ここから本文です

書庫エイジング

靴のエイジング、アンチエイジングに関する記事です。
記事検索
検索

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ジョンロブのメンテナンスもやっております。

先日お預かりした靴は、CITY2とASHILです。

CITY2は、OXFORD CALFですが、いつもノーズが光りにくいです。丹念にワックスを重ねるしかありません。ミラーグロスなら上品な艶で輝いてくれます。
イメージ 1



続いては、ASHILです。モンクストラップ好きとしてはいつか欲しい一足です。こちらは、MISTY CALFですが、気持ちよく光ってくれる革です。
イメージ 2



気が付いたら夜になっておりました。一杯やりながら磨くのは楽しいです。




この記事に

久しぶりにメンテナンス講座を。

本日は、ホーウィン社製シェルコードバンです。靴はパラブーツのCHAMBORDで。

年初にツイッターで宣言しました通り、今年は雪でもコードバンを履こうと決めていまして、昨日、雪のなかコードバンで出勤しました。

イメージ 1



もう春っぽい気温なので、けっこうシャビシャビした水っぽい雪です。コードバンには最悪の条件ですが、まぁ気にせず履いちゃいます!


店に着くと案の定の展開に。
水によるブツブツが発生。コードバンのニキビです。クレ○ラシルやプロ○クティブを使っても治りません!! 
イメージ 2


だ〜、しかもどこかでぶつけました! ガッツリ傷になっています。
腕が鳴りますね〜。ここから綺麗にしていきたいと思います。
イメージ 3



目には目を歯には歯を! 水には水を〜っ!  
液体成分と用法容量は内緒です(笑)
イメージ 4



で、しばらく上の液体で擦っているとあら不思議っ!

ニキビが消えてなくなりましたよ。
イメージ 5


しかも艶まで出てきてますね。実は、シェルコードバンは、水に弱い訳ではないようです。
イメージ 6



お次は、レノマットリムーバーです。強力な汚れ落とし。強力すぎるので、素人さんのコードバン使用は要注意です。
イメージ 7



NOOOOOOO!   蓋が破壊〜!!! 通算2度目の破壊です。
レノマットリムーバーのウィークポイントですよね〜ここは。サフィールさん要改善希望ですよ!
 
イメージ 8

これ、子供が開封できないように二重構造になっている特殊な蓋なのですが、樹脂なのでもろいんです。原因は、締め過ぎです。ついついしっかり締めてしまうのですが、軽く締めて漏れがないか確認できればOKです。優し〜く。



さて、サクサク行きましょう。
リムーバーし終えたところです。傷がほぼなくなりました。さすが強力なレノマットリムーバーは、傷まで消すというのかっ!  いやいやシェルコードバンだからさ。
イメージ 9




お次は、乳化性カラークリームで保革+補色します。
ここは、コンサバにオールデンのファインブーツクリーム+アプライブラシが良いです。
イメージ 10



ここから楽しいブラッシングです。

まずは豚でカラークリームをざっくり慣らします。この時点でムラな部分がなくなるようにしっかりと。 (このブラシ40年以上使っていると思われ・・・)
イメージ 11


続いて馬毛でクリームを滑らかにしていきます。この時点で少し艶が出てきます。
(このブラシは、20年くらい)
イメージ 12


最後に山羊毛。一気に艶が増します。この3本コンビは絶対のパフォーマンスを発揮してきれます。順番を間違えないように!!!
(こいつは10年くらい)
イメージ 13




ここで終わっても良いです。

私は、さらにクロスで磨いて余計なクリームを除去して、もっかい山羊ブラシで仕上げます。

ここからさらにオールデンのレザーディフェンダーで撥水処理してもOKです。


出来上がりはこんな感じ。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17


ブツブツも完全に消えて、傷も全く無くなりましたね。めでたしめでたし。


ここからさらにトゥとヒールカップ部分を固形ワックスでハイシャインしても楽しいですね。
直ぐにワックスかけないで、クリームを乾かしてからの方が綺麗に仕上がると思います。

今日はやりませんが、また機会があれば。




この記事に

昨日サフィールの標準ワックスをWEBカタログへ数色掲載しましたが、その繋がりで昨年暮れに新発売されたサフィールのミラーグロスワックスをテストしています!。

より早く、強く、光らせる ・・・・とやたら自慢気な解説と共にやってきただけに、その実力を見せてもらおうという訳ですが、最も使うであろう素人オーナーさんにもお手伝い頂きまして、ハイシャインポリッシュをしてみました。



むむむっ コイツ確かに、早く強い光沢がでるかも! 



