バンクーバーの暮らし方 JTO日記

バンクーバーの暮らし方は http://www.vankura.com

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全501ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

あっという間に4月がすぎ、そして5月のGWが終わってしまった。
そして久しぶりのブログ(笑)。

新学期はバタバタし、何かと忙しかった。
でも3足のわらじにも慣れてきたかな。

日本語学校のほうは、教師が足りず、忙しい。
大学院のほうは6/6に学会があり、忙しい。
大学の非常勤講師のほうは、遠くて、忙しい(笑)。

日本語学校のほうは、カレンダーと同じなので、今日まで休み。
でも大学院のほうは、GW中に授業日がある。
非常勤講師のほうは、平日なのに、休みになった。

と、わけわからん状態で、今日が何曜日で休みなのかそうじゃないのか、ごちゃごちゃになってる(笑)

6/6までは忙しい状態が続くが、なんとか乗り切りたい。
それさえ終われば、ちょっと落ち着くかな〜。

この記事に

開く コメント(0)

4月は新学期の季節。
私は3つの新学期を体験した。

一つはメインでやっている日本語学校の新学期。
教師として、新入生を向かえ、新しいクラスでの仕事が始まった。

二つ目は大学院生としての新学期。
まだまだ私の研究は終わらず、しかも院生委員長というものになってしまったため、こちらも新しい修士の新入生のために色々とお手伝いや歓迎会を開いたりとバタバタしていた。

そして三つ目は、大学での非常勤講師としての新学期。
色々なご縁から、ある大学での日本語教師を紹介してもらい、今月からそこで日本語を教えることになった。
大学で教えるのは初めてだし、しかも理系の大学。
週一回なのだが、通勤時間が1時間半。往復3時間。
でも経験のためにちょっとやってみようと思った。

という4月の始まりだったので、ふっと落ち着けたのが今日。
でも6月頭にある大きいイベントの準備があり、これからまだまだ忙しくなる。
それまではなんとか頑張らなきゃ・・・

この記事に

開く コメント(1)

本当に忙しい3月だった。
今月は中学校の時の同窓会があり、会津に帰省した。
卒業以来会っていない同級生と先生。
ドキドキしながら新幹線に乗ったのはもう10日前のこと。
地元の同級生が駅まで迎えに来てくれ、そこで第一の再会。
「変わってない〜!」
とお互い言い合い、旅館に向かう。
そう。今回の同窓会は温泉旅館の一泊。
先生も泊まる。
旅館に着き、部屋に入ると、もうすでに来ている友達がたくさんいた。
というより、私が最後?
女子たちはみんなで
「変わってないね〜」
と言い合う(笑)
男子は・・。
太って大きくなっているか、頭が薄くなって残念なことになっているか・・・。
その中で一人ぜんぜん変わっていない男子がいた。
そんな、感じ。
大広間にお膳が並べられ、上座に先生が座っている。
もう顔を見ただけで涙が出てきた。
「先生、覚えていますか」
と声をかけた。
「うんうん」
と涙目でうなずく。
生徒指導できびしい先生で有名だった担任の先生。
いつも棒を持っていて、いつも怒っていた。
口癖が「ばかもん!」。
ヤンチャばかりしていた同級生が先生に胸倉をつかまれ、怒られてたっけ・・。
今ならそんなこと、できないよね、先生は。
その友達が先生にお酒を注いでいる。
それを見て、涙がまた出た。

今回幹事をしてくれた地元の友達がまとめてくれ、本当にすばらしい同窓会になった。
先生から一言、とちゃんと振ってくれ、先生が話す。
その話が・・・。
「みんなに会えて、本当に嬉しい。そして当時、しっかりと指導できなくて、本当に申し訳なかった。」
と最初に私たちに謝ったのだ。
そんなことないのに・・。
「あの当時は生活指導、生徒指導で忙しく、ちゃんとみんなのことを見てやれなくて、本当にすまなかった」
また謝った。
それを聞いて女子たちは泣いた。
先生はずっとそんな気持ちでいたのかな。
そう思うと、また泣けた・・。
そして私たちのクラスメイトの中で、一人亡くなっている友達がいる。
その友達のことにもふれ、黙祷をした。

あとはご歓談。
何をしているのとか、まだ独身だとか、ギャーギャー遠慮なく食べて話して・・。

一次会はそこまでで、次に部屋に移って二次会。
二次会用の部屋をとっておいたから大丈夫だった。
さすが、幹事。しかも一番奥の部屋。
そこでもまた色々話した。
席替えをしながら(笑)
気づいたら3時。
それから温泉に入る。
寝たのが4時(笑)

次の日のチェックアウトは9時半。
バタバタとしたくし、9時半にみんな一斉にわかれた。
その日仕事だ、という友達もいれば、このまま東京に帰る、という友達もいた。
私は実家に泊まることになっており、妹が迎えにきてくれていた。

先生は自分で運転してきた。
もう80歳近いのに!!
お元気そうでなによりだった。

こんなにもすてきな同窓会になるとは思わなかった。
幹事をしてくれた友達に感謝!!
そして、LINEのすごさに感謝(笑)

この記事に

開く コメント(1)

怒涛の勉強会!

春休みに入ったが、どんどん忙しくなる毎日。
先週の土曜日は、今期で退職される先生の、最終公開講演会があった。
その先生はテレビにも出ている先生なので、かなりの人が予想された。
終わってみたらトータルで300人は越えていたらしい。
さすが・・。
講演会では受付を手伝い、写真を撮り・・・・。
忙しかった。

そして日曜は、社会言語科学会という学会に参加。
後輩がポスター発表をするので応援しに行った。

そして今日から三日間、言語系のセミナーがある。
私はその研究会の実行委員になっているので、前日から準備で大学につめていた。
今日は初日なので、準備のために早めに行き、セッティグをしたり、コピーしたりとバタバタしていた。
と同時にセミナーにも参加し、お勉強。
これが金曜日まで続く。

そして土曜は別の研究会に出かける。
その足で、夕方実家に帰る。
中学校の同窓会に参加するために。

・・・バタバタの一週間〜!!!

この記事に

開く コメント(0)

やっと一段落し、日本語学校のほうが春休みになった。
留学生たちもあちこち遊びに行ったり、国に帰ったりと、忙しそうだ。

私も昼間、時間ができたので、やっと別の仕事にとりかかれる。
日本語学校のほうは、まだ授業があるのだが、毎日ではないので気が楽だ。
別の仕事というのは、大学院のほうの仕事。
研究ではない(笑)
大学院関係で色々仕事があるのだ。
6月に学会があり、その準備が始まっている。
それが忙しくなってきた。
また、院生が作っている委員会があるのだが、修了生、そして新入生のための色々な準備を院生委員が行っている。
その指示、指揮をしなければならない。
さらに違う研究会が3日連続であり、その準備もしなければならない。
そして今月は中学校の時の同窓会が行われる。
そのため実家に帰省する。
いや〜。
怒涛の3月。
春休みなんて、意味ない〜!
むしろ、なくて、授業をしていたほうがいいわ!

この記事に

開く コメント(0)

全501ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事