ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全945ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

英国Pantherellaから♂モダンソックスが入荷です。カジュアルに履けるストライプ柄のSANTIAGOが2色。ビジネスや綺麗めカジュアルで履けるジャガード柄RIGAが2色です。履き心地の良さと素材感で満足度の高い作品達です。サイズはメンズS相当で約24.5cm〜約26.5cmの足まで対応です(小さい足の人には気持ゆったりかな)。




SANTIAGO
No,5813

英国PantherellaのメンズSSサシーズンソックスです。サンティアゴ という名前の作品で履き丈が約25cmです。履き口がリブ構造になっていてキュッと締め付けています。 コントラストヒール&トウのリブストライプデザインが爽やかです。コットン/リネンブレンド の素材を使用。クールで軽量で豪華な夏のソックスです。パンテレラの夏コレクションの一部であるこの革新的なソックスをお楽しみ下さい。


履丈 約25cm
素材 リネン43%/コットン38%/ナイロン19%
配色 インディゴ・スカイブルーストライプ
イメージ 2


履丈 約25cm
素材 リネン43%/コットン38%/ナイロン19%
配色 パープル・ピューターストライプ
イメージ 3




RIGA
No,53304

英国PantherellaのメンズSSサシーズンソックスです。リガは、レトロジオジャカード 柄がクールな作品です。コットンリールモダンコレクションのレトロジオジャガードデザインをお楽しみ下さい。リガの靴下は、彼らの楽しいジャカードデザインと最高級の英国スタイルをご堪能頂けるでしょう。余分な細かいマーセル加工された綿のリールで作られたこの靴下は、レトロジオパターンとPantherellaの比類のない品質のデザインを提供しています。


履丈 約25cm
素材 コットン71%/ナイロン29%
配色 黄緑×ネイビーのレトロジオジャガード柄
イメージ 4



履丈 約25cm
素材 コットン71%/ナイロン29%
配色 パープル×ブラックのレトロジオジャガード柄
寸法 1サイズ (メンズSサイズ相当)
イメージ 5


この記事に

勝手に命名した、上越スクエアルートを作って走ってきました。

前日に珍しく9時台に就寝したら翌朝2時半に目が覚めてしまいまして、結局5時頃までどうするか思案しながら思いついたルートです。

走ったことのないルートもあり、とても新鮮な景色を堪能できました!
(写真はあえて地元でよく知られているところだけをチョイスしました。他の美しい景色は、実際にその目でご覧ください)

イメージ 1

時計回りに走りました。
マップ上では約72kmですが、午後から予定があった為、実際の距離は60kmです。また、新井道の駅にあるカフェベーカリーで朝食をとる予定でしたが、坊ケ池から光ケ原へ抜けるルートまでは良かったのですが、その先を完全に間違えてしまい、再び別ルートから光ケ原方面へ登り始めていたという何とも情けないハプニングもあって、仕方なく朝食をあきらめて河川敷ルートで帰宅しています。
獲得標高は大したことなかったのですが、ここのところの疲れが溜まってきているのか、結構しんどい旅路でした。




最初の目的地は、青野池
イメージ 2
253号線を挟んで大池の丁度南側にある池です。

青野池は、400年以上前から農業用水として利用されている池で、現在も120haの灌漑を行っている。 池の中央には弁財天を祀る祠がある弁天島があり、ハンノキが生える堤防により分断され、美しい景観となっている。
隣接する水田から出土した遺跡調査の結果、池周辺が上越地方における稲作発祥の地であることも判明している



米本陣から上越市を一望
イメージ 3
ネイチャーリングホテル米本陣。地元コシヒカリはもちろん、空中露天風呂で有名です。山の中腹にあるホテルで、とても静かな風情を感じさせる地にあります。ここにたどり着くまでのルートもザ・田舎って言う感じです。






米本陣から下る途中で見える妙高戸隠連山
イメージ 4





今年2回目の坊ケ池
イメージ 5
標高約500mのところにある湖。近くに星のふるさと館があります。天体観測ができます。また、キャンプ場もあり。1本だけ桜が満開でした。今のシーズンが一番美しいかも。



昨年末で営業終了となった山荘京ヶ岳・フォークハウス湖畔の裏手にあるルートを少し下ったところから高田平野と日本海までを一望できる大パノラマ。この日は、直江津港までバッチリ見えました!
イメージ 6
(ここまで雲ひとつない快晴ですね! 写真みて今頃になって気が付くという)



この後、本来の予定では、けんとうじ池を抜けて、光ケ原高原へ繋がる95号線へ下り、別所川を眺めながら板倉区へ下りて新井道の駅のパトラッシュというカフェで朝食して、山麓沿いを舐めるように抜けて、正善寺ダムに立ち寄り帰宅する筈でした・・・。

 ところが、しみず屋スーパー近くの山部という交差点で、うっかり左折してしまい、254号線をぐんぐん登り続け、ゑしんの里に辿り着いたときに・・・・ん、待てよ? となったわけです。

時計は、既に10時で、11時30分までに戻らなければならなかった為、泣く泣く来た道を下って帰路に着きました。

間違ったお陰で、この辺の地図が頭に入った(身体に染み入った)ので良しとしましょう!


