ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全1001ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
リクエストの多かったマルモラーダ6EYEチャッカブーツが入荷しました。艶
感のあるエレファントレザーMARRONEカラーを搭載。ノルヴェジェーゼ製法
の下には、St.MORITZラグソールがガッシリと装着されています。どこまで履
けるラグジュアリーな一足。入手しない手はありません

この記事に

■マルモラーダ

 マルモラーダのFG105トレッキンクブーツの中でもとりわけ人気の高いエレファントマローネが入荷しました。象ならではのドッシリとした存在感は必見です。また、ワックススエードコロラート仕上げのスモークブラックも追加されました。素晴らしい履き味と希少レザーを所有できる喜びを味わって下さい。


久しぶりに登場のエレファント。地上最大哺乳類の迫力を存分に!
イメージ 1



もちろんシュータンにあたる部分まで全て像革です。色はマローネ。
ソールは、昔から定評のあるビブラムソール。
イメージ 2




ノルヴェジェーゼ製法で堅牢かつダイナミックな意匠が素敵。履き心地も抜群。
イメージ 3




こちらは、スエードをコロラート仕上げしたスモークブラック。雰囲気と変化を楽しみたい人ーお薦めしたい珍しい作品です。スムースカーフが大半なので、希少価値あり。
イメージ 4






この記事に

■マルモラーダ

 マルモラーダブランドが作った6アイレットチャッカブーツの決定版。イルチアのBETISカーフをコロラート仕上げした贅沢な作品です。テスタ・デ・モーロとMACCIATOでの2色使いで独特な濃淡と仕上げのアニローな美しさが最大の物欲刺激ポイントです。St.MORITZラグソールを組み合わせ、チェーンステッチが活きるノルヴェジェーゼ製法のタフなチャッカブーツです。


このボリューム感は素敵です! こんなチャッカブーツを待っていた人もいるのでは?
手染め仕上げのコロラート技法。色の混合具合は、イタリア人ならではのセンス。
イメージ 1



サイドビューから見る美しさ。そしてこの迫力。
イメージ 2




登山で鍛え抜かれた抜群の耐久性とグリップ力を味わえます。
イメージ 3




トゥノーズの部分には、ハイシャインポリッシュされていて反射が素晴らしい。
イメージ 4




周りが写り込んでしまって恥ずかしいくらいピカピカです。それでいて、塗りまくったぜぇという嫌らしい感がゼロなのは、さすが職人技ですねぇ。
イメージ 5




期待していた以上の出来栄えに感激のチャッカブーツです。フラテリジャコメッティは、展示会サンプル品以上の仕上げで来ることが多いので、毎度のことながら感心させられます。
昔ながらの職人気質を持っている職人さん達が在籍している証拠とも言えそうですね。
持っていて価値ある逸品です!





この記事に

今週のMonday ride club.

毎週のように月曜日は晴れて嬉しいっ!

気温は、午前中8度と寒かったですが、防寒対策しっかりして出かけたら気持ちよくポタリングができました。

今日は、昔からあるけど歩いたことすらない裏道細道を走ろう!という目的と
美しい上越市の秋晴れ風景を写真に収めに行きました。



川沿いをゆっくりといけるところまで行ってその帰りにパシャ。
イメージ 4





寒いのに頑張って咲いていました。青空に黄色い花が気持ちよい。
イメージ 5





本日のお供は、マルモラーダ。フラットペダルでも心地よく踏めます。
イメージ 1





知らないおじさんにご協力頂いて。
イメージ 2






こんな気持ちよい月曜日が毎週続きますように!
イメージ 3





とまぁ、こんな感じで月曜日は自転車でいろんなところを走っています。







この記事に

■マルモラーダ

 もともと冷凍庫業者用ブーツとして展開されていたフリーザーブーツスタイルをラグジュアリー方向へと大きく振って、作品としての存在価値を存分に高めた逸品。大量のエレファントレザー(象革)を贅沢に使用したマローネカラーの物欲刺激ブーツです。ムートンボアを内装する超暖かで柔らかな空間もお見事。しかし、この存在感は・・・またまた罪なものを作ってくれますねぇ。


FG210-004 エレファントレザー マローネ フリーザーマンブーツ!
イメージ 1




エレファントレザーを究極的に魅力を引き出した名作。
イメージ 2





ノルベジェーゼ製法のチェーンステッチ部分も堪らない魅力。
イメージ 3





ムートンボアを内装した暖かい空間。そして、柔らかな質感。
イメージ 4




2バックルベルトで脹脛の太さに関わらず履くことが可能で、調整範囲も広い。
イメージ 5




クタクタッとしたシャフト部分の雰囲気と象革特有の毛穴や皺の入り方まで造形的で美しい。
イメージ 6






ソールは、ビブラムのラグソールなのでこちらも堅牢。基本的な作りはFG105のようですからタフなブーツ。また、水にも強いのが象革の特徴。(防水という意味ではない)。
10年20年と所有するなかで、その魅力と価値はググッと右肩上がりに高まることでしょう!!







この記事に

全1001ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事