カルナバワックスとモンタンワックスなどをふんだんに取り入れた高級天然ワックスで、黒と無色の2色展開です。
イメージ 1




オールデンのコードバンモックトゥはこんな感じです。(お客さんが挑戦)
イメージ 2




JOE WORKSのアリゾナカーフ(シボ革)で、こんな艶感です! (お客さんが挑戦)
イメージ 3
シボでここまで光れば十分ですね。




別注のParabootコードバンCHAMBORD (私が挑戦) ちなみに、雨天でガンガン使用中!
イメージ 4




あら?、光るじゃない!


イメージ 5




最後のCHAMBORDなんですが、雨&雪の日用として使っています。 いや、マジメにね!
結構ボコボコだったのですが、ご覧のようにツルンとした表情になってくれました。


固形ワックスは、テクニックとコツが必要なので、全くの素人さんにはお薦めできない製品ですが、このミラーグロスは、既存のサフィールブルー製品やサフィールノアール製品を凌駕する仕上がりのようです。しかもスピーディーに到達できるのは、今のところ確かなようです。手伝ってくれたお客さんたちからも高評価でした。


靴の状態が良くて、ワックスの使い勝手にも慣れれば、もっと光りそうですね。

2月に入ったらストックしますので、ポリッシュフェチな靴マニアさんは、ぜひ試してみては如何でしょうか。価格は、2200円+税です。

ご予約も承ります。




この記事に

お客さんのオールデン当店別注Vチップ クロムエクセル×スーパーライトソール。
メンテナンス中の画像です。

毎日クリームアップしていますが、愛着が沸いてきますね。お客さんへ返したくない気分です。
イメージ 1





ちょい角度を変えて。クロムエクセル独特のしっとり感が出てきました。汚れも綺麗さっぱりです。
イメージ 2




コードバンとは違う味が楽しめるクロムエクセル。天候にも左右されずにガンガン履けるということで、遠方への出張はいつもコイツの出番だそうです。嬉しいですね!
イメージ 3





#54913は、近々入荷する予定となっております。ご予約希望のお客様はお早めに!






この記事に

人柱

昨日の定休日は、大雪だったこともあり午前はブーツ磨きで楽しみました。
レザーディフェンダーの塗布はまだアッパー2回、シャフト1回なのですが、ほどほどに仕上がると履きたくなってしまいますね。


イメージ 1
イメージ 2








雪、ということで








人柱です。
イメージ 3





おふっ。  ご想像通りの結果です。
イメージ 4





Nooooo!!!   想像以上の結果です。
イメージ 5





そして、夕方です。  まぁまぁ落ち着いて来たかな(冷汗)
イメージ 6





シャフトも落ち着いてきた印象です。
僕の心の目では既に何も見えていません(。-`ω´-)キッパリ!! 
イメージ 7





ついでに、トラ模様が素敵だったので。
トラが有ると、かなりいい部分を使ってくれた証拠となります。ヤッタ━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━!!!
イメージ 8





そして。1日経って今朝。この距離ならほとんど気にならなくなりました。
イメージ 9





ほぼほぼ消えました。ここまでくれば、あとは自然に目立たなくなって行くレベルです。
イメージ 10





撥水性能を高めたいなら、最低でも初回で5回以上は塗布しておいた方が理想的なようです。先ほども塗布したので、あと2回ないし3回塗布してやれば完了となります。





イメージ 11

発売当時の写真を見つけました。
もともとは、こんなに白い物体だったなんて。
良く育って来ているなぁ。今年は、履いてあげるからね。









この記事に

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事