ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全1001ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

trippen FLINT-VST/WLF BK-BK-BK ♂♀
イメージ 1
トリッペンから新作ブーツのご紹介。
男女で履き心地を味わって欲しい想いからワイドレンジでサイズ展開しました。
イメージ 2



クロムフリーの植物なめしで作られた環境に優しいカーフスキンをふんだんに採用しています。大切な資源の無駄使いはしないという理念は創業時から変わりません。



イメージ 3
ユニークなパッチワーク風につなぎ合わせたアッパーデザインも見所です。









trippen WALKER-PUL petrol ♀
イメージ 4
創業まもない頃から展開されている人気のWALKERです。
PULUPレザーを使ったマットな質感のPETROL(グリーン)が印象的。
イメージ 5
代表的なラグソール“trippen sole”は、その履き心地の良さが最大の魅力。
そして、交換修理ができる設計思想も環境のことを考えて生み出されたもの。






イメージ 6
















この記事に

トリッペン KINKY-ICE Ka blk 【ブラック】♀

イメージ 1
まるで凍っているような表情が面白いICEレザーを使ったKINKY-ICE。
イメージ 2
インサイドファスナー、アウトサイドはゴア。脱ぎ履きが楽です。
イメージ 3
滑りにくいカトマンドゥソール。ベースは、シンプルソールです。凹凸がGood。











トリッペン ORCA-WAW wa BLK-BK 【ブラック】♀
イメージ 4
カップシリーズの未来像WavaシリーズのORCA。
イメージ 5
このソールがWaveです。とても気持ちの良い靴底です。
イメージ 6
革のカットワークもユニークで面白いですね!












この記事に

イメージ 1

トリッペン♂(メンズ)コレクションよりWoodサンダルをご紹介! 超お薦めのヨーロピアン風下駄と言えば良いでしょうか。悔しいけれど、下駄よりも履き心地はいいのです。その秘密は、緻密に計算された凹み。これが気持良く足裏にフィットするから堪りません。アッパーのWAWレザーも足に吸い付くようにフィットして。しかもどちらの素材もナチュラルエイジングが滅法楽しそう。ファンなら買って楽しむのみですね!






トリッペン ROCKFORD-WAW-CUO 【CUOIO】 ♂

トリッペン♂(メンズ)で展開されているおすすめできるWoodサンダルがこれ。
イメージ 2




2WAYスタイルで楽しめるスリングバックタイプのROCKFORDと呼ばれる作品です。
イメージ 3


日本人には子供の頃から馴染みのある下駄テイストを感じさせてくれる木の温もりと自然な素材感を楽しめる作品です。
イメージ 4






トリッペン ROCKFORD-WAW-OLI 【OLIVE】 ♂

夏の超お薦めサンダルをご紹介します。ドイツで生まれ育ったWoodyな作品で、まるで日本の下駄からインスパイアされたかのような趣きを感じせてくれるROCKFORDです。
イメージ 5
イメージ 6




スクエア形状のフットベッドは完全な木製です。但し、下駄と違って足裏とのフィット感を計算して絶妙な凹みを与えることによって、自然と足が適切な位置に収まってくれます。
イメージ 7





WEBの辛いところは、質感、触感、温度が全く伝わないところ。なとりや店に来て履いて頂くか、ポチッとしてくださいね(^_^)





この記事に

イメージ 1

トリッペンの男女新作をご紹介します。女性アイテムは、CLOSEDからSKソール使いの2作品。象革のような質感のグレー色BORDER-MFL。YENにそっくりなWON-ELKです。履き心地が楽な木型で、毎日でも愛用してしまうでしょう。男性アイテムは、なんとも久しぶりのCLOSEDサンダルから新作LAGOS-WAWです。これ、ヤバイくらい気持良い履き心地で、素足で履いてみて頂くことをお薦めします! LAGOSは、サイズ感がかなり巨大ですので、本文を良く読んでサイズ選択して欲しいですし、今まで足が大きくて買えなかった人でも履けるサイズ感もご用意しましたので、チェックして見て下さい。これはお薦め!




