を演出。内羽根デザインによる端正で趣のあるスタイリングも見事な作品です。








この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事