それにしても疲れました!


気力体力があるときに坊ケ池 → 光ケ原高原 → 関田峠までの地獄ヒルクライムにも挑戦したいと思います。
てっぺんまで1000mあるので、まだ雪があって登ることはできないでしょうねぇ。たぶん。そういうことにしといてください




もしかすると来週は、130kmものロングライドをするかもしれません。走りきれるんだろうかと心配半分、期待半分。体調によっては、カーボン車に乗り換えて出動かな。



この記事に

イメージ 1

 ChausserからレディースパンプスC2038-CA 無双キャメルが入荷しました。明るめのブラウンでほんのりアンティークな風合です。新作PC5038ギリーシューズは、3色展開です。デコラティブなブローグデザインがマニッシュなディテールながら細身のシルエットで女性らしさを演出しています。ゆとりのある履き心地も好印象でした。今回もコーディネートの幅が広がるように着回し提案しています。また、男女で使えるコードバン性ロングウォレットが久しぶり製造されました。長く使ってこそ味のでる逸品達なのです。



本日ご紹介する5点
イメージ 2





PC5038ギリーシューズは、3色展開です。クラシカルなブローグ(穴飾り)ディテールが特徴的なギリーシューズです。細身に見えるシルエットで美しい足先を実現してくれますが、足入れ感はゆとりが感じられます。作りもしっかりしていて、長く愛用できるポテンシャルがあります!

まずはアニローな艶感が上質なブラウン。
イメージ 3
イメージ 4




キリッとマニッシュに振ったブラック。
イメージ 5
イメージ 8




スポーティーで爽やかなホワイト。
イメージ 6
イメージ 7





続いては、C2038インシームパンプスです。特殊な無双製法によりトップライン部分の縫い目が全く見えない美しいパンプス作品です。ショセの顔的パンプスの一つ。今季のキャメルは、明るい色が特徴です。
イメージ 9
イメージ 10





最後にご紹介するのは、コードバンの長財布です。贅沢な革の取り方で、外見のみならず内装もすべてコードバンで仕立ててある貴重な逸品です。製造数量もそう多くはありません。新品時は、ごらんのように肌色で、パラフィン(蝋成分)が表面を覆っていて白っぽく見えますが、使い込むと飴色に変化していきます。特段メンテナンスしなくてもいい味わいに育ってくれますよ!
イメージ 11
イメージ 12



お財布は、男女兼用でお使い頂けます!





この記事に

イメージ 3

パンセレラのフットレットが登場です。シンプルな踝下丈のSSシーズン向けソックスです。エジプト綿を主にナイロンとポリウレタンを配合して作られた履き心地の良さも魅力です。英国製らしいくシンプルに抑えたストライプ柄がデザインの特徴となっていて、靴を脱いだ時だけ主張するようにデザインされています。靴を履いている時は、素足のような見た目となります。踵部分に5cm×2cmの滑り止めがあり踵抜けを抑えます。サイズはメンズS相当となっていますが、約24.5cm〜約26.5cmの足まで対応可能です。4色展開です。




デザインは、踝下丈になります。甲周りにストライプがあります。ベース色とストライプ色の組み合わせは全て異なります。踵内側に抜け防止の滑り止めがあります。
イメージ 2



全4色展開

 【NAVY×RED】 【ブラック×ライム】

イメージ 1

この記事に

ハワイからISLAND SLIPPERの新作が入荷しました。代表作のトングビーチサンダルは4型で、メッシュ型押しレザーとスエードモデルを男女サイズご用意。新作スロットスライド黒サンダルは、普段履きにも使い勝手が良い作品。ビーチやキャンプ場など幅広いフィールドで楽しんで頂きたいHI-FLEX、HI-GRIPのEVAソールを使ったダブルバックルサンダルもご用意しました! 




ハワイ生まれハワイ育ち。でも元祖は日本人というビーサンメーカー。ハワイの砂浜を感じて下さい!
イメージ 1





レザーメッシュ型押しレザーがクールな作品。履き心地が素晴らしい。
イメージ 2



スエードを使ったアイランド。フォレストグリーン。
イメージ 3



チョコレート
イメージ 4



FUSHIA(ピンク)
イメージ 5




新作ダブルバックル。レザー。EVAの履き心地抜群ソールが装着。ネイビー。
イメージ 6


こちらはコニャック。
イメージ 7



フレックスソールでハイグリップです。コンフォータブルな履き味。
イメージ 8




一番人気になりそうスロットスライドサンダル。甲革がスムースで天板はスエード。
イメージ 9



トングサンダルと共通のソールです。対磨耗性に優れていて履き心地が良い。
イメージ 10




サイドに一箇所だけホールが開いています。デザイン的なものかと思います。甲のフィット感はGood!
イメージ 11

この記事に

全945ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事