ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全1001ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 5
ウェッジヒール5cm | 履き丈9.5cm | サイドジップブーツ
イメージ 6
シンプルでコンサバなデザイン。ラバーソールで安心です。









イメージ 3
異形サイドゴアブーツ | インヒールは4cm | 履き丈10cm
イメージ 4
ご覧の位置にゴアが入ります。脱ぎ履きが最も楽なブーツの一つ。







イメージ 1
こちらは、ダークブラウンになります。ほんのりと濃淡があるのが特徴です。
イメージ 2
ヒールも全てをラバーで覆った贅沢な作りも魅力です。














この記事に

イメージ 7
まるで石の彫刻でできているような質感が堪らないエレファントレザー製サイドゴアブーツ。
イメージ 8
チロレーゼという製法で作られる。同社で唯一この技法をもつ職人によって縫われて作品とのこと。
イメージ 9
強靭な作りのブーツに世界最大の陸上動物の革。それを支えるラバーソールは、ビブラムのラグソール。









イメージ 4
出し抜いGoodyear製法で作られたサイドゴアブーツ。エレファントレザーまマローネが大人の雰囲気を醸し出します。

イメージ 5
キュッと引き締まったバックショットも美しいです。ホールド感の良さが見て取れるようです。


イメージ 6
トゥキャップが付いているのも特徴的であり、誠実な印象も与えます。幅広いコーディネートを許してくれるでしょう。






イメージ 1
今や入手が極めて困難となっているアザラシ革を使ったサイドゴアブーツです。もっともシャープなトゥノーズ形状を持つ木型に載せています。


イメージ 2
プルリングは、インライニング式となっています。靴の中に仕舞い込むことができる秀逸な構造。


イメージ 3
アザラシ革を拡大するとこんなテクスチャーが楽しめます。













この記事に

Thank you Mr,S.

Alden shell cordvan models!

Excellent condition!

イメージ 1


この記事に












イメージ 9

やはり幅は、細身の木型になります。履く時は前後のプルリング部分を掴みながら足を入れてください。脱ぐ時は、椅子に座って、かかとを掴んで脱ぐと楽です。革の色ムラが特徴です。



この記事に

全1001ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事