♀ BORDER-MFLです。グレーのMFLレザーと薄青紫のトリムがお洒落心を刺激する作品です。履き心地が開放的で、柔らかく癖になる一足。
イメージ 2



ラミネート加工された光沢感りあるトリミングがアクセントとなります。光の具合で、青く見えたり、紫に見えたり、グレーに見えたりします。ほんとうの色ってなんでしょう。
イメージ 3



今回ご紹介する3作品すべてSKソールです。ブロックを並べたシンプルなソールなんですが、抜群に気持ちよい。歩いていてこれほど気持ちよいソールを作れるのはトリッペンならではだと思います。
イメージ 4




♀ WON-ELKです。ヘラ鹿の革を使った作品で、アイボリー系の明るい色調のスリッポン。インサイドにゴアを取り付けてあり、サクサク脱ぎ履きできちゃいます。これも楽な履き心地の一足。YENにそっくりなのも面白い。
イメージ 8



丸いトゥノーズが豆みたいで可愛い。
イメージ 9




♂ LAGOS-WAWです。ブラックWAWレザーを一枚皮で使っていて、素足で履いたときにその革が足に巻きつく感触が堪りません。また、フットベッドもすこぶる心地よくて、この夏マストな一足となりそうな予感です。履いた見た目もお洒落感ありますねぇ。
イメージ 5




細かい部分を見ても造形的ですよね。
イメージ 6



サイズ感は、かなり大きいですが、本文にどうやって選んだら良いか記載しましたので、参考にして頂けましたら幸いです。
イメージ 7

↑ほんこれお薦め!





この記事に

イメージ 1

 トリッペンから久しぶりに当店別注モデルを登場させました。WoodサンダルカテゴリーからNECKゴールドです。脚長効果抜群のハイウェッジシェイプデザインのサンダルで、ELKヘラ鹿革をゴールドに染色してもらった作品です。とても履き易く気持の良いフィーリングを当店だけの限定アイテムで味わって下さい。他にも新色ORINOCOレッドやSLOPE-WAW、クローズドサンダルのBRINK-グラニット×プラチナも登場しています。連休にぜひご来店下さい!






約115cmのヒール高を持つHighウェッジシェイプのウッドサンダルのNATORIYAディレクション作品NECK-ELK GOLD。
イメージ 2



ヘラ鹿革を使った作品で、そのフィーリングは極上の柔らかさです。ゴムバンドはお好きなように足首に巻きつけてお楽しみ下さい。
イメージ 3
イメージ 4





トリッペンの歴史上でも長きに渡り高い人気を保持しているORINOCO (オリノコ)という名前の作品です。今回は、レッドWAWレザーで作りました。鮮やか。
イメージ 5



足裏が触れる天板が素晴らしい造形なんですが、写真や文章では表現しきれません。履いた人だけが味わえる世界です。
イメージ 6




とてもお洒落に上品にコーディネートできるシンプルな造形も素敵です。
イメージ 7




一枚の革を途中で折り曲げながら繋げていく巧みに計算されたデザインのウッドサンダルSLOPEです。黒とグラニット色が交互に配置されていますが、一枚の革が繋がっているんです。わかります?
イメージ 8



軽くウェッジシェイプされていて、履きやすさ抜群。足もサクッと突っ込むだけのイージーさです。
イメージ 9



玄関においておくとこればっかり履きそうで危ないですね。
イメージ 10





最後は、クローズドシリーズのSKソールを使った新作BRINKサンダルです。
イメージ 11




ウエルトの縫い目部分とベルクロストラップのところがプラチナゴールド色になっています。他はグラニット色です。
イメージ 12



ブロックを横に並べたようなシンプルなソール。なんだか可愛い。でも履きここはかなり良いソールです。ぜひ店頭で味わってみて下さい。
イメージ 13




本日は、レディース♀のトリッペンサンダル4作品をご紹介しました!  魅力的なサンダル達でしたね。一押しは、当店別注NECKです! 他では手に入りませんよ〜!





この記事に

全1001ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事